引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

【東大生に聞いた】一人暮らしは給料手取り15万でやっていけるか


たまごかけご飯

月10万円で一人暮らしはキビシイという結果もでた上で、月の手取り15万円だとどうでしょう?

一人暮らしのギリギリラインは果たしてここなのか!?

知り合いの東大生(19才、女子)がだいたいこれくらいだったので、気になるその内訳も書いていきます。

超エリートな東大生は、果たしてどうやって月の手取り15万円でやっていくのでしょうか…!?

それではさっそく見てきたいと思います。

手取り15万円で一人暮らシュミレーション

最初に結論から言うと…

キビシイにはキビシイですが、なんとかいけなくもない、そんなラインです。

月10万円コースほどの絶望感はないですが、月20万円コースほどの余裕もありません。

お金がかかる趣味さえなければ、なんとか行ける感じです。

やはり大きいポイントは家賃なので、寮に住めたり、家賃補助がでる場合は急に難易度が簡単になります。

手取り15万円の内訳

家賃は高くても60,000円

これは月10万円コースと変わりません。

家賃負担はそのままにしつつ、生活費を充実させます。

東京都内&近郊で家賃相場的にいけそうな場所は

和光市・・・都内に一番近い埼玉。

綾瀬・・・家賃がやたら安いけど都内。

亀有・・・都内だけど交通の便はよくない下町。

国分寺・・・さりげなくおすすめの街。

元住吉・・・都内だけでなく横浜にも行きやすい。

北千住・・・足立区の中では栄えている街。

赤羽・・・おっさんおすすめの街。

葛西・・・ディズニーが距離的に近い街。

このあたりが有名ドコロとしてあります。

都内の場合、家賃がこれよりも安い物件はあまりオススメできません。

とくに女性の場合、セキュリティが弱すぎる物件には注意してください。

鍵が旧式だったり、住んでる人達がアヤシゲだったりする物件はどんなに安くてもやめておきましょう。

インターネット代は7,000円

これも月10万円コースと変わりません。

インフラ系は最低限確保しないと、よりお金が稼げる職業へも行きづらくなってしまいます。

インターネット代を月々3000円ちょっとに抑える方法もあります。

電話代7,000円

なるべくLINEなどの無料通話を使って節約してください。

もしあなたが、AUやソフトバンク、ドコモといった3大キャリアを利用しているのでしたら、格安SIMに切り替えることをオススメします。

それだけで月々2000円くらいになったりもするので、ぜひ検討してみてください。

大型量販店に行って、「格安シムを検討してるんですけど…」って販売員に言えば、親切に教えてもらえます。

電気代5,000円

ここからが月15万円コースの本領発揮です。

電気代が月に3,000円だとかなり節約を意識しないといけませんが、月5,000円使える場合はかなり贅沢に家電を使うことができます。

家にいるときにエアコンをつけても大丈夫!

ちなみに、ほとんど外出している方は月に3,000円でも余裕になります。

ガス代4,000円

月10万円コースのなんと2倍です。

部屋にガスコンロが設置されている場合、ガス代がちょっとかかりますが、自炊の幅が広がるというメリットは非常に大きいです。

電気調理器だと料理する気にならないですもんね…。

自炊はすごく重要で、とりあえず米とたまごがあればOK。

ぼくはお金がピンチの時、納豆とごはんで一週間、タマゴとごはんで一週間…という感じで乗り切ったことがあります。

あまりオススメはできませんが、カップラーメンを食べ続けるのよりは身体にいいはず…。

水道代3,000円

食器を洗うときにもふんだんに水を使うことができます。

よっ、ふとっぱら!

とは言え調子に乗りすぎているとすぐに3,000円を超えてしまうのである程度注意してください。

食費30,000円

なんと食費は1日1,000円使えます。

しかも飲み代はまた別にとってあるので、割といい感じの食生活を送ることができると思います。

自炊が得意になるとバリエーションも増えるし、異性にはモテるしでいいコトずくめです。

交際費・雑費24,000円

なんとかデートにも行けて、月に数回は友達と飲みに行くこともできる感じです。

やはり月10万円コースとは余裕が違いますね…。

貯金10,000円

がんばれば貯金もできちゃいます。

月1万円ですが、年間にすると12万円!

間違ってもギャンブルに使わないようにしましょう。

東大生の一人暮らし月15万円(ちょっとはみ出た)はこんな感じ

項目 金額
家賃 75,000円
電気代(冬は+数百円) 3,000円
ガス代 1,500円
水道代 2,000円
Wi-Fi代 6,000円
食費 20,000円
交際費 40,000円
雑費(服、本、家具など) 15,000円
貯金 ほぼできてない
合計 162,500円

東大生ってなんかボンボンな人が多いのかと思いきや(失礼)、結構苦労人な方も多いみたいです。

全体的にかなり節約していて素晴らしい感じですね。

まぁ、交際費だけ4万円とかなり高めなのはリア充だからでしょう…。

これを聞いたのは女子だったのですが、男性と食べるときも自分でしっかり払っているそうです。

エラいやんけ…。

ちなみに自炊の頻度は週に3.4日で、かなりがんばってますね。

最近の献立を聞いてみたところ、

朝ごはん・・・前の日の余りや、お昼用のお弁当作ったときの余りを食べる。

昼ごはん・・・お弁当を朝に作る。

夜ご飯・・・豚の角煮、じゃがいものゆかり和え、ブロッコリーの塩きんぴら、白菜とツナの胡麻和え、卵焼き、ご飯。

…え?

これを読まれている方に誤解してほしくないのですが、これはぼくの妄想で書いているわけではありません。

ちゃんと現役東大生(女子)に聞いた結果です。

なんか普通の家庭並というか、ものすごくちゃんとしたごはんを作って食べてますね…。

ぼくなんて最近した自炊は、たまご2個とごはん2杯(と醤油)だったというのに…。

同棲してる…とは聞いてないので、たぶん1人で食べる分だと思います。

ちなみに最近は白菜と豚バラのミルフィーユも作ったとか…女子力高すぎだろ。

月15万円コースのまとめ

割となんとか生活できそうです。

慣れてくれば結構自由度も高そうですね。

もしあなたがたばこを吸っているのであれば、禁煙することでも月何千円かの節約になります。

その分、美味しいものを食べたり、デートができると思えばがんばれるかも?

月15万円で一人暮らしは不可能ではないので、ぜひ検討シてみてください!

ちなみに手取りで月20万円になるとこんな生活ができます。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑