引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

お得な物件探しは8月入居がおすすめ!引越し時の注意点も解説します!


ひまわり畑
暑くて引越ししたがらない人が多い8月ですが、業界的にはどうなの?という疑問について解説します!

お部屋を探すときの簡単なコツや、注意してほしいポイントも合わせて紹介していきますよ!

お得に引越ししたいなら8月がおすすめ

8月は、1年間で1番引越す人が少ない時期です。常に入居者がいないと収入が安定しない大家さんからすると、家賃を下げてでも早く住んでもらいたいのです。

礼金や敷金を交渉できることもあるので、初期費用を抑えたい人は8月に引越しましょう!

9月以降は家賃が値上がりしてしまう

1番お得な8月を逃すと、家賃が徐々に上がっていきます。とくに9月は、転勤する人や留学から戻った学生が部屋を探す時期なので、ライバルが多いです!

不動産屋さんの繁忙期は4月くらいまで続くので、9月以降は家賃や初期費用の交渉がしにくいです。

8月に引越すときに注意するべきポイント

ポイント
いくらライバルが少なく家賃が安い8月でも、注意するべきポイントがいくつかあります!

注意点をいくつか紹介するので、8月に引越しを考えてる人は参考にしてみてください。

・物件の数が少ない
・お盆は引越し業者の費用が高い
・熱中症になる危険がある
・台風が直撃する可能性がある

物件の数が少ない

引越す人が少ないということは、部屋が埋まってるということです。

良い部屋は繁忙期に埋まってしまうことがほとんどなので、8月は理想の部屋を探すのが1番難しい時期とも言えます。

お盆は引越し業者の費用が高い

学生と違って夏休みがない社会人は、8月中旬のお盆休みを使って引越すことが多いです。

そのぶん、引越し業者が強気の値段設定をする時期でもあるので、お盆休みの引越しは費用が掛かります。

熱中症になる危険がある

引越しの作業は荷物を出し入れするために扉を開けっぱなしにするのが基本ですが、1年間で1番気温の高い8月は体力的にかなりきついです。

こまめに水分補給をしないと、熱中症になってしまうことも…。

台風が直撃する可能性がある

8月は台風が多い季節なので、引越し当日に直撃するなんてこともあります。

荷物が濡れちゃったり、滑って落としたりなんてしたら笑えないので、あまりにも天候が悪いときは日程を変更したほうが良いですね。

8月入居を目指すなら部屋探しは今!

8月は部屋が少ないので行動力が大事です!最新の物件情報をチェックして、気になった部屋はすぐ問い合わせて内見しましょう!

部屋探しによく使われている「HOME'S」や「SUUMO」は情報の更新が遅いので、ネット上で空室になってる部屋を問い合わせたのにもう埋まってたってことがよくあります。

僕が過去に使ってきたチャット不動産屋なら、最新の空室状況をリアルタイムですぐに教えてくれますよ!しかも、一般人が見れない不動産業者専門のサイトから紹介してくれるから理想の物件が見つけやすいです。

チャットやLINEでやり取りできるから、炎天下のなか不動産屋さんを周るなんて過酷なことをしなくても良い部屋を探せるのでおすすめです!

無料で使えるので、ぜひ使ってみてください!

イエプラはこちらから

PAGE TOP ↑