引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしは給料月10万でやっていけるか【年収激低】


カップラーメンをすする男性

夢と希望の一人暮らし…ですが、現実問題としてお金がたくさんあるかないかで自由度は大きく変わってきますよね。

今回は「一人暮らし生活費シュミレーション:月10万円で果たしてやっていけるのか!?」を検証したいと思います。

ちなみに、月の手取りが10万円の方はボーナスがない仕事の場合がほとんどです。

ということは、年収は120万円になります。

取られる税金でいうと、保険料がだいたい毎月1万4千円くらいで、所得税が1500円くらい…。

なんだかんだで保険料、めちゃくちゃ高いですよね…。

手取り10万円で一人暮らシュミレーション

最初に結論から言うと…

都内で暮らす場合はかなりキビシイです。(家賃が激安の3万円台くらいであればなんとか)

特に友達が多くて飲み会などが多い人は無理に等しいかも。

かなりの節約&妥協が求められます。

栄養面でも偏りがちになることが予想されますので、体調管理には気をつけてくださいね。

特に「保険料が高すぎるから払ってないよ!」という方、病院に行くと保険ナシの場合、めちゃくちゃお金がかかります。

身体の丈夫さに自信がある方でも、保険料は払っておいたほうがいいと思います。

手取り10万円の内訳

家賃は高くても60,000円

これ以上はかなりキビシイ生活を強いられることになりますので、いい部屋が見つかったとしてもやめておきましょう。

ちなみに都内で60,000円だとワンルームがほとんどです。

東京都内&近郊で家賃相場的にいけそうな場所は

和光市

綾瀬

亀有

国分寺

元住吉

北千住

赤羽

葛西

このあたりが有名ドコロとしてあります。

地方ならぜんぜんいけちゃうところも多いんですけどね…。

北海道とか余裕で3万円でいけます。

1DK、駅徒歩8分で1万5千円レベルの物件がごろごろしています。

東京都内では考えられないくらいに安い地方の物件。

月10万円くらいで過ごすのであれば、地方のほうが断然住みやすいと言えます。

インターネット代は7,000円

情報を仕入れるため、そしてなにより暇つぶしの為にお金はなくてもインターネットは必ず入れましょう。

新聞を取るよりも100倍は便利です。

偉い人がよく言いますが、高収入への鍵は「情報」です。

仕事探しも、新聞の求人覧をみるより、ネットでエン・ジャパンやリクナビを見た方がより良い求人が見つかるはず。

インターネット代を月々3000円ちょっとに抑える方法もあります。

電話代7,000円

通話はiPhoneならフェイスタイム、LINEアプリが入っていれば無料通話が使えます。

電話をする時は、必ずそれを利用することで電話費を抑えることができます。

どちらもスマートフォンならではの機能なので、携帯を新しく購入するときはスマートフォンにしましょう。

格安シムを利用すれば、月々1500円くらいに下げることもできます。

ぼくもUQモバイルという格安シムを使っているのですが、普通に問題なく使えています。

もし興味がある方は、家電量販店に行ってみてください。

格安シムのコーナーがあるので、スタッフが親切に教えてくれます。

電気代3,000円

エアコンをつけるとすぐに電気代はハネ上がります。

なるべく外出をして、部屋の電気は極力使わないようにすることが大切です。

朝起きたらすぐ電気を消し、夜は早めに寝る、そんな生活になりそうです。

そして休日はなるべく外にいるようにすると節約になります。

図書館とか行けば、無料でエアコンが効いていてさらに本を読んで暇もつぶしやすくおすすめ。

ガス代2,000円

ガス代はこれくらい見ておけば、毎日シャワーを浴びても大丈夫です。

プロパンガスは高いので、必ず都市ガスの物件を選びましょう。

部屋探しをしている時に、家賃が安い!と思って飛びついたら、プロパンガスだった…なんてことも。

水道代2,000円

これも割と余裕をみているので、ちょっとだけ節約する程度で問題ありません。

清潔感を保つことは非常に大事ですので、毎日体は洗いましょう。

食費19,000円

職場でのまかないなどを利用しないとかなりキビシイ金額です。

1日当たり633円で生活しなければなりません。

カップラーメンや冷凍食品を安い時に買いだめすることは重要条件ですが、栄養面を考えないと入院してさらにお金がかかることにもつながってしまいかねません。

自炊をうまくして節約できるようになるとなんとか暮らしていくことができます。

家の近くに大型スーパーがあるとかなり便利なので、引越しの際にはそういった物件を探すのも手です。

食材をまとめて買い、作り置きをして冷蔵庫で冷凍するのも節約術です。

冷蔵庫は中古でもいいので、冷凍室が広いほうがいいですね。

飲み物はペットボトルを買うのではなく、ティーバッグタイプの麦茶などにすればかなりの節約になります。

月10万円コースのまとめ

やはり月10万円だと、貯蓄に回すだけの余裕はなく、日々の生活もかなりの節約を強いられてしまうようです。

ポイントとしては「できるだけ安い物件に住むこと」「仕事場でまかないごはんがでるかどうか」が大きなポイントになってくると思います。

なかなか難しいですね…。

ちなみに月の手取り額が15万円だとこうなります。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑