引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

おとり物件とは?むかつく釣り物件に騙されないための方法はある?


おとり物件って何?のアイキャッチ
おとり物件とは?という疑問を徹底解説します。特徴やおとり物件が存在する理由、避けて部屋を探すにはどうしたらいいのかを紹介します。

騙されたくない人は是非参考にしてください。

監修 舟木 啓太
宅地建物取引士
行政書士試験合格者

不動産屋の経験は5年以上。累計2000件を超える契約業務に携わった実績がある。単身・カップル・ファミリーなど幅広い世帯の部屋探しを専門知識でサポート。宅建士の資格を活かして、審査から入居開始後の不安まで解消できるのが強み。

おとり物件とは実際には契約できない物件のこと

おとり物件とは、実際は契約できないのに入居者募集されている「おとり」の物件広告のことです。「釣り物件」や「おとり広告」とも呼ばれています。

2021年2月に発表した「インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第8回)」によると、調査対象335物件のうち41件、全体の約12%が「おとり物件」でした。

業界全体でおとり物件をなくす動きは続いていますが、おとり物件は一向になくなる気配がありません。

マル秘イエプラバナー

おとり物件が存在する理由

おとり物件が存在する主な理由は「集客のために悪意を持って掲載しているから」「成約した物件情報を消し忘れるから」です。以下でそれぞれ詳しく解説します。

集客のために悪意を持って掲載しているから

来店率を上げるために実際は契約できないと知っていながら、好条件の物件を入居募集しているパターンです。

問い合わせてみると、とにかくお店に来るように促されます。いざ行ってみると不動産屋は「ちょうど埋まってしまいました」と謝って、別の物件を紹介してきます。

物件を探している人の多くは引越し予定日が決まっていて、焦って妥協し始めます。他の物件で決めてくれる人もいるので、今もよく使われる悪質な集客方法です。

おとり物件は不動産屋に罰則がある禁止行為

おとり物件は、罰則もある禁止行為です。不動産関係の法律である「宅地建物取引業法」と、広告ルールの「公正競争規約」に定めがあります。

違反がバレると不動産屋は営業できなくなる可能性もあります。リスクを知ったうえで違反する不動産屋は、強引な場合もあるので避けたほうが良いです。

おとり物件に釣られていまうと時間や交通費が無駄になり、物件探しの効率が悪くなります。

大切なのは、おとり物件を使わない信頼できる不動産屋を早めに見付けておくことです。

成約した物件情報を消し忘れるから

成約した物件情報は、不動産屋が手作業で削除しています。消し忘れが発生してしまった結果、おとり物件になるというパターンがあります。

特に1~3月の繁忙期は物件の動きが早いため、起こりがちなトラブルです。

物件情報は、内容を更新しても即時反映しないサイトもあります。大手検索サイトのスーモやホームズなどの情報でも鵜呑みにはできません。

契約できない物件に釣られてしまう状況は、残念ながらどの検索サイトでも起こり得るので注意しましょう。

おとり物件の特徴

おとり物件にはいくつか特徴があり、把握しておけば自分でもある程度は避けられます。騙されないためにも是非参考にしてください。

  • ・家賃や初期費用が安すぎる
  • ・しつこく来店を促される
  • ・住所や物件名など詳細な情報が載っていない
  • ・良い物件なのにいつも募集が出ている
  • ・取引形態が「客付」または「仲介先物」
  • ・定期借家契約で募集している
  • ・不動産屋の歴史が浅い

家賃や初期費用が安すぎる

自分が住みたい街の家賃相場を調べてみて、広告の家賃が相場とかけ離れてないかチェックしてみましょう。

家賃を決める際は周辺の同じような物件も参考にするので、相場に対して安すぎる物件はほとんどありません。

家賃が安い物件は「部屋で人が亡くなっていた」「刑務所などの嫌悪施設が近い」など、それなりの理由があるはずです。

魅力的な物件なのに「敷金・礼金がゼロ・フリーレント付き」など、初期費用が安すぎるものも要注意です。不動産屋には、安い理由をよく聞いてみましょう。

しつこく来店を促される

「空室情報は来店した際に教えます」と言われる、内見の現地集合を断られるなど、しつこく来店を促される場合はおとり物件を疑うべきです。

現地集合は時間・交通費を節約できるのでお互いにとって良いはずです。しかし、おとり物件は内見できないため不動産屋は嫌がります。

本当に来店する必要があるなら、納得できる理由かよく聞いてみてください。

住所や物件名など詳細な情報が載っていない

物件情報の住所が○○区までしか載ってないなど場所や物件名があいまいなら、おとり物件の可能性があります。

おとり物件の多くは、物件を特定しづらい書き方にしてあります。住所で調べられて色々探られては困るからです。

他にも物件の画像がなかったり、同じ画像を複数の情報で使いまわしたりしている場合は注意しましょう。

良い物件なのにいつも募集が出ている

自分が問い合わせた時に「もう決まってしまったんです」と断られたのに、いつまでも募集している状況はおとり物件かもしれません。

条件が良い物件なら募集開始から1~2週間ほどで申し込みが入り、広告は削除されます。

ただし、本当にキャンセルが出て再度募集を出す時も同じような状況になるので確認は必要です。

取引形態が「客付」または「仲介先物」

物件情報には「取引態様」という項目があり、不動産屋と大家さんの関係性を確認できます。大家さんと直接関わらない「客付」「仲介先物」の場合は怪しいです。

大家さんにバレにくい不動産屋は、勝手におとり物件に使っている可能性があるからです。ちなみに、大家さんと不動産屋との関係には、以下の4つがあります。

貸主 大家さん本人
代理 大家さんと関わりが深い代理人
仲介元付 大家さんから募集を直接依頼されている不動産屋
仲介先物 仲介元付から募集を依頼されている不動産屋

「仲介」とだけ記載がある場合は、不動産屋に聞いてみないと元付か客付かはわかりません。参考程度に確認してみてください。

定期借家契約で募集している

定期借家契約は貸主が決めた期間しか入居できず、基本的に更新ができません。

賃貸で一般的な「普通借家契約」は2年契約で更新すれば住み続けられますが、定期借家契約は満了時に解約する必要があります。

おとり物件では、3ヶ月~半年の定期借家契約で募集し問い合わせさせます。

大抵の人は2年契約で探しているので、短い期間しか住めないことを説明すると「他の部屋を紹介してほしい」となります。

不動産屋はそれを狙って、あえて定期借家で募集している場合があるのです。

不動産屋の歴史が浅い

不動産屋を長く続けるためには、信頼と実績が必要です。新しい不動産屋がダメなわけではありませんが、信頼度をはかる目安としてチェックしてみてください。

不動産屋がどのくらい続いているかは、不動産屋の免許に数字が書いてあります。

・宅地建物取引業 〇〇知事(1)第〇〇〇〇号
・国土交通大臣(1)〇〇〇〇号

カッコの中の数字が大きければ大きいほど、老舗の不動産屋です。業者の免許は5年ごとに更新なので、もし(3)なら10年以上は営業している目安になります。

おとり物件を避けるには空室確認が重要

おとり物件を避けるためには、不動産屋に行く前の空室確認が重要です。

「本当に物件が空室かどうか」を確認するには、物件の管理会社に電話して最新の情報を把握する必要があります。しかし、不動産屋ではない人が直接管理会社に確認するのは難しいです。

そこで便利なのがチャット不動産の「イエプラ」です。チャットやLINEで気になる物件のURLを送るだけで最新の空室状況を確認できます

イエプラURL確認チャット画面

上の画像のように、物件情報のURLを送れば、スタッフが管理会社に確認してくれます。

内見前日にも、改めて物件の情報を確認してくれるので、無駄な内見に行かずに済みます。万が一、内見直前に申し込みが入ってしまった場合は、必ず連絡してくれます。

イエプラは不動産業者のみが使える「atbb」という専用サイトで最新情報を確認しているので、おとり物件は一切ありません

チャットやLINEは深夜0時まで対応しているので、仕事が忙しくて不動産屋に行けない人も是非使ってみてください。

イエプラでお部屋を探す

その他おとり物件を避けるための方法

その他におとり物件を避けるための方法を3つ紹介します。空室確認と合わせて実行してみてください。

  • ・内見は現地集合でお願いする
  • ・実際に不動産屋の店舗に行ってみる
  • ・取引様態が「貸主」や「代理」の物件を選ぶ
  • ・先行して募集している物件を探す

内見は現地集合でお願いする

気になる物件があるなら「現地待ち合わせ」で内見予約してみましょう。

不動産屋に「この部屋を現地待ち合わせで見せてほしい」と伝えるだけです。もし紹介できないおとり物件なら、現地集合は断られます。

実際に不動産屋の店舗に行ってみる

実際に不動産屋の店舗に行けば、おとり物件は紹介されません。おとり物件は、物件探しをしている人を店舗に呼ぶための手段だからです。

不動産屋のスタッフに予算と希望条件を伝えれば、その時点で借りられる空室の候補を見せてもらえます。

ただし、気に入る物件がなかった場合は時間の無駄になるので、やや効率は悪いです。

取引様態が「貸主」や「代理」の物件を選ぶ

大家さん本人や不動産の管理会社が仲介会社を通さずに直接、入居者を募集している場合はおとり物件である可能性が低いです。

数は少ないですが、取引形態をチェックしておくと騙される確率が下げられます。

先行して募集している物件を探す

引越しを急がないなら「先行の募集」をおすすめします。

賃貸物件は、まだ住めない状態の部屋でも募集があります。退去予定の人が住んでいる物件や、建築中の物件などです。

内見する前に申し込む「先行申込」と、先に契約してしまう「先行契約」があります。

先行申込なら、万が一内見して気に入らなければキャンセルできるケースが多いです。一方で先行契約はキャンセルができないので、住みたい部屋がある時限定です。

おとり物件を使うのは、契約できない物件を使ってでも来店させたいからです。先行の募集なら、お店に行かなくてもチャットやLINE、メールで物件を検討できます。

おとり物件を見つけたら通報するべき

おとり物件を見つけたら通報するべきです。悪質なおとり物件を掲載し続けている不動産屋は掲載が取り下げられるため、被害者を減らすことにつながります。

自分が契約した部屋が掲載されているなど、明らかにおとり物件を見かけた際は以下の2つの方法で通報してください。

検索サイトでおとり物件を見つけた場合

スーモやホームズなどの物件検索サイトでおとり物件を見つけた場合は、サイトに設置されている問い合わせフォームから通報しましょう。

通報する際は、氏名や電話番号の個人情報や不動産屋とのやり取りの記録が必要です。忘れないようにメモしておきましょう。

ちなみに、おとり物件を見つけたらスーモは「成約済み情報の問い合わせフォーム」から、ホームズは「掲載110番」から通報できます。

店頭でおとり物件を見つけた場合

店頭でおとり物件を見つけた場合は、各都道府県の「宅建指導課」に連絡しましょう。消費者庁の「景品表示法違反被疑情報提供フォーム」から通報しても良いです。

悪質だと認められた場合、業務停止や免許取り消しなどのペナルティが課されます。

お部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行こうとしていませんか?

チャット不動産屋の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくても、チャットやLINEで不動産屋スタッフと気軽にやりとりできます。

予算と希望条件を伝えれば、不動産屋だけが見れる専用のサイトでピッタリのお部屋を探してもらえます。必ず空室か確認するので、おとり物件は一切ありません!

他社サイトの物件広告でも、情報を送ればおとり物件かどうか調べてくれます。スーモやホームズにない未公開物件もあり、選択肢が多いです。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しい人やシングルマザーなど、お部屋探しの時間が限られている人にもおすすめです。スキマ時間を活用して、お部屋探しが進められます!

イエプラでお部屋を探す

keyboard_arrow_up
PAGE TOP