引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスに住むメリット・デメリットとは?失敗しにくい物件のポイントも解説!


リビング
最近テレビでよく見る「シェアハウス」!

費用が抑えられるなどメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。

ここではいいところも悪いところも包み隠さず解説します!失敗しにくいシェアハウスの選び方や、実際に住んでいる人の体験談も紹介するので、楽しいシェアハウスライフの参考にしてください!

シェアハウスに住む8つのメリット

女子会
シェアハウスに住むと主に8つのメリットがあります!

・費用が抑えられる
・水道光熱費が使い放題
・都心に安く住める
・家具家電がシェアできる
・いろいろな人と繋がれる
・困った時に助けてもらえる
・楽しいイベントに参加できる
・引越しが気軽にできる



費用が抑えられる

シェアハウス最大のメリット、それは費用が抑えられることです!

毎月の家賃で見てみると、普通の賃貸物件と比べるとシェアハウスのほうが1~2万円以上安いんです。

しかもシェアハウスの家賃は、水道光熱費やトイレットペーパーなどの日用品代も含まれているので毎月の生活費が抑えられますよ。

東京23区のシェアハウスの家賃相場と賃貸物件(ワンルーム)の家賃相場をざっくりまとめてみたので、どれくらい違うのか参考にしてください。

23区 シェアハウスの家賃相場 1Rの家賃相場
千代田区 5~5.5万円 10万円
中央区 6万円以上 10万円
港区 6万円以上 12万円
新宿区 5~5.5万円 7.6万円
文京区 5~5.5万円 7.8万円
台東区 4.5~5万円 8.6万円
墨田区 4.5~5万円 8.8万円
江東区 4.5~5万円 8.4万円
品川区 5.5~6万円 8.2万円
目黒区 6万円以上 8万円
大田区 4~4.5万円 6.9万円
世田谷区 4.5~5万円 7万円
渋谷区 5.5~6万円 9.2万円
中野区 4.5~5万円 6.2万円
杉並区 5~5.5万円 6.5万円
豊島区 4.5~5万円 6.9万円
北区 4~4.5万円 6.4万円
荒川区 4~4.5万円 7.1万円
板橋区 4.5~5万円 6.4万円
練馬区 4.5~5万円 5.5万円
足立区 4~4.5万円 6.3万円
葛飾区 4万円以下 5.7万円
江戸川区 4~4.5万円 5.8万円

また、シェアハウスは一般的な賃貸物件よりも初期費用が抑えられるのも嬉しいポイントです。

一般的な賃貸物件だと初期費用だけで家賃4.5~5ヶ月分くらいはかかってしまいますが、シェアハウスなら10万円前後が一般的です。

1番安いドミトリータイプの部屋なら初期費用3万円で借りることもできちゃいます。

とにかく費用を抑えたい!という人にはうってつけですね!

水道光熱費が使い放題

シェアハウスの家賃には水道光熱費が含まれています。定額なので、どんなに使っても水道光熱費は高くなりません。

特にエアコンが必要な夏は、電気代がかさみがちなので助かりますよね!

都心に安く住める

憧れの大都会、東京!誰もが知っているような六本木や新宿に住みたい!と思っても家賃が高すぎて無理…ってなりますよね。

でもシェアハウスなら、都心に安く住めます!

例えば会社の近くに住んだとしたら、わざわざ満員電車に乗って移動しなくて済むし、朝もギリギリまで寝てられます。

アニメオタクの人が秋葉原に住んだとしたら、欲しいものがすぐに買えるし、イベントにもすぐ行けます。

移動時間を節約すれば、睡眠時間や趣味の時間をもっと充実させられますよ!

家具家電がシェアできる

シェアハウスはもともと家具家電が備え付けられています。

わざわざ買う必要がないので、初期費用が抑えられますよ!

シェアハウスによっては、コーヒーメーカーとかホットプレートとか一人暮らしでは買ってもあんまり使わないものが揃っているので、なにかと重宝するかも。

いろいろな人と繋がれる

シェアハウスは、性別・職業・国籍などバラバラな人たちがたくさん集まります。

普通に生活してるだけでは出会えないような人と繋がれるのもシェアハウスの大きな魅力です。

1~2ヶ月くらいの短いスパンで人が入れ替わるのも珍しくないので絶えず人との出会いがありますよ~!

また、シェアハウスは外国人入居者が多いので、留学しなくても異文化交流ができるというメリットも。

英語を学習したい人専用のシェアハウスもあるみたいですね。

困った時に助けてもらえる

シェアハウスは一人暮らしと違って、だいたいに誰かしらが家にいます。

宅配便を代わりに受け取ってもらえたり、具合が悪くなったときに代わりに買い物に行ってもらったりなど、一人暮らしにはないメリットですね。

台風とか地震とか1人だと心細いような場面でも、リビングに行けば誰かに会えるので安心できますよ!

楽しいイベントに参加できる

シェアハウスによっては、飲み会やBBQなど定期的にイベントをしているところもあります。

皆でわいわいしながらいろんな人の話を聞いたり、友達を紹介してもらったりといろいろな出会いがありますよ!

また、イベントがなくてもリビングで宅飲みしたり、一緒にゲームしたりと人との交流があるのでさみしがりな人にもぴったりです。

引越しが気軽にできる

普通の賃貸だと最低2年は住まないといけないのですが、シェアハウスは1ヶ月というい短い期間から契約できる物件があります!

家具や家電を持たなくていいので、身軽に引越しができます。いつも新鮮な気持ちでいたいという人におすすめです。

また、クロスハウスというシェアハウス運営会社は「住み心地保証」として物件の移動が無料で出来るサービスもおこなっています。

▶クロスハウスを見に行く

シェアハウスに住む6つのデメリット

頭を抱えて悩む女性
シェアハウスは楽しいことばかりではありません。デメリットを理解した上で、シェアハウスに住むかどうかを決めましょう!

・生活音が気になる
・プライバシーはあってないようなもの
・セキュリティ面が微妙
・感染症対策が不安
・共有設備の利用制限がある
・設備が汚いことがある



生活音が気になる

いろいろな人が住んでいるので、その分生活音は気になりやすいです。

生活リズムがバラバラだと、隣の部屋のアラームで目が覚めてしまうなんてのはよくある話です。

リビングやお風呂など、共有スペースはどうしても人の行き来が激しくなるのでうるさく感じてしまいます。

1階部分は共有設備で、2階部分は個室のみになっているシェアハウスは生活音が気になりにくくておすすめですよ~!

プライバシーはあってないようなもの

共有しているものが多いので、見られたくないものを見られてしまうことは多いです。

例えばポストが共同の場合は郵便物を見られてしまうし、キッチンで料理してても見られるし…。

自分の個室以外はいつどこで誰が見てるかわからないので、精神的に疲れてしまうことも。

セキュリティ面が微妙

いろいろな人が出入りするので、セキュリティ面はちょっと不安です。

冷蔵庫に入れておいたプリンが食べられた!くらいならまだしも、貴重品が盗まれてしまった!なんてトラブルも。

特にドミトリータイプと呼ばれる、複数人で相部屋する場合は注意が必要です。一応鍵付きのロッカーはあるんですがね…。

セキュリティが心配なら、しっかりと鍵がついている個室タイプにしましょう!

感染症対策が不安

新型コロナウィルスやインフルエンザなど、なにかと気になる感染症。

シェアハウスは家電やドアノブなどいろいろなものを共有してますし、リビングは密になりがち。

対策としてシェアハウスによっては消毒液が置いてありますが、基本的に自己防衛しないといけません。

共有設備の利用制限がある

「洗濯機の利用は○時まで」「シャワーは1人あたり○分まで」など、共有設備に利用制限があるところが多いです。

一人暮らしのように好きな時間に好きなだけ使う!みたいな生活はできません。

生活リズムが一緒だと、キッチンやお風呂の時間がかぶってしまって不便なこともしばしば。

設備が汚いことがある

掃除が入居者の当番制だと、掃除の出来にムラがあったりします。

そもそも入居者のモラルが低いと、汚れたままになってたりして生活しにくいこともあります。

週3~4回は専門のスタッフが清掃に来てくれるようなシェアハウスなら、設備がキレイに保たれている確率が高いですよ!

失敗しにくいシェアハウス選びのポイント

楽しいシェアハウス生活を送るには、シェアハウス選びが重要です!

自分に合ったシェアハウスを選ぶために、チェックしてほしいポイントをいくつか紹介するので参考にしてください!

・運営会社の質
・入居者の質(男女比や年齢など)
・入居者同士のコミュニケーションの有無
・共用部分のキレイさ、使いやすさ
・水回りの数
・居室の間取りや防音性
・ハウスルール
・周辺環境(スーパーの有無など)

どれも絶対にチェックしてもらいたい項目ですが、見落としがちのは運営会社の質です!

入居後のトラブルや設備の管理は、運営会社の対応が重要です。適当な運営会社だと、いざというときに頼りにならなかったりしてストレスが溜まることも。

僕がおすすめするシェアハウス運営会社なら、シェアハウス探しからアフターフォローまでしっかりサポートしてくれますよ!

どちらの運営会社も物件数が豊富なので、気になった不動産屋に相談してみてくださいね!

初期費用を抑えるならクロスハウス

初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブルなクロスハウス。まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウス生活が始められます!

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にもおすすめです。

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力ですよ!

国内最大手の安心感!オークハウス

オークハウスは、1992年創業の「国内最大手シェアハウス運営会社」です。25年以上培ってきたノウハウで、あなたのシェアハウス選びを手厚くサポートしてくれますよ!

女性専用物件や、ジムや防音室が付いているワンランク上のシェアハウスなど種類も豊富なので、ピッタリの物件がきっと見つかります。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せちゃいます!

シェアハウスに住んでいる人の体験談

最後にシェアハウスに住んでいる人の体験談を紹介します。良い意見と悪い意見を読んで、シェアハウスに住むかどうかの参考にしてください!

シェアハウスで満足している人の体験談

進学で初めて実家を出ることになりましたが、知らない土地でいきなり一人暮らしするのは不安だったのでシェアハウスにしました。帰宅すると「おかえり~」と迎えてくれるし、リビングに行けば誰かがいるので寂しいということもないです。(20代/女性)
シェアハウスのいいところはなんと言っても生活費が抑えられるところ。都心に住んでいても家賃6万円で、水道光熱費込みなんて一人暮らしだったらありえないですよね。現在はフリーターですが、将来のために貯金もできているのでシェアハウスでよかったなと思ってます。(20代/男性)
シェアハウスは手続きがラクなのがいい。審査もゆるいし、水道とかガスの開栓手続きもしなくていい。インターネットも入居した日から使えたから、生活インフラにはまったく困らなかった。毎月の支払いも家賃の振り込みだけで、手間がかからない。(20代/女性)
私が入居しているシェアハウスは半分以上が外国人です。いつも英語が聞こえてくる環境なので自然となんと言ってるのかがわかるようになりました!授業でわからないことがあっても教えてもらえるし、逆に私が日本語を教えてあげたりしてコミュニケーションをとっています。留学できなくても本場の英語を学べて助かっています。(20代/女性)
ミニマリスト思考なので自分の家具や家電は持っていませんが、シェアハウスなら生活に必要なものはほとんど揃っているのでリュック1つで十分生活できます。引越しも気軽にできるのでフットワークも軽いです。(20代/男性)



シェアハウスで後悔した人の体験談

廊下を歩いてる音とか、リビングでワイワイしてる話し声とか人が多い分生活音が気になります。壁が薄いのか隣の人の寝言とか聞こえてきて最悪です。(20代/男性)
掃除が当番制なんですが、一部の人たちが掃除が雑で嫌になります。流しに生ゴミ置きっぱなしにする人とか、ゴミを分別しない人、汚しても自分で掃除しない人もいるし……。シェアハウスに入居するなら絶対清掃スタッフが入ってくれるところにしたほうがいいです。(20代/女性)
週末は洗濯する人が多いので、洗濯機の取り合いみたいになってます。朝も洗面台が順番待ちになるし、自分が使いたいときに使えないのはストレスたまりますね。入居者の人数と、洗濯機やトイレの数のバランスはチェックするのをおすすめします。(20代/女性)



PAGE TOP ↑