引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの光熱費って一人暮らしよりもお得?


電気イメージ

シェアハウスの光熱費は、だいたいの場合、完全固定のところが多いです。

つまり、光熱費が一万円だった場合、一ヶ月にどれだけエアコンをガンガンにつかっても1万円で、逆にまったく使わなかったとしても1万円です。

果たしてそれは、一人暮らしの水道光熱費とくらべてお得なのでしょうか?

その部分を検証してみたいと思います!

シェアハウスの光熱費は一人暮らしよりも得するの?

一人暮らしの水道光熱費の場合

  • 水道代の平均・・・2000円
  • 電気代の平均・・・3000円から8000円
  • ガス代の平均・・・3000円から6000円

これが一人暮らしの平均値です。

安い人だと、8000円ですが、高い人だと16000円にもなってしまいますね。

特に冬や真夏はエアコンの電気代がかなりかかってきますので、快適に過ごしたい方は電気代がバカにならないはず。

普段なにげなく払っていますが、こうして考えると結構かかってますね…。

シェアハウスの水道光熱費の場合

共益費と一緒の場合

共益費や管理費と水道光熱費が一緒になっているパターンです。

共益費や管理費というのは共有部分の清掃業者代だったり、日用品代だったりのことになります。

大体10000円から14000円くらいに設定されていることが多いようです。

電気や水道、ガスが使い放題です!

共益費と電気代のみ別の場合

水道やガス代は共益費に含みますが、電気代は別なパターンです。

電気を使った分だけメーターで管理されており、その分が実費請求されます。

共益費と一緒だけど、使いすぎると値上げされる場合

水道光熱費が共益費と一緒になっているけど、水道光熱費の請求額が共益費を超えた場合は、値上げされるパターンです。

住人のだれかがガンガンエアコンをつけっぱなしにしてたりすると、住人全体で値上げ分を負担しなければいけないことに…。

ちょっと注意が必要なパターンですね。

シェアハウスの利点は、水道光熱費以外にもある

シェアハウスの水道光熱費、共益費の中には、インターネット代も含まれていることがほとんどです。

ちなみに一人暮らしの場合、光回線を引いてインターネットをしようとすると、プロバイダ代込みで6000円から7000円くらいします。

ということは、一人暮らしをしていると、水道光熱費+ネット代で安くても14000円くらいは月々かかってしまう計算になります。

節約すればもっと安くなりますが、だいたいこれくらいだと考えると、シェアハウスのほうがわりとお得かも…。

とは言っても、シェアハウスによってルールが結構違いますので、引越し前にかならず確認するようにしてみてくださいね!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑