引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの家賃が安いと危険?格安物件が怖い理由を解説!


家のイメージ

シェアハウスは普通の賃貸より家賃が安いのが人気の理由です!

普通の賃貸物件とどのくらい家賃差があるのか、部屋タイプによって平均家賃はどのくらい違うのかなど紹介しちゃいます!

また、格安物件が危ない!怖い!と言われる理由や、安くても良い物件の探し方も紹介しているので参考にしてください!

シェアハウスは普通の賃貸より家賃が安い!

シェアハウスは、普通の賃貸物件より家賃が安いので人気があるんです!どのくらい安いかというと…

23区内の平均家賃
シェアハウス 約52,100円
普通の賃貸物件 約86,900円

3万円以上も家賃に差が出てます!これは安いぞ…!

ちなみに、上記はシェアハウス運営会社「クロスハウス」で調べたシェアハウスの平均家賃と、ホームズに掲載されているワンルーム~1Kの平均家賃です。

場所や物件情報にもよるんですけど、シェアハウスなら安いところで約3万円の部屋もありました!23区内ですよ?信じられますか?

シェアハウスの最大のメリットといっても過言ではないくらい、家賃が安いです!

部屋タイプによっても家賃に差が出る!

シェアハウスって、個室とか、2段ベッドが敷き詰められたドミトリーとか、部屋タイプが複数あるんですよね。

でもって、部屋タイプでも1万円以上も家賃に差が出るんです。同じく、僕がおすすめする「クロスハウス」のサイトを参考に家賃平均をまとめました!もう電卓触りたくないです!

部屋タイプ 平均家賃
個室 約51,300円
セミプライベート 約34,200円
ドミトリー 約30,720円
家具付きアパート 約73,000円

家賃の安さだけを重視するなら、ドミトリータイプ1択ですね。

ちなみに家具付きアパートは、最短1ヶ月契約ができる普通の賃貸物件です。ワンルームや1Kの部屋です。

シェアハウスの格安物件は実はヤバい…

相場よりも安い、シェアハウスの「格安物件」はなるべく避けましょう…!

凄いところだと家賃1~2万円や、1日400円っていう物件もリアルにあるんですよ。しかも23区内で。

こういう物件って、実はヤバい訳あり物件なのでおすすめはしません。どういう訳ありか、紹介していきますね。

なんだかんだで怖いのは、脱法ハウス

もともと倉庫だったり、オフィスだったりした物件に多いのですが、人が集団で住むのに適していないものもあります。

例えば、窓のない個室なんかは建築基準法にも引っかかってしまいます。

ガマンしていれば問題ないや、という考え方もあるかもですが、もし万が一火事などになったときは、かなり危ないことが予想されます。

もとが倉庫だったらすべてが脱法ハウスかというとそうでもありませんので、気になる物件があったらぜひ不動産屋の担当者に聞いてみてください。

参考記事:違法なシェアハウスって何!?

住んでる人達の質が悪い

安いところに住んでるくらいだから、まともに仕事をしてない人が多いのかな…と心配になってる方もいると思います。

格安物件は、実際にそういう人もいます。これはマジです。

ただ、そこそこ安いくらいのシェアハウスなら、お金のない大学生やフリーターが多いので大丈夫なんですよね。

シェアハウスによって本当に雰囲気が違いますので、引越しをする前にかならず内覧をして、住んでいる人達がどんな人達なのかをしっかり確認するようにしましょう!

自室がもはや刑務所…

それなりに格安な理由ってあるんですよ。自室が2~3畳ほどで、ベッドとめちゃくちゃ小さい机しか置けない部屋だったりします。

安いビジネスホテル以下。もはや刑務所のほうが住みやすそうって思えるほどです。僕は無理。

なんの仕事をしてるのかわからない外国人ばっかり

外国人メインのシェアハウスでは、毎日、夜な夜なパーティを開催して、どんちゃん騒ぎをしているようなシェアハウスもあります。

自分以外のほとんどが外国人で酔っぱらってる上に、言葉がまったくわからなくて怖い…なんて状態はイヤですよね。

共有部分が汚い

共用費をきっちりとっている物件は、共用部分の掃除は清掃業者がやってくれるところもあります。

しかし、格安シェアハウスの場合は、住人達でしっかり掃除をしなければなりません。

住人の中にだらしない人がいると、どんどん汚くなっていってしまいます。

騒音トラブルは当たり前

これはシェアハウスにかぎらず、安い物件にありがちなポイントです。
となりの部屋で電話をしている声が丸聞こえだったりもするので、そういう点は妥協するか、もう少し家賃の高いところにする必要があります。

内覧の時にはぜひ個室の壁をコンコンと叩いてみてください。軽い音がしたら、アウトですね。

ちなみに、セミプライベートの部屋は、カーテンかパーティションで区切られているので、同居人の質によっては眠れないなんてことも。

プライバシーなんてものはない!

格安物件はプライバシーなんてものはないと思ったほうがいいです!

その理由は、自室にスペースがなく、ほぼ共有部分で過ごすことになるからです。

あと、自室に鍵がついてないから誰でも自由に出入りできちゃったりするんですよ…。盗難には要注意です。

クロスハウスバナー

家賃が安くても良い部屋の探し方

虫眼鏡と家の置物

シェアハウスに住むなら、やっぱり家賃はできる限り抑えたいですよね…。

ってことで、家賃が安くても良い部屋を見つける方法を紹介しちゃいます!なるべく当てはまる物件を探してみてください。

運営会社直のサイトで探すべし!

運営会社直のサイトでシェアハウスを探せば、どの物件もきちんと管理しているので安心できます。

入居審査も、運営会社が直接おこなっていることが多いので、ヤバい人も少ないんですよ。

あと、運営会社直のサイトだと、物件の写真がいっぱいあったり、特集ページとかで物件ごとに記事になってることがあるんです。

物件の内容が確認しやすいので、パッと見の雰囲気がわかります。

管理体制がしっかりしている物件にする

管理人や運営会社のスタッフの巡回が定期的にあったり、清掃会社が毎週入るような物件は安心できます。

見回りが来る=きちんとしなきゃ!っていう意識になるので、トラブルが少ないんです。

あと、定期的に掃除してくれるので、共有部分が綺麗なのも嬉しいですよね~。

ハウスルールがしっかり決められている物件にする

ハウスルールがしっかり決められている物件は、みんながルールを意識するのでトラブルが起きにくいです!

とくに、キッチンやお風呂などの共有部分の仕様ルールと、騒音に関してのルールが明確になってるとこが良いです。

シェアハウスはとにかく内見に行くべし!

シェアハウスは、内見で実際の雰囲気を確認したほうが良いです!

物件自体の綺麗さや設備を確認できるうえ、運が良ければ入居者に会えます。どんな人がいるのかを確認できるんです。

会釈や挨拶があれば、良いシェアハウスの可能性が高いです。逆にシカトされたら、入居した後もギスギスしそうなんですよね…。

もし、内見に行く時間が選べるなら「平日の夜」か「休日の昼」がおすすめです!入居者が一番多く集まる時間帯なので、会える可能性が高いです。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択!

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択ですね!初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブル!業界最安値だと思っていいです!

まとまったお金が用意できなくても、簡単にシェアハウス生活が始められますよ~。

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力です!

クロスハウスバナー

PAGE TOP ↑