引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスの家賃が安いと危険?格安物件が怖い理由を解説!


家のイメージ
シェアハウスの人気の理由はズバリ「家賃の安さ」です。

普通の賃貸物件とどのくらい家賃差があるのか、部屋タイプによって平均家賃はどのくらい違うのかなど紹介しちゃいます!

また、格安物件が危ない!怖い!と言われる理由や、安くても良い物件の探し方も紹介しているので参考にしてください!

シェアハウスは普通の賃貸より家賃が安い!

シェアハウスは、普通の賃貸物件より家賃が安いので人気があるんです!

実際どのくらい安いかというと3万円以上も家賃に差が出てます!これは安いですね…!

23区内の平均家賃
シェアハウス 約52,100円
普通の賃貸物件 約86,900円

上記はシェアハウス運営会社「クロスハウス」で調べた23区内のシェアハウスの平均家賃と、ホームズに掲載されている23区内のワンルーム~1Kの平均家賃です。

場所や物件にもよるんですけど、シェアハウスなら安いところで約3万円の部屋もありました!

部屋タイプによって家賃に差が出る

シェアハウスって個室や相部屋のドミトリーなど、部屋タイプによって1万円以上も家賃に差が出ます!

以下で僕がおすすめする「クロスハウス」のサイトを参考に家賃平均をまとめました!もう電卓触りたくないです(笑)

部屋タイプ 平均家賃
個室 約51,300円
セミプライベート 約34,200円
ドミトリー 約30,720円
家具付きアパート 約73,000円

家賃の安さだけを重視するなら、ドミトリータイプ1択ですね。個室と比べると2万円以上も安いです!

ちなみに、部屋タイプについてはこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

▶シェアハウスの部屋タイプの詳細はこちら

シェアハウスの家賃が安い理由

土地が高い都心にあるのに、どうしてシェアハウスの家賃が安いんだろう?と疑問に思った人もいますよね?

シェアハウスの家賃が安いのには理由があるんです!主な3つのパターンを紹介します!

リノベ物件で安いパターン

中古の物件をキレイにリノベーションしてシェアハウスとして運営しているパターンです。

新築で建てるよりも費用がかからないので、その分家賃を安く提供できるというわけです!

シェアハウスの運営会社によっては、業者に依頼せず自社で工事をすることで相場よりも安く貸し出ししているケースもあります。

建築コストを抑えているパターン

シェアハウスはそれぞれの部屋にトイレやお風呂を取り付ける必要がないので建設コストが抑えられます。

水回りの数が少なければ管理コストも抑えられるので、家賃も安くなるというわけです。

また、シェアハウスは基本的に2階建てのアパートタイプか戸建てがほとんどです。

賃貸マンションと違ってエレベーターやオートロックがないので、その分安くなっているというケースもあります。

脱法ハウスで安いパターン

もともと倉庫として使用していた建物に適当な仕切りを付けただけとか、マンションの一部屋を簡単な壁で区切っただけなどのいわゆる「脱法ハウス」で安いパターンです。

ほとんどコストがかかってないから安くできるか、格安にしないと誰も入居したがらないのどちらかである可能性が高いです。

脱法ハウスはあらゆる意味で危険なのでおすすめしません。

例えば、窓のない個室なんかは建築基準法にも引っかかってしまいます。換気も出来ないし、日当たりも悪いし健康にもよくありません。

あとは燃えやすい素材が使われているとか、火災報知器が付いてない脱法ハウスもあります。

「ちょっと我慢すれば問題ないや」という考え方もあるかもですが、万が一地震や火事が起きたときはかなり危ないです。

もとが倉庫だったらすべてが脱法ハウスかというとそうでもありませんので、気になる物件があったら不動産屋の担当者に聞いてみてください。

参考記事:違法なシェアハウスって何!?

格安シェアハウスがヤバい理由

安いところだと家賃1~2万円や、1日400円っていう物件もリアルにあるんですよ。しかも23区内で。

こういう物件って、実はヤバい訳あり物件なのでおすすめはしません。どういう訳ありか紹介していきますね。

入居者の質が悪い

安いところに住んでるくらいだから、まともに仕事をしてない人が多いのかな…と心配になってる方もいると思います。

格安物件は、実際にそういう人もいます。これはマジです。保証人も付けられないようなヤバい人たちが集まっているケースもザラです。

ただ、そこそこ安いくらいのシェアハウスなら、お金のない大学生やフリーターが多いので大丈夫だったりします。

シェアハウスによって本当に雰囲気が違いますので、引越しをする前にかならず内覧をして、入居者がどんな人達なのかをしっかり確認するようにしましょう!

自室が刑務所並みに狭い

それなりに格安な理由ってあるんですよ。自室が2~3畳ほどで、ベッドとめちゃくちゃ折りたたみ机しか置けない部屋だったりします。

住心地は安いビジネスホテル以下。もはや刑務所のほうが住みやすそうって思えるほどです。僕は無理です。

謎の外国人ばっかり住んでいる

外国人メインのシェアハウスでは、毎日のように夜な夜なパーティを開催して、どんちゃん騒ぎをしているようなシェアハウスもあります。

自分以外のほとんどが外国人で酔っぱらってる上に、言葉がまったくわからなくて怖い…なんて状態はイヤですよね。

なんの仕事をしてるのかわからないような外国人ばかりが集まっているようなシェアハウスはやめましょう。

共有部分が汚い

共用費をきっちりとっている物件は、共用部分の掃除は清掃業者がやってくれるケースが多いです。しかし、格安シェアハウスの場合は入居者が当番制で掃除をしなければなりません。

とは言えみんながみんな当番を守るわけではないんですよね。めんどくさがってサボる人・手抜きの掃除しかしない人もいます。

住人の中にだらしない人がいると、どんどん汚くなっていってしまいます。

騒音トラブルは当たり前

これはシェアハウスに限らず、安い物件にありがちなポイントです。

隣の部屋で電話をしている声が丸聞こえだったり、ドミトリーだと同じ部屋の人の寝言が聞こえてきたりなんてのは日常茶飯事です。

「安さを重視して妥協するか」「快適さを求めてもう少し家賃の高いところにするか」のどちらかになります。

内見の時にはぜひ個室の壁をコンコンと叩いてみてください。軽い音がしたらアウトですね。

ちなみにセミプライベートの部屋は、カーテンかパーティションで区切られているだけなので、同居人の質によっては眠れないなんてことも。

騒音に悩まされたくないなら個室一択ですね。

プライバシーなんてものはない!

格安物件はプライバシーなんてものはないと思ったほうがいいです!理由は自室にスペースがなく、ほぼ共有部分で過ごすことになるからです。

ドミトリーやセミプライベートの場合は、自室に鍵がついてないので誰でも自由に出入りできちゃったりするんですよ…。

貴重品は鍵付きのロッカーやセキュリティーボックスに入れて保管しますが、盗難トラブルには要注意です。

クロスハウスバナー

家賃が安くても良い部屋の探し方

虫眼鏡と家の置物
シェアハウスに住むなら、やっぱり家賃はできる限り抑えたいですよね…。

ってことで、家賃が安くても良い部屋を見つける方法を紹介しちゃいます!なるべく当てはまる物件を探してみてください。

運営会社直営のサイトで探す

運営会社直営のサイトでシェアハウスを探せば、どの物件もきちんと管理しているので安心です。

入居審査も運営会社が直接おこなっていることが多いので、ヤバい人も少ないんですよ。

あと運営会社直営のサイトだと、物件の写真がいっぱいあったり、特集ページとかで物件ごとに記事になってることがあるんです。

物件の内容が確認しやすいので、パッと見の雰囲気がわかります。

管理体制がしっかりしている物件にする

管理人や運営会社のスタッフの巡回が定期的にあったり、清掃会社が毎週入るような物件は安心できます。

見回りが来る=きちんとしなきゃ!っていう意識になるので、トラブルが少ないんです。

定期的に掃除してくれるので、共有部分がキレイなのも嬉しいですよね~。

ハウスルールがしっかり決められている物件にする

ハウスルールがしっかり決められている物件は、みんながルールを意識するのでトラブルが起きにくいです!

特に、キッチンやお風呂などの共有部分の使用ルールと、騒音に関してのルールが明確になってるとこが良いです。

シェアハウスはとにかく内見に行くべき!

シェアハウスは、内見で実際の雰囲気を確認したほうが良いです!

物件自体のキレイさや設備を確認できるうえ、運が良ければ入居者に会えます。どんな人がいるのかを確認できるんです。

会釈や挨拶があれば、良いシェアハウスの可能性が高いです。逆にシカトされたら、入居した後もギスギスしそうなんですよね…。

ちなみに、内見に行く時間が選べるなら「平日の夜」か「休日の昼」がおすすめです!入居者が1番多く集まる時間帯なので、誰かしらと会える可能性が高いです。

内見時にチェックしておいてほしい項目をリストにまとめたので参考にしてください!

入居者の質 挨拶はあるか?男女・外国人の比率は?見た目の清潔感は大丈夫か?
共有スペース 汚れはないか?設備は古くないか?複数人で使っても大丈夫な広さか?
お風呂・トイレ 男女別になってる?鍵はかけられる?掃除は行き届いている?
居室 鍵はかかる?収納スペースは十分?コンセントの位置は大丈夫?
防音性 隣の部屋との防音性は?共有スペースから近すぎないか?
電波 スマホの電波は入る?共有Wi-Fiの速度は?
居室の窓 そもそも窓はついてる?開けてみて異臭は排気ガスは気にならない?
周辺環境 スーパーや商店街はある?駅からの距離はどう?

家賃が安いシェアハウスの実例

家賃が安いシェアハウスってどんな感じなの?と気になった人も多いと思うので、実際にあるシェアハウスをいくつか紹介しますね!

カプセルタイプのシェアハウス

カプセルタイプのシェアハウス

出典:https://ameblo.jp/infoconvenihouse/entry-12608614929.html

アパレルの店舗・事務所として使っていた建物を改装しているシェアハウスです。

自分のスペースはベッドの上だけです。あまりにも狭すぎます…。

大都会の日本橋周辺に約3万円で住めると思えば安いんでしょうが、窓がないのが気になりますね。換気大丈夫か…?

一応共有スペースにデスクやソファはありますが、あんまりくつろげなさそうです…。テレビもないっぽい。

・家賃:29,800円
・共益費:0円(家賃に含まれている)
・最寄り駅:馬喰町駅
・共有スペースあり

家賃2.9万円のドミトリー

PAL中野新橋1

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/nakanoku/x0062/

クロスハウスが運営しているドミトリータイプのシェアハウスです。

基本的に自分専用のスペースはベッドの上のみですが、多少の収納スペースは付いています!ちゃんと窓も付いているので安心です!

PAL中野新橋1

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/nakanoku/x0062/

共有リビングやキッチンも備え付けられているので、人と交流したり自炊したりもできます!

・家賃:29,800円
・共益費:10,000円
・水回り:トイレ、お風呂ともに男女共有
・最寄り駅:中野新橋駅
・共有スペースあり

家賃3万円の個室

シェアドアパートメント舎人1

出典:https://x-house.co.jp/sharehouse/tokyo/adachiku/sa-xross149/

こちらもクロスハウスが管理しているシェアハウスです。足立区にあるので都心からは少し離れてしまいますが、3万円で個室にも住めます!

共有リビングがなく、シェアするのはキッチン・トイレ・お風呂のみ!それぞれの部屋に冷蔵庫とテレビが付いています!

・家賃:30,000円
・共益費:10,000円
・水回り:トイレ、お風呂ともに男女共有
・最寄り駅:舎人駅
・共有スペースなし

クロスハウスなら安い家賃でキレイな部屋に住める

クロスハウスはリノベーションした物件を使っているので、相場よりも安い家賃でキレイな部屋に住めます!

初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブル!まとまったお金が用意できなくても、簡単にシェアハウス生活が始められます!

共有スペースは業者が掃除してくれるので、余計な手間もかかりません!

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力です!

クロスハウスバナー

keyboard_arrow_up
PAGE TOP