引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスはどれくらい安いのか?23区の相場や賃貸との比較一覧!


Price 値段
最近よく聞く「シェアハウス」って、家賃とかどれくらいなんだろう…安いのかな…って気になったことはありませんか?

そんな人のために、シェアハウスがどれくらい安いのかを調べました!

普通の賃貸物件と比べて安いのか、都内の高いエリアだとどうなのかなど、シェアハウスの費用について徹底解説しますよ~!

実際に住んでる人の口コミや感想もまとめたので、シェアハウスが気になってる人は参考にしてみてください!

シェアハウスはかなり安い!

シェアハウスは、普通の賃貸物件に比べるとかなり安いです!

実際にどれくらい安いのか、普通の賃貸物件(ワンルーム~1K)と比較してみました。

23区内の平均家賃
シェアハウス 52,100円
普通の賃貸物件 86,900円

平均値なのでざっくりした数字にはなりますが、3万円以上も差があります!

安いですね~。

さらに家賃相場を把握しやすくするために、23区内で1番高い「港区」と、1番安い「葛飾区」に絞って比較してみました!

シェアハウス 賃貸物件
港区 66,000円 125,000円
葛飾区 39,800円 67,000円

とことん家賃を抑えたい人は、葛飾区でシェアハウスを探せば3万円台の物件もありますよ!

1番高い港区でも6万円台で住めるので、都心部に住みたいけど家賃は抑えたいって人にもおすすめです。

ちなみに表の平均家賃は、シェアハウス運営会社「クロスハウス」と、賃貸検索サイト「ホームズ」を使って算出しました。

初期費用もかなり安い

シェアハウスは、初期費用もメチャクチャ安いんです。

普通の賃貸物件と比較して、どれくらい費用を抑えられるか算出してみました!

内訳はこちら!

シェアハウス 一般的な賃貸物件
家賃 50,000円 50,000円
共益費(管理費) 10,000円 5,000円
敷金 なし 50,000円
礼金 なし 50,000円
仲介手数料 なし 50,000円
デポジット(保証金) 30,000円 なし
前家賃(管理費込み) なし 55,000円
保証会社利用料 なし 25,000円
火災保険料 なし 15,000円
鍵交換費用 なし 15,000円
契約料 20,000円 なし
合計 110,000円 315,000円

同じ家賃5万円の条件でも、シェアハウスの初期費用は賃貸の3分の1くらいで済むんです!

ちなみに「クロスハウス」は初期費用が一律3万円なので、表の合計金額よりさらに安くなりますよ!

シェアハウスの家賃はどうしてこんなに安いのか

驚く女性
シェアハウスが安いことはわかったけど、どうしてこんなに安いのか…気になりませんか?

次は、シェアハウスが安い理由を解説したいと思います!

・古い建物をリノベーションしてる
・キッチンなどの設備を共有してる
・家具や家電を共有してる

古い建物をリノベーションしてる

シェアハウスは、戸建てやマンションなどの中古物件をリノベーションしてることが多いんです。

つまり、完成するまでの建設コストが抑えられるので、1人あたりの家賃が安く済むっていう仕組みですね。

リノベーションしたシェアハウスの中には、中古物件とは思えないほどキレイなシェアハウスもあるので、新築が良い!と思ってる人も内見してみる価値はありますよ!

部屋の種類によって家賃が違う

シェアハウスの部屋にはいろんなタイプがあって、部屋の種類によって値段が変わるんです。

どんなタイプの部屋があるのか、それぞれ解説しますよ~!

まずは、タイプ別の平均家賃はこちら!

部屋タイプ 平均家賃
個室 51,300円
セミプライベート 34,200円
ドミトリー 30,720円

個室

「個室」は文字通り1人で過ごせる部屋なので、プライバシーが守られるぶん家賃が高いです。

少し家賃が高くなっても、生活を快適にしたいって人に向いてますね。

セミプライベート

「セミプライべート」は、1つの部屋をパーテーションやカーテンで区切って使うタイプです。

視覚的にはプライバシーが守られますが、ちゃんとした壁で区切られてるわけじゃないので音や存在感はモロに伝わってきます。

ドミトリー

「ドミトリー」は、1つの部屋に2段ベッドが敷き詰められている相部屋タイプです。

ベッド1面につき1人が住むので、何人もの知らない人と一緒に生活することになります。

カーテンなど目隠し程度の仕切りはあったりしますが、プライバシーがほとんどないのでそのぶん家賃が安いです。

家賃の安さを取るか、部屋の快適さを取るか、自分の収入や生活スタイルに合った部屋を選ぶことが大事ですね。

シェアハウスに住むと生活費が抑えられる

お金を貯める女性
シェアハウスに住んだらどれくらい生活費を抑えられるのか、普通の賃貸物件に住んだ時の生活費と比較してみました!

イメージしやすいように、家賃相場が23区内で1番安い「葛飾区」の平均家賃で算出しました。

シェアハウス 普通の賃貸物件
家賃 39,800円
(共益費:10,000円)
67,000円
(共益費:5,000円)
食費 30,000円 30,000円
水道代 共益費に含まれる 2,000円
電気代 5,000円
ガス代 3,000円
ネット代 5,000円
日用品代 2,000円
スマホ代 8,000円 8,000円
交際費 20,000円 20,000円
雑費 10,000円 10,000円
合計 117,800円 157,000円

同じ区内の一人暮らしでも、シェアハウスと賃貸物件では約4万円も差がでるんです!

家賃が安いだけでなく、水道光熱費やネット代が共益費に含まれてるのでさらに生活費を抑えられます。

▶シェアハウスの共益費について詳しくはこちら

使ってるスマホを格安スマホに変えたり、交際費や食費をさらに抑えれば、10万円以内で生活できちゃいます!

実際に住んでる人の安さに関する口コミや感想

シェアハウスについて詳しく調べてきましたが、やはり実際に住んでる人に聞くのが1番的確でリアルですよね。

ってことで、実際にシェアハウスに住んでる人に安さに関する感想を聞いてみました!

SNSで見つけたリアルな口コミも併せて紹介しますよ~!

SNSで見つけたリアルな口コミ

まずは、Twitterで見つけたリアルな口コミを紹介します。

実際に、安さを求めてシェアハウスに住む人は結構いるみたいですね。

最初は生活費を抑えるためでも、住んでるうちに仲間ができたて毎日が楽しくなるってこともあるようです。

実際にシェアハウスに住んでる人の感想

次は、実際にシェアハウスに住んでる人に聞いた感想を紹介しますよ~!

満足してる人や生活費を抑えられた人がいる反面、家賃の安さだけを見てしんどい目に遭ってる人もあるようですね…。

自然と貯金ができるようになったAさん

Aさんの特徴
・24歳/女性
・東京都板橋区在住
・アパレルショップ店員
・家賃4万円+共益費1.5万円
・下板橋から徒歩8分

「大学を卒業して実家を出るタイミングで、前から気になってたシェアハウスに住んでみようって思ったんです。

もともと大学の寮に住んでたのもあって、集団生活には慣れてたから抵抗はありませんでした。

うちのシェアハウスは女性限定だから防犯面でもそんなに心配はないし、同年代の子が多いから友達と一緒に住んでる感覚で楽しいです。

あんまり節約してる意識はないんですけど、気づいたら寮生活の時より貯金できてるし充実してます。」

同い年の親友ができたWくん

Wくんの特徴
・21歳/男性
・東京都葛飾区在住
・大学生&居酒屋アルバイト
・家賃3.5万円+共益費8千円
・亀戸駅から徒歩15分

「大学に通いながらバイト代で生活しなきゃいけなかったので、とにかく家賃を抑えたくてシェアハウスに住み始めました!

大学まではちょっと遠いところだけど、大学近くの居酒屋でバイトして交通費や食費を浮かせてます!

たまたまシェアハウスに居た人と意気投合して、休みの日に遊びに行くくらいの親友になりました!

今では、シェアメイトと月に数回パーティーを開くようになってメチャクチャ楽しいです!」

安さにこだわり過ぎて睡眠不足なUさん

Uさんの特徴
・31歳/女性
・埼玉県和光市在住
・コールセンター勤務
・家賃4万円+共益費8千円
・和光市駅から徒歩13分

「彼氏の家で同棲してたんですけど、別れることになってすぐに家をでなきゃいけなくなったんです。

貯金もなかったし、実家実家には帰りたくなかったので、初期費用が安いシェアハウスを探して住むことにしました。

お金もなかったし贅沢言ってられないと思って安い物件に住み始めたんですけど、壁が薄すぎて毎日寝不足です…。

隣の外国人は朝まで電話してるし、リビングでは誰かしら話しててすごく気になるし、もっとしっかりしたシェアハウスを探せばよかったです。」

シェアハウスの安さ以外のメリット

Good
シェアハウスには、費用の安さ以外にもさまざまなメリットがあります。

どんなメリットがあるのか、一覧にまとめてみました!

・入居審査が通りやすく時間が掛からない
・家具や家電が最初から揃ってる
・いろいろな人と出会える
・困った時に助けてもらえる
・楽しいイベントに参加できる

まず、シェアハウスの入居審査は人柄を重視されるので、普通の賃貸より審査が緩くて通りやすいです!

保証人が不要なことが多いので、いざと言う時に頼れる人がいない…って人でも借りられます。

家具や家電が揃ってるからお金も浮くし、たくさんの人と出会えるから職場や学校以外の人脈も増えます!

住人同士が仲の良いシェアハウスだと、郵便物を代わりに受け取ったり、給料日前にごはんを作ってもらえたりすることもあるみたいですよ。

デメリットもそれなりにある

メリットだらけのシェアハウスにも、デメリットは存在します。

どんなデメリットがあるのか、一覧の中から解説していきますよ~!

・生活音が気になる
・共有スペースが汚いことがある
・プライバシーはほとんどない
・共有設備の利用制限がある

まず、他人と共同生活をする時点で、住人の生活音は気になります。

物件によっては、個室なのに壁が薄すぎて隣の声が丸聞こえなんてこともあります。

また、共有スペースが汚れてるのに放置したり、キッチンやシャワールームがビショビショなままにするって人も居たりします。

あと、夜中は洗濯機の使用が禁止だったり、混む時間はシャワーの順番待ちをしなきゃいけなかったりと、さまざまな制限もあります。

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択!

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択ですね!初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブル!業界最安値だと思っていいです!

まとまったお金が用意できなくても、簡単にシェアハウス生活が始められますよ~。

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力です!

PAGE TOP ↑