引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

不動産屋の選び方で確実に失敗しない方法【プロの裏話】


不動産屋さんって、ホントに当たり外れが大きいと思いませんか?

めちゃくちゃ親身になってくれる不動産屋さんもいれば、ものすごい失礼な質問ばかりしたり挙句の果てにセクハラかよ!ってことまで言ってきたりする不動産屋さんもいます。

僕は不動産屋さんの知り合いが何人かいて、いろいろと話を聞けたので確実に失敗しない不動産屋さんの選び方をご紹介していきたいと思います。

こんなお店は避けよう!選んじゃいけない不動産屋さん

看板とか広告が大げさすぎる

不動産屋さんの看板とかガラスに、「物件数No.1!」とか「どこよりもたくさん紹介します!」みたいな広告が出てるの、見たこと無いですか?

確かにお部屋を探している側からしたら魅力的に見えますが、これは大きなワナです。

なぜなら不動産屋さんは、ネット上で物件をシェアしているから。

どの不動産屋でもどんな物件でも紹介できるので、「うちのほうがあの不動産屋より物件多いですよ!」とかはあり得ません。

お客さんを呼び込もうと大げさなウソを付いている不動産屋…。選ばないほうが良いでしょう。

物件紹介の紙が日に焼けている

不動産屋さんて、ガラスのところにペタペタと物件紹介の紙が貼ってありますよね?

あれが日に焼けてたりするとダメです。

なぜなら、日に焼けている=物件の紙を張り替えてないということだから。

物件の紙を張り替えてないということは、よっぽど人気がない物件を出しているのか、ただのオトリ物件なのか…。

どちらにせよそんな不動産屋さんはよくありません。

店内がやたらと汚い

不動産屋さんも客商売なのですから、店内が汚いところはちょっと信用できません。

合鍵を不動産屋さんが預かっている場合もあるので、そんな大切なものを適当な不動産屋さんに預けたくないですよね。

路上の看板がめっちゃ邪魔

路上にデカデカと出されてる「おすすめ物件!」みたいな看板。

あれ実は、建物の敷地内にしか出しちゃダメっていう法律があるんです。

にも関わらず、通行の邪魔になるくらい通行人に見やすく出している不動産屋は、法律を無視してでもお客さんが欲しい、オラオラ系の会社の可能性大です。

全部が全部そうとは言いませんが、あんまり気持ち良くお部屋を探せそうにないですね。

何を聞いてもいい返事しかしない

「この物件、ほんとにこんな広いんですか…?」「あーうんうん、大丈夫!」

「こっちの物件はほんとに駅から徒歩2分なんですか?」「うん、大丈夫大丈夫!」

なにを聞いてもいい返事しかしない、しかも具体性がないような返事ばかりをされたら、即そのお店は出てしまいましょう。

あまりにも怪しすぎます。

社長が胡散臭い

社長のファッションがいかにもな金の時計に金のネックレス…というところもやめておきましょう。

コワイ人たちの会社なの!?と疑ってしまいますよね。

まぁそういうところが全部が全部ダメなわけではないと思いますが、念のため別なところで探したほうが良いです。

【番外編】仲介手数料が無料

仲介手数料が無料の不動産屋は「人によっては避けたほうが良い」って感じ。

そもそも仲介手数料を無料にできる物件って、手数料以外に「広告料」と呼ばれる収入が不動産屋に入るんです。大家さんから。

つまり、仲介手数料が無料の不動産屋で紹介されるお部屋は、すべて「広告料付きのお部屋」!

でも、全部の物件に広告料がついているわけではないので、仲介手数料ナシの不動産屋は紹介できるお部屋がかなり少ないんですね…。

というわけで、お部屋なんかちょっと見れれば良いよ!という人なら良いですが、たくさん見てから決めたい!という人にはおすすめしません。

ターミナル型と地域密着型の違いは!?

よし、行っちゃいけない不動産屋さんの特徴は完璧にマスターした!

…と思っても、実際に不動産屋さんに行くのはちょっと待ってください。

不動産屋さんには、大きく分けて「ターミナル型」と「地域密着型」の2種類あるんです。

「ターミナル型」と「地域密着型」でけっこう違った特徴があるので、人によって向き不向きがあります。

ここでは2つの不動産屋さんの特徴を解説するので、どっちのタイプの不動産屋に行くのか、考えてみてください!

ターミナル型の不動産屋さん

いわゆるターミナル駅(大きい駅)や人口が多いエリアの駅などにお店を持っている不動産屋さんです。

チェーン店みたいな感じ。

メリットは、広い範囲をカバーしているので、ちょっと離れたエリアの物件も紹介してくれること。

デメリットは、若手の営業マンが多くて、ちょっと押しが強い場合が多いことです。ノルマ、大変なんですかね。

ターミナル型不動産屋さんの見分け方:お店の名前が大抵英語かカタカナ

地域密着型の不動産屋さん

この街で不動産屋を初めてはや30年…というような年季の入った不動産屋さんです。

お店がある場所は駅近にもありますが、住宅街の中にいきなりある場合もあります。

クセが強い人もいるので、相性が良いと最高の不動産屋さんになります。

相性が悪いと…まぁほかにも不動産屋さんはありますよ!

メリットは、ターミナル型にない物件情報を持っている場合があることと、物件情報に詳しいことです。

デメリットは、担当エリア以外の情報が少ないこと。「広範囲から探したいぜ!」という人にとってはイタい点。

地域密着型不動産屋さんの見分け方:山田不動産、のように名前が入っている

不動産屋さん選びでなるべくやらないほうが良いこと

だらしない服装で行く

これから家を借りるというときに、だらしない服装で行くのは絶対にやめましょう。

大家さんからすると、これからキチンと家賃を払ってくれそうな相手に部屋を貸したいものです。

見かけで悪く判断されないように、ある程度キチンとした服装で行くようにしましょう。

大家さんが現場にいなくても、不動産屋さんから大家さんにチクられることがあります。注意。

定休日前日の夜遅くに行く

不動産屋さんも、休みは楽しみたいものです。

不動産屋さんが、「あともうちょっとで仕事終わり!明日は休みだー!」っていう気分のときに、「あのー部屋探してるんですけど…」と入って行ったとしたら、やっぱりいい対応はしてくれませんよね。

あと、水曜日も避けたほうが良いです。「契約が水に流れる」とかいう理由で、定休日になっているお店がかなり多いので…

春など混みまくる時期は避ける

引越しシーズンは、部屋探しをしている人もかなり増えますので、1人ひとりの対応時間が短くなってしまいます。

じっくりいい物件を探したいのであれば、春はさけましょう。

5月とか6月とか、部屋を探している人が少ない時期がおすすめです。

ネットで調べないで行く

なんにも調べないで不動産屋さんに行ってしまうと損をしてしまうのでやめましょう。

かならず、物件選びはスマホなどで選んでから行くようにしましょう!

物件選びのサイトはこちらから選ぶと間違いナシです。

同じ物件を取り扱ってる不動産屋さんってどういうこと?

ケータイで物件情報を眺めてると、同じ物件をいろんな不動産屋さんが取り扱ってるのをよく見かけます。

見かけますよね?

あれって、なんであんな風になってるんでしょう?

例えばあなたが「グリーンハイツ・緑」という物件の大家さんだとします。

でも、あなた=大家さんは物件を持っているだけで、物件を管理する能力はありません。

そこで大家さんは考えます。「自分で管理できないなら、不動産屋に管理してもらえば良いじゃない!」

で、管理専門の不動産屋に管理してもらうわけです。

管理会社の苦悩「客が来ない」

晴れてあなた=大家さんから物件を預かった管理会社ですが、悲しいことに、管理会社にもそれほど集客能力は無いそうです。

そこで、管理会社は、複数の仲介業者に「グリーンハイツ・緑を売ってくれ!」と依頼するわけですね。

この段階で、「グリーンハイツ・緑」の情報を持っている不動産屋さんが複数に増えます。

以上が、複数の不動産屋(仲介業者)が同じ物件を持っている理由です。

だいぶざっくりした説明ですし、実際はもっと複雑なんだそうですが、大まかにはこんな感じです。

物件情報がたくさんあるからと言って、アヤしい物件というわけではないので、ご安心を。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑