引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

女性の一人暮らしに必要な条件や設備とは?女性専用物件ってどう?


かわいい女の子
女性の一人暮らしに必要な条件や設備について徹底解説しちゃいます!

女性専用物件のメリットやデメリットについても解説しますよ!安心して一人暮らしをするためにも是非参考にしてください。

女性の一人暮らしで優先すべきセキュリティ条件

なにかと心配事が多い女性の一人暮らし。

少しでも安全に!少しでも安心して暮らせるように、部屋探しで優先すべきセキュリティ条件や設備を紹介します。

<優先度高め↑↑>
・オートロック
・モニタ付きインターホン
・防犯カメラ
・玄関や窓のダブルロック
・ディンプルキー
・管理人常駐
<優先度低め↓↓>

不審者の侵入を未然に防げるオートロックやモニタ付きインターホンなどは優先度が高めです!

設備に加えて管理人やコンシェルジュが常駐しているのが理想的ですが、そういった物件は少なく家賃も高めなので非現実的です。

女性専用物件だとセキュリティ設備が充実しているので、立地や家賃など条件があえば検討してみるのもアリですね!

オートロック

オートロック
オートロックは住人以外の侵入を防げるので、防犯面を重視するなら必須と行っても過言ではありません。

ただ、オートロックを過信しすぎるのはダメゼッタイ!鍵を持ってなくても入ろうと思えば誰でも入れます。

「私もここの住人ですよ~」ってしれっとマンションの鍵を持っている住人の後ろをついていって一緒に入っちゃう人もいるのです。

オートロックがあっても、しっかり玄関や窓のドアを閉めて、防犯意識を高く持つことが重要なのです!

モニター付きインターホン

モニター付きインターホンがあれば「ピンポーン」と鳴ったときに、相手を確認してから対応するかどうかが決められます。

心当たりのない来客や、頼んだ覚えのない宅配便など、少しでも怪しいなと思ったら玄関ドアを開けずに無視できるのです。

最近のモニター付きインターホンは画質もよく、録画機能があるものもあります。

防犯カメラ

エントランスやエレベーター、駐輪場などあらゆる場所に防犯カメラがあると不審者の侵入が防ぎやすいです。

「セコム」や「アルソック」などのホームセキュリティに入っている物件なら、万が一の際に専門のスタッフが駆けつけてくれるので安心です。

玄関や窓のダブルロック

ほとんどの不審者は、ベランダの窓や玄関から侵入してきます。

ダブルロックになっていれば、侵入時に時間がかかるので侵入を諦めさせられるかもしれません!

市販の補助鍵を窓につければ、ダブルロックにすることもできますよ!

ディンプルキー

ディンプルキー
一般的なギザギザした鍵ではなく、丸いくぼみがついている「ディンプルキー」のほうが防犯性高いです。

ディンプルキーはピッキングに強く、侵入者はカンタンに開けられないのでおすすめです。

管理人常駐

管理人常駐はぶっちゃけ人による当たり外れが激しいように思います。

ほとんど管理人室でこもって半分寝てるような人もいれば、見回りや掃除などをしっかりしてくれてる人もいます。

とはいえ、管理人常駐の物件は少ないのであまり現実的ではありません。

24時間管理人やコンシェルジュが常駐しているようなのは、高級なタワマンとかで普通のマンションにはほとんどいませんね。

女性の一人暮らしで優先すべき条件

かわいい部屋
オシャレにお仕事、料理などなにかと忙しい女性の一人暮らし!

どんな条件が整っていれば暮らしやすい部屋なのか?を、優先度別に紹介します。

<優先度高め↑↑>
・バストイレ別
・室内洗濯機置き場
・2階以上
・広いキッチン
・駅徒歩10分以内
・独立洗面台
・公道から見えにくいベランダ
・宅配ボックス
<優先度低め↓↓>

バス・トイレ別

バス・トイレが一緒になっていると、洗面台もバス・トイレと同じ空間にあることがほとんど。

洗面台も小さくかなり狭いので、使い勝手が悪いです。朝忙しいときも支度に手間取ってしまいます……!

バス・トイレ別ならゆっくり湯船に使って疲れもとれますし、掃除もしやすいので衛生的です。

室内洗濯機置き場

女性の一人暮らしなら室内洗濯機置き場は必須と言っても過言ではありません。

室外の場合、洗濯している途中で下着を盗まれてしまったり、いたずらされたりとトラブルのもとになりかねません!

2階以上

不審者が侵入しにくい2階以上の部屋に住みましょう!

窓やベランダから侵入されるこことがほとんどなので、1階だとカンタンに侵入されてしまいます。下着泥棒の被害も圧倒的に1階が多いです。

また、角部屋は中部屋と比べると窓が多いため、不審者に狙われやすいです。

逃走経路の確保もしやすいので、1階の角部屋はやめておきましょうね!

広いキッチン

自炊するなら広いキッチンは優先度高め!

狭いキッチンだとまな板もろくに置けないし、コンロが1つしかないと同時調理もできないという始末。

自分のライフスタイルに合わせて最適なキッチンを選びましょう!

駅徒歩10分以内

一人歩きする時間を減らすためにも、最寄り駅かバス停から徒歩10分以内の部屋にしましょう!

ただ、駅周辺が栄えていると徒歩10分以内でも治安が悪いことも多いです。

そういう場合は、逆に駅徒歩10分以上離れているほうが安全ですよ!

独立洗面台

独立洗面台があると大きな鏡で化粧したり、ドライヤーやアイロンなどのヘアセットもできるので、外見に気を使う女性におすすめです。

コスメや整髪料もまとめて収納しておけるので、かなり暮らしやすい環境になると思いますよ!

公道から見えにくいベランダ

不審者はまず狙う家の下見をする傾向にあるんだとか。

公道や公園からベランダが丸見えだと人混みになぎれて、下見されてしまうかも。

干している服などで女性の一人暮らしだとバレてしまうのは危険なので、外干し派は注意してください。

部屋干し派や乾燥機を使う場合は、問題ないと思います!

宅配ボックス

宅配ボックスがあれば宅配員との接触を減らせるし、家に居なくても荷物を受け取れて便利です。

コンビニで受け取ったり、公共の宅配ロッカーを使うこともできるので優先度は低め。

そもそも通販はほとんど利用しない人にとっては不要ですしね!

周辺環境はしっかりチェックしておこう

チェックリスト
部屋のセキュリティだけでなく、周辺環境もチェックすべきです!

たとえば、治安!駅前が夜のお店や、パチンコ店などガラが悪い人が集まりそうなお店があるエリアはあんまりおすすめできません。

ネットで「(地名) 治安」調べたり、不動産屋のスタッフにどんな街なのかを聞いておくといいですよ!

また、駅から物件までの道のりも確認してもらいたいところ。街灯の数や人通りをチェックして、毎日安心して歩けるか確認してみましょう。

1度入居すると、なかなか引っ越しはできないもの。後悔しないためにもチェックは万全に!

女性専用物件って実際どうなの?

「セキュリティ心配だし、女性専用物件もアリかな~」って思ってる人のために、女性専用物件のメリット・デメリットを紹介しますね!

女性専用物件のメリット

・セキュリティが充実している
・デザインがかわいい
・女性向けの作りになっている

一般的な賃貸と比べて、セキュリティが充実しているのが女性専用物件。オートロックや防犯カメラだけでなく、ホームセキュリティに加入している物件もあります。

あとは、部屋のデザインがかわいいのも特徴の1つです!

いかにも女子が好きそうなレンガ調の外観や、白と貴重としたカフェみたいな内装など見た目にこだわった部屋も多いですよ!

女性が使いやすい高さの棚や、服がたくさん収納できるクローゼットなど女性が喜びそうな作りも多いです。

とはいえ、すべての女性専用物件があてはまるとは限らないので内見時にしっかり確認してくださいね。

女性専用物件のメリット

・逆に狙われやすい可能性もある
・男性は基本的に呼べない

女性専用物件だということが不審者にわかってしまうと逆に狙われやすくなってしまいます。

なんでもネットで調べればわかってしまう世の中ですし、女性しかいないとわかれば不審者としては好都合かもしれません。

女性専用物件だからと言って安心せず、防犯対策はしっかりしましょうね!

また、女性専用物件なので基本的に男性の出入りはできない物件が多いです。

家族であっても不可!彼氏なんてもってのほか!なんてことも。条件は物件によって変わるので、契約時に確認しておきましょう。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑