引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

家賃目安っていくらくらい?手取り別の適正価格を徹底解説!


お金と電卓
賃貸に住もうと思ったけど、そういや自分はどれくらいの家賃にすべきなんだろう……?という疑問を解決します!

家賃目安の考え方や、この家賃ならどういう部屋に住めるのか?家賃が安い部屋の探し方についても紹介します。

家賃目安の考え方

考える人
自分はどれくらいの家賃の部屋に住めばいいのかわからない!という人は、手取りを基準に家賃目安を考えましょう!

一般的に家賃は手取りの3分の1を目安にすると良いと言われています。

「手取り」がなんなのかわからない人のために説明すると……。

手取りとは、会社から支払われる給料から、年金・健康保険料、住民税や所得税などの税金が差っ引かれて、実際に自分の口座に振り込まれる金額のことです。

とはいえ、生活スタイルは人それぞれ。住んでいる場所や、趣味にどれくらいお金をかけたいのかなどによってかなり変わってきます。

最近は収入が少なかったり、会社からの家賃補助がなくなっていることなどもあり、手取りの3分の1では厳しいという人もいます。

ちなみに、それなりに貯金したいと考えている人は手取りの4分の1くらいを目安にするといいですよ。

家賃目安を手取りの3分の1にする場合

給与明細
家賃を手取りの3分の1にした場合の家賃目安をまとめてみました!

手取り額 家賃の目安
15万円 約5万円
16万円 約5.3万円
17万円 約5.7万円
18万円 約6万円
19万円 約6.3万円
20万円 約6.7万円
21万円 約7万円
22万円 約7.3万円
24万円 約8万円
26万円 約8.6万円
28万円 約9.3万円
30万円 約10万円

手取りの3分の1の家賃に住んだ場合、どういう生活になるのか?どういう部屋に住めるのか?をシミュレーションして解説します!

手取り15万円の場合

家賃 50,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
スマホ代 8,000円
インターネット代 5,000円
日用品購入費 5,000円
娯楽費・交際費 25,000円
貯金 15,000円
合計 148,000円

手取り15万円で一人暮らしするためには、節約をかなり頑張らないといけません。

食費は外食はほとんどNG!

自炊もしくは、スーパーの半額お惣菜を買うなどで切り詰める必要があります。

一応貯金はできますが、生命保険に入ったり貯金額を増やすためには娯楽費やインターネット代などを削らなければなりません。

毎月ギリギリの生活になるので、突然の冠婚葬祭や、予期せぬ入院などに対応は難しいというのが手取り15万円の現実です。

家賃5万円はどんな部屋に住める?

家賃5万円の場合どんな部屋に住めるかというと、都内ならバス・トイレが一緒のワンルームになります。

1Kがいいなら1階の部屋か、駅徒歩や日当たりなど妥協ポイントを増やさなければいけません。

築年数も30~40年以上で「◯◯ハイツ」みたいな名前のアパートが多いですね……。

家賃相場が高いと言われている山手線の内側には5万円以内で住める部屋は、ほぼありません。

足立区や葛飾区など家賃相場が低いエリアなら、5万円以内でもバストイレ別でも探せます。

ただ、備え付けのミニ冷蔵庫しか置けないほど狭かったり。いろいろ我慢しないといけないことが多いです。

都内でも23区外ならキレイでバス・トイレ別の物件も借りられます。

あとは千葉や埼玉方面なら、5万円以内でもそこそこの物件に住めますよ!

手取り20万円の場合

家賃 65,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
スマホ代 8,000円
インターネット代 5,000円
日用品購入費 10,000円
娯楽費・交際費 30,000円
貯金 25,000円
合計 193,000円

家賃を目安である6.7万円以下に抑えて無駄遣いを減らせば、毎月2万円くらいは貯金できます。

食費は、自炊がメインになりますね。比較的安く食べられるランチは外食にして、お金がかかりがちな夕食は自炊するのがおすすめ。

娯楽費も3万円くらいは確保できるので、休日にどこかに出かけたり、飲みに行ったりもそれなりにできます。

ただ、手取り20万円は余裕がある金額ではないので、急な出費に備えて普段から節約を心がけておいたほうがよさそうです。

家賃6.7万円はどんな部屋に住める?

家賃6.7万円の場合、23区内でも比較的家賃相場が安い足立区とか葛飾区あたりだったら、1K・バストイレ別・2階以上・室内洗濯機置き場・エアコン付きもけっこうありますよ!

ただ、マンションというよりはアパートって感じの物件になりますね……。

家賃相場が高いエリアで7万円以下で探すとなると、駅徒歩や築年数などかなり妥協ポイントが増えてしまいます。

手取り24万円の場合

家賃 80,000円
食費 45,000円
水道光熱費 10,000円
スマホ代 8,000円
インターネット代 5,000円
日用品購入費 10,000円
娯楽費・交際費 45,000円
貯金 35,000円
合計 238,000円

手取り24万円の一人暮らしの場合、無理な節約をしなくても毎月4万円は貯金できます。

食費も1日1,500円ほど予算があるので、1食あたり500円に抑えれば外食も可能ですね。

交際費も4万円あるので、休日にどこかに出かけたり、趣味にお金をかけることもできます。

生命保険に加入しても十分生活できますし、急な出費にも対応できます。

一人暮らしで手取り24万円あればそこそこ余裕がある暮らしができますね!

家賃8万円はどんな部屋に住める?

港区とか千代田区などのセレブエリアでなければ、23区内でもバス・トイレ別のオシャレな1Kマンションに住めます!

オートロックや2口コンロなどの便利な設備がついてる物件も探せます!

築年数や日当たりなどを気にしない人であれば、2Kや2DKなどの広めの部屋に住むこともできますよ。

23区外の郊外ならファミリー向けの2LDKもいけちゃいます。

手取り30万円の場合

家賃 100,000円
食費 50,000円
水道光熱費 12,000円
スマホ代 10,000円
インターネット代 5,000円
日用品購入費 15,000円
娯楽費・交際費 55,000円
貯金 50,000円
合計 297,000円

手取り30万円あれば一人暮らしならかなり余裕がある生活ができます。

食費が5万円あれば自炊しなくてもいいし、自炊する場合でもちょっと高めのお肉とか野菜とか、ある程度素材にこだわった料理が作れます。

娯楽費も十分な予算が使えるので、旅行やライブにも気兼ねなくいけちゃいます。

とくに節約を意識しなくても4~5万円くらいは貯金にまわせます。ちょっと貯金額を減らして生命保険に入るなんてのもいいですね。

家賃10万円はどんな部屋に住める?

一人暮らし向けの1Kなら、かなり設備が整ったマンションに住めます。

バストイレ別は当たり前!オートロック、宅配ボックス、独立洗面台など一通りの設備が整った物件がざくざく出てきます。

広さも7~8畳くらい確保できるので、6畳では置けないようなソファやダイニングテーブルなども置けちゃいます。

恵比寿や中目黒なんかの憧れのエリアでも探せちゃいますよ!23区外や埼玉、千葉方面ならファミリー向けの2LDKなども可能です!

理想の貯金率は手取りの15~30%と言われている

貯金
理想の貯金率は手取りの15~30%と言われています。

上記で紹介した手取りごとのシミュレーションの貯金額だと、いずれも15%に届いていません。

毎月の生活費の中で多くを占めるのが家賃です。毎月必ずかかりますし、1度決めてしまうとなかなか変更ができません。

しっかり貯金したいなら、手取りの3分の1ではなく4分の1程度に抑えて浮いた分を貯金にまわしましょう。

食費や娯楽費を削るのもアリですね!

家賃目安は地域によってかなり変わる

地域によって家賃目安は変わります。同じような部屋でも、東京と埼玉では全然違います。

一人暮らし向けの間取り(ワンルーム~1DK)の家賃相場を県ごとにざっくりまとめてみました。

家賃相場
東京 72,000円
神奈川 65,000円
千葉 57,000円
埼玉 59,000円

東京の家賃相場は約7.2万円

言わずもがな日本で1番家賃相場が高い東京都!

23区内で一人暮らしするなら、手取り22万円程度ないと厳しそうですね…。

手取りが22万円以下の場合は、家賃相場の低い足立区や葛飾区、もしくは23区外で探すのがおすすめです!

神奈川の家賃相場は約6.5万円

神奈川の家賃相場は、手取り20万円の家賃目安とほぼ同じです。

横浜や川崎などの人気エリアの場合は、東京都内と同じくらい高いんですよね……。その場合は1万円ほど多めに手取りがほしいところです。

千葉の家賃相場は約5.7万円

千葉の家賃相場は、手取り17万円の家賃目安とほぼ同じです。

総武線沿いや、千葉駅周辺はやや高めですがそれ以外なら5万円以下の物件もたくさんあります。

埼玉の家賃相場は約5.9万円

埼玉の家賃相場は、手取り18万円の家賃目安とほぼ同じです。

1番栄えている大宮駅周辺や、東京に近い川口駅周辺は7万円ほどかかりますがそれ以外のエリアなら、比較的安い家賃で借りられます。

家賃が安い部屋の探し方

家賃を少しでも抑えたい人のために、安い部屋の探し方を紹介します。

・不動産閑散期に探す
・家賃相場が安いエリアで探す
・不動産屋のプロにまかせる

不動産閑散期に探す

不動産屋繁忙期である1~3月に探すよりも、閑散期と言われている7~8月に探すほうが安い部屋が見つかりやすいです。

繁忙期は次から次へと入居希望者が現れるので、家賃が高めだったり値引きしてくれないことが多いです。

閑散期は部屋を探す人が少ないので、安めに設定されていることが多いだけでなく、値引きにも応じてくれやすいというメリットも!

家賃相場が安いエリアで探す

当たり前といえば当たり前ですが……(笑)

自分が住みたいエリアや路線の家賃相場をインターネットで調べてみて、少しでも安いエリアで探すと良いですよ!

例えば、快速が止まらない駅とか、駅前があまり栄えていないところなんかは周辺に比べて家賃相場が安いことが多いです!

不動産屋のプロにまかせる

自分で探すよりも希望条件だけ伝えておいて、あとは不動産屋のプロに探してもらうほうがラクだし手っ取り早いです!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑