引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

RC造(鉄筋コンクリート)の防音性はどれくらい?やっぱりうるさい?


RC造鉄筋コンクリートの防音性はどれくらい?のアイキャッチ
建物構造の1つである「RC造」

防音性に優れてるって聞くけど実際どうなの?うるさいの?といった疑問にお答えします!

RC造での音の聞こえ方や、内見時のポイントや部屋の選び方まで徹底解説しちゃいます!

カンタンにできる防音対策についても書いているので最後まで読んでくださいね(`・ω・´)ゞ

RC造は木造や鉄骨造よりは防音性が高い

RC造は、鉄筋とコンクリートを使用して建てられた構造のことです。

コンクリートの厚みが音を遮ってくれるので、木造や鉄骨造と比べてみると防音性が高いことが多いです。

構造を防音性が高い順に並べるとこんな感じになります。

<防音性が高い>
・SRC造
・RC造
・重量鉄骨造
・軽量鉄骨造
・木造
<防音性が低い>

1番防音性が高いのはSRC造ですが、建設コストが非常にかかるため家賃が高いです。

言わずもがな木造は防音性が低いです。テレビやドアの開け閉めなどの生活音は、隣近所に筒抜けだと思ったほうがいいです(真顔)

鉄骨造は木造よりマシってレベルで、生活音はほぼ聞こえてしまいます。

そもそもRC造とは?

RCとは「Reinforced Concrete」の略です。直訳すると「補強されたコンクリート」という意味になります。

名前の通り柱や壁など建物の基礎となる部分に、コンクリートと鉄筋が使われています。

コンクリートは熱に強く、引っ張る力に弱いという特徴があります。一方の鉄筋は熱に弱く錆びやすいものの、引っ張る力に強いです。

鉄筋をコンクリートで覆うことで弱点をカバーすることで、耐久性に優れた物件にしているというわけなんですね!

基本的にはマンションと呼ばれる建物に採用されることが多く、アパートタイプでRC造の物件は少ないです。

RC造=防音性が高いというわけではない

「RC造だから防音性が高くて安心!」と油断してはなりません。

というのも賃貸マンションを建てるときに、大家さんが費用をケチって外側だけRC構造にして、部屋同士の区切りの壁は石膏ボードや木材でできているということがあるのです。

しかもそういう構造の場合、断熱・防音材がスカスカなことも多いのです。道路などの外側からの防音性が高くても、隣の人の生活音が丸聞こえ!なんてことも。

部屋同士の区切りの壁がしっかりしていないと、RC造に住んでる意味がありません。

せっかくマンションで防音がしっかりしてると思ったのにこれではがっかりですよね…。

ちなみに、一般的に防音性が期待できる壁の厚さはおよそ180mm~250mmと言われています。最低でも180mm以上あれば、とりあえずは安心できそうですね!

RC造で聞こえてくる音はどんな感じ?

RC造に住んでいる友人の意見も参考に、どういう音が聞こえてくるのかざっくり紹介します!

・話し声はそんなに聞こえない

・ものを落としたような「ガタッ」という音は聞こえる

・洗濯機や掃除機の音は多少は聞こえるけど気にならないレベル

・赤ちゃんやペットの泣き声は聞こえる

・子どもの走る音やかかと歩きの音は聞こえる

・ピアノやギターなど楽器は聞こえる

・学校や工場が近いと騒音が聞こえる

普通に生活していればそんなに騒音に悩まされることもなさそうだと僕は思いました。

赤ちゃんやペットに関しては、心配なら単身専用物件やペット不可物件にすれば回避できそう。

学校や工場に関しては日中に部屋にいなければ、それほど気にならなさそうです。

防音性が高い部屋の見分け方

部屋同士の区切りの壁がちゃんとコンクリートで作られているのか、はたまたショボい石膏ボードなのかは間取り図を見ただけではわかりません。

そこで、防音性が高いかどうかをしっかり見極められるように、見分け方を伝授します!

壁を叩いてみる

壁をノックするようにコンコンと軽く叩いてみましょう。

コンクリートが使われている場合、硬くて中がしっかり詰まった音がします。音が響かないので防音性が高いと判断できます。

一方、石膏ボードなどが使われている場合は、軽くて裏側に響く音がします。

いくつか部屋がある場合は、それぞれの壁をしっかりと確認しておきましょうね!

廊下や階段からの音を確認する

不動産屋のスタッフに協力してもらって、階段や廊下などの共有部分を歩いてもらったり、声を出してもらったりして部屋からどんなふうに聞こえるかを確認しましょう!

ドアを閉めているにもかかわらず、足音や話し声が聞こえてくるような部屋はやめといたほうが無難です。

隣の建物の窓の距離を確認する

部屋の窓が隣の建物との窓と近すぎる場合、生活音が聞こえやすい可能性があります。特に角部屋の場合は要注意ポイントですので、忘れずに確認しておきましょう!

マル秘イエプラバナー

防音性が高い部屋の選び方

防音性が高い部屋の選び方を紹介します!

RC造に限らず、どの建物構造でも役立つ内容になっているのでぜひぜひ参考にしてください。

部屋同士が隣り合っていない間取りにする

こんな感じで隣の部屋とぴったりと隣合わせになっているタイプは、防音性が低く生活音が聞こえやすくなってしまいます。

防音性が低い間取り

一方、部屋と部屋の間にクローゼットなどがあるタイプは、隣の部屋との距離がとれるので防音性が高くなるのです!

防音性が高い間取り

隣の部屋の間取りについては、不動産屋に聞けば確認してくれると思います!

角部屋・最上階の部屋にする

角部屋や最上階の部屋なら隣り合う部屋の数も少なくなるため、防音性がちょっとよくなります。

最上階なら上の住人の足音に悩まされることもありません。

ただ、道路側の角部屋の場合は、車が通る音や通行人の話し声などが気になるかもしれないので注意してくださいね。

線路沿いや高速道路の近くは避ける

いくら防音性が高い部屋でも、線路沿いに建っていたり高速道路が近かったりするとあまり意味がありませんよね。

近くに踏切があると「カンカンカンカン」と踏切警報機の音が朝から晩まで鳴り響いてるなんてことも。電車が通る度に建物が揺れることも珍しくありません。

高速道路は平日だろうが休日だろうが、バスやトラックがビュンビュン行き交っています。

また、病院や消防署の近くだと緊急車両のサイレンがすごいことになります。防音性を重視するならやめときましょう。

繁華街の近くは避ける

繁華街の近くは当たり前ですが、人が多く集まります。多くの人が行き交うので、どうしても騒音が発生してしまいます。

居酒屋なんかがあると、酔っ払ったサラリーマンとかウェーイな大学生が騒いでるなんてこともしばしば。

飲食店が近い場合、騒音だけでなく害虫が出やすいという弊害もあります。

静かに暮らしたいならできるだけ繁華街の近くは避けるようにしましょう。

騒音トラブルが起きていないか確認する

過去に騒音トラブルが起きていないかどうか不動産屋に聞いてみるのも手です。

たしかに建物構造によって防音性に多少差はあれども、結局は人が原因だったりします。

民度が低い住人がいる可能性も無きにしもあらずなので、どんな人が住んでいるかそれとなく探ってみましょう。

マンションの掲示板に騒音トラブルに関する張り紙が貼ってあったり、共有スペースが汚かったりしたらほぼアウトかと思われます。

チャット不動産屋に相談する

防音性の高い部屋を自力で探すのは、かなり難しいし時間がかかります。防音性を重視するならプロの不動産屋に相談してみましょう。

「イエプラ」なら、わざわざ不動産屋に行かなくてもスマホ上で気軽に相談できます!

使い方は簡単です。希望条件を選択し、チャットで「防音性が高い物件が良い」と送るだけです。

やりとりは基本的にチャットやLINEで済むので、通勤中などの空き時間にもお部屋を探せます。

深夜0時まで対応しているので、忙しくてお店に行く暇がない人にもオススメです!

イエプラでお部屋を探す

家賃が安い部屋に多くを求めてはいけない

電卓とお金
同じRC造の部屋でも、家賃が安い方と高い方なら、高い方が防音性が良い確率が高いです。

壁の厚みや使ってる素材など、コストをかければかけるほどいい部屋になります。安くするには建設コストを削るしかありませんので、当然といえば当然の話です。

また、家賃が高い部屋は収入に余裕があるセレブな人が集まるので、住民の質が高くトラブルになりにくいというメリットもあります。

少しでも防音性が高い部屋で平和に暮らしたい!というなら、ちょっと高めの家賃の部屋にするのもアリです。

もちろん、家賃が払えなくなっては元も子もないので、収入に見合った金額で無理のない範囲にしましょうね!

カンタンにできる防音対策

RC造でも騒音が不安なら、自分で防音対策もしておくと安心です。

賃貸でもできる防音対策をいくつか紹介するので、自分でもできそうなものがあったら是非試してみてください。

防音カーペットを敷く

音や振動を吸収してくれる防音カーペットを敷けば、下の階の音が聞こえにくくなります。同時に自分の足音も吸収してくれるので、下の階の人に迷惑をかけなくてすみます。

防音カーペットは、絨毯のようなものや木目調のもの、パズルのように組み合わせできるタイプなどいろいろな種類があります。

好みや予算に合わせて選びましょう!

防音タイル・防音シートを貼る

壁や天井に防音タイルや防音シートを貼ると、隣近所からの音をシャットアウトできます。

賃貸の場合は退去時のことを考えて、貼ってはがせるタイプのものがおすすめです。

窓やドアに防音テープを貼る

音は窓やドアの隙間から漏れてしまいます。

防音テープで隙間を埋めることで防音対策ができますよ!

ウレタン製だとすぐボロボロになってしまうので、ラバー(ゴム)などがおすすめです。

防音カーテンにする

外からの騒音にはあまり効果は期待できませんが、家の中の話し声やペットの鳴き声が外に漏れたくないという人にはおすすめ。

道路沿いの1階に住んでる人なんかにはいいと思いますよ!

その他の建物構造は実際どうなの?

賃貸マンション
RC造以外の建物構造についてもざっくりまとめておきますね!

自分が重視したいポイントと照らし合わせてぴったりの構造を選んでくださいね(`・ω・´)ゞ

木造 鉄骨造 RC造 SRC造
耐震性
耐火性
通気性 × ×
家賃の安さ ×

とにかく家賃を抑えたいなら木造にするべし

防音なんて二の次!とにかく家賃を抑えたいという人は「木造」一択です!

木造は他の建物構造に比べて、建築に時間もコストもかからないため家賃が安いのです。

同じような条件でも、木造と他の建物構造では1万円~2万円程度も家賃が抑えられます。

害虫や結露が気になるなら軽量鉄骨造にするべし

鉄骨造はその名の通り、鉄骨が使われています。木造はシロアリなどの害虫に悩まされることもありますが、鉄骨造ならそのリスクも減らせます!

コンクリート造よりも通気性がいいので、結露ができにくくカビが生えにくいという嬉しいメリットも。

ただ、防音性は木造とどっこいどっこいです(笑)

セレブな人ならSRC造が良い

お金に余裕があるセレブな人ならSRC造がおすすめです!

鉄骨とコンクリートを使っているという点ではRC造と一緒ですが、さらにワンランク上の防音性や耐久性を兼ね備えています。

主に高級なタワーマンションやデザイナーズマンションなど、富裕層向けの物件に多く採用されています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラでお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP