引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

賃貸マンションのオートロックが無意味な理由


オートロック

引越しで物件を探している時に、「オートロック付きマンションだから安心!」なんていう物件、よくありますよね。

しかし、オートロックは防犯対策としてはほとんど無意味なのです。

オートロックに対する正しい知識を身につけて、犯罪にあわないようにしましょう!

そもそもオートロックってなに?

オートロックというのは、マンションなど、建物のエントランス(共用玄関)にあるドアに鍵がかかるタイプのこと。

自分の部屋に鍵がかかるのはもちろんのこと、その前にさらに鍵がかかるドアがあるのがオートロックです。

二段構えで鍵がかかってるので安心、というのが一般的なイメージです。

オートロックの一般的に言われているメリット

得体の知れない人を入らせない

オートロックがあることで、住居エリア(共用廊下含む)には知らない人が入ってこれず、安全性が高くなります。

押し売りや訪問営業・宗教の勧誘が来ない

住居エリアには入ってこれないため、営業や勧誘はすべてインターフォン越しになります。

そういうのが嫌だ…という方は、カメラ付きインターフォン物件がおすすめ。

ピンポンがなってカメラを確認して、知らない人だったらそのまま無視すれば良いので非常に便利です。

ストーカー被害などに効果的

玄関と共有玄関の2重に鍵がかかっているため、ストーカーなどの悪い人が入りづらくなっています。

セキュリティが高い気がするため、精神的にも安心できます。

オートロックの種類

集合キータイプ

部屋のドアを開ける鍵で、そのまま共用玄関の鍵も開けれるタイプです。

このタイプの問題点は、「入居者全員の鍵で開けれるようにするため、作りが甘い」ということです。

一回入居した人であれば、鍵を複製してたらまた入れちゃいます…(イケナイことですが)

暗証番号式

0から9の4ケタの数字を入れる暗証番号式。

入居者全員が同じ番号の場合と、個人個人で違う場合の2種類があります。

カードキー式

高級なマンションにあるのがカードキー式です。

タッチ式で、センサーにカードを当てるとドアが開くタイプ。

セキュリティ的には一番良いですが、これを備えている物件はかなり家賃がお高めなのがネック。

指紋認証式

最近、高級マンションで増えてきた指紋認証タイプのオートロック。

普通の鍵と違ってなくすことがないので便利です。

ただ、読み取りエラーが多いような昔の機種だとめんどくさいことにもなりかねません。

ほとんどこれを備えた賃貸物件はないので、見かける機会はそんなないかも。

ホントにオートロックって安全なの?

オートロックは住人以外はマンションの中に入れない、というのがコンセプトなのですが、実はものすごく簡単にオートロックを無効化することができてしまうのです。

それでは、泥棒や性犯罪者がどうやってオートロックを外すのか見ていくことにしましょう。

オートロックの外し方の例

オートロックの鍵が、暗証番号の場合

オートロックが暗証番号で開くタイプはほとんど意味をなしません。

なぜなら、誰かが番号を押しているところを見てしまえば、簡単に誰でも開けることができるからです。

オートロックが自動ドアの場合

オートロックが自動ドアの場合、住人がオートロックを開けて入ったあとにも、ドアはちょっとの間、開いたままになります。

そのスキに侵入してしまえば、鍵を使う必要がありません。

さらに、自動ドアの場合は強引に開けようとすれば簡単に開いてしまいます。

オートロックが自動ドアの場合2

自動ドアは赤外線で人がいるかどうかを探知します。

その赤外線センサーを誤作動させれば簡単に開けることができます。

こんな事件もありました。

オートロックをチラシ紙で解錠 窃盗容疑で韓国人2人組を逮捕

警察の調べによるとこの2人だけで余罪が40件以上もあるそうです。

オートロックの鍵が集合キーの場合

集合キータイプの場合そもそもの作りが甘いので、似たような鍵(メーカーや型番が同じ)を差し込むと開いてしまうことがあります。

これだとなんの意味もない気がしますよね…。

オートロックの危険性

住んでる人のすぐあとにはいるだけでオートロックは無効になる危険性

単純に住んでる人の後ろについて行って、「自分もここに住んでるんですよ~」的な感じで入ることは簡単にできます。

集合ポストがちょっと隠れた場所にあるマンションだと、そこに潜んでいて、誰かがドアを開けた瞬間に一緒に入るなんてことも。

オートロックは誰でも簡単に侵入できてしまいます。

心理面での危険性

オートロックだから安全だ、と思い込んで自分の部屋の鍵をかけない人が意外と多いそうです。

だからこそ、窃盗団に狙われてしまうわけですね。

セキュリティ対策としてのオートロックなのに、逆に狙われやすくなってしまっては意味がありません。

環境面での危険性

セキュリティをウリにしている物件は、物件を囲む塀が高いことがあります。

確かに塀が高くてオートロックだとなかなか不審者は入り込めないように思えますが、実際はそうではありません。

塀が高くて中が見えないということは、いったん塀の内側に入ってしまえば、近隣の目を気にすることなく犯罪行為が行われるということです。

裏口が開いてる危険性

笑っちゃうような話なのですが、オートロック物件でも裏口から簡単に入れるようなところもあります。

なにを隠そう、ぼくが今住んでいるところがまさにそうなんです…w

裏側に簡単にカンヌキがハズせる扉があるので、そこから入ろうと思えば簡単に入れちゃいます。

住居用の鍵が開けられる危険性

あまり知られていませんが、住居に使われている鍵はほとんどのものがピッキング(解錠)されてしまいます。

鍵の種類によって、ピッキングにかかる時間がどれくらい違うかくらいの差でしかありません。

一番、ピッキングに時間がかかるのがディンプルキーと呼ばれるタイプの鍵です。

新しい物件だとほとんどがディンプルキーなんじゃないかな…。

見た目は、鍵の部分に丸い穴がぽこぽこ空いているのですぐにわかるはず。

一番マズいのはディスクシリンダーキーで、これは慣れた人だと1分かからずに開けることができてしまうそうです。(ディンプルキーは10分以上かかる)

女性の一人暮らしでしたら、鍵の交換費用がかかったとしてもディンプルキーにしたほうがいいと思います。

ちなみにディンプルキーと一言で言ってもいろんな種類、メーカーがありますが、入居者が選ぶことはなかなかできません…。

あと、ドアに鍵が2つついてるところも増えてきました。

ぼくの住んでるところもそうなのですが、なるべくなら2つついている物件を選びましょう。

おまけ1:あなたも狙われている!?マーキングサインの種類

ドアの周りやポストの周りなどに、得体の知れない落書きがされてることがあります。

これはマーキングといって、営業マンや空き巣などが書いているもの。

これによって一人暮らしがバレたり、在宅時間が一目瞭然になったりとかなり危険なシロモノです。

どんなものがあるか見ていきましょう。

9-18R(ル)・・・9時から18時は留守にしている。

ア・・・アルバイトの人が住んでいる。

ヤ・・・反社会的な人が住んでいる。

外・・・外国人が住んでいる。

D・・・大学生が住んでいる。

ロ・・・老人が住んでいる。

M・・・独身男性が住んでいる。

W・・・独身女性が住んでいる。

F・・・家族が住んでいる。

金色の丸シール・・・お金がある家。

S・・・一人暮らし。

これらの組み合わせで、空き巣に狙われたりすることがあります。

見つけたら必ず消すようにしましょう。

※油性ペンはみかんの皮でこすると消えます。

おまけ2:防犯カメラも窃盗団には役に立たない

最近は賃貸向けマンションでも、エントランスに防犯カメラが付いているところが増えてきました。

しかし、防犯カメラは外国人窃盗団にはほとんど無意味なのです。

なぜなら彼らは、日本に来て窃盗をするだけして中国や韓国にサッと帰ってしまうため。

「中国人、韓国人 観光ビザ 窃盗」で検索するとでるわでるわ・・・。

というわけで、日本の安全神話は完全に崩壊していると思っていたほうが良いでしょう。

自分の身を守るためにも、戸締まりはしっかりするようにしてください。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑