引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

オートロックとは?マンションのオートロックが意味ないってホント?


オートロック
引越しで物件を探している時に、「オートロック付きマンションだから安心!」なんていう物件、よくありますよね。

しかし、オートロックは防犯対策としてはほとんど無意味なのです。

オートロックに対する正しい知識を身につけて、犯罪にあわないようにしましょう!

そもそもオートロックとは?

オートロックというのは、マンションなど、建物のエントランス(共用玄関)にあるドアに自動で鍵がかかる仕組みのこと。

オート(自動)でロック(施錠)、まさにオートロックです!

入居者がマンションに入るときは、鍵や暗証番号でエントランスのドアを解錠します。

マンションの入居者が外へ出るときは、内側から自動ドアあるいはボタンを押して外に出ます。扉が閉じると自動で施錠されます。

二段構えで鍵がかかってるので安心、というのが一般的なイメージなんですが、物件によっては付いていてもあんまり意味がないお飾り状態のオートロックも存在するんです!

以下で、オートロックについて詳しく解説していきます。それでもあなたはオートロック付きの物件に住みますか…?

オートロックの種類

集合キータイプ

部屋のドアを開ける鍵で、そのまま共用玄関の鍵も開けられるタイプです。鍵を何本も持ち歩かなくていいのはラク!

このタイプの問題点は「入居者全員の鍵で開けれるようにするため、作りが甘い」ということです。

1回入居した人であれば、鍵を複製してたらまた入れちゃいます…(イケナイことですが)

暗証番号式

0から9の4桁の数字を入れる暗証番号式。

入居者全員が同じ番号の場合と、個人個人で違う場合の2種類があります。

鍵やカードが必要ないので、部屋に忘れたまま外出したり、失くしたりしても締め出されないのが嬉しいところ。

うっかり忘れてしまったら入れません(笑)

カードキー式

高級なマンションにあるのがカードキー式です。

タッチ式で、センサーにカードを当てるとドアが開くタイプと、磁気式で、カードリーダーにシュッと通すとドアが開くタイプがあります。

カードは財布に入れておけるので、なくす心配も少ないですね。

タッチ式なら、スマホをカード代わりにすることもできます。

セキュリティ的には1番良いですが、これを備えている物件はかなり家賃がお高めなのがネック。

指紋認証式

最近、高級マンションで増えてきた指紋認証タイプのオートロック。

自分の指が鍵なので、鍵の複製はほぼ不可能!鍵やカードをなくす心配もなし!暗証番号も覚えなくていい!とメリットいっぱい!

ただ、読み取りエラーが多いような昔の機種だとめんどくさいことにもなりかねません。手荒れしてたら読み取ってくれないなんてことも…。

ほとんどこれを備えた賃貸物件はないので、見かける機会はそんなないかも。

オートロックの一般的に言われているメリット

不審者を入らせない

オートロックがあることで、住居エリア(共用廊下含む)には知らない人が入ってこれず、安全性が高くなります。

女性の場合は、ストーカー被害など被害防止に効果的です。

押し売りや訪問営業・宗教の勧誘が来ない

住居エリアには入ってこれないため、営業や勧誘はすべてインターフォン越しになります。

そういうのが嫌だ…という方は、カメラ付きインターフォン物件がおすすめ。

ピンポンがなってカメラを確認して、知らない人だったらそのまま無視すれば良いので非常に便利です。

安心感がある

セキュリティが高い気がするため、精神的にも安心できます。

心の安寧を保つという意味でも、オートロックは非常に有効ですね。

オートロックのデメリット

100%侵入できないわけではない

セキュリティを高めてくれるオートロックですが、100%不審者が侵入できないわけではないんです…。

例えば、暗証番号式の場合、誰かが押しているところを見てしまえば、簡単に誰でも開けられてしまう可能性は十分考えられます。

管理費・共益費(もしくは家賃)が高め

オートロックは、日頃の管理やメンテナンスに継続的なコストがかかります。そのため、オートロックがないマンションよりも管理費や共益費が高めに設定されています。

防犯意識の低下

オートロックだから安全だ、と思い込んで自分の部屋の鍵をかけない人が意外と多いそうです。

鍵をかけないままゴミ出しに行ってしまったり、バルコニーの鍵を開けっ放しにしてしまったり…。

セキュリティ対策としてのオートロックなのに、逆に狙われやすくなってしまっては意味がありません。

オートロックを過信せず、日頃から鍵をかけることを徹底しましょう!

新聞を玄関先まで配達してもらえない

オートロックがないマンションでは、新聞を玄関先まで配達してもらえますが、オートロック付きマンションの場合は、集合ポストへの配達です。

新聞を取っている人は、毎朝エントランスまで自分で取りに行く必要があります。エレベーターで下まで降りるなんてめんどくさいの極み(笑)

マンションによっては配達員には暗証番号を教えていたり、一時的に解除してたりしてるみたいですがそれって大丈夫なの…?って不安になりますよね。

オートロックでも侵入されてしまうパターン

オートロックは住人以外はマンションの中に入れない、というのがコンセプトなのですが、実はものすごく簡単にオートロックを無効化することができてしまうのです。

それでは、泥棒や性犯罪者がどうやってオートロック付きマンションに侵入していくのか見ていくことにしましょう。

オートロックの鍵が、暗証番号の場合

オートロックを押す
オートロックが暗証番号で開くタイプはほとんど意味をなしません。

なぜなら、誰かが番号を押しているところを見てしまえば、簡単に誰でも開けることができるからです。

個人で設定できる場合は、自分にしかわからない複雑な暗証番号を設定しましょう。自分の誕生日とか「1234」とかわかりやすいやつはダメ、ゼッタイ!

オートロックが自動ドアの場合

オートロックが自動ドアの場合、住人がオートロックを開けて入ったあとにも、ドアはちょっとの間、開いたままになります。

そのスキに侵入したり、単純に住んでる人の後ろについて行ってしまえばあらカンタン。

例え、一緒に入ろうとしてきた人がいても「入居者か不審者かわからないので一緒に入らないでください」とはさすがに言えませんよね…(笑)

不審な人が居たら、そのまま進むのではなく一旦外に出て様子を見るといいでしょう。

オートロックが自動ドアの場合2

入居者が外に出るときは、エントランスのドアの内側にあるセンサーが作動して自動的に解錠される仕組みです。

それを逆手にとって、センサーを誤作動させれば簡単に開けることができます。

過去にはオートロックをチラシ紙で解錠 窃盗容疑で2人組が逮捕されるという事件も実際にありました。

警察の調べによるとこの2人だけで余罪が40件以上もあるそうです。

オートロックの鍵が集合キーの場合

集合キータイプの場合そもそもの作りが甘いので、似たような鍵(メーカーや型番が同じ)を差し込むと開いてしまうことがあります。

これだとなんの意味もない気がしますよね…。

オートロックの危険性

住んでる人のすぐあとにはいるだけでオートロックは無効になる危険性

単純に住んでる人の後ろについて行って、「自分もここに住んでるんですよ~」的な感じで入ることは簡単にできます。

集合ポストがちょっと隠れた場所にあるマンションだと、そこに潜んでいて、誰かがドアを開けた瞬間に一緒に入るなんてことも。

オートロックは誰でも簡単に侵入できてしまいます。

心理面での危険性

オートロックだから安全だ、と思い込んで自分の部屋の鍵をかけない人が意外と多いそうです。

だからこそ、空き巣狙われてしまうわけですね。

セキュリティ対策としてのオートロックなのに、逆に狙われやすくなってしまっては意味がありません。

環境面での危険性

セキュリティをウリにしている物件は、物件を囲む塀が高いことがあります。

確かに塀が高くてオートロックだとなかなか不審者は入り込めないように思えますが、実際はそうではありません。

塀が高くて中が見えないということは、いったん塀の内側に入ってしまえば、近隣の目を気にすることなく犯罪行為が行われるということです。

裏口が開いてる危険性

笑っちゃうような話なのですが、オートロック物件でも裏口から簡単に入れるようなところもあります。

なにを隠そう、ぼくが今住んでいるところがまさにそうなんです…w

裏側に簡単にカンヌキがハズせる扉があるので、そこから入ろうと思えば簡単に入れちゃいます。

住居用の鍵が開けられる危険性

あまり知られていませんが、住居に使われている鍵はほとんどのものがピッキング(解錠)されてしまいます。

鍵の種類によって、ピッキングにかかる時間がどれくらい違うかくらいの差でしかありません。

1番、ピッキングに時間がかかるのがディンプルキーと呼ばれるタイプの鍵です。

新しい物件だとほとんどがディンプルキーなんじゃないかな…。

見た目は、鍵の部分に丸い穴がぽこぽこ空いているのですぐにわかるはず。

1番マズいのはディスクシリンダーキーで、これは慣れた人だと1分かからずに開けることができてしまうそうです。(ディンプルキーは10分以上かかる)

女性の一人暮らしでしたら、鍵の交換費用がかかったとしてもディンプルキーにしたほうがいいと思います。

ちなみにディンプルキーと一言で言ってもいろんな種類、メーカーがありますが、入居者が選ぶことはなかなかできません…。

あと、ドアに鍵が2つついてるところも増えてきました。

ぼくの住んでるところもそうなのですが、なるべくなら2つついている物件を選びましょう。

オートロック付きマンションを内見するときのポイント

セキュリティ重視で部屋を探しているなら、内装や間取りだけでなくオートロックの種類や、マンションの外部のチェックをしましょう!

ここでは、オートロック付きマンションを内見するときのポイントを紹介します。

オートロックの構造をチェックしよう!

ドアに隙間はないか?暗証番号式の場合、個人で番号を設定できるのか?など、セキュリティの高いオートロックなのかどうかをチェックしましょう。

防犯カメラがついてるか、防犯カメラに死角がないかも合わせてチェックすると、よりセキュリティの高い物件に住むことができます。

塀の高さをチェックしよう!

マンションのまわりにある、塀や柵の高さをチェックしてみましょう。

腰くらいの高さだったら、カンタンに飛び越えられてしまいます。カンタンに飛び越えられる高さではなんの意味もないですからね…。

とはいえ、高けりゃいいってモンでもありませんが…。

裏口は開いてないか?

裏口の扉が開けっ放しで入りたい放題!ってなってたら、いくらオートロックがついていても意味がなくなってしまいます。

あとは住民の質ですよね…。開けたらちゃんと閉める!という防犯意識の高い住民が多そうなところに入居しましょう。

オートロックだけじゃない防犯対策

オートロックは意外と防犯性が低いことがわかりましたね…。

オートロックにじゃなくても、防犯性の高い物件はあります。本当に防犯性の高いところに住みたいなら、以下に当てはまる物件を探してみてはいかがでしょうか!

防犯カメラ付き物件にする

防犯カメラがついているだけで、安心感が違います。

不審者の侵入を減らすだけでなく、ゴミの不法投棄・自転車や郵便物の盗難防止としても役立ちます。

セキュリティ会社加入済み物件にする

セキュリティ会社といえば、セコムとかアルソックが有名ですよね。

セキュリティ会社に加入済みの物件だったら、不審者の侵入など異常があったら、すぐにガードマンがかけつけてくれるので安心です。

管理人が常駐している物件にする

マンションのエントランスに管理人がいると、不審者が侵入する確率がぐっと減ります。

防犯カメラも良いですが、やっぱり人の目が1番効果的ですよね。

女性限定の物件にする

女性限定の物件は、オートロックだけでなく二重施錠・防犯カメラ・防犯窓・セキュリティ会社加入・24時間管理人常駐など、ありとあらゆる防犯設備が整っています。

女性限定だと、そこに男性が居るだけで悪目立ちするので、不審者もなかなか近寄れないというメリットもあります。

おまけ1:鍵の種類

散々ディンプルキーやら、ディスクシンダーキーだと説明してきましたが、そもそもどんな鍵なのかわからない人のために、代表的な鍵を紹介します。

ディスクシリンダーキー

ディスクシリンダーキー

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/reple/

一般的な戸建てやマンションで1番多く使われている定番のギザギザしている鍵です。

費用が安く取り付けやすいですが、防犯面に不安があります。

5分もあればピッキングされてしまうというから驚きです。防犯面の低さから製造を中止しているメーカーもあります。

ディンプルキー

ディンプルキー

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/reple/

丸いくぼみがついた鍵です。ピッキングに強く、ディンプルキーのメーカー中には一度もピッキングで不正に開けられたことがないところもあるらしいです。

新築の物件はディンプルキーを採用していることも多く、急速に普及が進んでいます。

カードキー

カードキー

出典:https://yamamotochisyo.co.jp/chintai/734

Suicaみたいに機械にカードをかざすタイプの鍵です。

そもそも鍵穴がないので、ピッキングされる心配がないのがいいですね。

複製しにくいのも防犯面で1つのメリットですが、合鍵は普通の鍵よりも費用が高いです。

参考:鍵交換費用の相場はいくらくらい?自分でも交換できる?

おまけ2:ポストに落書き!?マーキングサインとは

ドアの周りやポストの周りなどに「9-18R」「M8-20」など得体の知れない落書きがされてることがあります。

これはマーキングといって、営業マンや空き巣などが書いているもの。

これによって一人暮らしがバレたり、在宅時間が一目瞭然になったりとかなり危険なシロモノです。

オートロックが付いている付いていない以前に、空き巣に狙われやすい物件という可能性も…!?入居前に見つけたら、その物件は考えなおしたほうがいいかもしれません。

今住んでいるところで、見つけたら必ず消すようにしましょう。

※油性ペンはみかんの皮でこするか、除光液で拭くと消えますよ!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とかにおすすめです。実際に使ってみたレビューを書いてみたので、気になったら読んでみてください!

イエプラ紹介ページボタン
PAGE TOP ↑