引越しまとめロゴ 引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

入居審査に落ちる割合は?審査に落ちる確率を減らす方法や審査される項目を公開


入居審査に落ちる可能性の高い人のイメージイラスト

入居審査に落ちる割合が高い人とは?という疑問を解決します!審査で見られる項目や、審査に通りやすくなる5つのコツも紹介します。

入居審査で見られる項目を把握しておけば、何も対策しないよりは通りやすくなります。ぜひ参考にしてみてください。

監修 舟木 啓太
宅地建物取引士
行政書士試験合格者

不動産屋の経験は5年以上。累計2000件を超える契約業務に携わった実績がある。単身・カップル・ファミリーなど幅広い世帯の部屋探しを専門知識でサポート。宅建士の資格を活かして、審査から入居開始後の不安まで解消できるのが強み。

入居審査に落ちる割合は物件によって違う

入居審査に落ちる割合は、全国的な統計が無いため一概には言い切れません。しかし、入居審査に高確率で落ちる人には特徴があります。

そもそも入居審査とは、貸す側が「貸して大丈夫か判断すること」です。賃貸の審査では、物件の大家さん・管理会社の審査と、家賃の保証会社の審査があるのが一般的です。

貸す側に入居後の暮らしを心配されると、審査に落ちやすくなります。特に重視されるのは「家賃の支払い能力があるか」「入居後に問題を起こさないか」です。

以下で、入居審査に落ちる可能性が高い人の特徴をまとめました。

・家賃を滞納しそう
・過去に家賃滞納や借金がある
・クレジットカードがブラック
・引っ越し理由が怪しい
・反社会的勢力のおそれ
・お部屋を乱雑に扱いそう
・見た目が奇抜、不潔そう
・近隣住民とトラブルを起こしそう
・ネットに犯罪歴などの情報が載っている

入居審査のポイントは「収入」と「人柄」

結局のところ、入居審査で重要なのは収入人柄です。チェックされるポイントを押さえておけば対策できる部分は多いです。

収入面は、審査基準を知って適切な家賃を選べばクリアできます。性格を変えるのは難しくても、常識ある態度で臨めば、人柄が原因で審査に落ちることは少なくできます。

審査に通るかどうかの基準は、不動産屋が詳しいです。審査に通りやすくなるアドバイスもできるので、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

マル秘イエプラバナー

家賃の支払い能力の一般的な判断基準

一般的に、家賃を「月の手取り3分の1」に抑えれば、支払い能力は有ると判断してもらえます。例えば、手取り18万円の人は、家賃を6万円以下に抑えるべきです。

あくまで目安なので、少し無理をした家賃でも、審査に通ることはあります。しかし、家賃を手取りの3分の1に抑えておかないと、生活費が苦しくなります。

以下の表を目安に家賃上限を決めておけば、収入が足りないことを原因で審査に落とされる可能性は減らせます。

必要な月の手取り 家賃上限の目安
16万円 約5.3万円
21万円 約7万円
24万円 約8万円
27万円 約9万円

家賃の保証会社に審査される項目

家賃の保証会社(以下、保証会社)とは、連帯保証人の役割を引き受ける会社のことです。保証会社を利用する場合、過去の借金や滞納歴を調査されることがあります。

保証会社は大きく分けて「信販系」「LICC加盟」「独立系等」の3種類です。審査に影響が出る可能性があるのは、主に「信販系」「LICC加盟」の保証会社です。

「信販系」の保証会社は、自己破産歴やカードの滞納歴があると審査に通りにくいです。「LICC加盟」の保証会社は、滞納情報やトラブル情報を企業間で共有しています。

過去の借金やカードローンの滞納が、入居審査に影響するケースもあります。思い当たる人は、不動産屋に正直に伝えましょう。審査に影響が出にくいお部屋を紹介してくれます。

▶保証会社の比較について詳しくはこちら

独立系の保証会社がもっとも審査がゆるい

過去の借金歴や家賃滞納が心配な人には独立系の保証会社がおすすめです。

以下の会社は保証会社ごとに独自の基準で審査しているので、収入面がクリアできればほぼ審査に通ります。

独立系等の保証会社
・株式会社オーロラ
・ハウスリーブ株式会社
・フォーシーズ株式会社
・株式会社Casa(カーサ)
・ナップ賃貸保証株式会社
・日本セーフティー株式会社

どの保証会社を使うかは自分で選べない

保証会社を使うときは、どの保証会社を使うか自分で自由には選べません。物件の大家さんや管理会社によって、使える保証会社のラインナップは異なります。

使える保証会社と物件の繋がりは、不動産屋が詳しいです。過去の借金歴や審査が心配な旨を伝えれば、予算や希望条件をなるべく満たしたうえで審査に通りやすいお部屋を探してくれます。

審査が不安なら不動産屋に相談するべき

審査に通るために大切なのは、不動産屋を味方につけることです。不動産屋は家賃相場や審査基準に詳しく、審査に落ちにくい最適なお部屋を見つけてくれます。

おすすめはチャット不動産屋「イエプラ」です。わざわざお店に行かなくても、プロの不動産屋にチャットやLINEで気軽に相談できます。審査に強い営業マンも紹介できます。

「カードの滞納がある」「何回も審査に落ちている」などの相談にも、親身に対応してくれます。対面では言いにくいことでも相談しやすいです。物件探しと入居審査をまとめて対策できます!

スーモやホームズには載っていない未公開物件もあり、幅広くお部屋が探せます。深夜0時まで対応してもらえるのもメリットです。忙しくてお店に行けない人にもおすすめです!

イエプラでお部屋を探す

収入面以外の審査項目とは?

収入面で問題がなくても、入居後の暮らしを心配されると審査に落ちてしまいます。審査項目を、5つ紹介します。

①職業について
②引っ越し理由は妥当か
③見た目や服装
④話し方・雰囲気など
⑤ネットに悪い情報は出てこないか

①職業について

収入が安定している職業は、審査に有利です。勤続年数の長さや、雇用形態で判断されます。勤続3年以上の正社員や公務員は、職業を理由に審査に落とされる可能性は低いです。

派遣社員やフリーターなど非正規雇用だと、厳しめに審査されます。個人事業主やフリーランス、水商売や芸能関係は、収入がどれだけ高くても、不安定と評価される傾向にあります。

入居人数が多い場合も、収入を厳しめに審査されます。どの職業も、貸す側に家賃の支払い能力を認めてもらえば審査は通ります。無職はハードルが高いです。

②引っ越し理由は妥当か

引っ越し理由を不審がられると、審査に落ちやすくなります。年収や家族構成に対して適切なお部屋なら、そこまで気にしなくて大丈夫です。

例えば「通勤時間短縮のため」と申し込んでいるのに、会社から遠い場所のお部屋を借りるのは難しいです。「近くに出向先がある」などの補足説明が必要になります。

③見た目や服装

見た目や服装が奇抜だと、入居後の心配をされます。見た目だけではわかりませんが、反社会的な印象を与えてしまうと、入居審査はかなり厳しくなります。

見た目や人柄は、主に不動産屋が判断します。大家さんや管理会社との関係もあるので、入居後にトラブルを起こしそうな人は紹介できません。

内見などで不動産屋に行くときは、なるべく印象を良くしておきましょう。就職面接ほどキッチリする必要はありません。

④話し方・雰囲気など

高圧的な態度の人や、交渉しすぎる人は審査に落ちやすいです。乱暴そう・神経質という印象を与えてしまうと、入居後のトラブルまで心配されてしまいます。

電話対応などでもチェックされるので、なるべく物腰を柔らかに対応しましょう。交渉は入居する前提・ダメ元でおこなうのが、賃貸業界の暗黙のルールです。

⑤ネットに悪い情報は出てこないか

ネットに犯罪歴などがヒットする人は、保証会社を使う審査が厳しくなります。SNSなどで過激なつぶやきをしている人も警戒されます。

削除などで対応できるものには、対応しておいたほうが良いです。あまり審査に影響する部分ではありませんが、審査に落ちる要素は少しでも減らしておくべきです。

入居審査を通りやすくする5つのコツ

入居審査を通りやすくするための、5つのコツを紹介します。

①連帯保証人を立てる
②代理契約で申し込む
③残高審査してもらう
④定期的な副収入を示す
⑤人柄をアピールする

①連帯保証人を立てる

家賃滞納の心配をされている場合は、連帯保証人を立てると審査に通りやすくなります。収入のある両親>兄弟姉妹の順で、引き受けてもらえるか相談しておいてください。

連帯保証人が立てられるかは重要なので、不動産屋に最初に伝えましょう。連帯保証人を立てられると、保証会社を使わないお部屋も選べます。

保証会社を使う場合でも、連帯保証人が必須になることがあります。ちなみに、どの物件でも「緊急連絡先」は必要です。どちらも引き受けてもらえるように話しておくとスムーズです。

②代理契約で申し込む

無職や未成年などで自分名義で借りられない場合、親兄弟に借りてもらう手段もあります。住む人とは別の人が契約することを、賃貸業界では「代理契約」と呼びます。

連帯保証人を引き受けてくれるか相談する際に、場合によっては契約名義人をお願いする可能性も話しておきましょう。

ちなみに、貸主に無断で代理契約の形をとると契約違反になります。代理契約できるお部屋は限られるので、代理契約したい場合は不動産屋に必ず伝えましょう。

③残高審査してもらう

家賃が基準に満たない場合や無職の人は、物件によっては貯金の残高で審査してもらえます。必要な貯金の目安は「家賃の2年分」です。

家賃が7万円の物件だと、7×24ヶ月分=168万円以上の残高が目安です。会社によって審査が通る残高の基準は異なるので、不動産屋のアドバイスを受けましょう。

④定期的な副収入を示す

主な収入では基準に足りない場合は、家賃補助や副業収入を示せると審査に有利です。仕送りなどでも審査に効果的なので、定期的な副収入がある人は不動産屋に伝えましょう。

引っ越し費用が勤め先から出るときも、伝えておいたほうが良いです。自分の収入だけで基準を満たしていれば、特に伝えなくても大丈夫です。

⑤人柄をアピールする

保証会社を使わないお部屋であれば、大家さんが許可してくれれば借りられます。大家さんの審査に通るためには、人柄が重要です。

必要以上に低姿勢になる必要はありませんが、入居後も心配なさそうな人だと思ってもらえるように接しましょう。

不動産屋には自分の状況をすべて正直に伝える

不動産屋も人間なので「この人のためなら頑張りたい」と思えば、より一生懸命になります。不動産屋には自分の状況を正直に伝えて、希望のお部屋を探してもらいましょう。

過去の借金歴や初期費用の予算・毎月支払える上限額は、正直に伝えるべきです。伝えておかないと、審査に通らないお部屋や検討違いのお部屋を紹介されてしまいます。

不動産屋に伝えるべき内容をまとめました。以下の項目はメモなどをしておいて、スムーズに話せるようにしておきましょう。

不動産屋に伝えるべきこと
・譲れない賃貸条件(設備や防音性など)
・引越し希望の日程
・現在の職業と生活スタイル
・連帯保証人を立てられるか
・過去の借金歴、家賃滞納歴の有無
・家賃と初期費用の上限
・家賃補助などの有無

どんな人なのか、どんな希望があるのがかわかれば、最適なお部屋に絞って紹介できます。良い営業マンほと、細かい要望をヒアリングして引き出してくれます。

プライバシーに立ち入るような質問をされたら、答える必要があるのか聞き返しても大丈夫です。大切なのは、信頼できる担当者を早めに見つけておくことです。

審査の確認電話では余計なことを言わない

入居審査では、物件の管理会社や保証会社から、確認電話が入ります。省略されることもありますが、電話が入った場合は折り返さないと審査が進みません。

確認電話では、聞かれたことに常識的な態度で答えていれば大丈夫です。自分から余計なことを話すと、審査に影響します。

確認電話の注意点
・必ず折り返して対応する
・礼儀正しくする
・お金に困っているなどの話をしない
・電話口で直接交渉しない

物件の大家さんや管理会社は、交渉も含めて不動産屋に任せています。電話口で直接交渉すると、交渉が通りにくくなるうえに審査に影響します。

緊急連絡先や連帯保証人の対応も審査に影響します。あらかじめ、連絡が入る可能性を伝えておきましょう。

わざわざ店舗に行って部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ店舗に行かなくても、チャット不動産屋の「イエプラ」ならアプリやLINEで条件を伝えるだけで部屋を探してもらえます!

不動産業者だけが見れる専用サイトから部屋を探してきてくれるので、スーモやホームズに載っていない未公開物件も紹介してくれます。

引越し先が遠くて不動産屋に行けない人、スタッフと対面で話すのが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・忙しくて不動産屋に行く暇がない
・他サイトに載ってない物件を見たい
・気になる物件が空室か確認したい
> 無料で部屋探しを始める
keyboard_arrow_up
PAGE TOP