引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスに引越すための初期費用はいくら?


貯金箱
シェアハウスに住むのって賃貸よりも安いと言いますが、どれくらい安いのか気になりますよね?

シェアハウスの初期費用+必要なもの一式だと一体どれくらいかかるのでしょう。

今回はまるっと最初にかかるお金をすべて含めて計算してみることにします!

シェアハウスの初期費用っていくらかかるもの?

今回はシェアハウスの平均的な家賃と言われている5万円の物件を例に、部屋を借りるときの初期費用がいくらかかるのか?を比較してみました!

結果、シェアハウスの初期費用は約11万円、一般的な賃貸物件の初期費用は約31万円、その差なんと20万円

一般的な賃貸の半分以下に抑えられるなんて、かなり魅力的です!

気になる費用の内訳はこんな感じです。

シェアハウス 一般的な賃貸物件
家賃 50,000円 50,000円
共益費(管理費) 10,000円 5,000円
敷金 なし 50,000円
礼金 なし 50,000円
仲介手数料 なし 50,000円
デポジット(保証金) 30,000円 なし
前家賃(管理費込み) なし 55,000円
保証会社利用料 なし 25,000円
火災保険料 なし 15,000円
鍵交換費用 なし 15,000円
契約料 20,000円 なし
合計 110,000円 315,000円

礼金や敷金など、一般的な賃貸物件で必要な費用がかからないので、まとまったお金が用意できない人には特におすすめです。

シェアハウスの費用として特徴的なものがあるので、以下で解説しますね!

デポジット(保証金)

「デポジット」とは、シェアハウスを借りるときに管理者に預けるお金のことです。

デポジットの相場は3万円前後のところが多いですね。

退去時のクリーニング代や鍵交換費用に当てられるので、全額まるっと返ってくることはあまりありません。

返金に関しては各管理会社によって対応が変わってくるので、入居時にしっかり確認しましょう!

共益費(管理費)

シェアハウスの共益費は、水道光熱費・インターネット代・日用品代・清掃代がまるっと含まれています。

どれだけ水道やガスを使っても毎月の共益費は変わりません。電気代がかさみがちな夏と冬は特に嬉しいポイントです。

トイレットペーパーや食器用洗剤など、シェアハウスの皆が使うものも共益費に含まれているので、いちいち自分で買う必要がないのもメリットです。

一般的な賃貸は、共益費でまかなえるのはエントランスやエレベーターなどの共有部分の管理のみなのでそう考えるとかなりお得ですよね!

シェアハウス 通常の賃貸物件
水道代 共益費のみ 2,000円
電気代 5,000円
ガス代 3,000円
インターネット代 5,000円
日用品代 2,000円
合計 5,000~15,000円 17,000円

契約料

契約時にかかる手数料のこと。「事務手数料」や「契約手数料」とも呼ばれ、1~3万円くらいが相場です。

一般的な賃貸契約でいう「仲介手数料」や「礼金」のようなもので、返ってきません。

費用を抑えたいならなるべく契約料が安い物件にするのがおすすめです!


シェアハウスを借りるときの費用の抑え方

もっと費用を抑えたい人のために、どうすれば費用を抑えられるのかをまとめました!

・家賃が安い部屋にする
・月初ではなく中旬に入居する
・キャンペーンを活用する
・クレジットカード払いにする

家賃が安い部屋にする

家賃が安い部屋にすれば、それに伴って初期費用も抑えられます。

契約手数料も部屋タイプによって変わることがあるので、費用を抑えたい人は不動産屋に相談するといいですよ!

限界まで費用を抑えたいなら、ドミトリーと呼ばれる1部屋を複数人で共有するシェアハウスがおすすめ。

プライバシーはあってないようなもんですが、シェアハウスの中では1番安いと思います。

ちなみに、クロスハウスというシェアハウス運営会社なら「低価格で好立地」の物件が多いので、安い物件を見つけやすいですよ!

▶クロスハウスはこちら

月初ではなく中旬に入居する

同じシェアハウスに入居するとしても、月初から入居するのと、月の中旬で入居するのとでは初期費用に差が出ます!

1ヶ月を30日として家賃5万円のシェアハウスに、月初に入居した場合と中旬に入居した場合で比較してみると、中旬に入居したほうが約4万円ほど初期費用が抑えられました。

入居日が調整できるなら、安く入居できるようにするのもアリかもしれません。

月初に入居の場合 20日に入居の場合
家賃 50,000円
(1ヶ月分)
16,000円
(10日分)
共益費
(管理費)
10,000円
(1ヶ月分)
3,333円
(10日分)
デポジット
(保証金)
30,000円 30,000円
契約料 20,000円 20,000円
合計 110,000円 69,333円

キャンペーンを活用する

時期や物件によっては、初月の家賃が無料になったり、契約料が安くなったりなどのキャンペーンがおこなわれています。

賢く活用すれば初期費用を大幅に抑えられるので、運営会社のサイトをチェックしましょう!

クレジットカード払いにする

費用が安くなるわけではありませんが、クレジットカードで払えば初期費用を分割で払えるので月々の出費を抑えられます。

また、クレジットカードのポイントが貯まるのでその分お得に契約できますよ!

ただ、物件や運営会社によってはクレジットカードでの支払いができないので担当スタッフに確認してみてください!


その他の初期費用・必要なもの

タオル
シェアハウスに住むにあたって、部屋の契約以外で必要な費用や必要なものを紹介します!

といっても家具や家電はほとんど備え付けられているので、個人で使う日用品を揃えるくらいでOKです。

・引越し業者代
・布団
・スリッパ
・タオル
・部屋着
・シャンプーとリンスとボディーソープ
・洗濯用洗剤
・ティッシュ
・ドライヤー
・歯ブラシと歯磨き粉
・コロコロクリーナー
・ハンガー

引越し業者代

業者に荷物を運んでもらう場合は引越し業者代がかかります。

シェアハウスはもともと家具が付いているのでそんなに荷物が多いってことはないと思いますが、引越し業者代を安くするにはとにかくものを減らしましょう!

荷物が少ない人は宅配便で送ったりとか、レンタカーで自分で運んで費用を抑えるってのもありですよ!

布団

ベッドは備え付けられてますが、自分で用意してください、というシェアハウスも割とあります。

安いもので良ければ、5,000円くらいで掛け布団、敷布団、枕がセットになったものがあるのでそれにしましょう。

意外と大型スーパーの家具売り場で売っているのが安いことも。

また、短期間しか住まないという人はシェアハウスの布団レンタルサービスを使うのもいいかも。シェアハウスの人にレンタルしてるか聞いてみましょう!

スリッパ

シェアハウスでの必需品とも言えるスリッパ!

一人暮らしの部屋と違って、廊下やリビング、お風呂場など移動距離が長くなります。裸足や靴下でもいいですが、冷えや汚れが気になるという人は絶対に持っていきましょう。

タオル

バスタオルは1枚500~1,000円くらいで売っています。

これも買うお店によっては1枚5,000円くらいになってしまいますので、激安なところで買うようにしましょう。

洗い替えも考えて、最低2枚くらいは欲しいところですね。必要に応じてフェイスタオルなども準備するとより快適に暮らせます。

シャンプーとリンスとボディーソープ

シャンプーも自分専用のがあると良いですよね。

コダワリしだいで値段は大きくかわりますが…だいたい3つで1,500円くらいでしょうか。

部屋着

一人暮らしと違ってお風呂やトイレに行く時すら誰かとすれ違う可能性があります。

下着姿だとセクハラと噂されたりと問題になりますので、きちんと部屋着やパジャマなどを用意しておきましょう。

洗濯用洗剤

食器用洗剤は共益費で用意されてることが多いのですが、洗濯用洗剤や柔軟剤は自分で準備しなければなりません。

洗剤と柔軟剤が一緒になったジェルボールタイプなら、いちいち量を測らなくていいし、かさばらないのでおすすめです。

ティッシュ

リビングに置いてあるティッシュは共益費で用意されますが、個室に置いておくティッシュは自分で買う必要があります。

ドライヤー

自分専用のドライヤーがあると、朝の洗面台が混雑している時にも余裕で髪の毛を乾かせます。

安いものだと2,000円くらい。

歯ブラシと歯磨き粉

歯磨き粉と歯ブラシの2つ合わせて300~500円ほどみておけば良いと思います。

旅行用のセットだと、コンパクトにしまえるのでオススメです。

コロコロクリーナー

部屋の掃除にあると便利なコロコロテープ。

だいたい800円くらいあれば買えちゃいます。

ハンガー

物件によってはハンガーがないところも。

これは百均で買えるので、さほどお金はかかりません。

引越し業者以外の日用品を全部そろえても2万円もいかないと思います。引越し業者代は、距離や荷物の量などによっても変わりますので見積もりを出してもらうことをおすすめします!

一般的な賃貸の場合は、自分で家具や家電を揃えなきゃいけないので10万円以上は余裕でかかります。そう思うとシェアハウスの初期費用は安いですね~!

シェアハウスの費用まとめ

いかがでしたか?いかにシェアハウスの初期費用が安いことがおわかりいただけたでしょうか?

家賃が安いところを探せば、さらにもっと安上がりになると思います。

ぜひ自分にあったシェアハウスを探してみてください!

僕がおすすめするシェアハウス紹介サイト

シェアハウスをピンポイントで探すなら、シェアハウスに特化した不動産屋に問い合わせするのが手っ取り早いです!

自分にあったシェアハウス選びや、初期費用のことまで専門のスタッフが手厚くサポートしてくれますよ!

どちらも物件数が豊富なので、気になった不動産屋に相談してみてくださいね!

初期費用を抑えるならクロスハウス

初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブルなクロスハウス。まとまったお金が用意できなくても簡単にシェアハウス生活が始められます!

全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にもおすすめです。

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力ですよ!

国内最大手の安心感!オークハウス

オークハウスは、1992年創業の「国内最大手シェアハウス運営会社」です。25年以上培ってきたノウハウで、あなたのシェアハウス選びを手厚くサポートしてくれますよ!

女性専用物件や、ジムや防音室が付いているワンランク上のシェアハウスなど種類も豊富なので、ピッタリの物件がきっと見つかります。

東京や神奈川だけでなく、大阪や京都など関西のシェアハウスも探せちゃいます!

PAGE TOP ↑