引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

大学生との同棲ってどんな感じ?学生同士の同棲は上手くいく?【僕の体験談あり】


大学生の同棲イメージ
大学生になって、同棲をしてみたくなった!という方は多いのではないでしょうか。

僕も大学生と同棲して3年も一緒に生活していたことがあります。そして憧れていた時期もあります(笑)

実際に同棲をするのとどういったメリットがあって、どんなことが困るのか、その部分をしっかりと書いていくので、同棲を考えている方は参考にしてみてください。

大学生と同棲をするとリスクが高い

大学生は基本的に学業がメインなので、お金に関するリスクが高いことは覚えておきましょうね。

頑張ってバイトしたとしても平日は1日4~5時間しか働けないので、1日約5千円の稼ぎです。

平日全部にバイトを入れても、毎月約10万円ほどの給料です。10万円あるなら余裕でしょ!?って思いますよね?

ここから、年金・保険料・所得税とかもろもろ引かれるので約8万円しか手元に残らないんですよ(´;ω;`)

僕が大学生と同棲したときは、ほぼ僕が払っていましたけど結構キツかった…(バイトしてほしかった)

彼氏も彼女も平日全部働くという覚悟と根性があるなら、大学生同士で同棲してもいいです!

そのほかのリスクもいっぱいあるので注意

大学生で同棲は、お金以外にもいっぱいリスクがあるんです。

  • 親が許可してくれるか
  • 喧嘩したときはどうするか
  • すぐ別れない自信があるか
  • 家賃や生活費の負担はどうするか
  • 家事がきちんとこなせるか
  • 大学卒業後はどうするか

上記の問題、すべてクリアしないと後悔します…。脅しじゃなくて、リアルな声です。僕が後悔しました…。

中には、リスクはあるけど一緒に乗り越えたから大学卒業後に結婚したっていうカップルもいるので、もはや一種の賭けですね。

大学生と同棲をするとこういう生活になる

大学生と同棲するとどんな生活になるのか、僕と僕の友人の実体験を交えて紹介していきます!

メリット・デメリットとも赤裸々に話していくので、同棲する前に本当に大丈夫かよ~く考えてくださいね。

社会人(彼氏)×大学生(彼女)の場合

彼氏が社会人だった場合、割とうまくいくことが多いです。

僕も、僕のまわりも長く続いている人がほとんどでした。その理由をメリットとして紹介します。

彼氏が社会人だと生活が安定しやすい

金銭的にも安定している社会人と生活することで、彼女(大学生)のライフスタイルも安定してきます。

彼女は無理矢理バイトを詰め込む必要がないし、働いている人はこんな感じなのか、と学ぶことも多いです。

逆に彼氏からすると、時間の融通が利きやすい大学生の彼女が、仕事帰りにご飯を作ってくれていると、内心めちゃくちゃ喜びます。

社会の闇(仕事)に追われて荒れ果てた心も、砂漠でオアシスを見つけたときのように癒されます。

生活費が一人暮らしの時よりも負担が軽い

家賃や水道光熱費は、一人暮らしの時の費用にちょこっと上乗せくらいなので、1人で別々に住むよりも経済的です。

彼氏が社会人なら、負担額は彼氏7:彼女3か、彼氏6:彼女4くらいの割合がオススメです。

彼女が仕送りをもらっているなら、彼氏6:彼女4でもそれなりにやっていけて、貯金も溜まるはず…です。

どちらかが病気になった時に看病してもらえる!

一人暮らしの時になにが一番寂しいかというと、風邪などを引いて寝込んでいるときです。

あまりの寂しさとツラさに涙を流した人もいるのではないでしょうか。

同棲していると、どちらかが風邪になってももう片方に看病してもらえるので、そんな寂しさとは無縁になります。

普段は気にしない部分かもしれませんが、結構重要だったりするんですよ…。

デメリットは一人の時間が減ること…

2人で生活していると、どうしても1人の時間というのがとりづらくなります。

大学生であれば落ち着いて勉強したいのに、彼氏がテレビを大きな音で見ている…なんてなったら集中出来ませんよね。

同棲してから成績が悪くなった、という話は少なくありません(´・ω・`)

大学生(彼氏)×大学生(彼女)の場合

大学生同士の同棲は、意外と大変な場合が多いと思います。僕の友人も大学の時に後輩の女の子と同棲していました。

大学生同士の同棲は、最初にも話した通りお金に関しての問題が一番付きまといます。

仕送りが多いお嬢様とかおぼっちゃまの場合はさておき、普通の家庭で育った大学生の場合、バイトで日々の生活費を稼がなければなりません。

彼氏と彼女の2人で別々のバイトをして、お金を稼ぎ、さらには学校にも行かなければいけないとなると、2人で会える時間は意外と少なくなってしまうこともあります。

メリットは生活パターンが同じなので理解がある

大学生同士なので、生活パターンがが同じで理解があるので、予定を合わせやすいメリットがあります。

とはいえ、お互いの生活パターンがわかっていても、忙しくてなかなか同じ時間に一緒にいれないということがある場合も…。

デメリットはお互いに大学をサボる可能性がある

お互いに大学生だった場合、時間に対してルーズになりすぎてしまう危険性があります。

1人でサボるよりも、2人で一緒にサボると、精神的に「あいつもサボってるから自分もサボろう」という言い訳にならない言い訳で、気が楽になります。

そうして怠け癖がついてしまうと、ずるずると学校に行かなくなってしまい、いつの間にか留年の危機ということにもつながりかねません。

大学生との同棲におすすめな間取り

大学生との同棲におすすめな部屋は、とにかく家賃が安いところです!

あと、カップルのタイプによってもおすすめな間取りが違うので、紹介しますね。

学生同士なら「1DK」で我慢したほうが良いよ

1DKの間取り図
大学生同士で同棲するなら、家賃が安い「1DK」を選んだほうが良いです!

そもそも、一人暮らし向けのワンルームや1Kは同棲自体が禁止の場合もあるので除外します。

1DKは、居室が1つとキッチンスペースが4.5畳~8畳の間取りなので、学生の内ならまだ荷物が少なく2人でも住めます。

あと、若いので常に彼氏や彼女と一緒にイチャイチャしたいですよね…。狭いので、いつでも一緒にいられますよ(笑)

どのくらい家賃が安いかというと、東京の足立区で平均家賃6.5万円、豊島区で約8.5万円です。

また、築年数指定なし・駅徒歩15分以上・和室可など、物件条件を緩和できれば1~2万円くらい安い部屋を探せます!

片方が社会人なら「2DK」か「1LDK」でもOK

社会人×大学生のカップルなら「2DK」か「1LDK」で同棲しても良いですよ~。

専有面積っていって、お部屋全体の広さは2DKも1LDKもほぼ同じです。何が違うかって言うと…

2DKは、居室が2つ+ダイニングスペース(キッチン)が6~10畳ある間取りです。
2DKの間取り図

1LDKは、居室居室が1つ+リビングスペース(キッチン含む)が8畳以上の部屋です。
1LDKの間取り図

どちらも専有面積は約45㎡なので、別々の部屋が欲しいか、部屋は1つで広いリビングが欲しいかで決めましょう。

ただし、家賃は違います。2DKは築年数が古めで、家賃が安めに設定されています。逆に1LDKは、築年数が浅めで家賃が高いです。

どっちが良いかは、お金を多く出すであろう社会人の意見を優先しつつ、しっかり話し合ってください!

家賃が安い部屋を彼氏彼女と一緒に探したい人必見

家賃が安い部屋を、彼氏や彼女と家でゆっくり探したいというカップルにオススメしたいのが「イエプラ」です。

なんでおすすめするかというと、わざわざ不動産屋に行かなくても家でゆっくり物件を探せるんです!

せっかく2人でイチャイチャしたいのに、不動産屋の営業マンが間に入るのって嫌じゃないですか…。

それに、対面で喋らずにチャットでやり取りするだけなんでラクなんですよ。深夜0時まで営業しているのもオススメポイントです。

イエプラはこちらから

大学生が同棲をする場合、親に挨拶するべき?

これはなかなか難しい問題です。僕ははっきりとは言いませんでした。

「結婚でもないのに報告されても困る」という親もいるので、同棲をするときに両親に挨拶するべきかどうかは、彼氏彼女でしっかりと話し合いましょう。

ただ、同棲の部屋を借りる時に不動産屋から「学生なので親の同意をもらってきてほしい」と言われる場合があります。

この場合は親に挨拶するとともに、同棲の承諾をもらってください!でないと、同棲すらできないです…。

反対されたときの親の説得はどうするの?

「学生の間は同棲はまだ早い!」「お金の工面で後悔するからやめろ」など、親に反対されたらどうしようって不安になりますよね。

でも絶対同棲したい!という諦めきれない人は、親の心配を1つずつ潰していきましょう。

家賃や生活費は払えるのかと言われた場合は、彼氏彼女でどれくらいバイトして、毎月いくらまで生活費を抑えるか計画プランを話してください。

大学をサボるのではないかと言わたなら、証明が難しいので単位は落とさない、追試にならないなどわかりやすい条件で交渉しましょう。

それでも反対された場合は、若気の至りってことでこっそり同棲するか、別々に一人暮らしを始めてお泊りに行くのもアリかと。(責任はとれません)

同棲前にルールを決めないと喧嘩になりやすい

せっかく同棲したのに、些細な喧嘩ですぐに解消した…ということにならないように、同棲前にしっかりルールを決めておきましょう。

ただ、ガチガチにルールを決めると生活しにくいので、ちょっとだけ例を紹介しますね。

・生活費用の共通の財布を作って管理する
・家事は大まかに分担する(曜日担当でもOK)
・帰りが遅くなるときは連絡する
・友人を連れてくるときは連絡する
・趣味を否定しない

あとは、事前に大学の講義の時間を相手に伝えておくのも大事ですね~。

自分が午前の講義が無くて昼まで寝ようと思ってたのに、1限からある彼女に起こされるってことがあります。(逆もしかり)

ルールも、彼氏彼女でしっかり話し合って、納得がいくものにしましょう。決めたら紙に書き出して、同棲の部屋の冷蔵庫にでも貼っておいてください。

同棲しようと引越しをする前によく考えてみることが大事

お互い好きだからとその場のノリで同棲するのではなく、しっかりと考えてから同棲するを決めたほうが、面倒なトラブルになる可能性を減らすことができます。

同棲してから数ヶ月で別れちゃうカップルも意外と多いんですよね…。

同棲の初期費用は結構バカにならない金額がかかりますので、無駄にお金を使ってしまうことにならないようにしましょう!

参考:同棲する時の初期費用の落とし穴と節約術

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

夜中12時まで対応可能!!
イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑