引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

彼氏と同棲したい人必見!同棲のタイミングや気をつけることを徹底解説!


彼氏と同棲したい彼女
彼氏や彼女と同棲したい人のために、同棲したいと伝える方法やOkしてもらうコツを紹介します。

同棲生活を成功させるにはどうしたらいいのか、同棲するときにしてはいけないことも解説するので参考にしてください。

同棲したいって感じるのはどんなとき?

カップルが同棲したいと感じる瞬間を5つ紹介します。

・生活スタイルが合うか確かめたいとき
・生活費を抑えて貯金したいとき
・生活能力を付けたいとき
・もっと一緒にいたいと思ったとき
・変化がほしいとき

生活スタイルが合うか確かめたいとき

生活スタイルが合うか確かめるために、同棲したいと考えるカップルが1番多いです。

お互いのことをよく知らないまま結婚すると、すれ違いや喧嘩が頻発しすぐに離婚してしまう可能性が高いからです。

あらかじめ同棲しておけば、結婚してもうまくやっていけるかどうかが確かめられるので安心して結婚に踏み切れます。

生活費を抑えて貯金したいとき

同棲はそれぞれが一人暮らしするよりも生活費が抑えられます。

結婚式や新婚旅行に向けてお金を貯めるために、同棲を始めるカップルは非常に多いです。

生活能力を付けたいとき

生活能力を付けたいと思った時に、同棲したいと感じるようです。同棲すれば料理や家事の練習ができるからです。

好みの味付けや、家事のやり方のすり合わせもできます。

お互いが実家暮らしのカップルに多い理由です。

もっと一緒にいたいと思ったとき

デートの別れ際に「もっと一緒にいたい」と思ったときに、同棲したいと感じるカップルは非常に多いです。

同棲すれば休日以外でも毎日一緒にいられます。

忙しい社会人カップルや、遠距離恋愛をしているカップルに多い理由です。

変化がほしいとき

外でのデートや、休日に会うだけの関係を繰り返していると変化がなくなります。

そういったときに「同棲して新しい刺激や変化がほしい」と感じるカップルが多いようです。

マル秘イエプラバナー

同棲して幸せになった人は多い

結婚式場を展開するアニヴェルセルが、男女600名に「同棲してみてどうでしたか」とアンケートを取ったところ「とても良かった」「良かった」を合わせて85.7%の人が満足しているという結果が出ました。

出典:結婚式場のアニヴェルセル株式会社

同棲は、結婚後の生活スタイルが先にわかる、節約しやすいから貯金できるなどメリットがたくさんあります。

いつも一緒にいることで相手の新たな一面が見れて、もっと好きになったというカップルも多いです。浮気の心配が減るので精神的な余裕も生まれます。

また、女性は男性と暮らすことで防犯面の向上も期待できます。

同棲したいと伝える方法

相手に「同棲したい」と自然に伝えるタイミングと切り出し方をいくつか紹介します。

相手が引越しを考えているとき

相手が借りているお部屋の更新時期や、引越しを考えているときは同棲したいと伝える絶好のチャンスです。

「私も引越しを考えているんだけど、一緒に暮らさない?」のように言ってみましょう。

デートの予定に不動産屋めぐりを入れてみるのもおすすめです。

2人で間取り図を見ながら話せば同棲生活のイメージも湧きやすく、自然な流れで伝えられます。

デートの別れ際

デートの別れ際は、同棲ししたいと伝えるのにおすすめです。お互いに一緒にいたいという気持ちが強ければ、スムーズに同棲に持ち込めます。

「離れるのが寂しい。毎日一緒にいたいから同棲したい」と正直に伝えてみましょう。

手料理を作って食べているとき

どちらかのお部屋で手料理を作って食べているときもタイミングが良いです。

「毎日ごはんを作ってあげたいから同棲しよう」のように伝えてみてください。特に料理の腕に自信がある人におすすめの方法です。

記念日や誕生日のとき

付き合い始めた記念日や相手の誕生日などは、同棲したいと伝えやすいです。

「付き合い初めて1年経つし、そろそろ一緒に暮らしてみない?」と言ってみましょう。結婚を意識したカップルならOKがもらいやすいです。

付き合って1年経過した頃は、付き合いたてのドキドキ感が薄れてくる頃なので、良い刺激にもなります。

同棲をOKしてもらうコツ

どちらか一方が「同棲したい」と思っているだけでは、同棲するのは難しいです。

同棲するメリットを伝えて、相手にも同棲したいと思ってもらえるように話してみましょう。

以下で相手に同棲をOKしてもらうためのコツを5つ紹介します。同棲をOKしてもらう確率を挙げたい人は参考にしてみてください。

・結婚を考えて真剣に付き合ってるとアピールする
・同棲したら幸せになれるポイントを伝える
・金銭的なメリットがあることを伝える
・安心感や防犯性が高まると伝える
・休日に恋人優先しなくてもよくなると伝える

結婚を考えて真剣に付き合ってるとアピールする

いい加減な気持ちではなく結婚を考えて真剣に付き合っていることをアピールしましょう。

結婚を考えていることを相手に伝えて、お互いの生活スタイルや金銭感覚を確かめたいと言えばOKしてもらえる確率が高まります。

「好きだから」「なんとなく」など曖昧な気持ちだと、断られる可能性が上がってしまうので注意してください。

同棲したら幸せになれるポイントを伝える

同棲したらどう幸せになれるのかを具体的に伝えるのも効果的です。

例えば「ごはんを作ってあげられる」「毎朝起こして上げられる」など、相手にとってメリットが多いと判断して貰えればOKしてもらえるかもしれません。

金銭的なメリットがあることを伝える

同棲はそれぞれが一人暮らしをするよりも生活費が抑えられます。金銭的なメリットを伝えることで同棲をOKしてもらえる可能性があります。

同棲と一人暮らしの生活費を比べてみて、どれくらい節約できるのか、貯金はいくらできるのかを見積りして2人で話し合ってみましょう。

結婚資金が早く貯まるので、お互いが結婚を考えているなら非常に効果的です。

安心感や防犯性が高まると伝える

一緒に暮らすことで、安心感や防犯性が高まると伝えましょう。

同棲すれば一緒にいる時間が長くなるので、すれ違いや浮気の心配が減り安心感が生まれます。

また、家に誰かがいることで防犯性の向上が期待できます。特に彼女が一人暮らししているカップルにおすすめです。

休日に恋人優先しなくてもよくなると伝える

一緒にいられる時間が長くなるので、休日を恋人優先にしなくてよくなります。

それぞれの友達と遊んだり、趣味に没頭する時間が増えるので、精神的にも余裕が生まれると伝えてみましょう。

同棲生活を成功させるには?

同棲生活を成功させるために抑えておくべきポイントを5つ紹介します。

・あらかじめ同棲期間を決めておく
・生活ルールを決めておく
・お互いをしばりすぎない
・住む場所はお互いの通勤面を考慮
・2つ以上居室がある間取りにする

あらかじめ同棲期間を決めておく

同棲する前にあらかじめ期間を決めておきましょう。期間を決めておかないとダラダラ同棲生活が続いてしまい、婚期が遠のいてしまう可能性があるからです。

おすすめの同棲期間は2年です。2年もあれば、相手の本性が見えてくる可能性が高いです。

万が一結婚しないで同棲解消する場合でも、お部屋の更新料を払わずに済むというメリットもあります。

生活ルールを決めておく

「ごはんを外で食べるときは前もって連絡する」「毎月◯万円貯金する」など、生活に関するルールを決めておきましょう。

同棲しているにもかかわらず一人暮らしのように好き勝手な行動をしていると、喧嘩やトラブルの原因になるからです。

最低限決めておくべきルールの例を紹介するので、参考にしてください。

・生活費の負担割合
・お金の管理方法
・家事の分担
・帰りが遅くなるときは連絡する
・友人を連れてくるときは事前に連絡する
・趣味を否定しない

お金や家事の分担はどちらかに偏ってしまうと不満が溜まるので注意しましょう。

お互いをしばりすぎない

ルールを決めるのは大切ですが、あまりにもお互いをしばりすぎてしまうとうまくいきません。

2人でしっかり話し合って、お互いが納得できるルールを作ることが大切です。

住む場所はお互いの通勤面を考慮

同棲で住む場所はお互いの通勤面を考慮して決めましょう。どちらかの職場が遠すぎると、せっかく一緒に住んでいるのにすれ違いが多くなってしまうからです。

通勤で疲れてストレスが貯まると、喧嘩やトラブルの原因にもなります。

2つ以上居室がある間取りにする

同棲するなら2つ以上居室がある間取りがあるお部屋がおすすめです。それぞれ専用のお部屋を持つことで、1人の時間を確保できるからです。

万が一喧嘩してしまっても、1人の空間で頭を冷やすこともできます。

自宅でゆっくり同棲のお部屋を探す方法

「同棲したいけどどういう間取りが良い?」「住む場所はどうやって決めれば良い?」など迷っているカップルは、ネット上の不動産屋「イエプラ」を利用してみてください。

来店不要なうえ、チャットやLINEで相談するだけで理想のお部屋を探してくれます。

2人だけの空間でゆっくりお部屋を探したい、一緒に不動産屋に行く時間がとりにくいというカップルに特におすすめです。

不動産業者専用のデータベースから物件を探してくれるので、ネット上に無い非公開物件も見つかります。

深夜0時まで営業しているうえ、年末年始以外は定休日がないので、同棲するタイミングになったらすぐにお部屋探しを開始できるのも魅力的です。

同棲向けのお部屋を探す

同棲するときにしてはいけないこと

恋人と同棲するときにしてはいけないことを紹介します。お互いドン引きして別れの原因になることがあるので注意してください。

・スマホを勝手に見る
・個人の持ち物を勝手に使う
・家事や掃除の分担を怠ける
・お金の管理を適当にする
・勝手に友達を連れ込む
・相手の趣味をけなす
・片付けしない
・神経質になりすぎる
・下着姿でうろうろする
・ムダ毛処理を怠る

いくら同棲しているとは言え、スマホを勝手に見たり個人の持ち物を勝手に使うのはマナー違反です。信頼を失うことにもつながるので、絶対にしないようにしましょう。

家事や掃除の分担や、お金の管理を怠けるなどだらしない行動はNGです。

また、下着姿でうろうろしたりムダ毛処理を怠ってしまうと、男女の関係というよりも家族のような関係になってしまう可能性があります。

マンネリ化につながってしまうので、同棲中でも身だしなみは整えるようにしましょう。

同棲する前に親に挨拶すべき

同棲する前はお互いの親に挨拶しておくことをおすすめします。

勝手に同棲生活を始めてしまうと親から結婚を反対される原因や、不信感に繋がる可能性があるからです。

特に女性側の親は、自分の娘が素性の知らない男性と生活するのは心配なものです。不安を払拭するためにも、きちんと挨拶しておきましょう。

また、賃貸契約するにあたって親に連帯保証人をお願いするケースが多いです。スムーズにお部屋を決めるためにも親への挨拶は必須です。

いきなり同棲に不安があるなら週末同棲がおすすめ

いきなりお部屋を借りて同棲するのが不安なら、週末同棲からスタートしてみましょう。

週末だけどちらかの家に泊まってみて、どんな生活になるのかシミュレーションしてみてください。ある程度はお互いの生活スタイルがわかるので、同棲してもいいかどうかが判断しやすくなります。

週末同棲で同棲の良さをわかってもらえれば、もっと一緒にいたいと感じて相手がOKしてもらいやすくなるはずです。

同棲を断られたら?

同棲を切り出して断られてしまったら、まずは引き下がりましょう。しつこく食い下がるってしまうと、同棲はおろか最悪の場合別れる原因にもなってしまいます。

一旦時間を置いて、どうして同棲が嫌なのかを確認してみてください。冷静に話し合うことで不安が払拭でき、同棲をOKしてもらえる可能性が上がるかもしれません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

同棲向けのお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP