引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らし、1階住みは防犯能力ゼロ!?狙われる家とは


防犯

一人暮らしをすると、実家ぐらし以上に防犯対策は気をつけなければなりません。

誰も守ってくれないですからね…。

特に女性の場合は要注意です。

防犯グッズはいろんなものが出ていますが、一番大切なことは引越し前に物件の危険性を見極めること、です。

危険なエリアで、いかに防犯グッズを使用しても大した効果はありません。

安全なエリアで安全な物件に住むことが一番なのです。

ちなみに警視庁が発表している泥棒の手口では…

戸締まりをしていない家・・・48.4%

ガラス破り・・・35.6%

ドアの鍵破り・・・2.9%

その他・・・13.1%

となっています。

ガラス破りが3割以上も…!

それを考えると、雨戸付きの物件のほうが安心できますね。

一人暮らしで危険なポイント

マンションの1階は防犯に向かないってホント?

これは「本当でもありウソでもあります」

というのは、1階にかぎらず何階でも犯罪者の侵入はあり得るからです。

2.3.4階程度なら雨樋や、建物の出っ張りを利用して簡単に侵入されてしまいます。

1階じゃないから窓に鍵を架けなくても大丈夫、と思っていたら大間違いです!

逆に最上階が狙われやすいという説も

マンションの最上階は、住民も「まさかこの高さで泥棒は来ないだろう」と考えいるため、窓の施錠を怠る人が多いそう。

そのため、逆に泥棒から狙われやすくなってしまっています。

手口としては、非常階段などでマンションの屋上まで行き、そこからロープで屋上下の階に降ります。

「下がり蜘蛛」と言われるこの手口、泥棒の間では常識となっているそうです。

ほかにも、排水パイプを使って2階、3階に上がる泥棒も珍しくありません。

そもそも狙われやすい一人暮らしって?

金銭目的の泥棒の場合、お金をあまり持ってなさそうな一人暮らしの家よりも一戸建てのほうが狙われます。

一人暮らし、特に女性の場合は女性そのものが目的の場合があるところが怖いところなのです。

実際、強姦事件というのは、建物室内で行われることが一番多いという結果もでているくらいです。

空き巣に狙われやすい家とは

空き巣が一番狙うのは「一戸建て」で、次が「中層階以上のマンション(4階建以上)」、そして「それ以外の住居」という順番になっています。

やはり一番狙われるのはお金がありそうな一戸建てなんですね…。

次が4階以上のマンションという点にも注目です。

マンションの鍵は一瞬で開いてしまうという現実

築年数が古いマンションに多い「ディスクタンブラー錠」というのは鍵が無くても一瞬で開けられてしまいます。

ディスクタンブラー錠の見分け方は、鍵の両端にギザギザがついていて、鍵に溝が掘られているものになります。

未だにこのタイプの鍵を利用している賃貸部決件は非常に多いので、別なタイプの鍵に変えてもらいましょう。

ピッキングにある程度強いと言われているのがU9(ユーナイン)と呼ばれる鍵です。

しかし、このU9の初期型には致命的な欠陥があり、数十秒で破壊されてしまうという危険性があります。

今市販されているものはそうならないように改良が加えられているので大丈夫ですが、もし古いタイプのU9がついていた場合は確認したほうがいいでしょう。

しかし、このU9もピッキングにちょっと時間がかかる、というだけで防犯性能が完璧というわけではありません。

最新のディンプルキーで高級なものはさらに解錠に時間がかかるものもありますが、絶対という保証はないのです。

鍵をかけていれば安全と思われがちですが、実はかなりの危険性をはらんでいるのが現実です。

新しい物件に引っ越すときには、かならず鍵をチェックしましょう。

簡単にできる防犯対策

テレビ付きドアホンの物件を選ぶ

住む物件を選ぶときは、かならずテレビ付きのドアホンがあるところにしましょう。

ピンポンを押した相手が、宅配便なのか、勧誘なのか、もっと怪しい人なのかを見て確認できます。

悪い人になると、宅配便に化けて部屋に入ってこようとするので過信は禁物ですが、訪問販売には効果を発揮します。

家の鍵をポストに隠したりしない

家の鍵をなくさないようにポストなどに隠す人がいますが、絶対にやめましょう。

隠しているところを見られたら簡単に侵入されてしまいます。

ドアスコープには目隠しをする

ドアの内側から外を覗けるドアスコープですが、特殊な器具を使うと外から中を見ることができてしまいます。

のぞき見防止のためにも、ドアスコープには目隠しをつけておきましょう。

ホームセンター等に行くと、ドアスコープ用の目隠しを売っています。

洗濯物はベランダで干さない

女性の場合は特に、洗濯物はベランダで干すのをやめましょう。

下着泥棒ももちろんですが、洗濯物を干している時間で、不在時間を泥棒に知られるリスクがあります。

雨が降っているのに洗濯物がそのまま=留守の家、みたいな感じにバレるので、洗濯物は部屋干しするようにしましょう。

カーテンはミラーレースでのぞき見防止

レースカーテンは、普通のものだと外から部屋の中が見えてしまいます。

ミラーレースカーテンというものにすると、室内が見えにくいのでオススメ。

これもホームセンターなどで売っています。

生活する上で気をつけるべき防犯ポイント

  • オートロックは無意味なので、過信しない
  • カーテンを開けっ放しにしない
  • ゴミ出しやコンビニに行くときなどちょっとした間でもかならず鍵をかける
  • 合鍵を外に隠さない
  • 窓の鍵を開けっ放しにしない
  • 郵便物を貯めこまない
  • ドアののぞき窓には目隠しをつけておく(外側から覗かれないため)

こういったことに気をつけていれば、犯罪に巻き込まれるリスクは軽減されていきます。

せっかくの楽しい一人暮らしが犯罪者によってボロボロにされたら絶対にイヤですよね。

引越しをする前のチェックから、日々の防犯意識までしっかりとやって安全な生活を送りましょう。

女性の一人暮らしの場合は、カーテンの選び方1つで狙われにくくすることができます。

それでは皆様、良い一人暮らしライフを過ごしてください!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑