引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしを始める最適なタイミングはいつ?きっかけを口コミつきで解説!


一人暮らしを始めるのはいつから?のアイキャッチ
一人暮らしを始めるタイミングはいつ?といった疑問を解決します。

メリットや注意点を、実際に一人暮らししている人の実体験をもとに解説します。これから一人暮らししようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしするタイミングはいつ?

一人暮らしをするタイミングについてを実体験をもとに、紹介します。当てはまる人は、ぜひ参考にしてください。

  • ・進学や就職時
  • ・社会人になってから
  • ・実家に居ずらくなった時
  • ・費用が貯まったあとの不動産屋の閑散期
  • ・自立したいとき

進学や就職時

初めて一人暮らしをするタイミングで、一番多いのは進学や就職のタイミングです。入学先や就職先が遠かったり、通いにくい理由で一人暮らしを始める人が多いです。

喜ぶ男性のアイコン大学進学を気に一人暮らしを始めました。いきなりで家事とか大変だけど、誰にも邪魔されないので過ごしやすいです。(10代後半)

社会人になってから

就職をすると、生活が一変するので仕事に慣れてから一人暮らしをする人もいます。一人暮らしには、初期費用がかかるので金銭面でも安定した時に一人暮らしをするのおすすめです。

喜ぶ女性のアイコン仕事に慣れるまでは実家に居ました。仕事も慣れてお金も溜まったので一人暮らしを始めました。(20代前半)

実家に居づらくなった時

金銭面も安定してきても実家で暮らしている場合、親に「いつ一人暮らしするの?」と催促されることがあります。年齢が上がるごとに。きつく言われがちです。

悲しむ男性のアイコン一人暮らししても大丈夫なくらい収入はあるけど、通勤に困っていないのでずっと実家で良いかなって思っていました。30歳になってから親が急に口うるさくなってきたので、一人暮らしを始めました。(30代前半)

費用が溜まった後の不動産屋の閑散期

経済的に安定して来た時に、一人暮らしを始める人が多いです。ただ、1~3月は不動産の繁忙期なので、初期費用を抑えられる5~8月に引越すと良いです。

喜ぶ女性のアイコン研修期間が明けて、収入が安定してきたので一人暮らしを始めようと思いました。けど不動産屋が繁忙期で初期費用が高くなるって聞いたので、時期をずらして一人暮らしを始めました。(20代前半)

自立したいとき

金銭面や生活面など、自立したいと感じたときに一人暮らしを始めるのもアリです。

実家にいると親がアレコレやってくれましたが、一人暮らしになると全て自己管理となります。強制的に自立できる環境です。

喜ぶ男性のアイコン付き合っている彼女と結婚の話が出てきたので、その前に「自立しておかないと」と思って一人暮らしを始めました。(20代後半)

一人暮らしのメリット

一人暮らしは、実家にいると感じられない3つのメリットがあります。

  • ・自分の生活リズムで生活できる
  • ・生活面で自立できる
  • ・自分好みのインテリアにできる
  • ・通勤通学がラクになる
  • ・親に干渉されない

自分の生活リズムで生活できる

一人暮らしの最大のメリットが、生活リズムを1人で決められることです。寝ているときに生活音で起こされず、周りを気にせずに風呂屋トイレを好きなタイミングで使えます。

喜ぶ男性のアイコン実家にいたときは風呂の争奪戦みたいな感じで、毎日夜遅くに入っていました。けど一人暮らしを始めてから、好きな時間にゆっくり入れます。(20代前半)

生活面で自立できる

一人暮らしの場合、家事だけでなく毎月の収支を考えて生活するので生活面で必要なスキルを身に着けられます。

喜ぶ女性のアイコン早く自立したかったので、ある程度費用が溜まってからすぐに一人暮らししました。今では苦手だった掃除もできるようになったので、家に友達を招くのが楽しみです。(20代前半)

自分好みのインテリアにできる

一人暮らしでは、自分好みのインテリアを楽しむことができます。好きな家具を揃えたり色を統一したりと、自由にできます。

喜ぶ女性のアイコン実家にいると欲しくても置けなかった家具を購入しました。自分好みに部屋もレイアウトできるので一人暮らし始めてよかったです。(20代後半)

通勤通学がラクになる

学校や職場が実家から遠い人は、近くに引越すことによって移動時間を短縮できます。

喜ぶ男性のアイコン実家から職場まで1時間半くらいかかるので、職場に近い場所に一人暮らしを始めました。通勤時間が短くなったので、睡眠時間が多めにとれるようになりました。(20代前半)

親に干渉されない

実家にいると「どこに行くの?」「夕飯は?」などしつこく聞かれることが多いですが、一人暮らしを始めると干渉されなくなります。

自分の好きなときに好きなことをやれるので、束縛な嫌いな人にとってはかなりのメリットです。

喜ぶ女性のアイコンあれやった?これやった?っていつも聞かれていてうざったく感じていたんですが、一人暮らしを始めてからは解放されました。門限もないし、自由気ままな生活が最高です。(20代前半)

実家だと自由にできなかったことができるようになるので、生活面では過ごしやすいです。

一人暮らしを始める際の注意点

一人暮らしを始める際の注意点を体験談をもとに解説します。

部屋探し

家賃だけで決めてしまった
悲しむ男性のアイコン早く一人暮らしがしたくて家賃の安い物件に決めました。内見もオンラインで済ませたので、実際に住んでみると設備が古くて部屋も狭いので、住みにくいです。(20代前半)

部屋探しをする際に、家賃だけでなく設備などの条件をしっかりと決めておくと良いです。

自分の気に入った部屋を内見して決めると、住み始めてから「思っていたのと違う」ということが無くなります。

周辺環境

買い物が不便
悲しむ女性のアイコン治安が良く、気に入って物件があったのですぐに入居しました。ただ、駅の反対側にしかスーパーがないので、仕事帰りに買い物しずらいです。(20代後半)

快適に一人暮らしをするコツは「治安」「周囲の騒音」「買い物しやすい」の3つを確認しておくと良いです。

生活費

遊びすぎて生活が苦しくなった
悲しむ男性のアイコン一人暮らしをすると、金銭面的に遊べないんだろうなとわかっていました。でも、誘われるたびに遊びに行っていたら給料日前になると、金欠になってまともにご飯が食べられなかったです。(20代前半)

初めて一人暮らしをする際は、支出金額を把握できるように家計簿をつけるべきです。いちいち書き入れるのがめんどくさい人は、レシートの写真で管理できるアプリがあります。

支出金を把握することで、お金の使い過ぎを防ぐことができます。

初めての一人暮らしなら不動産屋に相談すると良い

初めて一人暮らしをする場合は、不動産屋に相談すると良いです。不安ごとや悩みを聞いたうえで、物件を探してくれます。

忙しい人でも、気軽のチャットできる不動産屋「イエプラ」がおすすめです。深夜0時まで営業しているうえ、来店不要です!

不動産業者専用のデータベースから物件を探してくれるので、他のサイトにある物件とネット上に無い非公開物件をまとめて紹介してくれます。

一人暮らし向けのお部屋を探す

一人暮らしする際の注意点

一人暮らしする際の注意点を3つ解説します。初めて一人暮らしする人は、参考にしてください。

  • ・お金の使い方
  • ・家事
  • ・生活リズム

お金の使い方

一人暮らしした際の、1番大きい出費は家賃です。実家にいたときは、家賃光熱費は親がほとんど負担していましたが、これらを1人で負担しないといけません。

他にも、食費は生活費の中で大きいです。最初は毎日自炊をすると決めても、忙しく時間がない場合は外食をしがちです。

家賃は「手取りの3分の1」以下に抑えられれば、少し余裕のある生活ができます。

家事

一人暮らしだと、今まで人にやってもらっていたことを全て自分でやらないといけません。

料理、洗濯、掃除などを疲れて帰ってきた後にやらないといけません。最低限の家事をできないと、一人暮らしをする際に困るので、実家にいる間に親に聞きながら実践してみると良いです。

生活リズム

一人暮らしを始めると、だれにも邪魔されずに生活できます。ただ、注意する人がいないので生活リズムを崩しやすいです。夜中にゲームをしてしまったりなど、生活が不規則になりがちです。

一人暮らしは自分のペースで行動できますが、生活リズムを崩さないためにも、生活を習慣化すると良いです。

一人暮らしするのに必要な費用まとめ

一人暮らしを始めるタイミングは「きっかけが明確になったら」です。進学や就職、自立したいなどのいろいろなきっかけがあります。

また、費用についても解説します。

初期費用は家賃の4.5~5ヶ月分

一人暮らしの初期必要は家賃の4.5~5ヶ月分が目安です。以下で初期費用について紹介します。

金額
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって異なる
保証会社利用料 家賃1ヶ月分
火災保険料 15,000~20,000円
鍵交換費用 15,000~25,000円

敷金礼金0の物件を選べば、初期費用を抑えることができます。

一人暮らしを始める際は、始める1ヶ月半~2ヶ月前から部屋探しを始めると良いです。

毎月の生活費は約14.6万円

一人暮らしの毎月の生活費は、14.6万円あると良いです。以下は生活費の内訳です。

家賃 約50,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約10,000円
スマホ・ネット代 約8,000円
娯楽・交際費 約20,000円
衣類・日用消耗品代 約8,000円
医療費 約5,000円
交通費 約5,000円
その他雑費 約10,000円
合計 約146,000円

家賃は、住む場所や駅徒歩などの条件をある程度、緩和する必要があります。

食費も、コスパの良い食材で3食自炊しないと3万円に収まらないです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けのお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP