引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

ペット可物件の探し方|ペットと賃貸で暮らす注意点も徹底解説!


部屋の中のベンガル猫の日常
ペット可の部屋ってどこで探せば良いのか、悩んだことありませんか?

気になるペット可物件の探し方や、探す時と暮らす時の注意点など徹底解説しちゃいます!

ペットと一緒に引越したい人や、これからペットを飼いたいって人も要チェックですよ~!

ペット可物件の特徴って?

ペット可の物件と言っても、いろんなタイプの部屋があるんですよ!

意外と知られていない特徴や、普通の賃貸とは違う点など紹介していきますよ~。

・防音設備がしっかりしてることが多い
・特殊な壁紙や床材が使われてたりする
・そもそもの数が少ない

防音設備がしっかりしてることが多い

ペット可の物件は、ペットの鳴き声や走り回る足音が他の部屋に響かないように、防音設備がしっかりしてることが多いんです。

防音性が高い部屋は「隣人の生活音が聞こえにくい」「家の中で騒いでも大丈夫」「エアコンが効きやすくて光熱費の節約になる」っていうメリットもあるので生活しやすいですよ!

特殊な壁紙や床材が使われてたりする

猫はすぐ爪を研ぎたがるし、犬は家中を走り回るし、普通の賃貸物件だと壁紙や床がすぐボロボロになっちゃうんですよね。

ペット可の物件は傷が付きにくい特殊な壁紙や床材で出来てることが多いから、やんちゃなペットを飼ってても安心ですよ!

部屋がボロボロになる心配がないから、ペットも飼い主もストレスフリーな生活ができるんです。

そもそもの数が少ない

防音性が高いうえに部屋が傷つきにくいなら、ペットがいなくてもペット可物件の方が良いじゃん!…って思いましたよね?僕も思いました(笑)

でも、ペット可物件はそもそもの数が少ないので探すだけでも大変なんです!少ない件数からさらに自分の希望条件を照らし合わせると、理想の部屋と出会うのは至難の業ですね…。

入居者を集うために普通の賃貸物件をペット可にしてるケースもあるんです。そういう物件は防音施設が整ってないから騒音トラブル起こりやすいので、あらかじめちゃんと確認しましょう!

ペット共生型っていうタイプもある

最近ではペットにも住みやすい構造の「ペット共生型」っていうタイプもあるんです。

ペットと住む前提でつくられてるから、ペット用の洗い場があったり、リードを掛けるフックが玄関にあったり、どっちにも生活しやすい環境が整ってますよ!

ペット可物件よりも数が少ないので、もし住みたいエリアでペット共生型の部屋を見つけたらチャンスですよ!ただ、家賃が高いことが多いので稼ぎと覚悟は必要になります…。

ペット可の部屋はどうやって探せばいいの?

そもそもの数が少ないペット可物件。ネットでも頑張れば探せるけど、住みやすい環境とか職場までの距離とかを考えると、探すのって結構大変ですよね…。

そこでおすすめなのが、僕が使ってるチャット不動産屋の「イエプラ」です!LINEやチャットでやり取りするだけで部屋探しができるから、不動産屋さんを何件もまわる必要がないんです!

「ペット可で○○駅まで〇〇分以内で~」みたいな感じで、希望条件をいくつか伝えるだけで理想の部屋を探してくれますよ~。

定休日がないうえに深夜0時まで対応してくれるから、仕事が忙しい人でもちょっとした空き時間で部屋探しが出来ちゃいます!

イエプラでラクにお部屋を探そう!無料!
アップストアインストールボタングーグルプレイインストールボタン

 

ペット可物件を探すときの注意点

キャットタワーに乗るベンガル猫
「ペット可の部屋があったらすぐに決めちゃおう!」と思ってる人、焦りは禁物ですよ!

ペット可と書かれてる部屋でも、普通の部屋と契約内容が違ったり初期費用が高かったりいろんなハードルがあるんです…。

ここでは部屋を探すときの注意点について、詳しく解説していきますよ~!

・初期費用が高いので貯金が必要
・条件をこだわり過ぎると部屋が選べない
・ペットの種類が限られてる
・ペットの数が多いと部屋を見つけにくい
・周辺の環境はちゃんとチェックしておく
・動物病院が近くにあったほうが良い

初期費用が高いので貯金が必要

普通の部屋だと敷金なし~1ヶ月分のところが多いけど、ペット可の部屋は匂いや傷が残りやすいことを踏まえて敷金2~3ヶ月分のところがほとんどです!

さらに、いくら傷が付きにくい壁紙や床だったとしても無傷で済むことはまずあり得ないので、初期費用で払った敷金が返ってくる可能性もかなり低いんです…。

条件をこだわり過ぎると部屋が選べない

ただでさえ数が少ないペット可の物件を探してるのに「2階以上で~バルコニーが広くて~ウォシュレット付きで~」なんて言ってたら、いつまでも良い部屋には出会えません。

ペット可物件は数が少ないので、妥協しなきゃいけないことも多くなるけどペットと暮らせると思えばつらくはないですよね(`・ω・´)ゞ

ペットの種類が限られてる

ペット可と書かれてるからと言って、なんでもOKって訳にはいかないのが現実です…。特殊な壁紙を使ってないような物件では、小型犬のみOKで猫はNGってこともあります。

とくに大型犬はNGなところが多いので、飼ってる犬が大きい場合は先に問い合わせてから内見をしたほうが良いですよ!

ペットの数が多いと部屋を見つけにくい

「ウチは小型犬しかいないから大丈夫そうね!…6匹いるけど!」ってパターンは、ほとんどのところでアウトですね(笑)

ペットの数が多いと審査に通りにくいし、契約の段階で何匹までって決められてることが多いので、家で動物園ごっこは出来ません!

もともとたくさん飼ってる人は「多頭飼育可」や「多頭飼育相談」と書かれてる物件を探したほうが確実なんですが、数はかなり少ないです…。

周辺の環境はちゃんとチェックしておく

家の近くに何があるかも大事なポイントですね!とくに犬を飼ってる人は、緑道やペットOKの公園があると生活しやすいですよ~。

意外と少ないペット用品店もあったほうが便利だし、犬の散歩をしてる人が多いエリアだとペットと一緒に入れるお店が多いのでおすすめです!

動物病院が近くにあったほうが良い

動物病院が近くにあるかどうかは結構大事なポイントです!いくら健康そうなペットでも定期健診はしたほうが良いし、ちょっとした心配事の相談もすぐ出来ますからね。

欲を言えば、家の近くに2件以上の動物病院があると混雑してる時やいざと言う時も診てもらいやすいのでおすすめです!

友人にどんな感じか聞いてみた!

実際にペット可物件で犬と暮らしてる友人に、部屋を探した時の体験談を聞いてみました!

ペットと暮らすのって結構大変なことなんですね…(´・ω・`)

自分の住みやすい部屋が少ない

条件を絞らなければペット可物件の数はそれなりにあるんだけど、家賃が高すぎたり職場から遠すぎたりでちょうどいい物件がほとんどなかったんだよね…。(20代/男性)

自分にもペットにも都合の良い物件ってなると、探すのはかなり大変らしいですね…。結局、友人は職場から離れた場所に決めて通勤時間が前より20分くらい長くなったみたいです。

自分にも住みやすい場所でペット可物件を見つけるなら、長期戦になる覚悟で早めに探し始めたほうが良いですね!

初期費用が想像以上に高い

初期費用が高いって言うのは知ってたんだけど、想像以上に高くてびっくりした!ウチの場合は敷金が3ヶ月分だし、クリーニングと消臭代で返って来ない契約なんだよね。(20代/男性)

普通の賃貸の場合は退去時に敷金が返ってきますが(詳しくはこちら)ペット可物件は返って来ないことがほとんどのようです…。

ペット可で初期費用が安い物件を探すのはかなり無謀なので、そういうものだと割り切って事前にガッツリ貯金しておきましょう!

ペットの種類や数も確認される

不動産屋さんに部屋が空いてるか聞いたら、犬の種類と数を聞かれたんだよね。ウチは小さい犬だから大丈夫だったけど、大きな犬だったら断られたかも…。(30代/女性)

せっかく良い部屋を見つけて喜んでたのに、ペットの種類で断られたらショックで立ち直れないですよね…(´;ω;`)

ペット可物件でもペットの大きさや数によって断られることがあるので、気になる部屋を見つけたらすぐに確認しましょう!

ペットと暮らすときの注意点

室内の柴犬
いざ入居しても油断はできませんよ!ペットと暮らすうえで注意するべきことって結構あるんですよね~。

ここでは意外と忘れがちな生活の注意点を紹介していきますよ~!

・契約内容をしっかり把握しよう
・周辺の住人に挨拶しよう
・しっかりとしつけること!
・自分で出来る限りの対策はするべき!

契約内容をしっかり把握しよう

最初は猫1匹だったのに野良猫を拾って気づけば5匹に…なんてことがあると、部屋を追い出される可能性があります(´・ω・`)

何匹までOKか、どれくらいの大きさまでか、契約内容をしっかり把握しておきましょう!可哀そうだからと言ってペットをもらってくると、住む家を失うことになりかねません…。

周辺の住人に挨拶しよう

ペットと一緒じゃなくても挨拶するのは基本だけど、ペットと一緒の場合はトラブルを避けるためにも必ず挨拶しておいたほうが良いです!

大家さんはもちろん、両隣や上下の人にも挨拶しておくのがベストですね~。最初にペットが居ることを伝えておけば、多少うるさくても仕方ないと思ってもらえたりもします!

しっかりとしつけること!

契約内容を把握して挨拶まわりをしたからと言って、何をしても良いって訳にはいきません!共有スペースでペットが粗相をすると、住民との関係が険悪になることも…。

部屋の中でやたらと吠えたり、1日中走り回ってたりするとクレームが来ることもあるので、部屋ではおとなしく過ごせるようにちゃんとしつけましょう!

自分で出来る限りの対策はするべき!

ペット対応の部屋だとしても、自分で出来る対策はしっかりしておきましょう!防音マットや保護シートを使って部屋をキレイに保てば、退去時に敷金が戻ってくるかもしれないですよ!

防音対策をしっかりしておけば近隣トラブルやクレームを未然に防げるし「○○さんのとこ、ペット飼ってるのに全然騒がしくないしマナーが良い!」なんて思ってもらえるかも…!?

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑