引越しまとめロゴ 引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

レオパレスの退去手続き方法|解約金や立ち会いなしの場合はどうする?


アパート
レオパレスの退去に必要な手続き方法や流れを紹介します。

退去に必要なもの、退去費用はいくらかかるのか、立ち会いは必要なのか?など、詳しくまとめているので参考にしてください。

万が一、退去費用を高額請求された場合の対処法も合わせて紹介しています。

レオパレスの退去手続きの方法

レオパレスの退去手続きの方法を流れ沿って紹介します。

①退去1ヶ月前までに解約申し込みする
②退去の立ち会い時間を予約する
③公共料金など引越しに関する手続きを済ませる
④退去当日の立ち会い確認と鍵の返却

以下でそれぞれ詳しく説明します。

①退去1ヶ月前までに解約申し込みする

原則、退去したい日の1ヶ月前までに解約を申し込みましょう。

解約の申し込み方法は4種類ありますが、インターネットを使った申し込みが基本です。

・&Leoアプリから申し込み
・入居者専用Webサイトから申し込み
・書面で申し込み
・レオパレスセンターで申し込み

&Leoアプリから申し込み

&Leoアプリから退去申し込みが簡単にできます。スマートフォンを持っている人はアプリからの申し込みがおすすめです。

入居者専用Webサイトから申し込み

入居者専用Webサイト「&Leo」から簡単に退去申し込みできます。申し込みには、LEONET IDと任意のパスワードが必要です。

スマホを持っていない人や、パソコンから申し込みたい人は&Leoからの申し込みが便利です。

また、お部屋にあるLife Stick(LEONET)からも申し込みできます。

書面で申し込み

インターネットを利用していない、LEONET未対応の物件に住んでいる場合は書面で退去申し込みができます。

退去通知書をなんらかの方法で印刷するか、以下の内容を記載した用紙をレオパレス宛てに郵送しましょう。

・通知年月日(用紙に記入した日付)
・明け渡す日(退去希望日)
・退去理由
・契約者名
・捺印
・現在利用しているレオパレスの物件の住所
・電話番号
・引越し先の住所

明け渡す日に退去の立ち会いをおこなうので、希望の日程を記入しましょう。

書面で申し込む場合は郵便局の消印日が申し込み日になります。退去希望日の1ヶ月前までに届くように余裕を持って用意してください。

明け渡す日が消印日から1ヶ月未満の場合は、退去申し出日より1ヶ月分の違約金の支払いが発生します。

レオパレスセンターで申し込み

インターネットや書類で申し込みできない場合は、レオパレスセンターに直接行って退去申し込みができます。

②退去の立ち会い時間を予約する

退去日が決まったら、電話で立ち会い時間を予約します。

立ち会い可能な時間は11時~16時までです。スタッフと相談して都合の良い時間を決めましょう。

ちなみに、立ち会い時間の予約はメールでもできます。ただし、回答までに時間がかかるので電話の方がスムーズです。

③公共料金など引越しに関する手続きを済ませる

電気、ガス、水道の公共料金の解約手続きは、退去する5日までに済ませておきましょう。

「マンスリー契約」など、水道光熱費の契約を自分で手続きしなかった人は不要です。

また、電話、インターネット、郵便物の転送手続きも必要です。引越し後に困らないように手続きしておきましょう。

④退去当日の立ち会い確認と鍵の返却

退去当日(立ち会い日当日)は、レオパレスのスタッフと一緒にお部屋を確認します。しっかり確認して、不明な点や気になる点は質問しましょう。

確認が終わったらスタッフが基本清掃料、原状回復費用、日割り家賃を合わせた見積書を出してくれます。

問題がなければ、その場で退去費用を支払います。退去費用の支払いは、クレジットカード、キャッシュカードから選べます。クレジットカードはポイントが貯まるのでおすすめです。

レオパレスの退去に必要なもの

レオパレスの退去に必要なものや書類は以下の7点です。

・お部屋の鍵
・認印(シャチハタ可)
・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
・クレジットカード または キャッシュカード
・入居時損傷箇所確認届の控え
・記帳した通帳(家賃が口座振替の場合)
・契約書一式(電子契約の場合は不要)

入居時損傷箇所確認届とは?

「入居時損傷箇所確認届」とは、入居前から付いていた傷や汚れている場所を、レオパレス側と共有するために提出する書類のことです。

入居時損傷箇所確認届を提出しておけば、退去費用が不当に高くなるのを防げます。自分が付けた傷や汚れではないことが照明できるからです。

提出していない場合は、自分が付けていない照明ができないので、退去費用が高くなる可能性があります。

レオパレスの退去費用

レオパレスの退去費用の内訳を紹介します。

・基本清掃料
・原状回復費
・未払いの更新手数料と年会費
・違約金

基本清掃料

基本清掃料とは、レオパレスを退去するのに最低限必要になる費用のことです。

一般的な賃貸は、入居時に支払った敷金からで退去費用がまかなわれます。一方、レオパレスは敷金が0円なので、退去時に基本清掃料を支払う必要があります。

お部屋の間取りや広さ、家具の有無によって基本清掃料は変わります。以下で表にまとめたので、参考にしてください。

間取り 専有面積 基本清掃料
(家具無)
基本清掃料
(家具有)
1K・1R ~25.00㎡ 28,050円 31,350円
25.01~30.00㎡ 30,800円 34,100円
30.01㎡~ 33,550円 36,850円
1LDK・2DK・3K 一律 39,050円 42,350円
2LDK・3DK・4K 44,550円 47,850円
3LDK・4DK 50,050円 53,350円

退去費用が安くなるケース

レオパレスは、退去するお部屋に4年以上住んでいた場合、基本清掃料が無料です。ただし、マンスリー契約と法人契約は対象外になるので注意してください。

また、レオパレスは基本的に翌月分の家賃を前払いしています。月の途中で退去する場合、残りの日割り家賃を基本清掃料に充てられます。

原状回復費

現状回復費とは、基本清掃料でまかなえない傷や汚れを修復するための費用です。

原状回復費が発生する可能性があるケースをまとめたので、参考にしてください。

ちなみに、6年以上同じお部屋に住んでいる場合は、原状回復費はほとんど0円になります。

国土交通省が発行する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に、6年以上使い続けた設備の価値は一部の例外を除いて1円になるとされているからです。

内容
壁紙(クロス) タバコのヤニによる汚れ、ネジ穴、破損など
複数個所・広範囲の傷、汚れなど
エアコンなどの設備 故障、傷、汚れなど
キッチン カビ・油汚れなど
居室 柱・扉・クローゼットなどの破損、傷、汚れなど
お風呂・トイレ 水垢・カビなど
ひび割れや傷、汚れなど
廊下 フローリングの傷、汚れなど
玄関 ドアや下駄箱の傷、汚れなど
ベランダ 汚損、排水溝の詰まりなど
その他 備え付け家具家電の傷、汚れ、

未払いの更新手数料と年会費

未払いの更新手数料や年会費がある場合は、退去費用と一緒に精算します。

更新手数料とは、賃貸契約(普通借家プラン)で2年ごとに必要な手数料で、金額は16200円です。

年会費は会員制契約で入居している場合に、1年に1度かかる費用のことです。金額は21600~27000円で間取りによって変わります。

違約金

賃貸契約を1年以内に解約する場合、家賃1ヶ月分の違約金が発生します。

ちなみに「マンスリー契約」や「法人契約」の場合は違約金はかかりません。

レオパレスの退去費用を安くするには?

レオパレスの退去費用を少しでも安くするための方法を2つ紹介します。誰でも簡単にできるので参考にしてください。

立ち会い前に掃除しておく

立ち会いのスタッフが来る前に、お部屋をしっかり掃除しておきましょう。

無駄な原状回復費を請求されないためにも、自分でできる掃除はやっておくのがおすすめです。

ただし、傷の修復など自己流でおこなうと悪化してしまう場合もあるので注意してください。

入居時損傷箇所確認届を出しておく

「入居時損傷箇所確認届」とは、入居前から付いていた傷や汚れている場所を、レオパレス側と共有するために提出する書類のことです。

入居から1ヶ月以内に提出しておけば、入居前から付いている傷や汚れが自分が付けたものではないと照明できます。

また、スマホで写真を残しておくのも有効です。その場合は、きちんと日付がわかるように設定しておきましょう。

レオパレスの退去は立ち会いなしも選べる

レオパレスは退去の立ち会いなしも選べます。

急な移動や単身赴任で立ち会いしている暇がない、コロナの影響で立ち会いしたくないという人は申し込み時に立ち会いなしを選びましょう。

ただ、不当な高額請求を避けるためにも、なるべく立ち会いするのをおすすめします。ちなみに、1年未満のマンスリー契約は立ち会い不要です。

以下で、立ち会いなしで退去する場合の流れを簡単に紹介します。

①退去日の1ヶ月前までに申し込みする
②ブレーカーがONになっているか確認する
③ゴミや忘れ物がないか確認する
④鍵を玄関ドアの郵便受けに入れる
⑤転居先に解約精算書が届く
⑥コンビニ支払い用SMSPayで退去費用を精算する

退去当日は、ブレーカーがONになっているか確認しましょう。家具家電付きのお部屋の場合は、冷蔵庫の電源もONのままで問題ありません。

ゴミや忘れ物がないかしっかり確認して、退去日の16時までに退室します。

鍵は玄関ドアの郵便受けに入れるか、最寄りのレオパレスセンターに返却します。

退室後にスタッフがお部屋を確認し、転居先に解約精算書が届くので内容を確認しましょう。

支払いは「コンビニ支払い用SMSPay」または銀行振込です。ちなみにコンビニ支払い用SMSPayは、支払い番号をコンビニにある端末に入力して支払う方法です。

レオパレスの退去費用を払えない場合の対処方法

レオパレスの退去費用を一括で支払えない場合は、クレジットカードで支払いましょう。

立ち会い時は1回払いで処理されますが、後日自分で「あとからリボ」や「あとから分割」の手続きをすれば分割払いになります。

利用できるクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、Dinersclub、DISCOVERです。

もしクレジットカードを持っていない場合は、レオパレスに直接確認しておきましょう。

高額請求の場合は専門機関に相談すべき

万が一、レオパレスの退去費用を高額請求された場合は、すぐにサインしないで見積書の内容をしっかり確認しましょう。

本来であれば、入居者が払わなくて良い費用まで請求されているケースがあるからです。

国土交通省が発行する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を見るとわかりやすいのでおすすめです。

もし、自分が負担すべきかどうか判断付かない場合は、以下のような窓口に相談してみましょう。

・消費者ホットライン
・一般財団法人日本消費者協会
・公益財団法人日本賃貸住宅管理協会
・弁護士

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラでお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP