引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしはするべき!もったいないと思う人必見の金銭事情を大公開!


クッションを抱える女性
一人暮らしをしたいけど、家賃や生活費がもったいないと感じる人も結構いるみたいですね。

経済的な負担が少ない状況から一人暮らしするのは確かにもったいなく感じるかもしれません。

実際に一人暮らしと実家暮らしではどれくらいの差があるのか、気になる金銭事情などを徹底解説しますよ~!

悩んでるなら一人暮らしするべき

結論から言うと、一人暮らしするのはもったいないことじゃないですよ!経済的な負担が増えることには間違いないけど、それ以上に得るものはたくさんあります。

むしろ、大人になってから一人暮らしを経験してないってだけで「だらしない」とか「いつまでも甘えてる」なんて思われることも…。

自立した大人として認められる第一歩でもあるので、悩んでるなら一人暮らしするべきですよ!

実家暮らしと一人暮らしの金銭事情

実際に「実家暮らしのAさん」と「一人暮らしのBさん」で、金銭事情にどれくらい違いがあるのか比較してみました!

実家暮らしのAさん 一人暮らしのBさん
家賃 30,000円 65,000円
光熱費 0円 8,000円
食費 20,000円 35,000円
ネット・スマホ代 8,000円 8,000円
日用品代 0円 5,000円
衣服・美容代 20,000円 10,000円
趣味・娯楽代 40,000円 20,000円
合計 118,000円 151,000円

他にも細かい出費はあったりするけど、大体の生活費で見てみると表のような結果になりました!

金額だけ見るとそんなに大差がないと思いませんでしたか?実は、それぞれの項目でどんな使い方をしたかで内容に大きな差が出るんです!

それぞれの内訳を解説していきますよ~!

家賃

実家暮らしのAさん:30,000円
一人暮らしのBさん:65,000円

実家暮らしのAさんは毎月30,000円を家に入れていて、一人暮らしのBさんは家賃が65,000円とのことです。家賃だけで見ると倍以上の差がありますね。

ちなみに、家賃の65,000円は都内の一人暮らしの平均家賃から見ると少し安めなので、部屋の条件や住む場所によってはもっと高くなります!

少しでも家賃を抑えたい人は、駅から離れたところに住んだり古い物件を探したほうが節約できますね。

光熱費

実家暮らしのAさん:0円
一人暮らしのBさん:8,000円

実家暮らしの人は、家に入れるお金に光熱費を含む場合が多いので光熱費は実質0円のようです。

一人暮らしの光熱費は8,000円くらいだけど、真夏・真冬にエアコンを使いまくったり、ガスがプロパンだとさらに高くなります!

光熱費が掛からない実家で慣れちゃうと、一人暮らしするって時に光熱費の節約に苦労しますね。

食費

実家暮らしのAさん:20,000円
一人暮らしのBさん:35,000円

「Aさんは実家暮らしなのになんでこんなに食費が掛かるの?」って一瞬思ったんですけど、たまに外食したり友達と飲みに行ったらこれくらいにはなりますよね。

Bさんの食費は日常的な食事も含めた金額なので、これでもかなり安いほうです。自炊したり安いスーパーを探したり、できるだけ節約してることがわかりますね。

ネット・スマホ代

実家暮らしのAさん:8,000円
一人暮らしのBさん:8,000円

ネットとスマホに関してはみんな似たようなものだから同じ金額なのかと思いきや、これには意外な理由がありました。

実家暮らしのAさんはファミリープランに入ってるから家のネット代は親のスマホ代に含まれてます。つまり、自分で支払ってるのは自分のスマホ代だけです。

Bさんは一人暮らしするタイミングで節約できるように格安スマホに切り替えてるので、ネット代も含めて8,000円に抑えてます。

AさんとBさん、払ってる金額が同じでも内訳を見ると全然違いますね。

日用品・消耗品代

実家暮らしのAさん:0円
一人暮らしのBさん:5,000円

実家暮らしだと自分で日用品を買うことなんてほとんどないから気づきにくいけど、日用品って意外とすぐなくなるんですよね…。

トイレットペーパー・ティッシュ・洗剤・シャンプーなどなど…普段は何気なく使ってる日用品でも、地味にお金が掛かります。

日頃から節約する意識を持ってないと、生活を圧迫する原因になったりもするんです!

衣服・美容代

実家暮らしのAさん:20,000円
一人暮らしのBさん:10,000円

実家暮らしのAさんは家賃や生活費が浮いてるぶん好きな服を買ったり、小まめに美容室に行ったりできてるみたいですね。

一人暮らしのBさんはできるだけ安い美容室に行ったり、服を買う頻度を減らしたりして節約してるそうです。

いざ生活がきつくなっても、実家暮らしと一人暮らしだと危機感が結構違ったりするんですよね。

趣味・娯楽代

実家暮らしのAさん:40,000円
一人暮らしのBさん:20,000円

経済的に負担の少ないAさんのほうが、趣味や娯楽に使う金額も多いようですね。

実家暮らしだとお金に余裕があるから、好きな時に好きな物を買ったり旅行をしたりもできます。

一人暮らしだと予算を考えながら生活することが多いので、行きたい旅行を我慢したり見たかった映画はレンタルや配信されるまで我慢したりするってこともあるんです。

合計

実家暮らしのAさん:118,000円
一人暮らしのBさん:151,000円

実家暮らしで好きなことを好きなだけしてるAさんより、我慢や節約をしながら生活してるBさんのほうがお金が掛かってるのがわかります。

ただ、Aさんがこのままの金銭感覚で一人暮らしをするとかなり大変な思いをするのは間違いありません。

いずれ一人暮らしをするつもりなら、今のうちに自分がどれくらいお金を使ってるのか細かく計算しておいたほうが良いですよ!

一人暮らしのメリットとデメリット

メリット デメリット
一人暮らしがもったいないと思ってる人もいるみたいだけど、実際に一人暮らしをして後悔してるって人はあんまり聞きません。

僕は一人暮らしを始めて20年以上経ちますけど、実家を出て良かったと思うことのほうが多いです。

とは言え、良いことばかりじゃないのもたしかなので、一人暮らしのメリットとデメリットを詳しく解説していきますよ~!

メリット

・干渉されることがなく自由に過ごせる
・生活しやすい場所に住める
・家事や炊事ができるようになる
・自分好みの部屋にできる
・自立して人として成長できる
・一人暮らしのほうがモテる

干渉されることがなく自由に過ごせる

一人暮らしと言えば、誰にも干渉されることなく自由に生活できることが醍醐味ですよね。

実家暮らしだと「どこ行くの?何時に帰る?」なんていちいち聞かれたりしますけど、一人暮らしならそんな心配はいりません。

夜中に出かけて朝帰りになったとしても誰にも迷惑かけることはないし、文句を言われることもありませんよ!

生活しやすい場所に住める

実家から職場や学校が遠いと早起きしなきゃいけないし、満員電車に長時間乗るハメになったりしますよね。

一人暮らしで職場や学校の近くに住めば、実家に住んでる時よりゆっくり寝れるし通勤時間も短縮できます!

仮に短縮できる時間が30分だったとしても、往復で1時間も余裕ができます。1時間あれば好きなアニメやドラマが見れるし、本を読んだりすることもできますよ!

家事や炊事ができるようになる

一人暮らしだと家事や炊事は自分でやるしかないですからね。最初は嫌でも、やっていくうちに手際が良くなって掃除や整理整頓が好きになるって人もいます。

節約のために自炊を始めたのに、気づいたら料理が趣味になった人も結構いるんです。

こうした家事や炊事はできるに越したことはないので、将来必ず役に立つときがきますよ!

自分好みの部屋にできる

実家だと家具の配置を変えるのにも家族の同意が必要だけど、一人暮らしなら全部自由に変えられるから好きな空間で生活できます。

好きなアーティストのポスターをたくさん張ったり、好きなアニメのフィギュアやグッズで埋め尽くしても誰にも文句は言われません。

ちょっとした気分転換に模様替えができるのも魅力的ですね!

自立して人として成長できる

今まで親がやってくれてたことも、一人暮らしだと全部自分でやらなきゃいけないから自立した大人になれます。

家事や料理ができるようになるほかにも、時間やお金の管理ができるようになるから人として成長できます。

また、生活していくうちにわからないことは自分で調べる習慣がつくから、いろんな知識が身につきますよ!

一人暮らしのほうがモテる

人によって事情はあれど、社会人になっても実家暮らしをしてると寒い目で見られることが多いです。一人暮らしをして自立してるだけでも、世間の目はだいぶ変わるんです。

「一人暮らししてない=自立してない」と思われるので、1人じゃ何もできない人だと認識されちゃいますよ!

自立してる人としてない人、どっちがモテるかなんてわかりきってることですよね。

デメリット

・経済的な負担が大きい
・家事をするのが面倒くさい
・孤独を感じることも
・生活習慣が乱れやすい
・体調を崩しても看病してもらえない
・自分で防犯対策をしなきゃいけない

経済的な負担が大きい

一人暮らしのデメリットは、なんと言ってもお金が掛かるところですね。

まず最初に、引越し費用や物件の初期費用が掛かります。これだけで最低でも50万円くらいは貯金しておかないときついですね…。

引越したあとも生活費が掛かるし、税金や保険料などさまざまな支払いでお金が掛かるので貯金はできるだけしておいたほうが良いですよ!

家事をするのが面倒くさい

今まで親がやってくれていた家事も、一人暮らしだと全部自分でやらなきゃいけません。

とくに洗濯は天候に左右されるので、天気予報をマメにチェックする癖をつけないといけません。

面倒くさいだけじゃなく時間まで奪われるので、ちゃんとスケジュールを立てて計画的に家事をやったほうが良いです!

孤独を感じることも

一人暮らしの部屋に帰りを待ってくれてる人はいません。仕事帰りに真っ暗な部屋に帰ると無性に寂しくなることも…。

こういう時に「おかえり」を言ってくれる人がいることのありがたさが身に沁みますよね。

孤独を感じることは誰にでもあることなので仕方ないけど、どうしてもつらい時はペットを飼ったり家族に電話したりして気を紛らわせるしかないですね。

生活習慣が乱れやすい

一人暮らしは自由に過ごせる反面、好き放題やり過ぎて生活習慣が乱れることもあります。

お腹が空いたからって夜食を食べたり、夜更かしして次の日ずっと眠かったりなんてことは日常茶飯事です。

止めてくれる人がいないぶん生活リズムが崩れやすいので、ちゃんと自己管理できるようになることが大事です!

体調を崩しても看病してもらえない

どんなに健康な人でも風邪をひくことはありますよね。一人暮らしで体調を崩すと、看病してくれる人がいないから精神的にもつらいです。

あまりのつらさに友人を呼ぼうと連絡したのに、都合が悪くて断られたりなんてしたらもう立ち直れないです…。

日々の体調管理だけでなく、薬や体温計など非常時に備えておいたほうが良いですよ!

自分で防犯対策をしなきゃいけない

一人暮らしをするうえで防犯対策するのは大事なことだけど、これが結構大変なんですよね…。

とくに女性の一人暮らしは、鍵を二重にしたり防犯センサーを設置して念入りに防犯対策したほうが良いですよ!

最初からセキュリティがしっかりしてるマンションに住めるなら話は早いけど、そうなると家賃が高くなるので初めての一人暮らしにはハードルが高いんですよね…。

実際に一人暮らししてる人に聞いてみた

「一人暮らしするのもったいないかな~」なんて思いながらも一人暮らしを始めた人に話を聞いてみました!

実際に悩んでた人でも、後悔してる人はほとんどいないみたいですね。

自由な生活は最高!

「帰りが遅い!」とか「どこ行ってたの?」とか、親にいちいち干渉されてイヤだったから実家を出ました。

一人暮らしを始める前は家賃がもったいないな~なんて思ってたんですけど、いざ始めてみたら家賃を払うだけの価値はあると思ってます。

お金が掛からないからって毎日ガミガミ言われてたらしんどいですからね(笑)

これだけ自由だと、もう実家には戻れないです!(20代前半/女性)

料理がこんなに楽しいとは思わなかった

一人娘ってこともあって昔から両親や親せきに甘やかされてきたんですけど、このままじゃダメだと思って実家を出ました!

実家暮らしの時は家事も料理もできなかったけど、いざやってみるとなんとかなるもんですね。わからないことはスマホで調べられるし、失敗してもそのうちできるようになります。

今じゃ料理するのが楽しくて、月に1回友達を集めて宅呑みしたりたこ焼きパーティーとかしてるくらいです!(30代前半/女性)

彼女といる時間がたくさん作れる

僕はもともと千葉に住んでたんですけど、彼女が都内で実家暮らしだから毎回都内まで会いに行ってたんですよね。

でも、僕が就職をきっかけに都内で一人暮らしを始めてからはウチに遊びに来てくれるようになったから、たくさん一緒に居れるようになりました!

会う頻度も増えたし、1つの部屋で一緒に過ごしてると結婚生活のイメージもできて良いですね。将来のことも考えられるから良いきっかけになりました!(20代前半/男性)

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑