引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

7月は引越し費用を抑えたい人におすすめ!理由や部屋探しのポイントを解説!


七夕と浴衣の女性のイラスト
7月に引越したい人必見!7月に部屋探しするメリットや、内見時のポイント、費用が抑えられる理由を徹底的に解説します!

暑い日でも快適に部屋探ししたい人は是非参考にしてください。

7月は費用を抑えて引越しできる

7月は費用抑えて引越しできる月です。7月は部屋探しする人が少なく、不動産屋や引越し業者が値下げしていることが多いからです。以下で、理由を詳しく解説していきます。

初期費用の交渉がしやすい

7月は、1年の中でも引越す人が少ない閑散期のため、初期費用の交渉がしやすいです。

1~3月の繁忙期や5月のGWで決まらなかった部屋は、次の繁忙期である9月~10月まで空室の可能性が高いです。

その間、大家さんの収入がなくなるので、多少サービスしてでも入居してもらいたいと考える大家さんが多いのです。

礼金を0円にしてくれたり、フリーレントをサービスしてくれたりと、繁忙期と比べてお得に契約できるかもしれないので、不動産屋のスタッフに相談してみてください。

交渉は、入居申込前におこなうのがおすすめです。「閑散期なんだから値下げして当然」という態度ではなく、丁寧にお願いしてみましょう。

「礼金をなしにしてくれたら必ずここで契約します」「フリーレントを付けてくれませんか」など、具体的に交渉してみてください。

家賃が見直された物件が多い

6月以降は、繁忙期に埋まらなかった部屋に入居してもらうために、家賃を見直しする大家さんが多いです。

一人暮らし向けの部屋であれば、繁忙期より家賃が5000円近く下がっている場合があるので狙い目です。

7月前半は引越し業者の料金が安い

7月前半は引越し業者の料金が安いです。特に平日は引越す人が少ないため、さらに安くなります。

以下の表は、単身向けの引越し費用を繁忙期と閑散期で比較したものです。7月を含めた閑散期は、1万円以上も安いです。

1~3月(繁忙期) 6~8月(閑散期)
200km未満 ~約80,000円 ~約50,000円
500km未満 ~約90,000円 ~約60,000円
500km以上 約100,000円~ 約75,000円~

ただし、7月20日以降はやや費用が上がります。夏休みが始まるタイミングで、引越しする家族が増えるからです。

できるだけ費用を抑えたい人は、なるべく前半に引越せるようにスケジュールを組みましょう。

マル秘イエプラバナー

7月はじっくり部屋が探せる

7月は不動産屋の利用客が少ないため、じっくり部屋が探せます。

繁忙期は利用者が多く、お客さん1人あたりにかける時間がどうしても短くなってしまいます。

予約しないで行くと、待たされたり断られたりしますが、7月はそういった心配がほとんどありません。

内見も急かされることもないので、自分のペースで見たいという人にはおすすめの時期です。

7月の内見ポイント

7月に内見するときに抑えておいてほしいポイントを3つ紹介します。暑い時期ならではの注意点もあるので、是非参考にしてください。

内見時は熱中症に注意する

7月は、気温が25℃以上と非常に暑い日が多いです。屋外を移動して何件も内見に行くには体力が必要です。

熱中症の危険もあるので、冷たい飲み物やタオル、塩分が摂れる飴など予防グッズを持っていきましょう。

万が一、内見の途中で具合が悪くなってしまったら無理せずスタッフに相談してください。

排水溝の匂いやカビをチェックする

7月は水回りの悪臭に気がつきやすいです。気温が上がり、匂いが発生しやすくなるからです。

内見時に排水溝やトイレ、お風呂などで変な匂いがする物件は避けるようにしましょう。

また、匂いだけでなくカビにも注意してください。湿気が多い部屋は梅雨時期に、カビが発生していることが多いです。

壁紙の変色や、窓枠の結露などしっかり確認してから決めるのがおすすめです。

部屋の暑さや風通しをチェックする

7月は夏に部屋がどれくらい暑くなるのかが、ある程度把握できます。

特に南向きや西向きの部屋は暑くなりやすいので、自分が耐えられるレベルかどうかを確認しておきましょう。

あまりにも日当たりが良すぎる部屋は、光熱費がかさんだり、家具が日焼けしやすいなどのデメリットがあります。

また、風通しの良さも見ておくと良いです。風通しが良い部屋は、湿気がこもりにくく快適に暮らせる可能性が高いです。

気になる部屋は早めに内見すべき

7月は物件の動きが少ないです。条件が良い部屋はすぐに埋まってしまいます。

部屋は早いもの勝ちなので、気になる部屋があったら早めに内見しましょう。

また、申し込みがスムーズにいくように、必要な情報や書類も部屋探しと同時に準備しておくと良いです。

暑い日でも快適に部屋探しする方法

暑い日でも快適に部屋を探すなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

チャットやLINEを使ってお家で、プロの不動産屋と部屋探しの相談ができます。内見に行くまで外に出る必要がないので、暑い日でも快適です。

不動産業者だけが有料で見られるサイトから物件紹介してくれるので、SUUMOやHOME’Sにはない未公開物件も見れます。

深夜0時まで対応しているので忙しい人や、遠方からの引越しを考えている人も是非試してみてください。

イエプラでお部屋を探す

keyboard_arrow_up
PAGE TOP