引越しまとめロゴ 引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

4畳の広さとは?実際のお部屋の写真や置ける家具を徹底解説!

PR

4畳の広さは?のアイキャッチ
4畳の広さってどれくらい?と疑問に思っている人のために、4畳の広さがわかる写真や、他の畳数との広さを比較しながら解説します。

4畳の広さが必要な人の特徴や、一人暮らしに人気の6畳の家賃相場との比較なども合わせて紹介します。

どの広さのお部屋に住むべきか迷っている人は参考にしてください。

4畳の広さとは?

4畳は、一人暮らしの居室として非常に狭いです。シングルベッド1台置くとお部屋の半分が埋まるので、荷物が少ないミニマリスト向けの間取りです。

4畳はその他に、1LDK以上の寝室部分などに採用されます。主に、寝室、子ども部屋、小さめの書斎、ウォークインクローゼットなどに使われています。

地域によって4畳の広さは変わる

「4畳」は、畳4枚分の広さですが、実際の広さは地域によって変わります。地域によって畳1枚の大きさが違うからです。以下で、地域ごとの4畳の広さをまとめてみました。

4畳の面積 4畳の広さ 使われる地域
中京間 6.61㎡ 364cm×182cm 東京・愛知
など
江戸間 6.18㎡ 352cm×176cm 東日本
本間(京間) 7.31㎡ 382cm×191cm 関西・中国などの西日本
団地間 5.79㎡ 340cm×170cm 全国の公団住宅・アパート

畳の大きさは、地域によって傾向があるものの、必ずしも決まっていません。

西日本の一部でも、中京間が採用されているケースもあるので、専有面積をしっかり確認しましょう。

専有面積の広さは全国で同じ

4畳の平均専有面積は約6.48㎡です。専有面積は、不動産公正取引協議会で「1畳は1.62㎡以上」と全国統一で決められています。

畳数から専有面積を計算する時は「畳数×1.62㎡=お部屋の専有面積」、専有面積から畳数を計算したい人は「専有面積÷1.62㎡=畳数」で計算してみてください。

マル秘イエプラバナー

実際の4畳広さ例

4畳の広さのお部屋を紹介します。家具なし4畳と家具あり4畳でそれぞれ紹介するので、参考にしてください。

家具なしの4畳

4畳の広さ例
2LDKの4畳のお部屋です。家具を置いていなくても、第一印象で狭いと感じる人が多いです。

家具ありの4畳(4.2畳)

4畳の広さ例
4畳の広さ例

出典:XROSS HOUSE

都内にある4.2畳のシェアハウスの個室部分です。

お部屋の半分がベッドで埋まります。小さな机と簡易ハンガーラック、小さい棚くらいは置けますが、荷物が多い人は収納場所に困るでしょう。

4畳のお部屋に置ける家具

4畳のお部屋で一人暮らしする場合、どんな家具が置けるのかをシミュレーションしてみました。

4畳のお部屋に置ける家具例

4畳のお部屋には、シングルベッド、小さめのテレビボード、テーブルは置けます。収納はカラーボックスが1~2つか、小さめの本棚1つなら置けます。

デスクがほしい人は、小学校で使うような小さめの机と椅子のセットなら置けます。オフィスで使うような大きめのデスクは難しいです。

4畳のお部屋は非常に狭いので、収納付きベッドやロフトベッド(2段ベッド)などをうまく活用してスペースの工夫をしましょう。

4畳のお部屋を寝室として使う場合

4畳のお部屋を寝室として使う場合は、シングルベッド1台なら余裕で置けます。サイドテーブルやドレッサーを置くスペースもあります。

なお、夫婦の寝室としての利用はおすすめできません。セミダブルのベッドでも余裕があまりなく、シーツの取替や掃除にも苦労します。

2人以上の寝室として使うのであれば、最低でも5.5~6畳あるお部屋がおすすめです。

一人暮らしで4畳のお部屋を探す注意点

一人暮らし向けの間取りで4畳のお部屋を探す時の注意点を2つ紹介します。

1つ目は築年数の古さです。4畳の間取りでお部屋を探してみると、築50年以上経過した物件が多いです。

和室だったり、お風呂なしだったりと、設備面がやや不便です。家賃は安いですが、快適な物件を探すのに苦労するかもしれません。

2つ目は、シェアハウスが多いことです。4畳の間取りで築浅のキレイな物件もありますが、シェアハウスということがあります。

シェアハウスとは、自室とは別に他の入居者と共同で使うスペースがある賃貸を指します。お風呂やトイレが共同で、他の人と関わりを持たなければなりません。

家賃が安くてキレイなお部屋を探す方法

家賃が安くてキレイなお部屋を簡単に探すなら、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

わざわざ不動産屋に行かなくても、希望の家賃や条件をチャットで言うだけでプロのスタッフがお部屋を探してくれます。

SUUMOやHOME'Sに載っていない物件や、シェアハウスも紹介してくれます。深夜0時まで対応してくれるので、忙しい人にもおすすめです。

イエプラでお部屋を探す


4畳のお部屋で一人暮らししても後悔しない人の特徴

4畳のお部屋でも一人暮らしで後悔しない人の特徴を紹介します。

当てはまる人であれば、4畳のお部屋でも快適に暮らせるはずです。当てはまらない人は、4畳より広い間取りで探すのがおすすめです。

・持ち物が少ない
・家は帰って寝るだけ
・家賃の安さを重視している
・短期間の居住を予定している
・築年数は気にしない
・シェアハウスでも問題ない

ミニマリストの人や、家は帰って寝るだけでほとんど居ないという人に向いています。家賃が安いので、生活費を抑えたい人や初期費用を節約したい人にもおすすめです。

ただし、非常に狭いので持って行ける荷物や家具には限りがあります。自分の荷物が入るかどうか、しっかり確認しましょう。引越しを機に断捨離するのもありです。

4畳の狭いお部屋を広く見せるコツ

4畳の狭いお部屋を広く見せるコツを4つ紹介します。4畳のお部屋に住む際は是非取り入れてみてください。

・背の低い家具でまとめる
・収納付き家具を活用する
・折りたたみ家具にする
・インテリアは白やアイボリーで色を統一する

背の低い家具でまとめる

4畳のお部屋なら、背の低い家具でまとめるのがおすすめです。視線の抜けができて、狭いお部屋でも広々と見えます。

本棚などの背の高い家具を置く場合は、入り口付近に置くのがおすすめです。お部屋に奥行きが生まれて広く見せられます。

また、ガラスやアクリルなどの透明な家具も良いです。向こう側が見えるので、圧迫感がなくなりお部屋を広く見せる効果が期待できます。

収納付き家具を活用する

4畳のお部屋は、スペースに限りがあるので、収納付き家具を活用しましょう。

特に収納付きベッドはおすすめです。洋服や本だけでなく、普段は使わないキャリーケースや季節モノの家電も収納できます。

折りたたみ家具にする

テーブルや椅子など、折り畳める家具にすればスペースを節約できます。使わない時は小さく折りたたんで収納できますし、移動もラクなので掃除もしやすいです。

インテリアは白やアイボリーで色を統一する

インテリアは、白やアイボリーなどでインテリアを統一すると、お部屋が明るくなって広く見えます。また、色数を3色以下に抑えるとまとまりが出てオシャレ度もアップします。

わざわざ店舗に行って部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ店舗に行かなくても、チャット不動産屋の「イエプラ」ならアプリやLINEで条件を伝えるだけで部屋を探してもらえます!

不動産業者だけが見れる専用サイトから部屋を探してきてくれるので、スーモやホームズに載っていない未公開物件も紹介してくれます。

引越し先が遠くて不動産屋に行けない人、スタッフと対面で話すのが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・忙しくて不動産屋に行く暇がない
・他サイトに載ってない物件を見たい
・気になる物件が空室か確認したい
> 無料で部屋探しを始める
keyboard_arrow_up
PAGE TOP