引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越し時のゴミの処分と回収の割安な仕方


引越し時のゴミの処分と回収の割安な仕方

引越しの時には小さいゴミから大きなゴミ、粗大ごみや生ごみなどなど、普段よりたくさんのゴミがでますよね。

タイミングを間違えると、近所に迷惑がかかったり、粗大ごみの場合は余計なお金がかかったりしてしまいます。

お金がかかってしまったりしないためにも、ゴミの種類とその処分方法、回収方法について書いてきたいと思います。

粗大ごみの処分と回収。詐欺業者には注意!

いろいろなごみがあるなかで、粗大ごみが一番注意しなければならないごみになります。

一番安い粗大ごみの処分方法

ずばり「今住んでいるところの役所に頼む」ことです。

Google検索で、「◯◯区 粗大ごみ」と検索してみましょう。

各市区町村の粗大ごみ価格表がでてくると思います。

例えば、世田谷区でベットマットを回収してもらいたい場合は、1000円、自分で処理場に持っていく場合は500円ですみます。

「◯◯区 粗大ごみ」で検索して出てきた役所のサイトに、粗大ごみ受付窓口の電話番号が書いてあると思いますので、まずはそこに電話してみましょう。

ゴミの種類を言えば、金額を教えてもらえます。

※タンスなど、大きさが電話で伝えづらいものは、あらかじめ縦横高さを測っておくと話が早いです。

あとは、その金額分のごみ処理券をコンビニで買って、回収予定の日にちにわかりやすいところに出しておけばOKです。

粗大ごみを捨てるときの注意点

とても便利な市区町村の粗大ごみ回収サービスですが、一つ難点もあります。

それは、「回収日が決まっていること」

引越しギリギリの日にちで電話をすると、引越し日までに回収してもらえず、民間の業者に頼むことになってしまうこともあります。

というか、僕は2回前の引越しでこれを経験してしまいました…。

ベッドが5000円くらいかかった気がします。

無料回収詐欺には絶対に引っかかってはダメ!

よく、粗大ごみを無料で回収しています、という音声を流しながら走っているトラックがありますが、あれは詐欺が多いのでやめておきましょう。

お金を払わなかったら家に居座られたということもあるようなので、女性の方はとくに注意してください。

なにかあったらすぐ警察に連絡です。

粗大ごみとして回収してもらえないもの

大抵のものは粗大ごみとして回収してもらえるのですが、

  • ピアノ
  • タイヤ
  • 灯油
  • 消化器
  • 金庫

などは購入した店に相談してみましょう。

資源ごみ・不燃ごみ・生ごみの処分と回収

引越しというと、大型ゴミばかり気になってしまいますが、意外と一番多いのがコマゴマしたゴミです。

ゴミの分別がいい加減だと回収車が持って行ってくれない場合もあるので、しっかりと分別するようにしましょう。

資源ごみとは・・・

資源ごみとは、再資源化が可能な廃棄分のことで、一般的には

  • ペットボトル
  • プラスチック製のもの
  • ビン
  • 電池
  • 新聞紙や雑誌
  • ダンボール

などになります。

これらはそれぞれの種類でまとめて、別なゴミが入らないようにしましょう。

不燃ごみとは・・・

不燃ごみとは、

  • 金属
  • ガラス
  • 陶器
  • 電球
  • ゴム製品

などになります。

ガラスや金属、陶器などケガをしやすいゴミになりますので、扱いには注意しましょう。

ガラスをそのままゴミ袋に入れてしまうと、すぐに破けてしまい思わぬケガのもとになります。

なるべく新聞紙などでくるみ、ごみ回収業者の人がケガをしないよう「ガラス」と書いておくとベストです。

生ごみとは・・・

食べ残しや野菜の切りくずなどです。

引越しの時には冷蔵庫の中身も整理したほうが、新居での生活にはいいですよね。

夏場などは、電源が切れた冷蔵庫の中身はすぐにくさってしまうので、生物は引越し前に食べるかゴミとして処分しておいたほうが良いです。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから

PAGE TOP ↑