引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの初期費用は最低30万円でイケる!引越し代を安く抑える方法


一人暮らしの初期費用を30万円で抑えるには
一人暮らしをしたい!けど、一体いくらくらい掛かるんだろう…と疑問に思っていませんか?

結論からいうと、一般的には40万円から50万円くらいが目安と言われています。

ですが、うまくやれば30万円以内に収めることは可能です!

自由で楽しい一人暮らしを満喫できるするためにばっちり学んでいきましょう(`・ω・´)ゞ

これならホントに30万円で収まるので、ぜひ試してみてください!

まず最初に:一般的な40万から50万円の内訳はこんな感じ

最初に一般的な方の一人暮らし初期費用を見ていきたいと思います。

都内でそこそこいい感じの物件となると…、僕のおすすめ杉並区で間取りがワンルームの場合、家賃平均は7.3万円になります。

とりあえずこの家賃を元に計算していきましょう。

項目 大体の費用
家賃 73,000円
前家賃 73,000円
敷金 73,000円
礼金 73,000円
仲介手数料 73,000円
保証料 30,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 20,000円
引越し費用 40,000円
カーテン 3,000円
布団 5,000円
合計 478,000円

結構かかりますよね…。

ちなみに、エアコンと照明はもともと付いている物件が多いので計算には入っていません。

※新築物件は照明がない場合が多いので注意です!

ベッドも高いので、とりあえず敷布団だけにしています。

贅沢してるわけでもないのに、50万円近くになってしまう…なんとか30万円に抑えたい!という方、ご安心ください。

がんばれば、家具や家電を買っても30万円に抑えることも可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

30万円に抑えるポイント

初期費用を30万円に抑えるポイントをまとめるとこんな感じになります。

  • 家賃の安い穴場エリアを探す。
  • 敷金礼金が安い物件を探す。
  • 引越し費用を低く抑える。

この3つのポイントが重要です。

それでは、それぞれのやり方をみていきましょう!

一人暮らし初期費用30万円コース:家賃の安い穴場エリアを探す

一人暮らし初期費用30万円コース:物件探し編

 

都内23区、どこもかしこも家賃が激高かというと実はそうではありません。

やっぱり治安が良くないところ、人気がないところは安くなっています。

とはいえ、せっかく住むなら住みやすいところがいいですよね。

安心してください。

ばっちり住みやすそうなエリアで安いところを調べておきました!

都内で家賃相場が安めながらも住みやすいエリア

江戸川区葛西(ワンルーム5.76万円前後)

足立区北千住(ワンルーム6.6万円前後)

世田谷区下高井戸(ワンルームで6.35万円前後)

あたりがオススメです。

足立区は23区で一番と言っていいほど家賃が安めなので、まずはここで探してみてください。

ほかにも家賃平均が安くてオススメなのは、板橋区練馬区葛飾区江戸川区などです。

一人暮らし初期費用30万円コース:敷金礼金が安い物件を探す

物件はなるべく安くすませたいのであれば、敷金1ヶ月、礼金無し、仲介手数料無料のところを探してみましょう。

あまりいい物件はないかもしれませんが、安く収めたいのであればしかたありません。

敷金もゼロがいいぜ!という方は敷金礼金ゼロ物件を探すという手もありますが、上級者向けです。

興味のある方は下の記事も読んでみてください。

敷金礼金ゼロ物件で注意すること

一人暮らし初期費用30万円コース:引越し費用を低く抑える

引越し編:

激安シーズンを狙う

引越しは時期によっても大きく値段が変わってきます。

例えば6月や9月はあまり引っ越す人もいないため、価格は非常に安くなります。

逆に3月4月は引越しシーズンなので、料金が高い上になかなか引越し屋さんが見つからないかもしれません。

他人が嫌がる日を狙う

「大安吉日」という言葉があるように、大安の日に引越しをする方は意外と多くいます。

逆に仏滅の日に引越しをする人は少ないので、逆にこの日にしておけば引越し料金が低く設定されている業者もあります。

まぁ今は「仏滅だから引越しやめるぜ!」って人も少なくなってきましたけどね…。

さらに休日よりもできれば平日のほうが安くなりますので、都合がつけばなるべく平日に引っ越すようにしましょう。

早めに引越し屋さんに予約する

引越し屋さんによっては「早割」のようなキャンペーンがあるところがあります。

これを活用しない手はないので、物件が決まり次第早めに引越し屋さんを予約しましょう。

引越し屋さん一括見積りサイトを利用する

これが一番金額に差がでる部分なのですが、引越し見積もりサイトというものがあります。

ここに登録すれば一回のデータ入力で、数十社から見積もりが届き、その中で一番安い業者を選べるというもの。

金額にして2~3万円違うくらいはザラにあるので、かならずこれは利用しましょう。

僕のすごくオススメな引越し見積もりサイトはこれ一択!ぼくの体験談を読んでもらえればわかると思います。

物件の初期費用編:

物件の初期費用

物件を借りるときの初期費用を整理してみましょう。

ここでは仮に、下高井戸で7万円のワンルームを借りるとします。

敷金・・・大体1ヶ月分から2ヶ月分。これは退居するときに戻ってくるお金です。今回は1ヶ月として計算します。

礼金・・・物件を借りる時に大家さんに支払うお金。今回は無料物件として計算します。

仲介手数料・・・不動産屋さんに支払うお金。今回は無料物件として計算します。

前家賃・・・住む日から1ヶ月分の家賃を先に支払うお金のこと。

火災保険料・・・借りる部屋の保険料。大体15,000円くらいが相場。

合計・・・15万5000円

これに引越し代が3万円として、18万5000円です。

なかなかこううまくはいかないかもしれませんが、一応最低限の出費にしたと考えます。

普通の物件でも礼金ゼロやキャッシュバックがもらえる物件選びの方法もありますので、これも参考にしてみてください。

では、残りの11万5000円で家具を揃えましょう。

一人暮らしの家具購入編:

一人暮らしの家具購入編:

一人暮らし用家電

最初なので、必要最低限と思われるものだけ買うようにしましょう。

例:

冷蔵庫・・・30,000円

電子レンジ・・・10,000円

テレビ・・・30,000円

洗濯機まで買ってしまうと予算オーバー確実なので、最初は近くのコインランドリーを使うようにするのも手です。

家電合計・・・70,000円

一人暮らし用家具

例:

カラーボックス(収納)・・・1500円×4つで6,000円

布団・・・1,5000円

カーテン・・・2,500円

タオル・・・3,500円

食器・・・5,000円

掃除用具・・・5,000円

残念ながら30万で抑えようとするとベッドは難しいので、布団のみとします。

家具合計・・・37,000円

一人暮らしの初期費用をまとめると・・・

一人暮らしの初期費用まとめ

さて、全部の費用を足してみたいと思います。

物件の賃貸初期費用・・・155,000円

引越し費用・・・30,000円

家電費用・・・70,000円

家具、小物費用・・・37,000円

総合計・・・292,000円

なんとか30万円に抑えることができました。

かなりキビシイですけどね!笑

キーポイントは、物件の費用を安く抑えることと、引越しをできるだけ安いところに頼むこと。

ここをうまくやれば30万円での一人暮らしも可能になります。

僕としてはここが限界かなーと思っていましたが、上には上がいました・・・!やっぱり専門家ってスゴいんですね!

また、初期費用はこんな感じですが、日常の費用平均も調べましたのでよかったらそちらもどうぞ!

初期費用を抑えたいなら不動産屋に相談しよう!

初期費用を抑えるには。そもそもの家賃を抑える他に、敷金・礼金・仲介手数料がない部屋を探すのが手っ取り早いです

イエプラならチャットで「費用を抑えたいから礼金がない部屋を探している」と伝えるだけで、礼金なしの物件を中心に紹介してくれますよ!

お金のことって直接会うと言いづらかったりするけど、チャットだったら相談しやすいのでおすすめですよ~!

イエプラでラクにお部屋を探そう!無料!
アップストアインストールボタングーグルプレイインストールボタン
PAGE TOP ↑