引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

【一人歴20年】一人暮らしのベッドで最高・最適なものとは。


ベッド

人は1日の約1/3をベッドで過ごすと言われています。

ぐーたらな大学生だったら1日の約半分ですね。

会社をやめた社会人の場合は1日の3分の2くらいかもしれません(過去に経験あり)

そして特に一人暮らしの「男性の方」はベッドの置き方、サイズ一つで将来のお嫁さんができるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

女性の場合は、以外と知らないシングルベッドよりも短いベッドでスペースを有効活用できるのです。

そんな大切かつ重要アイテムなベッド、引っ越して一人暮らしをする前にどれにするかしっかり選んでおきましょう。

 

一人暮らしに調度良いベッドとは?

それではベッドサイズの小さいものから見てきたいと思います。

ベッドのサイズというのは、長さは必ず195cmで固定です。

(一部コンパクトマットレスベッドは180cmです。)

大体の場合は、横幅がどれくらいあるのかで決まります。

4畳半ならコンパクトマットレスベッド(幅80~100cm長さ180cm)が鉄板

コンパクトベッド

一番縦も横も小さのがこちらのベッドです。

主に女性向けで、身長が160cm以下の方にオススメです。

場所を全く取らないので、まさにワンルームの為のサイズという感じ。

ただし、ベッドの上にぬいぐるみなどを置くとちょっと狭いのが難点です。

ベッドの下に洋服などをおけるスペースがあるのが良いですね。

ベッド下収納は一人暮らしの収納術としては基本です。

かならずベッド下にスペースがあるものを選びましょう。

このベッドは売っているところが少なく、こちらで購入することができます。

4畳半でも置けるセミシングルのベッド(幅80~85cm)

シングルサイズよりも幅が狭いセミシングル。

こちらも肩幅の広い男性だとちょっと窮屈に感じてしまいます。

女性で小柄な方ならギリ大丈夫かな…くらいです。

4畳半の部屋になんとしてもベッドを置きたい!という方には検討をオススメします。

狭いので抱きまくらとか置くとかなり窮屈です。

おすすめはしません。

これにするなら、普通の布団を買ってきて寝るときだけそれを敷いたほうがいい感じがします。

6畳以上はシングルのベッド(幅97~100cm)が鉄板

なんだかんだ言って一番多いのがこのサイズです。

ワンルームだったらこのサイズが限界でしょう。

2人で寝るとかなり窮屈です。

窮屈ですが、いちゃつきやすいという考え方もあります。

6畳で広く部屋を使いたい人向けの、折りたたみベッド(幅94.5cm)

折りたたみベッド

空間を有効活用しつつ、部屋でくつろぐことの多い方は折りたたみベッドがオススメです。

起きているときは折りたたんで部屋の隅っこにおいておき、寝るときは広げてゆったり寝れる…という感じですが、めんどくさがりの方は絶対に折りたたみません。

ちゃんとそういうのができるタイプの人にオススメです。

ぼくは最初の3日以外は出しっぱなしにしてました笑

折りたたみベッドの利点は、ベッドの下に湿気やホコリがたまらないことです。

とはいっても、それはちゃんと毎日折りたたんでいる場合だけになっちゃいますが…。

部屋に女の子を呼ぶ可能性がある方には実はそれほどオススメできません。

なぜなら、いい雰囲気になっても、ベッドを引っ張り出してくる必要性があるからです。

女の子となんやかんやするためにはタイミングが非常に重要。

いい雰囲気になったのに「あ、ちょっとまって、ベッド出してくるから」とえっちらおっちら出してきてはムードが台無しですよね(´・ω・`)

そういう心配のない方で部屋の広さを有効活用したい方にはオススメできるタイプとなっています。

6畳以上で部屋を広く使いたい場合の、ソファベッド(幅82~104cm)

ソファベッド

いかにもチャラいタイプの人にぴったりなのがこのソファベッド!(失礼)

女の子を呼んで、ソファで映画を見ながら、いい雰囲気になったらそのままそこがベッドに…!

ぼくの友だちの女の子に聞いた話なんですけど、

合コンで知り合ったとあるイケメンと初めての食事をした時に、「これから六本木で映画みない?」って言われたらしいんですよ。

で、その女のこは「映画?いいよー!(六本木の映画館ってヒルズかな?)」と思ってたらしいんですけど、ついた先は、六本木にあるそのイケメンのお家だったという…。

これは六本木だけじゃなくても、繁華街のある場所に住んでたらできるテクニックですね。

これを読まれている方が、渋谷や新宿に住んでたらちょっと試してみるのも良いかもです。

このソファベッドの問題点は、ソファの上で食べ物を食べちゃうとスキマにぽろぽろ落ちちゃうということ。

こまめに掃除機で吸い取りましょう。

6畳以上でソファも置きたいときは、ロフトベッド(幅90cm)

ロフトベッド

ソファも置きたいけど、ベッドは別で欲しい…という方にはこのロフトベッドがオススメ。

6畳の部屋でも置くことはできますが、部屋の圧迫感がめちゃめちゃすごいことになります。

ぼくも前に6畳でロフトベッドを置いたことがあるんですが、部屋がものすごい狭く感じました。

しかもこれ、完全に一人で寝る用なので、彼女と2人で寝るのはなかなか難しいです。

特に上にベッドがある状態で、ちょっとこう、エキサイティングな動きをするとすごく揺れます。

8畳以上あれば、セミダブルのベッド(幅120cm)でゆったりできる

シングルよりもちょっと大きいセミダブル。

平均的なワンルームにこれを置くと、ベッドの上で座って生活することが多くなります。

意外とかなり場所を取るので、引っ越す前に部屋の寸法を測ってみることが大切です。

僕の経験上、チャラい男性の部屋にはこれが多いような気がします笑

なぜなら、

  • 部屋の大部分を締めるので、自然とベッドの上に腰掛ける形になる。
  • 2人で寝てもそれほど窮屈ではない。
  • ベッドに座りながら目の前がテレビという配置はまさにナンパ部屋!

という理由です。

12畳以上あるセレブな人には、ダブルのベッド(140~145cm)

一人暮らしでこれをチョイスする人はなかなかいないと思いますが、タワーマンションに住むようなボンボンの大学生はこれを選んでも良いでしょう。

部屋の間取りは最低でも1DKか、めちゃめちゃ広いワンルームくらいはないとキビシイです。

女性の一人暮らし部屋にダブルベッドがあったら

「へーベッド大きいんだねー!^^(眠り姫かよコイツ…)」

とか思っちゃいますよね。

え、普段誰と寝てんの!?とかもしかして取っ替え引っ替え寝てる人変わってるの!?とかいろんな妄想がつきません。

16畳以上のラグジュアリーなあなたに、クイーンのベッド(170cm)

そもそもワンルームで15畳以上のものってなかなかないんですが、絶対ないわけではありません。

6畳の部屋にこれを入れてしまうと、部屋の大部分がベッドになります。

まぁそれはそれで面白いかもしれませんが、うかつにおせんべいとか食べると食べこぼしでエラいことになります。

16畳以上ある石油王なら、キングのベッド(180cm)

そもそも一人暮らしでこのサイズは必要なのか、というと99%くらいの人は必要ないと思います。

六本木ヒルズの高層階に住むようになったら、こういうサイズもいいかもしれません。

もし6畳の部屋においた場合、ドアを開けたらすぐにベッドになります。

つねにふかふかした中で暮らしたい方はまぁ、やってもいいのかも…?

フロアベッドは湿気に弱い!

地面に置くタイプのフロアベッドは、シャレオツ感を出すのには有効ですが日本の気候にはあまり適していません。

なぜなら、湿気がこもりやすいからです。

マットレスの下部分に隙間がないために、湿気がこもってしまいカビが発生することも…。

湿気対策ようにすのこ状になっているものもありますが、それよりも普通のベッドのほうが安心できます。

そもそもフロアベッドは、収納スペースがないのでその時点でイマイチ感は出てしまいます。

フロアベッドって安くて一見良さそうなんですけどね…。

一人暮らしに最適なベッドはこれ!

僕も使っているのですが、「無印良品の脚付きマットレス」が一番のオススメです。

ボンネルコイル(安いコイルですが、寝心地は悪くないです)でシングルだとお値段なんと16,000円。

かなりお安いと思います。

ベッドのスプリングについて

先ほど言っていたボンネルコイルですが、ほかにポケットコイルというものもあります。

ポケットコイル

これがいわゆるポケットコイルですね。

ボンネルコイルはベッド全体にスプリングが敷き詰められているのに対し、ポケットコイルはこのようにコイルごとに分かれています。

コイルがそれぞれ独立しているので、身体に沿った寝姿勢を作ることができるのですが、ボンネルコイルよりもちょっとお高めになっています。

こちらの商品はここから買うことができます。

ベッドの失敗しない選び方

ベッドはかならず現物を見て、確かめてから買ったほうがいいです。

ネット販売ではかなり安いものから売られていますが、実際に使ってみるとギシギシ音がうるさかったり、歪みがあったりすることも。

そしてなんと言っても、ベッドで一番大切なのは「寝心地」です。

こればっかりは実際にマットレスに寝てみないとわかりません。

そして他人がいいと言うものでも、あなたに合うというわけではないのがベッド選びの難しいところ…。

そのため、実際に合うものを探すには試してみるしかないのです。

できれば、ベッドと枕はセットでいいものを使ってください。

合わないベッドや枕を使うと、肩こりがひどくなっちゃんですよね…。

寝て起きたら肩こりがひどかった、という経験はありませんか?

それはもしかしたらベッドと枕があなたにあってないのかも。

ベッドのデザイン選びについては自由でOKですが、ワンルームに住む場合、なるべくシンプルで飾りのないものをオススメします。

個性は、ベッドカバーや布団などで十分だすことができますし、季節によって変えることもできます。

そう考えると、シンプルで飾りがない分場所を取らない「脚付きマットレス」がオススメなわけですね。

それでは皆様、よい睡眠を!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑