引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

ロフトの主な使い方は?現実的な活用方法を徹底解説!


ロフト
ロフト付き物件ってなんかちょっとおしゃれっぽいですが、実際どうなの?使い方は?というギモンにお答えします!

そもそもロフトとは?

「ロフト」とは日本語でいうと、屋根裏部屋のことです!天井を高くして、部屋の一部を2層にした部分の上のスペースを指します。

建築基準法によるとロフトの定義は……

・ロフトの天井高は1.4m以下
・ロフトの床面積は直下の階の2分の1未満に収める
・はしごが固定されていない

となっています。他にもいろいろな決まりがあるようですが、ざっくりとこんな感じです。

「秘密基地みたいでわくわくする」「部屋がシャレオツに見える」「2部屋あるみたいでお得に感じる」などといった理由から一定の人気があるロフト。

一方で「言うてそんなに使わない」「ロフトにはもう住みたくない」といったネガティブな意見があるのも事実。

ロフトについてしっかり理解した上で、ロフト付きの部屋に住む・住まないを決めましょう!

ロフトのメリット・デメリット

ロフトのメリット・デメリットをそれぞれ徹底解説します!

ロフトのメリット

・収納スペースが多い
・部屋が広く見える
・スペースの使い分けができる
・冬はちょっとあったかい

収納スペースが多い

ロフトの最大のメリット、それは「収納スペースが多い」ということ!

季節モノの服とか、頻繁に使わない家電とか、来客用の布団とかまとめてロフトに収納しておけます!使うときだけ、下の部屋に持っていけるので片付けしやすいんです。

急に来客が来たときでも、とりあえずロフト部分にぽいぽいっとしておけばそれなりに片付いてる部屋に見せられます(笑)

部屋が広く見える

ロフトがない部屋よりも天井が高いので、部屋が広く見えます。

開放感のある部屋に住みたいと思っている人は一考の余地ありです。

スペースの使い分けができる

趣味の部屋として使ったり、寝るスペースとして使ったり、あたかも2部屋あるかのように使えます。

1部屋じゃ物足りないけど、家賃は抑えたい!という人には向いていますね!

冬はちょっとあったかい

あったかい空気は上の方に溜まりやすいので、冬はちょっとだけあったかく感じられます。

ロフトのデメリット

・夏は暑い
・電気代がわりとかかる
・はしごの上り下りがだるい
・中腰で移動しないといけない
・落下の危険性がある
・ホコリが溜まりやすい
・上の住人の生活音が気になる
・電球切れたら交換が大変

夏は暑い

さっきも言いましたが、あったかい空気は上の方に溜まりやすいです。

夏の場合、もはやあったかいどころではなく熱い空気がロフトに溜まります。

ロフトで寝るどころか、ロフトで過ごすのもかなりきついです。

電気代がわりとかかる

天井が高い分、部屋全体にエアコンを効かせるためには設定をかなり強めにする必要があります。

なので電気代は普通の部屋よりもかかってしまいます。

はしごの上り下りがだるい

ロフト部分に行くにはいちいちはしごを登らなければなりません。

しかも備え付けのはしごって、細くて安定感がなくて登りづらいんですよね……。

具合悪いときとか、重い荷物を持っていくときとかめちゃくちゃだるいです。

中腰で移動しないといけない

「ロフトの天井高は1.4m以下」という決まりがあるので、だいたいの大人は中腰で移動しなければなりません。

背が高い男性の場合はかなり苦労すると思います……。頭をぶつけたり、腰が痛くなったりする可能性も。

落下の危険性がある

酔っ払ってたり、寝ぼけてたりするとはしごから落ちてしまうことも……。

ロフトのはしごは急な角度のものが多いので、細心の注意を払わなければなりません!

ホコリが溜まりやすい

大掃除とかで照明器具やタンスの上にホコリが溜まりますよね?そのホコリがロフトに溜まってしまうというわけです。

しかも掃除するのも大変だから、だんだん使わなくなってしまう……という人も多いんです。

上の住人の生活音が気になる

ロフトは天井に1番近いスペースのため、上に住人がいるとかなり音が気になります。

最上階の場合は気にしなくていいんですがね……。音に敏感な人は注意してください!

電球切れたら交換が大変

天井が高いので、電球が切れたときに交換が大変なことも……。なるべく長時間使えるLED電球にするのがおすすめです。

入居時に「24時間サポート」のような有料サービスに加入した場合は、電球交換がサポートに含まれていることもあります!

契約時に確認してみるといいですね!

ロフトの主な使い方は?

主なロフトの使い方を紹介します。ロフトを検討している人は参考にしてみてください!

物置きとして

これが1番定番の使い方かな?

季節外れの洋服とか、扇風機やこたつなど1年中使うわけじゃないものを置いておくスペースとして使ってる人が多いです。

あとは、意外と置き場所に困る旅行用のキャリーケースとか、来客用の布団とか!

こういったものをロフトに置いておけたら、部屋が広く使えて良いですね!

ただ、ロフトは高い場所にあるので持ち運びが大変なんですよね。重いものの上げ下ろしは、一人暮らしの女子にはツラいものです。

趣味の部屋として

コレクションしているものを飾るスペースにしたり、DVDを見るスペースにしたりと趣味の部屋として使うのもアリです。

ロフトなら来客があっても上に登らない限り見えないので、人に見られると恥ずかしいものやエッチなものも遠慮なく置けちゃいます。

僕の友人は大量の漫画を置いて、漫画喫茶にしてましたね……(笑)

物干しスペースとして

部屋干し派なら、ロフト部分に洗濯物を干すスペースを作るのも良いですよ。

天窓が着いているタイプなら、サンルームみたいに日の光がはいるので洗濯物も早く乾きます。

これ一人暮らしの女子はとくに嬉しいんじゃないでしょうか?下着泥棒の被害にも遭わなくて済みます!

ロフトを物干しスペースにするなら、こんな感じで折り畳めるタイプの物干しスタンドを使うのがおすすめです。

物干しスタンド
使わないときはたたんでしまっておけるので、スペースも無駄になりません!ただ、高さがあるやつは使えないのでサイズをしっかり測ってから買いましょう!

寝室として

部屋にベッドを置くと、かなりスペースをとられてしまいますが、ロフト部分で寝れば部屋を広く使えます。

広い部屋なら友達を呼んで遊んでも圧迫感が少ないので、インドア派にはおすすめですね。

ロフトで過ごしやすい空間を作るなら、サーキュレーターで空気を循環させるのがおすすめです!

サーキュレーター
サーキュレーターは軽くて持ち運びしやすいし、値段も安いものなら3千円くらいで買えるので気軽に取り入れられると思います!

それでも暑くて眠れない!という人は、夏は下の部屋で寝て、冬だけロフトで寝る!など季節ごとに移動するのもアリです。

くつろぎスペースとして

せまいところやすみっこが落ち着くという人も多いですよね!そういう人は、ロフトをくつろぎスペースにしちゃいましょう!

ラグ
こんな感じでかわいいラグマットを引いたり、ビーズクッションとか置いてだらだら過ごすのもいいですよ~!

サウナとして

これは夏限定ですが、暑くなりがちなロフト部分であえて過ごすことで、汗をめちゃくちゃかくという方法です。

物件にもよりますが、ロフト部分は50℃近く温度が上昇するというのも珍しくありません。

そこを逆手にとれば、自宅にいながら無料でサウナに入れちゃうのです。

とはいえ、熱中症の危険性もあるので絶対に真似しないでください!w

ロフトがおすすめな人・おすすめできない人

ロフト
ロフト付きに住むべきかどうか迷っている人のために、おすすめな人とおすすめできない人の特徴をまとめました。

おすすめな人に当てはまる数が多ければ、ロフトもありかも?

<ロフトがおすすめな人の特徴>
・収納がいっぱいほしい
・天井が高くて開放感がある部屋がいい
・来客が多い
・生活スペースと寝室を分けたい
・部屋干し派
<ロフトがおすすめできない人の特徴>
・暑いのが苦手な人
・寒いのが苦手な人
・背が高い人
・掃除がめんどくさい人

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑