引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの初期費用を全部見せます。幸せに暮すためのポイントとは。


憧れの一人暮らし…はやくしてみたい!と思っていませんか?

ぼくは一人暮らしを20才のときに初めてしたのですが、実家ぐらしでは味わえぬ開放感にドハマりしてしまいました。

しかも一人暮らしをすると、たまに実家に帰ったときに、「あー実家いいわー」とかなるんですよね。

この感覚は一人暮らしをした人にしかわからないと思います。

ただやはり心配なのが、一人暮らしの初期費用って一体どれくらいかかるの…?ということ。

そもそも初めてのときって、一体なににお金がかかるのかさっぱりわからないと思います。

ものすごく安く済ませたいんだ!という方は、一人暮らしの初期費用を30万円で抑えた話を参考にしてみてください。

ただし、初期費用の使い方を間違えると、後々まで苦労することにもなりかねません。

幸せに暮らすために、初期費用の内訳を詳しくしりたいという方はこのまま読んでいってもらえればと思います!

一人暮らしの初期費用のすべて

その1:まずは物件を借りよう

部屋を借りるために必要なのは、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料です。

結構なんだかんだありますよね。

例えば、7万円の物件を借りたとします。

家賃 70,000円
前家賃 70,000円
敷金(1ヶ月か2ヶ月の場合がほとんど。今回は1ヶ月で計算) 70,000円
礼金(これも1ヶ月のことが多いので1ヶ月で計算) 70,000円
仲介手数料(1ヶ月分が相場) 70,000円
火災保険料(大体の相場が1万円から15000円くらい) 15,000円
合計 365,000円

なんと物件を借りるだけで37万円近くかかってしまうのです!

高いですね…。

でもいい物件というのは、だいたい敷金や礼金が無料ということはないものなのです。

物件を借りる時に気をつけること

物件を借りるときには、ゼッタイに家賃はムリしないようにしましょう。

7万円までで考えていても、75000円の物件を見に行ったらやっぱり高い分良くて、そっちに住みたいかも…っとなってしまうのが人情です。

ですが、家賃は毎月払うものなので、あまりムリをしてしまうとかなり生活費を圧迫してしまうことになります。

目安としては、昔は手取りの三分の一と言われていましたが、現代はスマホや交際費など昔よりもお金がかかることが多いので、四分の一くらいにしておくと安心です。

例えば、給料の手取りが24万円だったら、家賃は6万円くらいにすると貯金もできますよ!

いい物件をめんどくさくなく見つけるためには

いい物件を見つけるためには、あなたにあった物件を無料で探してくれるサービスがあるのでそれを利用しましょう。

ぼくも実際に使っていますので、参考にしてみてください。

参考:物件を無料でいい感じに探してくれるサービスを使ってみた。

その2:引越し費用をガンガン安くしよう

引越し費用はまさになにも知らない人ほど高い金額を支払うようなシステムになっています。

オトナの世界という感じですね…。

ぼくの場合、最初に頼んだ引越し業者は48,600円という金額を提示されました。

でも、何社か聞いてみると、一番安くやってくれるところは19,000円でやってくれることに!

その差は3万円近くなので、かなり大きな差ですよね。

とはいうものの、何社にも聞くのはめんどくさいという気持ちもわかります。

ぼくもそういった面倒なことはせず、そういうサービスを利用しました。

もちろんこれも無料なので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:引越し費用を超安く済ませるサービスを使ってみた

その3:家電を揃えよう

家電は最初のうちは必要最低限のものだけを揃えることをオススメします。

なんだかんだ全部揃えようとすると結構高いんですよね…。

テレビ…40インチの大きいものを買うと1人で寂しいときでも気が紛れます。 55,000円くらい
冷蔵庫…157Lの2ドアタイプ。 36,000円くらい
電子レンジ…とりあえず温めれればOK。 10,000円くらい
洗濯機…今は簡易的な乾燥機付きでも意外と安い。 20,000円くらい
炊飯器…お米を炊くと食費削減。 15,000円くらい
エアコン…意外と今の物件は最初からエアコンがついてることが多いです。 部屋についているものを使用。
照明…天井につける照明。 6,000円くらい
合計 142,000円

合計で15万円近くにもなっちゃいました。

ぼくが削るとしたら、テレビをもっと安いやつにします。2万円くらいのもので…。

冷蔵庫は、マイナーすぎるブランドを選ぶと音がめちゃくちゃうるさかったり、すぐに故障するので注意してください。

ワンルームで冷蔵庫がうるさいのは結構地獄ですよ。

電子レンジは温めれば余計な機能がついてなくてもOKです。

ぼくはスチーム解凍機能もついたやたら高い電子レンジを買いましたが、普通にお弁当温める以外には使ってません…笑

照明ですが、LEDタイプのものがオススメ。

電気代が安く、寿命も長く、明るさを自由に変えることができます。

参考:一人暮らしの家電で後悔しない選び方

その4:毎月の生活費ってどれくらい必要?

引越しが無事に終わったら、あとは毎月の生活費がどれくらいなのかというところですよね。

食費…外食が多いとすぐにハネあがります。 平均20,000円
電気代…パソコンを使う人はちょっと多めになります。 平均3,000円
ガス代 平均3,000円
水道代 平均2,000円
交際費 平均20,000円
スマホ代 平均7,000円
合計 55,000円

毎月、55,000円がなんだかんで最低かかるということになります。

家賃7万円のところに住んだ場合、生活費を足して毎月125,000円は必ずかかるということ。

給料の手取りが24万円だった場合、残りは115,000円です。

結構残るじゃん!と思いますよね?

ぼくも毎月そう思ってるんですけど、いつも給料日前はぎりぎりなんですよね…。

参考:一人暮らしの生活費と節約法

参考:一人暮らしの超現実的な食費節約術

その5:ぼくは給料をどう使ったか

ぼくは確か初任給の手取りが21万円くらいでした。

家賃は65,000円だったと思います。

毎月貯金はほぼ出来てませんでした。

いやー服を買ったり友だちと飲んだりしてたらなかなかやっぱり貯金はできませんよ…。

ちなみに貯金がない20代は36%ほどいるそうです。

ぼくもまさにそれでした笑

30代になるとようやくそれなりに給料もあがり、自然と貯金をするようになったので、20代に無理して貯金はしなくてもいいかもとも思います。

そうは言っても、20代で500万円貯金したヤツとかもいましたけどね…。

一人暮らし初期費用のまとめ

一人暮らしの初期費用は、ちょっとイイところを選ぶと、なんだかんだで40万円前後かかってしまいます。

家賃相場は都内で考えてますので、札幌だと半分とまではいかないまでももっと安く抑えれると思います。

いやー結構かかりますよね…。

ですが、一人暮らしは自分を成長させるいい機会でもあります。

ぜひ一人暮らしライフを満喫してください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑