引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの食費は平均いくら?節約方法もコスパが良いレシピも紹介!


和食

一人暮らし。あんなことやこんなことなど、楽しいことが目白押しなんでしょうね。一人暮らし。

でもちょっと待って。一人暮らしってことは、生活費も自分で出すことになります。

生きる上で必要な生活費の中でも、トップクラスに気になるのが食費。実家で暮らしてると、そもそもどれくらいかかるのかって分かんないですよね。

というわけで、一人暮らしの人の食費の平均額や、理想的な額なんかについて調べ尽くしてきました。

一人暮らし進行中の僕がおすすめする節約方法や、コスパが良いレシピなんかも紹介しちゃいます。

一人暮らしの食費の平均額は?

年齢とかもろもろを一緒くたにした場合の平均額は「約4万円」くらいです。「高くね?」と思ったあなた。大丈夫です、僕も高いと思います。

というのもこの平均額、総務省の中の統計局という頭が良さそうな部署が公開している金額を元にしているんです。

もう少し詳しく分類してみましょう。おそらく今読んでくださっている人はお若い人が多いと思うので、34歳以下の人の平均額を調べてみました。

・34歳以下の男性・・・45,197円
・34歳までの女性・・・30,794円

「高くね?」と思ったあなた。大丈夫です、僕も高いと思います。(二回目)

まあ、どうしても3万円やら4万円やら支払いたいという人は支払えば良いと思いますが、そもそも食費はもっと抑えられます。それも簡単に。

上記の数字はあくまで参考程度として考えて頂いて、次の段落から食費を抑えたりするためのお話をしましょう。

理想的な食費を計算する2つの方程式

自分にとって理想的な食費を計算する方法は、実は2つあります。

手取りの15%を食費に充てる

1つは、手取りの15%を食費に充てる方法です。手取り20万円なら食費は3万円、手取り2億円なら食費は3千万円になりますね。

割合で計算する方法のメリットは、数字を出すのが簡単で、管理しやすいことです。

一方のデメリットは、収入によっては現実的じゃない額になることです。同じ収入でも、家賃8万円の人と家賃3万円の人なら食費の割合も変わるはずですからね。

手取りの15%で計算したとしても、必ず守る具体的な目標額ではなく、ざっくりした目標、くらいに思っておくと良いでしょう。

手取りから家賃と貯金と固定費を引く

もう1つの方法は、手取りから家賃と貯金額を差し引いて、残りの金額を他の費用に振り分ける方法です。

メリットは、上記の15%法よりもより現実的な数字を出せること。

デメリットは、シビアな生活になる可能性があるので、自制心が強くないと守れないような金額になる可能性があることです。

2つの方法のどちらかを使うのではなく、両方を駆使して、自分の生活にあった理想的な食費を計算しましょう。

一人暮らしで食費を節約する現実的な方法

一人暮らしで、食費を節約するための現実的な方法を紹介します。

一応断っておきますと、マジのガチで節約に特化した方法なので、人によっては意地汚いと感じることがあるかも…。

冷凍保存を駆使する

冷凍保存を活用しましょう。一人暮らしで自炊する場合、量を1人分にあわせて材料を買って行くとかなり割高になってしまいます。

思い切って大量に買って、食べきれない分は冷凍保存するのが吉です。

ごはんの冷凍方法

ごはんは茶碗一杯分くらいづつに分けてラップにくるんで、冷凍保存すると、食べるときに便利です。

冷凍したゴハンはあんまり好きじゃないという方も、チャーハンなどにすれば美味しく食べられますよ!

食パンの冷凍方法

食パンは、空気がなるべく入らないように、ラップでぴったりとくるんでください。

食パンの冷凍保存も意外と思ったより味は落ちません。

お肉の冷凍方法

お肉の場合も、食べやすく小分けにしたのちにラップでぴったりと包みましょう。

ハンバーグは、たねの状態で冷凍保存するよりも、焼いてから保存するほうをオススメします。

実は焼いたハンバーグを保存したほうが美味しさが保てるのです。

魚の冷凍方法

魚の場合も冷凍保存は可能ですが、あんまりしないかもですね。

サンマなど旬の魚は時期になると非常に安く売られているので、そういう時期に買いだめするのも一つの手かもしれません。

近所にある安いスーパーを探す

スーパーによっては値段が全然違います。僕のオススメは西友かオーケーストア、あとは業務スーパーです。

この3つのスーパーは毎日安いので、いつ行ってもまとめ買いしやすいのが利点です。

たまには高級スーパーで良い食材を買うのもアリだと思いますが、食材自体の質が変らないのに高いところで買ってしまうのだけはやめましょう。

冷凍うどんやパスタはかなり安上がり

うどん、そば、パスタなどの麺類は結構安上がりにできるのでオススメです。

が、食べる量が多い人には1人前だけだとちょっと物足りないので、2人前を作るくらいの分量がオススメです。

お酒を飲むならできるだけ宅飲みに

食費でなにが一番かかるかと言えば、居酒屋に行ったときです。居酒屋で飲んでしまうと、宅飲みしたときにくらべて3倍以上コストがかかってしまうことも。

会社の付き合いでどうしても…という場合を除いて、家で飲んだほうが良いでしょう。

おつまみも、出来合いのものではなくて自分で軽く作ったりすると安上がりですよ。(話題作りにもなりますし)

どうしてもお金がないときはもやし

お金がないときは、もやしを買ってきて炒めてごはんのおかずにしましょう。

もやしなら高くても30円くらいで、一袋買えます。

ただし、保存が効かないので、その日食べる分だけを買うのが基本です!

一人暮らし向けのコスパが良いレシピ

一人暮らしで、しかも料理の経験が無くて、自炊したいなーと思っても、いったい何から始めたら良いのか分からないですよね。

そんなあなたに、簡単に作れて安上がり、しかもおいしいレシピを紹介します。

紹介するレシピは全部、酒とかみりんとか、そういう「料理好きなら持ってて当然」みたいな材料が無くても作れます。

初心者にうってつけなので、ぜひ参考にしてくださいね。

焼きそば

焼きそばの優れているところは、安さと簡単さ、そして「大抵の野菜なら麺と炒めれば食える」という点です。

調理方法は、火が通りにくい材料から順番にまとめて炒めて、ソースで味付けするだけです。

材料と値段 そば 50円/1人前
野菜 冷蔵庫にあるやつ
ソース 120円くらい
調理時間 10分くらい
調理難易度 めちゃめちゃ簡単

卵のチャーハン

ごはんは冷凍のごはんでOK。一人暮らしではとにかく卵を余らせてしまいがちなので、余りそうなら一気にチャーハンにして冷凍しておくと良いかも。

卵が半熟になるくらいまで先に炒めたら、ごはんをほぐしつつ投入しましょう。鶏がらスープや塩コショウで味付けして、強火で加熱したら完成です。

材料と値段 ごはん      40円/1人前
卵        20円/1個
鳥ガラスープの素 500円/1つ
調理時間 10分くらい
調理難易度 パラパラにするのはちょっと難しい

厚揚げのキムチ炒め

安くて簡単、それでいてヘルシーなので、女性の一人暮らしにおすすめ。酒とかみりんとか、そういうのが無くてもおいしく作れます。

油揚げに火を通して、キムチと醤油をかけてからめるだけ。味を濃くすればお酒のアテにも合います。

材料と値段 厚揚げ 80円/1人前
キムチ 200円/1人前
醤油  150円
調理時間 5分らい
調理難易度 めちゃめちゃ簡単

にんにく味噌

冷蔵庫に入れておけばかなり長持ちします。生野菜につけたり、ごはんにちょっと乗っけたりして食べましょう。

おろしにんにくと味噌を、ごま油で軽く炒めて、ビンに入れて保存しておくだけ。夏の暑い日でも、ごはんが進みます。

材料と値段 にんにく 80円/1人前
味噌 200円
ごま油 300円
調理時間 5分くらい
調理難易度 めちゃめちゃ簡単

部屋探しから食費の節約は始まっている…!

食費を節約したいなら、実は住む環境ってめちゃくちゃ大事です。

ずばり、お部屋探しの際に大事なのは「家から一番近いお店がスーパーかコンビニか」ということです。

家でおなかが空いて、近くにスーパーじゃなくてコンビニがあったら、ついコンビニに寄ってアイスとか「しっとりカステラ」とか買っちゃうものなんです。

気に入ったお部屋を見つけたら、近所の買い物情報を調べておきましょう。

スーパーのほうが近いけどコンビニもそんなに遠く離れてないお部屋が理想的です。深夜に体調が悪くなったときなどは、やはりコンビニが便利ですからね。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑