引越しまとめロゴ

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

3人家族の生活費平均はどれぐらい?生活費内訳や節約術もご紹介!


3人家族のイラスト
今回は3人家族の生活費を調べてみました!子どもができると生活費は2人暮らしより負担額が増えます。

後々困らないためにも事前に平均生活費や内訳を知り、節約術を身に着けてシミュレーションしましょう!

3人家族の平均生活費は約30万円ほど!

お金と電卓と通帳
世帯に合わせた家計の統計は総務省が調べて出してくれています。総務省の「家計調査報告」を参考に計算して3人家族の生活費を出してみたところ、約30万円ほどが平均でした。

大人2人の生活費に加え、子どもの養育費やその他雑費がかかるため、同棲や新婚時よりも多くの生活費を確保しなければいけません。

また、生活費の他には生命保険料がかかります。以下に統計データを参考にして、3人家族が都内に住んだ場合の生活費例を作ってみました。

生命保険料は、公益財団法人生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査を」参考に出しています。

内訳 かかる金額
家賃(住宅ローン) 約90,000円
食費 約55,000円
水道光熱費 約16,000円
教育費 約15,000円
交通費 約8,000円
通信費 約15,000円
生命保険料 約25,000円
日用・消耗品代 約10,000円
衣類代 約15,000円
趣味・娯楽費 約20,000円
自動車維持費 約15,000円
その他雑費 約10,000円
合計 約294,000円

表の金額はあくまで目安なので、参考程度に見てください!生活費は住む場所や部屋の条件、食生活、生活スタイル、子どもの年齢などにより変動します。

また、貯金したい場合は娯楽費を削ったり、雑費を減らしたりすることも視野にいれるか、収入を増やすしかありません。(毎月3~4万なら35万は最低必要ですね…きっつ)

なお、自動車を持たず電車や自転車で移動できる家庭の場合は、自動車費用が無いため、少しでも貯金や生活費に回すことが可能です。

3人家族の理想の支出割合は?

家計簿
3人家族の収入に対する理想の支出割合を計算してまとめてみました!ただ、子どもの年齢や住む場所によって支出金額や割合は違うため、参考程度に確認してみてください。

なお、今回は手取り30万円を基準にして割合を出しています。

内訳 支出割合 支出金額
家賃(住宅ローン) 約30% 約90,000円
食費 約15% 約45,000円
水道光熱費 約5% 約15,000円
教育費 約10% 約30,000円
交通費 約3% 約9,000円
通信費 約4% 約12,500円
生命保険料 約6% 約17,600円
日用・消耗品代 約2% 約6,000円
衣類代 約4% 約12,500円
趣味・娯楽費 約2% 約6,000円
自動車維持費 約5% 約14,000円
その他雑費 約4% 約11,000円
貯金 約10% 約30,000円

賃貸で家を借りている場合、家賃は収入の約30%以内が理想!子どもの教育費や消耗品にお金がかかるため、雑費や通信費、娯楽費などの抑えられる出費は節約しましょう!

また、賃貸ならまだ子どもが小さい内から3LDKや4LDKなどの広い部屋に無理して住む必要はありません。成長段階に合わせて引越すと生活が苦しくならずに済みます。

なお、引越しがめんどくさい、長く住みたい場合はマイホームを考えてみてください。賃貸を借り続けるより年間の費用は安いです。

3人家族の生活費実例

3人家族
理想の支出割合が少し分かったところで、実際に3人家族の友人を片っ端からあたり、生活費と内訳を聞いてまとめてみました!

今回は手取り20万円・25万円・30万円・40万円の3人家族の生活例を挙げています。

自分たちの出費とどれぐらいの差があるか、節約できそうかなところがないかなどを考えながら参考にしていただければと思います(`・ω・´)ゞ

手取り20万円の3人家族

物件情報・世帯構成
・埼玉県東浦和在住
・家賃6万円の2DK
・22歳正社員夫の手取り20万円
・24歳専業主婦の妻
・生後6ヶ月の長男

手取り20万円の夫婦は、奥さんが専業主婦で家事育児をしていて、旦那さんが働いています。

旦那さんは新卒で手取りの給料が低いので、全体的に金銭の余裕はありません…。ただ、苦しくも生活はできるレベルです。なお、夫婦で生命保険に入る余裕はないそうです(´・ω・`)

では、手取り20万円の生活費の内訳を見てみましょう!

内訳 かかる金額
家賃(住宅ローン) 約60,000円
食費 約39,000円
水道光熱費 約10,000円
交通費 約11,850円
通信費 約16,000円
日用品・雑費 約13,500円
交際・娯楽費 約10,000円
養育費・小遣い 約20,000円
合計 約180,350円

家は都内以外の場所を選ぶことで、広くて家賃の安い賃貸を借りて費用を抑えられています!

ただ、食事は全て自炊をして切り詰めているようで、夫にはお弁当を作るとのこと。そのため、大体一日あたり1,300円ほど、月でも約40,000円以内に収まっています。

また、子どもが小さくて趣味や娯楽に勤しむ時間がほとんどないため、娯楽費は養育費と混ぜてやりくりしているそうです。

養育費といってもまだおもちゃを与えるぐらいの年齢なので、おもちゃを買い、余った費用は少しずつ貯金しています。また、赤ちゃんのために自分の娯楽費も削って生活しています。

生後0ヶ月~24ヶ月にかかる1ヶ月の費用は約15,000円ほどと言われています。おむつが約3,000円ほど、食事や服などの必需品の費用は約12,000円ほどです。(年間にすると大きい…。)

手取り25万円の3人家族

物件情報・世帯構成
・千葉県船橋市在住
・家賃7.5万円の2DK
・27歳契約社員夫の手取り25万円
・24歳専業主婦の妻
・3歳の長女

手取り25万円の3人家族も奥さんが専業主婦で家事育児をしていて、旦那さんの収入だけで毎月生活しています。

電車の交通アクセスが良い場所に住んでいるため車がなく、車を使う時はレンタカーを利用するそうです。(車を使う頻度が少ないならマイカーよりレンタカーの方が安いので節約できますね!)

では、手取り25万円の生活費の内訳を見てみましょう!

内訳 かかる金額
家賃(住宅ローン) 約75,000円
食費 約50,000円
水道光熱費 約17,000円
交通費 約11,850円
通信費・ネット代 約17,000円
日用品・雑費 約18,000円
交際・娯楽費 約20,000円
養育費・小遣い 約18,000円
生命保険 約15,000円
合計 約241,850円

家賃相場の低い23区外で部屋を探し、駅徒歩10分以内の駅チカ物件を見つけられたそうです。船橋は東京駅や新宿駅まで乗り換えずに行ける路線があるため、通勤に困ることもないでしょう。

ただ、23区外でも船橋・西船橋などは人気エリアなので、2LDKだと約10万円前後はかかってしまいます。子どももあまり大きくないので、まだ2DKでも生活できています!

なお、2DKの間取りで手狭になる年齢は、大体小学校に上がる頃です。小学生になると急激に荷物が増えるので、現在の間取りを工夫をするか、引越す方が良いでしょう。

また、25万円以内の生活は20万円以内と比べると若干の余裕がみえますが、節約できる箇所は沢山あります。食費や通信費、交際費などをもう少し抑えられれば金銭的にゆとりができます!

残ったお金は事前に貯金として残しておくのがベストです!貯金がなければ何かあった時に困ります。保険に入ってるからといって油断しないようにしましょう。

手取り30万円の3人家族

物件情報・世帯構成
・東京都葛飾区在住
・家賃9.8万円の2LDK
・28歳正社員夫の手取り25万円
・26歳アルバイター妻の手取り5万円
・1歳の長男

手取りが30万円の3人家族は旦那さんの収入だけでは足りないため、奥さんもアルバイトとして働いているそうです…。

ただ、奥さんが働いている間は実家で子どもを見てもらえるそうなので、保育園費や幼稚園費はかかっていません。(親の助力は偉大ですね!)

30万円って意外と余裕ある生活ができるイメージですが…実際どうなのか30万円の生活費の内訳を見ていきましょう!

内訳 かかる金額
家賃(住宅ローン) 約98,000円
食費 約48,000円
水道光熱費 約18,000円
交通費 約8,100円
通信費 約19,800円
日用品・雑費 約20,000円
交際・娯楽費 約20,000円
養育費・小遣い 約25,000円
自動車維持費 約16,000円
生命保険 約22,000円
合計 約294,900円

23区の中でも葛飾区は家賃相場が低いエリアですが、2LDKの相場となると11万円~12万円かかります。ただ、希望条件を上手く妥協することで相場よりかなり安い部屋を見つけられています。

希望条件は駅徒歩10分以内と駐車場付きを妥協したようで、駅徒歩は15分~20分前後まで伸ばして駐車場無しの条件で見つけたそうです!

車は月極駐車場を借りて維持しています。駐車場の13,000円は高く感じますが、都内なら安い方です。23区内の月極駐車場は場所により違いますが、約20,000円~30,000円ほどします…。

毎月固定で支払わなければいけない費用はよく抑えられていますが、改善の余地はまだまだありそうです(´・ω・`)

食事は自炊でお弁当を持参しているそうなので多少は節約できていますし、外食をしたとしても金銭的には食費から算出すれば良いので問題ありません。しかし、通信費が少し高めですね…。

通信費を抑えるためにも、夫婦で一度携帯の料金プランを見直したり、話し合ってみると良いでしょう。使わない機能は外したり、プランの乗り換えや機種変更などで安くなることもあります!

手取り40万円の3人家族

物件情報・世帯構成
・東京都板橋区在住
・家賃12万円の3DK
・33歳正社員夫の手取り25万円
・29歳パートタイマー妻の手取り15万円
・3歳長女

手取り40万円の夫婦も共働きですが、安定した収入があるので節約をしなくても悠々自適に生活しているそうです(`・ω・´)ゞ

さすがに40万円も手取りがあると、23区内でも安定して暮らせますね!では、40万円の生活費の内訳を見ていきましょう!

内訳 かかる金額
家賃(住宅ローン) 約120,000円
食費 約51,000円
水道光熱費 約22,000円
交通費 約8,780円
通信費 約20,000円
日用品・雑費 約30,000円
交際・娯楽費 約40,000円
保育園費 約32,000円
小遣い 約20,000円
生命保険 約33,500円
合計 約377,280円

家は家賃相場の平均より少し上ですが、駅徒歩が10分以内かつメゾネットタイプの3DKなので、都内では安い賃料で借りられています。

板橋は都心部に近いため、どこに行くにも交通アクセスが良いエリアです。また、治安も良いエリアなので安心して暮らせます!

交通費は旦那さんの定期代のみで済むそうです。奥さんも働いていますが、家から徒歩圏内で働いており、保育園も近くて便利とのことでした。

また、節約をしている様子はありません。唯一低めなのは小遣いですが、保育費がかかっているため妥協してもらったそうです。

なお、保険も高めですが、夫婦の保険の他に学資保険を付けているそうです!学資保険は、子どもの教育費を準備するための貯蓄型保険です。

毎月決まった額の保険料を払うことで貯蓄でき、子どもの成長に合わせて進学準備金や満期学資金を受け取れるので、成長に合わせて無理なく貯められます!

マル秘イエプラバナー

生活費を抑えるなら家賃が安い部屋を探すべき

家賃のイメージ
生活費を手っ取り早く抑えるなら、家賃が低い部屋を選ぶべきです。一度安い部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても大きくかかる費用を抑えられます。

また、変動しやすい食費などを節約するよりは、固定費用である家賃を安く済ませて快適な生活を送るのがおすすめ(`・ω・´)ゞ食費の場合は苦痛になったり、喧嘩になることが多いです…。

家族にピッタリのお部屋を探すならチャット不動産屋がおすすめ

仕事や子育てをしながら、自分達に合ったお部屋を探すのは大変です。ですが、チャット不動産屋ならすぐにピッタリのお部屋が見つかります。

特にお部屋探しアプリの「イエプラ」は、プロの不動産スタッフがたくさんのお部屋を紹介してくれて便利です。

AIではなく人間が対応してくれるので「〇万円以下に抑えたい」「周辺環境にもこだわりたい」などのわがままにも応えてくれます!

イエプラの便利な点

イエプラには、普通の不動産屋にはない便利な点がたくさんあります。

・スタッフに直接相談できる
・深夜0時まで対応している
・未公開物件含むたくさんの物件を紹介してくれる
・おとり物件は一切取り扱っていない

イエプラの最大の魅力は「スマホだけでプロの不動産スタッフに相談できる」点です。

お部屋探しにおいて分からない点や不安なことがあっても、プロの目線でしっかりサポートしてくれるので安心です。

また、イエプラは深夜0時まで対応しています。仕事や子育てが忙しくても、空いた時間でお部屋探しできるのも大きな魅力です。

未公開物件を含めたたくさんの物件を紹介してくれるので、忙しくてお店に行く暇がない人・より物件を吟味したい人にもおすすめです!

イエプラでお部屋を探す

3人家族の生活費節約術

節約
毎月の生活費を抑えるために、固定費・食費・水道光熱費・通信費の節約方法をご紹介します!

ただし、パチンコ・競馬などのギャンブルや、ソシャゲの課金といったお金のかかる趣味費は個人で控えましょう。(お小遣いの範囲で楽しんで!)

毎月の固定費の節約術!

生活費でいう固定費とは家賃や管理費などの費用です。生活する際の費用の基準となるため、引越す前にしっかり把握しておきましょう。

把握していないと、引越したあとで生活が苦しくなりかねません…。

固定費を節約するコツ
・家賃は手取りの3分の1に抑える
・部屋の条件を緩和する
・家賃相場が安いエリアで良い物件を探す
・小遣いの見直し
・定期購入や支払いしている物を減らす

固定費を最大限抑えるためには家賃を一番に考えましょう。家賃は生活費の中でも多くを占める割合になるので、家賃が安い方が簡単に抑えられてラクです。

また、家賃は基本手取りの3分の1が適正と言われています。例えば手取り20万円なら家賃は約6.5万円ほど、30万円なら約10万円ほどが目安!

そのため、家賃が収入の30%を超えている場合は引越したり、最初から家賃相場が低いエリアで探して良い部屋を見つけましょう。見つからない場合は必須条件などを見直してみましょう。

また、23区内であれば足立区・葛飾区・練馬区あたりが家賃相場が低いエリアです。中でも一番おすすめなのは練馬区!治安も安定していて交通も不便なく、広めの部屋も探しやすいです。

食費の節約術!

食費を節約するコツ
・週毎に食費を分けておく
・1つの食材で複数料理を作る
・まとめて作り置きして冷凍
・見切り品や安価の食材を使う

食費を節約するためには、毎週使う食費を先に決めておいたり、見切り品などの食品を買うと良いでしょう。見切り品は冷凍保存すれば日保ちしますし、通常だと高い物も安く買えます!

また、自炊するときは手元にある食材で複数料理を作れないかを一度考えてみましょう。少ない食材からいくつか考えられれば材料の無駄もなく、食べる品数も増やせます。

例えば物、ひき肉ならメンチカツやそぼろ、もやしなら炒めの他にナムルなどの使い道があるため、安くて量が多い食材でも無駄になりません。

また、食事を作り置きして保存しておくのも良いです!作った食事を冷蔵・冷凍保存しておけば調理時間が短縮できるうえに日保ちします!

なお、冷凍する際はジップロックなどに小分けして、1回に使う量をあらかじめ決めておくと便利です!使いすぎることも余ることもなく、腐らせる心配もありません。

水道光熱費の節約術!

水道光熱費を一番手っ取り早く抑える方法は「都市ガス」の部屋に住むことです。プロパンガスから都市ガスに変えれば月々のガス代が1.5~2倍くらい抑えられます。

都市ガスは公共料金になるため基本料金が安く、値上がる心配がほとんどありません。逆にプロパンガスだと費用は高くなり、人件費などで価格変動することが多いので避けたほうが良いです。

また、水道光熱費を抑える方法はガスを変える以外にもあります。

ガス変更以外の水道光熱費を節約するコツ
・なるべく湯張りして使う
・洗濯は残り湯を使用する
・食器を洗う際は溜め洗い
・エアコンの温度は固定して長時間使い自動運転させる
・タップ式コンセントに変える
・電気ガスの料金プランを見直す

節水するためには、洗い物は洗う順番を決めたり、桶に水を溜めて洗う、シャワーより湯張りをして湯船のお湯を使うなどすると良いです。また、湯張りは残り湯を洗濯にも使えるので便利!

ただ、残り湯を洗濯に使う場合は洗いだけに使いましょう。すすぎに使ってしまうと、残り湯の汚れやニオイが付いてしまいます…。

電気代に関しては、エアコンを夏は28℃、冬は20℃に固定して長時間運転させたり、古い家電を買い替えたり、電源コードをタップ式コンセントに変えるだけでも多少抑えられます。

また、一度は電気やガス会社の料金プランを見直しましょう。今は電気もガスも自由化されているので、料金が安い会社を自分で選べます。自分に合った料金プランを見つけて節約しましょう。

通信費の節約術!

通信費を節約するためには、一度携帯の料金プランなどを見直してみましょう!プランを見直して変更するだけでもかなり安くなる人もいます。

プラン変更以外にも方法がいくつかあるのでまとめてみました(`・ω・´)ゞ

通信費を節約するコツ
・各携帯会社で料金プランを見直す
・格安SIMへの乗り換えを視野に入れる
・スマホとネット回線を同時に契約する
・ポケットWi-Fi(モバイルルーター)を契約する

プラン変更以外に通信費を安くするには格安SIMへ乗り換えることです。格安SIMに乗り換えた場合は、大手キャリアと比べると月々の費用はSIMの方が約5,000円ほど安くなります。

ただし、回線速度や質はキャリアに劣る可能性があるので、SIMにする場合はよく調べてから変えるかどうか決めましょう。(安いものには罠があるので気をつけてください!)

また、動画を視聴したりゲームをする人は、データ通信量の超過による速度制限が原因で料金が高い可能性があります。

通信速度の遅延を気にしてデータ量を毎回買ってしまう人は、10GBや20GBなど余裕のあるデータ量のプランに変えるか、Wi-Fiを使える環境を整えて通信費を抑えましょう。

なお、Wi-Fiを使う場合はネット回線を引くか、ポケットWi-Fiを契約するのがおすすめです。他にはマンションやアパートなどの備え付けWi-Fiを使う方法もあります。

しかし、固定回線やポケットWi-Fi、備え付けWi-Fiも良いことばかりではありません…デメリットと併せて下記で詳しく説明します。

固定回線のメリットとデメリット

・通信制限がない
・ネット回線遅延のストレスが少ない
・Wi-Fiは家でしか使えない
・開通工事費と月々の費用が少し高め

固定回線のメリットは、通信制限がなくネット回線の遅延がほぼないことです。そのため、家で動画視聴や映画鑑賞、ゲームなどを沢山する人に向いています!

一方デメリットは、Wi-Fiを家でしか使えないことや、ネット回線の開通工事費がかかり月々の費用が少し高いことです。

固定回線を導入した場合の月々の支払いは、回線代で約3,800円~約5,000円程度。さらに携帯代がかかります。(スマホなどのキャリア契約であれば割引があるので少し安いかも…。)

なお、固定回線は会社や種類によって料金が違うので、何社か見比べましょう。また、おすすめの回線は光回線です。光回線は遅延がほとんどないので、快適にネットを使えます!

ポケットWi-Fiのメリットとデメリット

・場所を問わずWi-Fiが使える
・固定回線や定額プランより料金が安い
・通信速度制限がある場合がある

ポケットWi-Fiのメリットは、出先でもスマホなどのモバイルデータ通信を気にせず動画視聴やゲーム、映画鑑賞などができる点です。場所を問わずPCにも使えるので非常に便利です!

さらにポケットWi-Fiは固定回線や携帯の定額データプランよりも安くなる可能性があり、固定回線と同様にスマホのキャリアに合わせて契約することでもっと安くなる可能性も!

ただ、ポケットWi-Fiはキャリアによって使えるデータ量が決まっている物があり、超過すると速度制限がかかります。そのため、データ量に合わせてプランやキャリアを選ぶと良いでしょう。

なお、ポケットWi-Fiの料金相場は毎月約3,800円~約5,000円ほどです。あくまでも目安なので参考程度にしてください。

備え付けWi-Fiのメリットとデメリット

・ネット回線を引く必要がない
・使用料が無料の場合がある
・データ量に制限がない
・遅延しやすい

備え付けWi-Fiのメリットは、ネット回線を引く必要がなく使用料金も無料の場合があるため、余計な費用を抑えられます。

インターネット無料の部屋であれば、通信費は携帯代のみで済むので安いです。(携帯を最低料金のプランに変えて家でWi-Fi使えば通信費めっちゃ安くなるよ!)

一方備え付けのデメリットは回線が遅延しやすい点が挙げられます。

無料でも回線遅延が起きない場合もありますが、遅延するかしないかはマンションやアパートが契約している回線会社によって違うので、事前に確認すると良いでしょう。

なお、回線速度を重視するなら、元々良いプロバイダーを導入しているマンションやアパートを探すか、インターネット可の物件で個別に契約できる部屋を探しましょう。

3人家族におすすめな貯金方法!

子どものためにちゃんと貯金をしたい人は、口座から自動で引き落とされる「自動積立貯金」の利用がおすすめです(`・ω・´)ゞ

銀行によってプランが異なりますが、毎月設定した金額を自動的に積立してくれるので、貯金に回すお金を使ってしまう心配がありません。

一方、生活費で余った分を貯金に回す方法は、不用意な出費をしやすく、貯まる月と貯まらない月の差に幻滅して続かなくなる可能性があるためおすすめできません。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

不動産屋に行かなくても、チャットで部屋探しができる「イエプラ」はめちゃくちゃ便利でした!

SUUMOとかHOME’Sには載ってないようなレアな物件を紹介してくれるし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を紹介してくれます!

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラでお部屋を探す


keyboard_arrow_up
PAGE TOP