引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

社会人の一人暮らしはどんな感じ?リアルな生活費と節約法


一人暮らしの生活費と節約法【社会人編】
引越しを無事完了していざ一人暮らし!

だけど、生活費が意外とかかっちゃうけど、これってみんなそうなのかな?という疑問にまるっとお答えします。

ちなみに新社会人の1ヶ月の生活費平均は、およそ16万円です。

家賃、水道光熱費、交際費などすべてまるっと足した金額が月々16万円…あなたの家計とも同じくらいですか?

よく言われている平均値は、

  • 家賃・・・70,000円
  • 食費・・・20,000円
  • 電気ガス水道代・・・8,000円
  • 交際費・・・20,000円
  • その他もろもろ(服や趣味、貯金など)・・・40,000円くらい

これくらいです。

社会人が月に16万円に対して、学生の平均生活費は8万円くらいなので、その差はおよそ2倍!

差が出やすいポイントは、「家賃」「食費」の2つ。正直、食費を月に2万円ですますのって無理ゲーに近いんですが…。

学生の頃は学食があったからよかったですが、社会人になると社食がある会社はごく限られていますしね。

今回は、池袋で働く僕の友人がどんな生活をしているのか聞いてまとめてみました!僕の体験談や節約方法も合わせて紹介しますので、参考にしてください。

池袋で働く僕の友人、Sさんの基本スペック

・一人暮らし2年目
・20代女性(大卒)
・就職を機に一人暮らしスタート
・IT企業勤め
・趣味はアイドルの追っかけ
・彼氏募集中
項目 金額
家賃(会社から家賃補助として2万円支給) 80,000円(60,000円)
水道光熱費 8,000円
食費 40,000円
交際費 20,000円
衣類・日用品 10,000円
スマホ代 7,000円
交通費 3,000円
保険料 15,000円

一人暮らしって実際どう?

さみしいときもあるけど、それよりも楽しいことのほうが多いですね。都内はイベントにもすぐいけるし、お店もたくさんあって飽きません。

大学のころは、実家から2時間くらいかけて電車で通学していたんですが、就職をきっかけに上京しました。

移動にかける時間が大幅に短縮されたので、社会人として働きながらも、自分の時間もちゃんと持てていて毎日充実しているなぁって思います。

部屋はどんな感じ?

1Kで池袋から徒歩15分くらいのところに住んでいます。間取りは1K・バストイレ別・室内洗濯機置き場・2階以上となかなかの好条件です。オートロックはありませんが…(笑)

線路沿いで、ちょっと変わった間取りなんですが住めば都って感じです(笑)

家賃は8万円ですが、会社から家賃補助が2万円出ているので、実質6万円で済んでいます。

会社まで15分くらいで歩いていけるので、満員電車に乗ることもなくストレスフリーです!

物件探しはどうやったの?

物件サイトで検索して、問い合わせしました。

その頃はまだ、実家に居たので、休みの日に東京まで出て1日で3~5件内見に行くって感じでした。

内見は、お母さんと一緒に行きました。初めての一人暮らしだったから、多分いろいろ心配だったんだと思います(笑)

第三者の意見も聞きながら部屋探しができたので、そこそこ良い部屋に住めたと思ってます。

一人暮らしでよかったことってありますか?

とにかく自由なところ!

学生のころは、門限もあったし、大学から家まで距離があったので、友達と遊んでても自分だけ帰らないといけなかったりしたけど、社会人になって一人暮らしするようになってからはそれもなくなった。

そのぶん、今まで親がやってくれてたことも自分でやらなきゃいけなくなったけど、それはまぁ仕方ないと思う(笑)

一人暮らしでつらかったことは?

激務すぎて帰宅後倒れる人
トラブルがあったとき、自分ひとりで対応しなくてはいけないことですね。

ゴキブリが出たとか、騒音トラブルに巻き込まれたとか、全部自分で解決しないといけないのは、ちょっとつらい。

あとはやっぱり風邪ひいたときですね…。病院に行くのも一苦労だし、買い物行くのもしんどいし、誰も看病してくれないし…。インフルで休んだときは、あまりのつらさに泣きました(笑)

自炊してますか?

最初は気合入れてやってました!もやしでかさ増しした野菜炒めを作ったり、カレーを作り置きしたり…。

仕事が忙しくなるにつれて、外食とかお惣菜で済ませることが多くなりました…。お弁当も最初は作っていたのですが、めんどうくさくなっちゃって(笑)

ちなみに、私の会社の同僚もほとんどランチは外食ですね。たまにおにぎり握ってくる人がいるくらいです。

学生のころは、学食を利用したり、お母さんがお弁当作ってくれたりしてたので、社会人になってそのありがたみを噛みしめてます。

さすがに全部外食だと経済的に厳しいので、今は、自炊と外食を交互にやって、なんとかしのいでるって感じですね。

掃除や家事はちゃんとやってる?

そこそこやってるんじゃないかと自分では思います(笑)

掃除機は部屋が狭いので置いてなくて、コロコロクリーナーとかクイックルワイパーみたいな使い捨てタイプをメインに使ってます。

クイックルワイパーは掃除機と違って音がしないので、仕事で遅くなっても、時間を気にせずかけられるんですよね。

洗濯は週1でまとめてやりますね。平日だと仕事で忙しいし、雨が降ると取り込めないのが心配なので…(笑)

水道光熱費はどんな感じ?

洗濯機
お風呂は真冬以外はシャワーでサッと済ませる感じだし、洗濯物も週1でまとめてやるので水道代は2,500円くらいですね。節約も特に意識してないです。

電気代も3,000円以下かな。日中は仕事でほとんど家にいないので、冷暖房もつけないし…。

ガスも都市ガスなので3,000円かかってないです。自炊やってたときはもう少し高かったけど(笑)

交際費はどんな感じ?

社会人なので飲み会はよく誘われます(笑)付き合いもあるので、1ヶ月に1回は仕方なく行きますができれば行きたくないというのが本音(笑)

休みの日は、友達と出かけたりしますが、軽く食事して雑談メインって感じでそんなにお金はかかってないです。今は彼氏がいないのでデート代はかかってません。絶賛、彼氏募集中です(笑)

衣類・日用品はどうしてる?

服はあんまり買わないですね。シンプルなのを組み合わせて着回ししてます。

コートとか、バッグは流行り廃りのないデザインで高いやつを買って長く使ってます。

流行りのデザインで安いのはいくらでもあるけど、そういうのは短い間しか使えないし、収納場所も広くないので、使うアイテムはしぼってますね。

日用品は近くのドラッグストアや、ドンキでまとめ買いしてます。持って帰るのが大変な、お水とかお米はネットで買って配達してもらうことが多いかな。

貯金できてる?

貯金はほとんどできてないですね…。

自分で稼いで生活してるんだからいいじゃん…ってなってしまうので、財布の紐は緩めです。

社会人になってボーナスをもらえるようになったのですが、ボーナスの分はかろうじて貯金にまわしています。

趣味ってあるの?

サイリウム
好きなアーティストがいるので、そのライブに行ったりグッズを買ったり。

地方に遠征するときは、新幹線とホテル代で3~4万円吹っ飛びますが、推しのためならエンヤコラ!って感じです。

趣味で交友関係も広がったので、友人も増えたし、仕事のモチベーションアップにもつながってます。

一人暮らしで頼れる人っている?

会社が徒歩圏内なので、頼れる人はいます。友達も近くに住んでるので、不安はないです。

一人暮らしは、1人で解決しなきゃいけないことも多いですが、限界もあります。こないだ電球をとりかえようと思ったら届かなくて、会社の先輩にとりかえてもらいました(笑)

誰でもいいから、頼れる人を探しておいたほうが良いと思います。

節約したいならとにもかくにも家賃を抑えるべし!

下の項目で、食費とかの節約方法を紹介するんですが、出費を抑えるならとにもかくにも家賃を抑える!この一択に尽きます。

色々頑張ってやっと1万円節約するのと、最初から家賃が1万円安いお部屋に住むのなら、どっちがラクかは一目瞭然。もちろんお部屋のグレードは下がるかもですが、住めば意外と慣れます。

家賃は抑えて、でも質は落としたくない!というワガママさんには、チャット不動産屋「イエプラ」をオススメしています。

イエプラでは不動産屋専用の検索サイト(SUUMOとかHOMESみたいなやつ)を見せてくれるし、普通のサイトには載っていないような物件も紹介してくれたりします。

チャットとかLINEで相談できるから不動産屋に行く必要も無いし、かなり便利だと思います。

イエプラはこちらから

食費の節約方法

食費平均額は20,000円と言われてますが、現実問題、なかなかこれに収めるのは難しいです。

20,000円てことは、1日に645円しか使えないということ!

コンビニで弁当とお茶を買ったらそれで終わりになってしまいます。

つまり社会人にはかなり難易度が高い設定なのです。

僕の場合は1ヶ月だいたい60,000円から80,000円という感じ。それでも1日の食費は2,000円ですからね…。

昼にラーメンとか食べちゃったらそれだけで1日の食費の半分を使ってしまうことになります。

食費を削ると、仕事のやる気も起きなくなってしまうので、あまり無理のある金額設定をせず、余裕をもってみておきましょう。僕も実際にやっている節約方法を紹介しますね。

その1:ご飯を炊く


コンビニでおにぎりを2つ買ったら、200円ちょっとします。

しかし、家でご飯を焚けば、1合でだいたい60円から80円くらいですむのです。激安!

夕食におにぎりを2つ毎日買うとして(かなり寂しい食事ですが)、月に6200円かかるところを、家でご飯を焚けば、1860円となり、4340円もお得になる計算です。

その2:スーパーの閉店間際を狙う


ご飯があれば後はおかずです。

例えばトンカツが食べたいなーと思っても、食材から買うと一人暮らしの場合は逆に高くついてしまうので、スーパーのお惣菜を利用しましょう。

狙い目は閉店間際の値下げ時です。

半額セールであれば、トンカツ400円だとして、200円で買えます。

ということは、極端な話、毎日トンカツを食べたとして6200円。

もし、とんかつ屋さんでロースカツ定食を食べて一食1155円だとすると、1ヶ月食べまくれば35,805円です。

自炊した場合と、その差なんと29,605円!

かなり乱暴な計算ですが、スーパーのお惣菜を賢く利用するとこれだけお得なのです。

その3:買い物前には水を飲む


これはなんとなく貧乏学生っぽい感じになってしまいますが、空腹の状態でスーパーに行くと、お腹が空いているせいでついついたくさん買い物をしてしまう、というお話です。

それを防ぐためにも、水をごくごく飲んでお腹をたぷんたぷんにしてから行きましょう。トイレが近くなるので注意です!

そんなバカな…と思うかもしれませんが、やってみると結構効果あるのです。

その4:コンビニをなるべく利用しない


コンビニは便利なのでついつい利用してしまいますが、スーパーに比べるとかなり高い値段設定ですよね。

例えばペットボトルは150円ですが、スーパーに行けば100円以下です。

毎日コンビニでペットボトルを買うと月に4,650円、スーパーでは3,100円なので、1,550円もお得!

もちろんペットボトルだけじゃなくてお菓子等も買うと思いますので、その差はさらに大きく広がります。

ポイントは、「引っ越すときに近くに24時間営業の大型スーパーがあるところを選ぶこと」です。

ただ、イオン系列のスーパーは、安いけどあまり質の良くないオリジナル商品ばっかりなのでオススメはしません(僕の主観です)

その5:まとめ買いを週一でする


毎日会社帰りに買い物をしていると、ついつい余計なものまで買ってしまったりするものです。

「あれ、マヨネーズあったっけ?」とマヨネーズを買って帰ってみたら、すでに3本冷蔵庫に入ってた…なんてことありますよね。僕はあります。

そうならないためにも週に1回計画的にまとめ買いをしましょう。買うものをリストにまとめておくと、ムダな買い物が減らせますよ!

豚肉とか大きめのパックで買って冷凍すれば、かなりの節約にもなります。

その6:レトルト食品を買いだめしておく


レトルト食品など、長期保存が効くものはセールのときに買いだめしましょう。

100円のレトルトは味が飽きやすいので、ちょっと高めなのものがおすすめ。

その7:旬の食材を狙う


野菜は旬を見極めておくと、1割くらいは安く買えます。

常にいつもあるような気がするキャベツなども旬の時期には意外と安くなることをご存知でしたか?

旬のものを知って買うことで、美味しい&安い食材が手に入るかも!

水道光熱費の節約方法

公共料金の平均:8,000円(僕の場合は13,000円)

電気・ガス・水道を合わせて8,000円というのが平均のようです。

内訳は、
電気・・・3,000円(僕の場合は7,000円)
ガス・・・3,000円(僕の場合も3,000円)
水道・・・2,000円(僕の場合は3,000円)
という感じになっています。

電気代はかなり個人差があるので、うまく使えば大きな節約になります。

ぼくの場合、パソコンを使うので結構かかっちゃうんですよね…。パソコンを使用しない方はだいたい4000円以内に収まります。

光熱費の節約方法も紹介しますね!

電気料金の節約法


引越しをしたときに、「基本アンペア」というのを決めたかと思います。

おそらく一人暮らしの人は30アンペアくらいだと思いますが、これを15アンペアにすると、月に390円の節約になり、年間4680円にもなります。

とはいえ、アンペア数が足りないとすぐにブレーカーが落ちてしまいますので自分にあったアンペア数にしましょう。

参考:あなたにぴったりのアンペア数とは?

エアコンは設定温度を調整する

よく「エアコンは電源を切るよりもつけっぱなしのほうが節電できる」という話を聞きますよね。

これは、エアコンをつけっぱなしにしてずっと部屋の温度を一定にすることによって、エアコンの負荷を軽減させることで節電することができます。

さらに、設定温度を冷房なら普段より1~2度上げ、暖房なら1~2度下げることで、年間の電気代はさらに節約することができます。

洗濯物はできるだけまとめて洗う

洗濯機は当たり前ですが、動かす度に電力を使いますので、なるべくまとめて洗うのがオススメです。

まとめることで、電力だけでなく水道代も節約できますよ!

ぼくのおすすめは「スピードコース」!早く終わるだけでなく、使う水の量も少なくすむので節約に役立ちます。

ガス料金の節約法


ガスを節約するということは、キッチンの火を効率的に使うことが大きくかかわってきます。

お鍋はなるべくそこの広いものを使って、熱効率を最大限にしましょう。

ほかにも冬場に食器洗いでお湯を使う場合、設定温度を下げることでガス代を節約することもできます。

お風呂はシャワーで済ませる!


1回お風呂を沸かすとだいたいガス代が70円かかります。

シャワーは、20分使うと約70円です。

ということは、お風呂に入って身体をシャワーで洗うと、合計140円が1回の入浴でかかるということ。思ったより結構かかってますよね。

※ちなみにお風呂を1回沸かすにはだいたい200Lの水が必要で、シャワーもちょうど20分使うと200Lなのでほぼおなじで50円前後です。

つまり、お風呂&シャワーは、ガス水道代が、240円。シャワーのみのガス水道代は、120円ということになります。

シャワーだけにすればかなりお得!でもたまにはゆっくり湯舟に浸かって、疲れをとるのがおすすめです。

さらに節約したいならシャワーヘッドを節水タイプのものに変えるだけで、水の勢いはそのままで約30%ほど水の量が減ります!

交際費の節約方法

交際費平均額:20,000円(実際のところ50,000円前後)

友達と飲んだり、デートしたりする1ヶ月の平均金額は20,000円ですが、実際に社会人ともなるとそうもいきません。

忘年会シーズンや春先、お盆休みなどには月に10万円を超えることも…。

人間関係を崩壊させずに、交際費を節約する方法を紹介します。

飲み会は必要最低限にする


社会人としてなかなか外すことはできない飲み会。

上司と飲みに行くときはおごってもらえる雰囲気を出すのも大事です。

ぼくの経験上、サシ飲み(2人だけで飲む場合)は、ほとんどの上司はおごってくれたなぁ…。

逆に大人数だと上司が多めに払って残りを若手で割り勘ということが多いです。

上司と飲むときはなるべくサシ飲みで!2人で飲むことで、よりお互いの理解も深まっていい話もできるので良いことづくめです。

話が面白くない上司や過去の話ばかりの上司とだと苦行になってしまいますが…(笑)

それと、友人同士で飲むときはなるべく宅飲みにしましょう。

飲み会の平均単価はおよそ3,000円。それが宅飲みにすれば1人1,500円くらいでかなり豪華に飲み明かすことができます。

4人集まれば6,000円の予算になってちょっと豪華なオードブルも頼めて、意外と外で飲むよりもいいものが食べれたり…。

外で食べると、ちょっといい焼き鳥屋さんとか行くと5,000円超えたりしますからね。

かと言って、「お金ないから安いとこいこうぜー」って毎回言うのもかっこ悪すぎます。

それなら「宅飲みしようぜ!オールしようぜ!」って言うほうがテンション上がりますし、リーズナブル。宅飲みは最高なのです。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑