引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

賃貸マンションのオートロックが無意味な理由


オートロック

引越しで物件を探している時に、「オートロック付きマンションだから安心!」なんていう物件、よくありますよね。

しかし、オートロックは防犯対策としてはほとんど無意味なのです。

オートロックに対する正しい知識を身につけて、犯罪にあわないようにしましょう!

スポンサーリンク

そもそもオートロックってなに?

オートロックというのは、マンションなど、建物のエントランスにあるドアに鍵がかかるタイプのこと。

つまり、住人以外はマンションの中に入れない、というのがコンセプトなのですが、実はものすごく簡単にオートロックを無効化することができてしまうのです。

それでは、泥棒や性犯罪者がどうやってオートロックを外すのか見ていくことにしましょう。

オートロックの外し方の例

オートロックの鍵が、暗証番号の場合

オートロックが暗証番号で開くタイプはほとんど意味をなしません。

なぜなら、誰かが番号を押しているところを見てしまえば、簡単に誰もで開けることができるからです。

オートロックが自動ドアの場合

オートロックが自動ドアの場合、住人がオートロックを開けて入ったあとにも、ドアはちょっとの間、開いたままになります。

そのスキに侵入してしまえば、鍵を使う必要がありません。

さらに、自動ドアの場合は強引に開けようとすれば簡単に開いてしまいます。

オートロックが自動ドアの場合2

自動ドアは赤外線で人がいるかどうかを探知します。

その赤外線センサーを誤作動させれば簡単に開けることができます。

こんな事件もありました。

オートロックをチラシ紙で解錠 窃盗容疑で韓国人2人組を逮捕

警察の調べによるとこの2人だけで余罪が40件以上もあるそうです。

オートロックの危険性

心理面での危険性

オートロックだから安全だ、と思い込んで自分の部屋の鍵をかけない人が意外と多いそうです。

だからこそ、窃盗団に狙われてしまうわけですね。

セキュリティ対策としてのオートロックなのに、逆に狙われやすくなってしまっては意味がありません。

環境面での危険性

セキュリティをウリにしている物件は、物件を囲む塀が高いことがあります。

確かに塀が高くてオートロックだとなかなか不審者は入り込めないように思えますが、実際はそうではありません。

塀が高くて中が見えないということは、いったん塀の内側に入ってしまえば、近隣の目を気にすることなく犯罪行為が行われるということです。

おまけ:防犯カメラも窃盗団には役に立たない

最近は賃貸向けマンションでも、エントランスに防犯カメラが付いているところが増えてきました。

しかし、防犯カメラは外国人窃盗団にはほとんど無意味なのです。

なぜなら彼らは、日本に来て窃盗をするだけして中国や韓国にサッと帰ってしまうからです。

「韓国人 観光ビザ 窃盗」で検索するとでるわでるわ・・・。

というわけで、日本の安全神話は完全に崩壊していると思っていたほうが良いでしょう。

自分の身を守るためにも、戸締まりはしっかりするようにしてください。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑