引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

【現実的にオシャレ】一人暮らしのインテリア8畳編【実例豊富】


すごいオシャレなのに現実的じゃない!というのは意味がないですよね。

やたらと大きな窓があったり、備え付けの大きな棚があったりという物件はなかなかありません。

今回は、「現実的なおしゃれ感を出せる8畳インテリア」をテーマに、男女別にまとめてみました。

さらに「この家具いいけどどこで売ってるの?」と迷わないように、それぞれの家具を売っているお店も紹介しています。

あなたにあったインテリアの参考にぜひしてみてください。

では、さっそくいってみましょう!

8畳に合うインテリア大特集

とその前に…8畳っていっても実際の面積は狭いので注意が必要って知ってました?

8畳というと、畳8枚分、だいたい3.6m四方だと思いますよね。

しかし、実際はそんなに広くありません。

8畳の広さの部屋です!といいつつ、押入れやバルコニースペースも含めて8畳ということもあるのです。

不動産のアヤシイ表記に気をつけて!

物件チラシには部屋の広さが書かれていますが、たまに「面積 約○○㎡」と書かれているときがあります。

”約”ってなんだよ…って感じですよね。

本来であれば、専有面積○○㎡と書かなければいけないのです。

面積 約○○㎡と書かれている場合はバルコニーの面積も含めてだったりすることも。

実際に部屋を借りたら思ったより狭くて後悔した…なんてことにもなりかねません。

さらに部屋の形が長方形か正方形かでも広さの感じ方は結構変わってきます。

部屋を真上からみたら5角形のような部屋もありましたが、ぼくのおすすめは正方形に近い長方形です。

部屋の広さは適当に書かれていることもありますので、かならず現地に行ってメジャーで図ってみることをオススメします。

8畳に置ける家具ってどれくらい?

8畳の部屋に置ける家具の目安は、シングルベッド(セミダブル)が1つ、1m幅くらいの机、テレビ、ちゃぶ台、人をダメにするソファ(無印)、1mくらいの本棚くらいにしておくと、部屋がすっきりしてみえます。

人をダメにするソファの代わりに、二人がけのソファを置くこともできなくはありません。

とりあえず大切なことは、ベッド下の収納スペースは大事ということです。

都内の物件は押入れがそんなに広くない場合も多く、洗濯した服の置き場に困ったりするんですよね。

そんな時にベッド下に収納スペースがあるとかなり便利です。

さて、前置きが長くなりましたがさっそく男女別のインテリアサンプルをご紹介してきたいと思います。

同棲の方はこちらの記事を参考にしてみてください!

女性向け8畳インテリア

快適部屋

まずはこちらです。

実はこのお部屋、8畳ではなく6畳なのです!

がんばれば6畳でもこれくらいオシャレになるというわけですね…。

ただしこのおしゃれ部屋には欠点があります。

それはなにかというと…収納スペース!

いい雰囲気な部屋ですが、棚がほとんどないことがおわかりいただけただろうか…(急に心霊写真紹介風)

6畳だとこのように棚がおけなくて実際に生活するときは大変になってしまいますが、8畳なら大丈夫!

このおしゃれ感を維持しつつ棚も置くことができます。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

そして冒頭でもご紹介したこのお部屋!

シンプルですが、やわらかい感じで統一されていて実際に住んだ時に落ち着ける雰囲気になっています。

この部屋のポイントはなんといっても、シングルよりもコンパクトなベッド!

普通のシングルサイズベッドは、長さが195cmあるので160cm以下の女性にはちょっと長すぎてしまいます。

ところがこの部屋のベッドはなんと180cm!

ベッドが15cm小さくなるだけで、部屋の自由度はかなり増します。

小さいと言っても180cmあるので、寝てる時に足がはみ出すなんてことはありません。

よっぽど寝相が悪かったらあるかもですけど…笑

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

超シンプル部屋

そしてさらにシンプルを極めたのがこちらです。

超シンプル部屋!

掃除がめちゃめちゃラクです笑

この部屋のポイントは、テレビを見るときはベッドの上!と割り切っていること。

ぼくの部屋もテレビを見るときはベッドの上で見てますが、特に困ることはありません。

あ、リラックスしすぎて寝ちゃうのはちょっと困ることかな…笑

ソファを置かないことによって、かなり部屋がゆったり使えます。

ご飯をたべるときは、手前のほうに小さいダイニングテーブルとイスを置けば完璧!

食事するときはダイニングテーブルで食べて、まったりするときはベッドへ…というメリハリが効いた生活を送ることができる部屋です。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

緑でオシャレにした部屋

おつぎはコチラです。

この部屋のポイントはなんと言っても、緑のラグ!

ポイントはこれだけと言ってもいいくらいです。

緑のラグがあるとそれだけでなんかやたらとオシャレな部屋に見えてきます。

なんでしょうね、このグリーンマジックは。

オシャレ上級者になるためには避けて通れない、それが緑のラグです。

お友達をよく家に呼ぶ方にとくにオススメです。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

生活感のあるお部屋

はい、一気にぐぐっと生活感がでてきましたね。

これは無理せずオシャレを追求した部屋になります。

なんといっても、棚が多いので、収納が便利!

ベッドは、この部屋でいうと手前側に置くことになります。

水玉のランドリーケースの横っちょに置く感じですね。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

ベッドが中心の部屋

寝るのが大好き…という方はいっそのことベッド中心のインテリアにするのもありです。

ベッドを中心に持ってくると、壁に棚を置きやすくなるので意外とアリといえばアリなんですよね。

いやナシだろ!って人も多いとは思いますが…。

この写真を見ていただくとおわかりの通り、女子会&お泊りがしやすいレイアウトになっています。

部屋の形によってはホントにアリだと思います。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

北欧スタイル部屋

長方形スタイルの間取りの場合、このようにベッドを置いて、その手前にソファを置くというのもアリです。

この写真でいうと、左側にドアがある感じですね。

このインテリアレイアウトも、ベッドを端っこに置かないで、左右に空間を作っています。

左右にある空間のお陰で、ベッドの両脇に棚を置くことができるというなんとも素敵なレイアウト。

棚のとなりにテレビを置けば、生活感もそれほど出ない感じでオシャレに配置することができます。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

コンパクトな部屋

なるべくすっきり部屋を見せたい!(狭いけど)という方はこんなインテリアはいかがでしょうか。

テレビに布が掛かっているのはちょっとまぁ、アレですけど、シンプルかつ女の子らしい部屋になっています。

この部屋のポイントは、ベッド下の収納スペース!

二段になった収納スペースがものすごく使いやすいです。

普段着る服はここに全部入れてしまえば、部屋をかなりスッキリと見せることができますね。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

男性向け8畳インテリア

男性向けの一発目は、ド定番の黒です。

とりあえず自分のセンスに自信がなければ、黒で攻めてください。

黒の家具で合わせればまぁ間違いなしです。

この部屋は8畳よりもちょっと広いので、ソファはもう少し小さめのものをチョイスしましょう。

黒い家具で固めているだけなのに、なんとなく男の色気が漂う部屋になっています。

これはモテる。(部屋に連れてくるまでが大変だけど)

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

パソコン使う人用の部屋

家でもパソコンを使う方は、こういったレイアウトがオススメです。

ここでのポイントは、パソコンデスクの大きさです。

じつはこのパソコンデスク、奥行きが80cmとちょっと小さめになっています。

このちょっと小さめというのがいいんです。

これが普通サイズだと大きすぎて、8畳の部屋ではちょっと圧迫感がでてきてしまうことも。

コンパクトかつ使いやすいサイズというのが重要なのです。

これもソファを置かないで、ベッドをソファ代わりにするタイプのレイアウトになります。

ソファを使わない利点は…まぁ女性と2人っきりになった場面を想像すればおわかりいただけるかと…。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

間接照明部屋

はい、ついにきました間接照明。

モテる部屋を目指している男であれば、誰もが一度は通る間接照明…。

ぼくもやりましたよ、なぜか不自然に暗いけどムーディな部屋作りを…笑

本を読むときとか地味に読みづらいんですけど、そういう時は普通に部屋の明かりを全部つければOKです。

ちなみにこういう暖色系の間接照明を使った部屋はホントにモテるのかといいますと…。

モテます!(ぼくの実体験)

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

友達呼びやすい部屋

友達が毎日のように来るぜ!という方にはこのような部屋はどうでしょうか。

写真の部屋は8畳ですが、見事にL字型のソファが置けています。

まぁ、ベッド置けてないですけどね…。

ベッドを置くとしたら、写真奥のパソコンデスクをやめて小さいベッドを置いてみてください。

部屋によってはちゃんと入るはずです。

L時型ソファが部屋にあると、かなりのインパクトがありますよ!

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

床にごろごろできる部屋

床でごろごろしたいぜ!という方は思い切ってこんな感じのインテリアはどうでしょう?

床全体に柔らかい緑のラグを敷くことで、かなりオシャレに見えます。

女性向けインテリアでも書きましたが、オシャレ上級者はだいたい緑のラグを使ったことがあるはず。

ここでごろごろすれば間違いなくリラックスできますよ!

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

ラクなオシャレ部屋

さわやかイケメンに似合うこのシンプルだけど、オシャレな部屋もいいですよね。

この写真でいうと、右側に棚を置くことができます。

部屋の圧迫感をなくすために、全体的に高さが低めの家具で揃えているのがポイント。

このラグマットは厚みがあるので、直に座っていてもさほどおしりが痛くなりません。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

遊び人コーディネート

女性との遊びに慣れている人なら、一目見ただけで「あーこの部屋はイイ」ってなるレイアウトです。

ベッドがそのまま自然にソファになっていて、さらに飲み物を置ける机がいい位置に置いてあります。

これなら女の子を部屋に呼んだときも自然に仲良くなれそうな感じですよね。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

2段ベッド活用部屋

二段ベッドを活用することで、8畳をさらに広く使うこともできます。

ベッドスペース分に机やハンガーを置くこともできますし、ソファを置くことだってできちゃいます。

ぼくも一時期2段ベッドを使っていましたが、意外と結構悪くありませんでした。

ただし物件によっては天井が低かったりするので、そこだけはしっかりと事前に確認しておいてくださいね。

この部屋に使われている家具はこちらから購入できます。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑