引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越し時の不用品で楽してお金にする方法


引越し時の不用品回収費用って結構バカになりませんよね。

一番やっちゃいけないのは、町中を走ってる不用品回収業者に頼むことです。

あれは実際詐欺みたいな会社も多く、いいカモにされるだけです。

悪いことはいわないのでやめておきましょう。

不用品を回収してもらうのに一番費用が掛からないのは区や市でやってる廃品回収です。

お住まいの役所に電話で聞けばすぐに教えてもらえますよ!

今回はふつうの不用品回収ではなく、楽してお金をもらえるにはどうしたらいいかを解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

引越し時の不用品で楽してお金にする方法とは

ひと昔前はフリーマーケットだったけど…

ちょっと前はフリーマーケットで売りましょう!というのがほとんどだったのですが、あれ結構めんどくさいんですよね。

出店費用がかかったりして、実際やってみたら赤字だったなんてことも。

出店費用は安いところだと500円、高いところは2000円くらいします。

これはちょっとめんどくさ…って思っちゃいますよね(´・ω・`)

今はフリマアプリで楽々!

スマホを持っている人だったら今はフリーマーケットアプリというものがありますので、それを使うと非常に楽に不用品を売ることができます。

一言でフリマアプリと言っても実は結構いろいろあって…ラクマ、ラインモール、フリル、ショッピーズ、ディーリング…。

いろいろありすぎて逆に迷っちゃうくらいです。

しかし、実際にあんまり取引が少ないアプリを使うと、せっかくのいい不用品(言い方は変ですが)が売れないことも。

ここは業界ナンバーワンのアプリを使うにこしたことはありません。

そのアプリとは…

メルカリ!

いまのところこのアプリが一番利用者数が多いみたい。

特徴として、

  • 簡単に出品できる
  • 利用者がハンパなく多い(1600万人)
  • 価格設定は300円から29万円と幅広い
  • 手数料は販売価格の10%
  • メルカリが仲介するので安心の売買方式

という点があげられます。

ものを売った時に相手が支払う方法も、クレジットカードやコンビニ決済が使えるため、制約しやすいのも魅力です。

利用者は20代から30代の女性が半数以上なので、そういったターゲットに売れるものなら有利かも。

フリマアプリでめんどうなことにならないために

フリマアプリはメルカリに限らず、値切り交渉というものができます。

2000円のものを1500円にしてくれませんか…?ってやつですね。

時間があるときはいいんですが、忙しいときはちょっとめんどうになってきます。

いろんな人から値切り交渉きちゃいますし…。

そうならないようにするには、値切り交渉しません、って出品時に書いておくのも手かも。

フリマより楽なのは知り合いに売ること

僕はいつも引越しの時に不用品がでると、Twitterとフェイスブックでこれいりませんかー?って投稿します。

だいたいだれか一人くらいはほしがるんですよね…。

で、その人に安く売るか、ご飯ごちそうしてくれたらいいよ!って感じであげちゃいます。

これが一番トラブルもないし、ラクだしでいいと思います。

結構高値で売れる!と確信があるものは友達に売るかフリマアプリを使って売って、売れそうにないな…というものは行政がやっている不用品回収に出すようにするのが一番です。

繰り返しますが、間違っても町中を走っている不用品回収業者に頼んじゃダメですよ!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑