引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

賃貸でフローリングのメリットとデメリット。畳をフローリングにする方法も!


引越をするんだったら、やっぱり畳よりフローリングのほうがいいなーと思っていませんか?

賃貸物件を探す人は、畳よりもフローリングのほうが人気のようです。

ぼくもまぁ結局今住んでいるところはフローリングですし、フローリングの良さはわかります。

しかし!

ほんとに畳がダメなのでしょうか?

そして畳をフローリングにする、しかも賃貸でもできる方法はなにがあるのか探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

賃貸でフローリングのメリットとデメリット

まず最初に、「なんちゃってフローリング」には気をつけろっ!

パッと見はフローリングなのに、なんか床がふかふかする…それは実はフローリングではありません!

その正体は、木目調のビニールマットなのです。

よく見るとなんか質感が安っぽいのがわかります。

賃貸チラシには「フローリング」って書かれているのにもかかわらず、この木目調ビニールマットの場合があるので、かならず確認するようにしましょう。

床がビニール素材だと部屋にチープ感が出てしまいやすくなるので、オススメはできません。

フローリングのメリット

見た目がオシャレで家具に合いやすい

物件選びの条件でフローリングが絶対条件の方は、おそらくこれが一番じゃないでしょうか。

たしかに、フローリングだとなんとなくオシャレに見えやすいです。

ぼくの今住んでいるところは、白いフローリングなので、部屋全体が明るく見えるという効果もあります。

白いと髪の毛とか落ちてるときにすごく目立つのが、いいような、悪いような…笑

家具のへこみがつきにくい

畳に比べて、家具を置いた時のヘコみはつきづらいです。

ですが、過信は禁物!

ちょっと高級な椅子だと、それだけで30キロ近くの重さがあります。

フローリングだから大丈夫だろーと思っていると意外と床が傷ついてしまうことも。

フローリングは畳にくらべて、修繕費用がかかるので注意してください。

汚れがついても落としやすい

この前のハロウィンのときに、血糊をシャツにベタベタつけたら床に塗料が落ちちゃったんです。

あーヤバいかも…と思いつつもアルコールで拭いたらキレイに塗料がおちてくれました。

畳だと染みこんでしまうのでなかなかそうはいきません。

ダニ・ノミが繁殖しづらい

フローリングはカーペットよりもダニやノミが繁殖しづらいと言われています。

とは言っても、掃除をこまめにしなければ意味はないので、ちゃんと掃除するようにしましょう!(自分にも言い聞かせ)

フローリングのデメリット

ゴミが目立ちやすい

髪の毛やホコリなどのゴミは非常に目立ちます。

掃除しやすいんですけど、結構めんどうなんですよね…。

暗めのフローリングだと、綿埃がかなり目立ちます。

冬は足が冷えやすい

畳やカーペットに比べて、足元が冷えやすいという弱点もあります。

暖房をつける回数がちょっと増えるかも。

スリッパを履くなどして対策するのがオススメです。

フローリングは音が響きやすい

全室フローリングのマンションの場合、あなたの部屋の上もフローリングということになります。

フローリングって結構足音が響くんですよね…。

ぼくの住んでいる部屋の上の住人も、ドタドタ走る音がよく聞こえてきます。

なぜ部屋の中で走り回ってるのかは謎ですが…。

畳のメリット・デメリットは?

畳のメリット

床で昼寝ができる

畳は適度な柔らかさがあるので、お昼寝するには最適です。

とりあえずごろごろしたいー!という方は、実は畳のほうがいいかも。

畳は音が響きにくい

フローリングに比べて音がひびきにくい畳は、静かさを求める人にはもってこいです。

畳は衝撃を吸収してくれるので、歩く音をかなり軽減してくれるのです。

畳の匂いがなんか落ち着く

畳の匂いというか、いぐさの匂いってなんか落ち着きますよね。

天然のアロマだと思えばこれはこれでいいかも。

部屋をずっと締め切っていると、匂いがこもりすぎてしまうので適度な換気は重要です。

畳のデメリット

拭き掃除をしないといけない

掃除のたびに毎回やる必要はありませんが、月一くらいではやっておいたほうがいいかも。

ルンバ任せにはできません。

ベッドやソファなどは、似合うデザインが難しい

洋風な家具を置くときのセンスはかなり重要になってきます。

和モダンな感じにおさまればいいのですが、ヘタをするとかなり統一感のない部屋になってしまうことも…。

畳からフローリングにする簡単な方法

賃貸で借りた部屋が畳だったんだけど、どうしてもフローリングにしたい!という場合は簡単な方法があります。

フローリングカーペットを使う

カーペットという名前ですが、ちゃんと木材を使用しています。

すのこみたいな感じですね。

木材は厚めのほうが歩いた時にしっかりするのでオススメ。

これをやるときは、なるべく引越しが終わる前、家具を運ぶ前にやることが大切です。

もしフローリングにしたい!という方はぜひ試してみてください。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑