引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

日当たりが良い方角、悪い方角。【プロが教える物件選び】


部屋を選ぶときに、「うーん、いい部屋だし、西日になるけどまぁいっか!」なんて選んでいませんか?

ひょっとするとその選び方では後で大変な目にあうことも!

日当たりの方角次第では、夏場の電気代が大きく変わってくることだってあるんです。

今回はそんな「お部屋の方角はどっち向きがいいの?」にまるっとお答えしていこうと思います(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

日当たりが良い方角、悪い方角

よく「南向きが最強」と言われるがそれってなんで?

部屋を探していると、かならず南向きが一番いいって言われますよね。

それには実はちゃんとした理由があります。

例えばさむーい冬。

太陽の高さが低い冬の時、部屋の中に太陽の光が差し込む時間が長くなります。

逆に、あつーい夏。

太陽の高さが高い夏の時は、部屋の中に太陽の光が差し込む時間が短くなるのです。

というわけで、一年中快適に過ごせるのが南向きというわけ。

東向きは午前中に光が入る

午前中なら、冬でもある程度日差しが入るのがこの東向きです。

夏も、気温が低い時間端に日が差し込むので悪くはありません。

ただ、いかんせんどっちにしろ日差しが入りやすいのが午前中だけなんですよね…。

朝の目覚めは悪くないかもしれませんが、午後がちょっと暗めなのは悩みどころです。

西向きは結構たいへんな場合も

西向きな部屋は、いわゆる「西日」がガンガン入ってきます。

冬の午後に西日が入ると暖かくていいんですが、逆に夏になるとものすごく部屋が暑くなってしまうことも。

西日でこもった暑さをなんとか快適な温度にするためには、クーラーの電気代が結構かかってしまいます。

後で説明しますが、遮熱カーテンを使ったとしてもそれほど効果はありません(´・ω・`)

北向きはずっとカーテン開けない人向け

北向きは常に日が入りません。

ずっとカーテンは閉めっぱなし!というライフスタイルの方にはちょうどいいかも。

家賃的にも、北向きの部屋が安い傾向にあります。

日当たりが強い時に、遮光カーテンや遮熱カーテンは意味がある?

日当たりが強い時は遮光カーテンとか遮熱カーテンを使えば、暑さはコントロールできるんじゃない?と思うかもしれません。

しかし実際に遮熱カーテンを使っても、それほど部屋の温度は変わらないことが多いのです。

なぜならカーテンは部屋の中にあるので、カーテン生地自体が熱をもって室内へ熱を放出してしまうため。

せっかく直射日光をカーテンで遮ったとしても、そのカーテンが熱くなっては意味がありませんよね。

というわけで、遮熱カーテンなどはあまり意味がないということになります。

すごい厚手タイプの遮熱カーテンであれば効果はあると思いますが、そうすると部屋が結構暗くなってしまうので好みがわかれるところですね。

そう考えると部屋探しの時に、日当たりの方角を確認することは非常に大切なことなのがわかりますね!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑