引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスってなに?ルームシェアなど他との違いをまるっと解説


ホームパーティイメージ

シェアハウスに住みたい!

けど、ちょっと調べてみたら、シェアハウスやルームシェア、ドミトリーやゲストハウス、さらにはコレクティブハウスっていうのもあってよくわからない!ということになっていませんか?

実際よくわからないままに住んでしまうと、思っていたのと違う…!ということにもなってしまいます。

引越しをしてしまう前に、それぞれの違いを理解しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアハウスってなに?ほかのタイプとの違い

シェアハウスのほかにもある、さまざまなタイプ

他の人と共同で住む、というタイプは、シェアハウス以外にも様々です。

それぞれの特色をわかりやすく書いて行きたいと思いますので、参考にしてみてください。

まずは一番有名なシェアハウスとは

シェアハウスは大体の場合、管理会社がいて、一つのハウス(家だったりマンションだったり)をみんなでシェア(共有)して住む居住形態を指します。

特徴としては、共同部分にかなり力が入っている(リビングにビリヤード台があったりDJスペースがあったり、バースペースがあったり等)のと、一人暮らしよりも初期費用が安いこと。

シェアハウスって長く住むところ?

入居期間は、そんなに長い人は多くなく、だいたい1年か2年くらいの方が多いようです。

1,2年で出て行く人はシェアハウスに住む人の3割くらいで、更に短い1年未満は2割もいます。

出て行く理由として多いのが、「自分自身の環境の変化(結婚や転勤など)によるもの」で、ほかにももともと短期で住む予定だったから、という理由が多いようです。

超短期間で出て行く人でダントツに多い理由は「思ってたのと違った」から。

まぁ、そうですよね…。

シェアハウスの男女比は?

男女比はシェアハウスにもよりますが、男女半々くらいで、20代から30代前半が多いです。

気をつけなければいけないことは、シェアハウス紹介サイトに載っている男女比はあたってないときもあるということ!

男女半々って聞いてたのに、実際住んでみたら男性ばかりだった…なんてこともあります。

かならず住む前に、実際に住みたいと思ったシェアハウスには見に行くようにしましょう。

女性専用のシェアハウスというのもあります。

シェアハウスの外国人比率は?

外国人も多いですが、昔よりは少なくなっています。

とはいえ、外国人メインのシェアハウスというのもあるので、海外の人と住んでみたい!という方はそういうシェアハウスを狙ってみるのもいいかも。

逆に、日本人が多いシェアハウスというのももちろんあります。

参考記事:シェアハウスってやっぱり外国人が多い?何人が多いか調べてみました!

シェアハウスの家賃について

月々の家賃は、その地域の一人暮らしワンルームよりも少し安いくらいのことが多いですが、シェアハウスによっては普通の一人暮らしよりも高い設定で、すごく設備が豪華なところもあります。

ちなみに管理費や水道光熱費は、毎月固定のところがほとんどです。

参考記事: シェアハウスの家賃は1万円から11万円まで!それぞれの特徴とは

シェアハウスの掃除について

共有部分の掃除に関しては、住人同士でやるところもあれば、掃除業者が入っているところもあります。

部屋は個室ですが、お風呂やトイレ、洗濯機やキッチンは共同です。

シェアハウスの恋愛について

みんな興味がないフリをしていても、これはちょっと気になりますよね。

恋愛をしたい!という人もいれば、恋愛はしなくてもいい!という人もいると思います。

実際のところ、シェアハウスによってその傾向はかなり違うというのが現状です。

シェアハウスを探すときに、ルールで恋愛禁止!となっているかどうかは確認してみるようにしましょう。

あとは、内見のときに実際に住んでいる人に聞いてみるのもアリですよ!

参考記事:シェアハウスの恋愛ってホントにあるの!?

意外と多いルームシェアとは

友達同士で一緒に住んだり、少人数で住むのがルームシェアです。

この場合は管理会社はなく、個人で賃貸物件を借りて、他の方と一緒に住むという契約になります。

お互いの信頼関係で成り立つのがルームシェアなので、ケンカしてしまうと面倒なことになってしまいます。

毎月の家賃や水道光熱費は、住んでる人の数で割って、誰かが代表して振り込むというカタチになります。

結構金銭関係のトラブルになることも多く、信頼できる相手じゃない場合はかなり慎重になる必要があります。

ルームシェアを募集するサイトもあり、まったく知らない人とも生活できますが、女性の方は特に注意が必要です。

ゲストハウスとは

ルームシェアとほぼ同じような感じですが、より短期間で簡単な契約になるので、外国人旅行者がよく利用しています。

お値段も結構安めのところが多く、多国籍な感じが好きな人にはうってつけです。

ドミトリーとは

ドミトリーはゲストハウスの更に激安版です。

個室はなく、複数のベッドがある相部屋で生活するのがドミトリーです。

ちなみに女性専用のドミトリーというのもあるので、女性はそれを利用するという手もあります。

コレクティブハウスとは

かなり特殊なスタイルで、家族ごと入居できるシェアハウスといった感じです。

もともとは1930年代にスウェーデンやデンマーク、オランダなどで始まったものが最初と言われています。

各世帯には、キッチンやバス、トイレ、洗濯ができるスペースがあって、独立はしているのですが、それは別に共有スペースとしてのリビングや中庭などのシェアスペースがあります。

小さな共同体という感じですね。

コレクティブハウスには、分譲タイプと賃貸タイプがあり、それもほかのシェア物件とは違う点です。

シェアハウスやルームシェアなどの違いまとめ

こうしてそれぞれを比べてみると、結構違うことに気が付きますね。

さらにシェアハウスの中でも、高級シェアハウスや会議スペースのあるシェアハウス、ボルダリングができるシェアハウスやフットサルコートがあるシェアハウスなど多種多様です。

シェアハウスに興味をもったら、ぜひインターネットで探してみてください!

※シェアハウスは他の賃貸物件と違い、街の不動産屋さんにはあまり情報がないので、インターネットでの情報収集がとても重要となります。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑