引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

同棲するときの初期費用の意外な落とし穴と節約術


お金イメージ

恋人と同棲したいけど、どれくらいお金を用意すればいいのかな…と悩んでいませんか?

僕は同棲を何回か経験してきましたので、意外とお金がかかる部分、そして節約できる部分がわかってきました。

同棲は住み始めてからもお金がかかりますので、できればなるべく初期費用は抑えたいところですよね。

今回は「同棲の初期費用をなるべく抑える術」を公開していきたいと思います。

同棲をするときの初期費用のすべて

初期費用がどれくらい掛かるのかという結論から

例えば、2DKのマンションの住んだ場合、家賃が大体、安くても10万円前後くらいです。

ということは…。

当月分の家賃 10万円
前家賃(翌月分の家賃) 10万円
敷金(家賃の一ヶ月分) 10万円
礼金(家賃の一ヶ月分) 10万円
仲介手数料(家賃の一ヶ月分) 10万円
保険保証会社利用(家賃の70%) 7万円
火災保険料 1.5万円
引越し代 3万円
合計 61.5万円

1つの例ですが、割とこれくらいはいってしまいます。

なんとかして安く済ませたいよな…という方にオススメなのが、キャッシュバックがついている不動産サイトです。

ここで、キャッシュバックが10万円の物件を選べば、先ほどの計算でいうと45万円が35万円ですんじゃいます。

参考記事:キャッシュバック賃貸を実際に使ってみました。

同棲の初期費用を安くすませるコツ

引越しをするときにかかる主な費用を簡単に説明すると、

  • 当月分の家賃(入居する日によって金額が日割り計算で安くなります。)
  • 前家賃(入居前に支払う家賃のこと。翌月分の家賃です。)
  • 敷金(大家さんに預けるお金のこと。部屋を壊したり汚したり、家賃を滞納したときのためのものです。特に問題なければ退去時に返ってきます。)
  • 礼金(大家さんに払うお礼の意味を込めたお金。なかなかに意味不明ですが、そういうものです。家賃交渉で一番交渉しやすい部分。)
  • 仲介手数料(担当した不動産屋さんに支払うお金。通常一ヶ月分です。)
  • 保険会社利用(物件によっては、保証人は親とかではなく、保証会社を使ってくれ!と言われることがあります。)
  • 火災保険料(自分のミスではなく、隣の人が火事をおこしてあなたの部屋も被害にあった場合などの保険。1万円から2万円くらいです。)
  • 引越し費用(引越しにかかる費用。月によってかなり金額がかわります。

こんな感じになります。

これに加えて、家具や家電を揃えると結構な金額になってくるのですが、最低限で済ませようとするとどれくらいの金額になるでしょうか?

僕の計算したところによると、同棲するための初期費用は家具家電を別にして、最低30万円ほどです。

参考記事:一人暮らしの初期費用は30万円で行けるのか!?

ただし、これはワンルームタイプの安い物件を元にしていますので、できれば40万~60万円ほどは欲しいところです。

スポンサーリンク

敷金や礼金がなしの物件はしっかり調べてから借りよう!

敷金や礼金がない、いわゆるゼロゼロ物件というのもあります。

初期費用がかなり抑えられるステキ物件!

しかし、全部が全部いい物件とは限りません。

家賃が安いけど、住人がみんなアブナイ人達ばかりだった、とか入居時になぜかクリーニング代を請求されたりといったこともありますので、ゼロゼロ物件の場合は特に注意して部屋探しをしてみてください。

参考記事:敷金礼金なしのデメリット

引越し費用を安く抑えるためには、引越しまとめサイトを利用する

引越し費用というのは、業者によってかなりの値段の差があります。

僕が探していたときも、業者によっては3万円くらい違いました…。

引越しまとめサイトを利用すると、簡単に安いところを見つけ出すことができるのでオススメです。

参考記事:引越しまとめサイトは絶対にココがいい理由

スポンサーリンク

同棲のための引越しに一番安い時期とは

引越しというのは、時期によって費用が変わってきます。

費用だけでなく、空き物件の数もかなり違うので、時期は選んだほうがお得です。

ちなみに一番空き物件がある時期というのは、1月から3月にかけてです。

そして引越し費用が一番安くなるのは、6月と9月だと言われています。

春先など、引越しが多くなる時期はなるべくはずすのが得策ですね。

参考記事:引越しと部屋探しの最適な時期はここだ!

物件探しの重要なコツ

物件探しというのは、2人で愛を育む場所を探すわけですから、予算内でできるだけいいところを見つけたいですよね。

「損をしないでいいところに住むためのコツ」というのをまとめてみましたので、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:部屋さがしのコツを知らないとかなりの損!

部屋の大きさで、初期費用は大きく変わる!

例えば、家賃10万円の部屋を借りるとします。

敷金が1ヶ月分、礼金が1ヶ月分、仲介手数料が1ヶ月分だとすると、前家賃や家賃と合わせて合計5ヶ月分、つまり50万円が最初に必要になってきます。

ところが同じ条件で、家賃が6万円の場合は、最初に必要な金額は30万円です。

家賃が10万円のときと比べたら20万円もの差になってきます。

同棲する時に2人とも働いていればいいのですが、どちらかが不安定な職の場合は、金銭問題が起きないとも限りません。

不動産屋さんに行って、いろいろな物件を見ていると、どうしてもいい部屋を借りたくなってしまいますが、なるべく無理のないように、自分たちにあった部屋の大きさを借りるようにしましょう。

ぼくのおすすめは2DKです。

これですね。

これが経験上、一番お互いの時間もとれつつ、2人の距離が離れない間取りになります。

参考記事:同棲の間取りレポート

ガスはプロパンガスよりも都市ガスがオススメ!

物件によって違うのですが、料理やお湯を沸かすのに使うガスは2種類あります。

都市ガスというのは、公共料金のために、費用はどこでもいっしょです。

プロパンガス(LPガス)というのは取り扱っている業者が復数あり、それぞれが独自の値段設定にしています。

プロパンガスは一般的に都市ガスよりもかなり値段が高いので、なるべく都市ガスの物件を選ぶようにしましょう。

※プロパンガスでも安い場合があるかもしれませんので、気に入った物件がプロパンガスだった場合は価格を聞いてみてください。

 おしゃれで安めな家具を売っているお店

初期費用で意外とかかるのが家具です。

部屋の雰囲気にあうもの…と探していくと、意外と高い家具しかなかったりすることも。

なるべく部屋のインテリアは全部同じお店で安く揃えるのがポイントです。

僕のおすすめは、イケアやノーチェ、フランフランなどです。

1つのショップでまとめて買うと、部屋の統一感がすごくでますよ!

参考記事:オススメのインテリアショップ

同棲に必要なもの

同棲に必要なものをリストアップしてみましょう。

同棲の最初に必要なものリスト 大体の予算
洗濯機 6万円ほど
電子レンジ 1.5万円ほど
テレビ 3万円ほど
冷蔵庫 3万円ほど
食器 6千円ほど
ベッド・毛布 3万円ほど
バスタオル 1枚1000円ほど
カーテン 1つの窓につき4000円ほど
トイレットペーパー 数百円
炊飯器 1.5万円ほど
ダイニングテーブルやイス 1万円ほど
ソファ 1.5万円ほど
合計 22万円ほど

あくまで参考ですが、最初からバッチリ揃えようとすると、ざっとこれくらいはかかってしまいます。

しかもソファとかこだわると一気に5.6万円くらいになっちゃいますしね…。

なので、最初は本当に必要なものだけをリストアップして買うようにしましょう。

家電は大型家電量販店(ヨドバシカメラやビックカメラなど)がオススメで、そのほかのものはネット通販や無印良品がオススメです。

なにを買うかというのは同棲をするにあたってまず最初のケンカポイントになります笑

2人できゃっきゃうふふしながら欲しいものリストを作ることでケンカを防げますよ!

100均で買える小物を見てみると…

ここまででかなり費用がかかるのね…と思われている方も多いのではないでしょうか。

ポイントはできるだけ最初は安く買えるものは安く買う、ということです。

特に消耗品は安いものを使いましょう。

例えば…

  • コップ
  • お箸・フォーク・スプーン
  • ティッシュ
  • ラップ
  • アルミホイル
  • キッチンペーパー
  • 食器用洗剤
  • 食器用スポンジ
  • ハンガー
  • お風呂洗用洗剤
  • 部屋に置く時計
  • 絆創膏

こういったものは100均でそこそこちゃんとしたものが買えます。

インターネットは光回線ではなくポケットWiFiで!

月々のインターネット費用を節約したいのであれば、ポケットWiFiがオススメです。

光回線の半分くらいの費用ですむことも…!

参考記事:引越し時にインターネット環境を格安で作る方法

タイプ別:同棲初期費用の考え方

学生(彼氏)×学生(彼女)の場合

彼氏も彼女もどっちも学生の場合は、なるべく費用は半々にするのがおすすめ。

ただし、どちらかが親の仕送りがものすごくある場合は、その方が多めに払うことになりがちです。

学生同士の同棲は長く続かない割合が多い(いや続く場合もありますよ!)ので、彼氏か彼女のどっちかがしっかりしていることがもっとも重要です。

女性がキャバクラなどでバイトをしていると、男性と金銭感覚がかなりズレてしまうことがあるので注意。

学生同士の場合はどちらも実家から出てくる≒家具を持ち出せないということになります。

つまりは、家具は全部買わないといけないということ…。

最初はドン・キホーテなどの安いお店でとりあえず揃えちゃいましょう。

フリーター(彼氏)×学生(彼女)の場合

これはまぁよくあるパターンで言えば、ビジュアル系バンドマンの彼氏と、その彼女の生活ですね。

彼氏はとりあえずお金がないので、彼女ががんばって稼ぐことになります。

知り合いにも何人かいるのですが、職業はキャバクラ嬢や愛人とかですね…。

知り合いから見ると「おいおい大丈夫かよ…」という感じですが、当人たちはいたって幸せそうなのでとりあえず見守っておきます。

さりげなく彼女がものすごく稼いでいて、普通の社会人カップルよりも良い暮らしをしている場合があります。

社会人(彼氏)×学生(彼女)の場合

社会人がほとんどを出すことになるパターンが多いようです。

ぼくも前に同棲したときはそうでした。

その代わり、部屋の配置などに関してはぼくの意見が優先されるという感じです。

学生のときって、ほんとお金ないですもんね…。

社会人が学生と同棲すると、周りから「うらやまけしからん…」と言われるパターン。

長持ちする秘訣は、彼女の料理がうまいこと。

ベタですが、ホントにこれにつきます。

社会人(彼氏)×社会人(彼女)の場合

年収にそれほど大差がない場合は半々でだして、年収に差がある場合は、その差分を多いほうが出す感じです。

社会人同士の場合、休日が同じじゃないと結構キツいです。

例えば、彼氏が平日休みで、彼女が休日休みだと、2人でどこかに出かけることがかなり難しくなります。

休みのすれ違いが続くと、心もすれ違いがちになってしまい、お互い心の距離が離れてしまうことも…。

逆に休日が同じだとそのまま結婚にいきやすいのもこのパターンの特徴ですね。

初期費用だけじゃない!普段の生活費も考えておこう

 

同棲するときは、初期費用だけでなく、引越した後の生活費も考えておきましょう。

最初の2ヶ月分くらいは余裕をみて貯金しておくと非常に楽です。

月の生活費で一番少ないパターンでも一人あたりおよそ7万円前後はかかってしまうと思います。

もちろん生活スタイルによってもっと節約することもできますが、あまり切り詰めた生活ばかりをしているのも疲れちゃいますよね。

同棲前にある程度の予想をたてて、それにあわせて生活するようにしましょう。

参考までに都内で住んだ場合の一ヶ月の生活費です。

生活費の内訳 おおよその予算
家賃 10万円
電気代 7,000円
ガス代 4,000円
水道代 3,000円
食費 40,000円
外食・交遊費(2人合わせて) 50,000円
スマホ代(2人合わせて) 14,000円
合計 218,000円

合計で22万円前後、一人あたり11万円という感じになります。

貯金もあわせてしようとすると結構がんばらないと…という感じですよね。

ですが、1人で暮らすよりも毎日はだんぜん楽しくなります。

2人で楽しい生活を送っていきましょう!

参考記事:同棲の生活費ってリアルだとどれくらいかかる?

同棲って意外とお金がかかる…メリットってあるのかな?という方に

初期費用をちゃんと考えてみたら、意外と結構かかるからやっぱりやめようかな、と思った方、ちょっとお待ち下さい!

同棲するメリットだってちゃんとあるんです!

では今一度、同棲するメリットをおさらいしてみましょう。

同棲するメリット

浮気をする心配が減る

なんだかんだ言って、離れて暮らしていると、浮気を疑うシチュエーションって一回くらいはありませんか?

もちろん浮気してなかったとしても、なんか変だな?って思ってしまうとき…あることもあります。

2人で住んでいれば、そういった心配はほとんどなくなります。

お互いの性格がより深くわかる

同棲すると一緒にいる時間が非常に長くなります。

一緒にいる時間が長くなってこそ、初めてわかる相手の素顔…(化粧を落としたところという意味もあるかもですが)この人はこんなことも考えてる人だったんだ、というふうに新たな魅力に気がつくかもしれません。

意外と金銭面での余裕が生まれる

同棲すると、意外と2人別々に暮らすよりもお金面で余裕が生まれやすくなります。

何と言っても、家デートができるのが良いですよね。

外食を減らして2人で自炊をするだけで家デートっぽくなりますし、家で映画を観るだけでも立派なデートです。

寂しい夜がなくなる

人間だれしも、寂しいなー、と感じる夜はありますよね。

同棲しているとそんな日はなくなります。

これ、2人で住んでいるときは忘れがちなのですが意外と重要です。

結婚したあとの生活が想像できる

一緒に住むことで、結婚したあとのライフスタイルが想像できます。

この人となら結婚してうまくやっていけそう!という自信にもつながりますので、ぼくは同棲をおすすめしています!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑