引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

単身赴任の生活費の平均ってどれくらいが普通?調べてみました。


会社員イメージ

単身赴任をすることになり、引越しをしたものの、一体月々の生活費ってどれくらいかかるのか心配になりますよね。

今なんとなく考えている金額で、はたして本当にやっていけるのでしょうか。

平均的な生活費と実際にやってみるとこれくらいかかるという額を書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

単身赴任の生活費内訳

一番大切な食費

食費は月々、平均2万円から3万円と言われています。

しかし、実際こんな少ないとかなりキツいです。

3万円だった場合でも、1日に使えるのは約1000円。

社食があれば余裕ですが、赤坂など土地柄ランチが高いところになってくると、毎日うどんだったり、カレーだったりしてしまうことも。

僕も赤坂で何年か仕事をしていましたが、毎日お昼だけで1000円近くいっていました。

コンビニの弁当は意外と高い!

お昼にコンビニのお弁当を買ってしまうと、600円プラス飲み物で150円、合計750円も使うことになり、朝と夜に使える食費はたったの250円ということになってしまいます。

これはあまり現実的ではありません。

食事に不満がでてくると、仕事の能率も下がる

仕事中の食事を楽しみにしている方や気分転換にしている方は少なくないと思います。

しかし、節約をしすぎて、毎日菓子パンとコーヒーだけ…なんていう生活をしていたら、ストレスは溜まる一方です。

食費は一番削りやすい項目ですが、一番削ってはいけない項目でもあるのです。

自炊は思ったほどできないし、安くならない

自炊はよほど慣れた人でないと、節約にはなりません。

しかも、仕事で疲れてる時に毎日自炊なんて気力も持ちませんよね。

現実的な食費の額とは

僕自身の現実的なところは、月4万円から6万円です。

これですと、食生活はかなりリッチになります。

お昼に同僚と1000円ランチ、なんてこともできちゃいます。

都内では特にこれくらいはみておかないと、3食満足に食べるのは厳しいかもしれません。

公共料金の平均額

公共料金の場合は、平均およそ8000円程度と言われています。

内訳として、

電気・・・3000円

ガス・・・3000円

水道・・・2000円

という感じです。

単身赴任の場合、家にいることが少ないのでこれくらいには収まる方がほとんどではないでしょうか。

※ガスはなるべく都市ガスの物件を選びましょう。プロパンガスは料金がかなり高いことがあります。

交際費の平均額

友人や同僚と飲んだりする費用の月平均はだいたい20000円前後と言われています。

しかし、これは人によって大きく差がでてくるところですので、平均額はあまり意味をなさないかもしれません。

交際費を抑えるポイント

交際費を抑えるには、飲みの回数を減らすこと、安くて美味しいお店を探すことです。

ちなみに僕のオススメのチェーン店は、「一休」もしくは「鳥貴族」です。

どちらも美味しい上に安いので、ぜひ行ってみてください。

さらに、居酒屋では、ご飯類を最初にさり気なく注文しておくことで、お腹を一杯にして結果的に飲む量をセーブするというテクニックもあります。

単身赴任の生活費まとめ

結果としては、月々8万円から9万円くらいはみておいたほうが無難なようです。

もちろん社食など節約できる設備があればさらに低くもなります。

しかし、単身赴任はそれだけでも寂しくてツラいものです。

せめて生活費はある程度の余裕をもって、気分転換や娯楽などをできるようにしておきたいですよね。

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑