引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

中古分譲マンションの落とし穴:もしかして違法建築かも?【引越し豆知識】


古いマンション

建築当時は合法だったのに、法律の改正などで今は違法になっているマンションが意外と多く存在することをご存知でしたか?

既存不適格建物と言って、増改築の時に大きなデメリットが発生することになります。

せっかくお買い得な価格で分譲マンションを買ったのに、買ったとたんにやたらと修繕費などでお金がかかる…なんてことも。

さらには、住む部屋自体が違法で出ていかなければならないことすらもありえます。

スポンサーリンク

中古分譲マンションが違法になる、既存不適格建物

新耐震設計基準前の建物は耐震補強が必須

1981年の6月に新耐震設計基準が設定されました。

つまり、この年代以前の建物は、耐震基準が低いため、今の建物よりも弱い構造になっているものが多いのです。

最近は地震の発生も多くなっているので、耐震レベルが低い建物だと不安ですよね。

耐震補強をすれば問題なくなるマンションが多いのですが、費用はそれなりにかかってしまいます。

マンションの資産価値としても、新耐震設計基準に準拠しているかどうかで大きく価値が変わります。

物件の日当たりをまもるための法律改正

昔はわりと適当だった法律がどんどん整備されて、物件の日当たりにかんする法律などはかなり厳しくなりました。

例えば、あなたが10階建てのマンションの8階の部屋を買ったとします。

しばらく住んでいて、そろそろ建物をリフォームしないといけない時期になりました。

しかし、隣にはマンションの日陰になる部分に一軒家が建っていたとします。

その場合、隣の一軒家の日当たりが悪くならないように、マンションの階数を減らさなければならない場合もあるのです。

例えば、5階までなら隣の一軒家の日当たりに影響しないので、6階以降は取り壊しにします、なんてことにもなりかねません。

せっかく一生住むつもりで分譲マンションを購入したのに、取り壊しになってしまうなんて目も当てれらませんよね。

さまざまな問題からスラム化していくマンション

上記のような問題から、建て替えしたくてもできないマンションが多くあります。

そのようなマンションの場合、住んでいる人もどんどん減っていき、逆に値段は安くなっていくので、得体のしれない人達が集まってきます。

設備もボロボロになったままなので、住人のマナーもそれにつられて悪くなっていきます。

廊下にゴミのポイ捨てやエレベーター内での放尿(!)など、すでに一部の団地ではそうなってしまっているようです。

分譲マンションを買うときは、安物買いの銭失いにならないようにしっかりと注意して購入しましょう!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑