引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

引越しの吉日と悪い日はどちらを選べば得なのか


悩む人

「その日は仏滅で縁起が悪いからやめとけば?」と引越しの時に言われたことがある方もいるかと思います。

だけど本当に吉日じゃないとダメなの…?

そもそも吉日ってなに?という疑問が湧いてきましたので、調べてみました。

縁起の良い日、悪い日とそれに伴う引越し費用をお得にする方法をお教えいたします(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

吉日と悪い日は「六曜」で決まる

六曜(ろくよう・りくよう)は日本で一番カレンダーに書かれているものです。

大安吉日、とかよく言いますよね。

六曜はその名の通り、6種類のパターンを繰り返しています。

そのパターンとは、先勝(せんしょう・さきかち)、友引(ともびき)、先負(さきまけ・せんぷ)、仏滅(ぶつめつ)、大安(たいあん)、赤口(しゃっこう・せきぐち)の6つです。

先勝(せんしょう・さきかち・さきがち)

早い者勝ち。午前中は吉で午後は凶と言われています。

なんでも急いだほうが良い日です。

友引(ともびき)

なにか勝負をしても、引き分けばかりで勝負のつかない日です(そんなバカな…)

朝は吉で昼は凶、夕方は大吉と言われています。

先負(さきまけ・せんぷ)

先んずれば負ける、という意味。先勝の逆ですね。

昔は「小吉」などと言われて吉日とされてましたが、途中からこうなったようです。

午前中は凶で、午後は吉という説も。

仏滅(ぶつめつ)

全てが虚しいという解釈の物滅が、近年、仏滅と書かれるようになったそうです。

何事も遠慮する日と言われています。

大安(たいあん)

すべてラッキー!的な日です。

よく宝くじ売り場で、本日は吉日大安!なんて言われてたりしますよね。

引越しもこの日に行うのが良いと考える方が多いようです。

赤口(しゃっこう・せきぐち)

午前11時から午後1時の短い時間のみ吉で、それ以外は凶とされるシビアな日です。

実は六曜は仏教とは関係がない

仏滅とあるので、なにか仏教と関係があるのかと思いきや、一切なにも関係がありません。

むしろ浄土真宗では、日によって吉凶を選ぶのはよくないよ、と言っています。

ですので、さほど気にしなくても良いと思います(人それぞれですけど)

逆に仏滅や赤口が引越し費用を安くする狙い目という考え方も

一人暮らしの方で、六曜を気にしているという方はあんまりいないと思いますが、ご年配の方の引越しや、会社の引越しなどは六曜を気にする方もまだまだいるようです。

ということは、引越し屋さんにしてみれば、大安吉日の日には引越しの依頼が多く、仏滅や赤口の日には引越し依頼が少ないということになってしまいます。

そこで、依頼が少ない日をあえて選ぶことで、費用を安くする交渉もできるわけです。

 

縁起を担ぐか、費用を安くするか、はたまた引越しに都合のいい日を選ぶか…、みなさんそれぞれだと思うので、納得のいく日で引越しをするようにしてみてください!

物件選び、めんどくさくないですか?

ひょっとして、あなたがこれを読まれているということは、引越しを考えている状態ではありませんか?
物件選びって、一度やったことがある方ならわかると思うんですけど、めちゃくちゃめんどくさいですよね…。
そんな場合に便利なのが「家探しのコンシェルジュサービス」です。
ぼくも実際に使ってみたので、よかったら読んでみてくださいー!

PAGE TOP ↑