引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

賃貸の退去費用の相場はいくら?ガイドラインの内容もわかりやすく解説!


入居審査書類
新しい部屋に引越し!と浮かれていたのもつかの間、請求された退去費用を見て「こんなにお金かかるの!?」びっくりした人も多いんじゃないでしょうか。

今回はそもそも退去費用って何?請求された額って妥当なの?払わなかったらどうなる?などの疑問を、国土交通省のガイドラインの内容を元に解説します!

ちなみに、ぼくは10回以上引越し経験がありますが敷金はほとんどまるっと戻ってきています。

そもそも退去費用とは?

「退去費用」とは、借りている部屋から引越しするときにかかる費用のことです。

具体的には部屋を借りたときと同じような状態に戻すための「原状回復費用」と、専門の業者を読んで部屋を掃除してもらう「ハウスクリーニング代」を合わせたものを指します。

同じような広さの間取りであっても、部屋の使い方や入居時の契約内容によって退去費用の相場は変わってきます!

基本的に退去費用は、入居時に預けている「敷金」の中から支払われます。敷金でまかないきれない場合は別途請求され、敷金が残った場合は返してもらえます。

敷金-退去費用=支払う金額 ですね。

もし、敷金なしで入居した場合は退去時に全額請求されるため退去費用が高くなりがちです。

賃貸って入居するときも退去するときもほんとにお金がかかりますね……(´・ω・`)

敷金が返ってくる確率は?

お金と電卓と通帳
リクルート住まいカンパニーがおこなった「引越しに関する実態把握調査」によると、敷金が返ってきた人は全体の31.5%だったそうです。

退去費用が無かった、もしくはあったけど敷金内で収まった人の割合ですね。

下の表で、返金された敷金の平均額を間取りべつでまとめてみました。

一人暮らしに多いワンルームや1Kだと3万円前後は返ってきそうですね!当たり前ですが、家賃が上がれば返ってくる金額も大きくなります(笑)

返金された平均額
ワンルーム 約29,000円
1K 約37,000円
1DK 約41,000円
1LDK 約67,000円
2K 約34,000円
2DK 約49,000円
2LDK 約66,000円
3LDK 約81,000円
全体 約54,000円

参考:リクルート住まいカンパニー「引越しに関する実態把握調査」

追加費用を請求された場合の平均額

退去費用を敷金でまかなえきれず追加費用を請求された、または敷金なしの物件に住んでいた場合の平均額です!

返金された人が31.5%ということは、全体の68.5%は追加費用を請求されていることになります。

半分以上の人が追加で費用を支払っているんですね……。意外と多いなってぼくは思いました。

追加で支払った費用の平均額
ワンルーム 約69,000円
1K 約77,000円
1DK 約91,000円
1LDK 約126,000円
2K 約92,000円
2DK 約117,000円
2LDK 約148,000円
3LDK 約169,000円
全体 約121,000円

参考:リクルート住まいカンパニー「引越しに関する実態把握調査」

退去費用がいくらだったか聞いてみた

僕の友人に退去費用がどれくらいだったかを聞いてみました!自分に当てはまるケースがあれば是非参考にしてください!

家賃4.5万円の1Kに住んでたKさんの場合

・男性
・喫煙者
・敷金あり
・住んだ期間:2年
敷金 (4.5万円)
原状回復費用 7.5万円
ハウスクリーニング代 4万円
退去時の支払い 7万円

タバコを吸っているKさん。しかもかなりのヘビースモーカーです。

ヤニ汚れや、タバコの匂いがひどいため壁紙を全部張り替える必要があったので、原状回復費用が7.5万円と高額になっています。

タバコを吸ってると壁紙だけでなくエアコンや換気扇もかなり汚れるので、ハウスクリーニング代もかさみがちです。

幸いKさんの場合は、壁紙以外の汚損や破損したところはなかったので自己負担額は7万円で収まっています。

家賃8万円の1Kに住んでたSさんの場合

・女性
・非喫煙者
・敷金あり
・住んだ期間:4年
敷金 (8万円)
原状回復費用 1万円
ハウスクリーニング代 3万円
退去時の支払い 0円(敷金4万円返金)

非常に部屋をキレイに使っていたSさん。最低限の原状回復費用とハウスクリーニング代だけで住んだので、敷金の半額が返ってきたそうです。

多少の床やドアの小さい傷は普通に住んでいればついてしまうものと判断され、とくに請求はされなかったとのこと。

普段から掃除を心がけていれば、無駄な追加費用はとられなくて済みそうですね!

家賃6.5万円の1Kに住んでたAさんの場合

・女性
・非喫煙者
・敷金なし
・住んだ期間:3年
敷金 0円
原状回復費用 2万円
ハウスクリーニング代 3万円
退去時の支払い 5万円

入居時に敷金を預けてなかったAさん。原状回復費用とハウスクリーニング代で退去費用は5万円でした。

もしAさんが部屋でタバコを吸っていたら、退去費用だけで余裕で10万円くらいは飛んでいってしまいますね……!

それじゃなくても新居への引越しでお金がかかるので、退去費用で5万円もっていかれるのはイタい出費です。

そもそも原状回復費用ってなんのこと?

アパート解約書類
「原状回復費用」とは、借りていた部屋を「もとの状態に戻す」ための費用のことです。

賃貸における原状回復の定義は、国土交通省によってこんなふうに決められています。

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」※「賃借人=入居者」

お役所の文章は堅苦しくてわかりにくいので要約すると……(笑)

「わざとやった・不注意によってやった、普段の掃除をしなかった、など一般的じゃない使い方でできた傷や汚れだけが、原状回復の対象になる」ということです。

普通に生活していてできる傷や汚れは「通常消耗」と呼ばれ、入居者ではなく大家さんが負担しなければならないのです!

入居者が負担するところ

国土交通省のガイドラインを元に、入居者が負担する傷や汚れをまとめました!

ようは、一般的な使い方じゃないよ~って判断されてしまう傷とか汚れですね。

・なんらかの作業でついた引っかき傷
・冷蔵庫下にできたサビが原因の痛み
・雨や水漏れを放置してできた床の色落ちや痛み
・飲み物や料理をこぼしたことによるシミやカビ
・キッチンの油汚れ
・結露の放置によるシミやカビ
・エアコンからの水漏れの放置による腐食
・タバコなどのヤニ汚れや臭い
・くぎ穴、ネジ穴
・天井に直接つけた照明器具の跡
・ステッカーや落書きなどの故意の汚損や破損
・ペットによる傷や臭い
・コンロ置き場や換気扇などの油汚れやすす汚れ
・水回りのカビや垢
・手入れ不足による設備の破損
・誤った使い方による設備の破損
・鍵の紛失や破損によるの鍵交換

大家さんが負担するところ

入居者ではなく、大家さんが負担するところをまとめました!普通に生活してりゃこれはしょうがないよなあ、という傷とか汚れですね。

・家具の設置によるへこみや設置跡
・フローリングや畳の日焼け
・テレビや冷蔵庫などの電気ヤケによる黒ずみ
・壁に貼ったポスターや絵画の跡
・画鋲やピンなどの小さい穴
・エアコン設置による壁のビス穴、跡
・壁紙の日焼け
・経年劣化による網戸の張り替え
・地震などの自然災害で破損したガラス
・エアコンの内部洗浄
・キッチンやトイレの消毒
・バスタブの交換
・機器の寿命による設備の故障
・フローリングのワックスがけ
・次の入居者のための畳の裏返し、表返し
・破損や紛失などがない場合の鍵の取り換え
・専門業者によるハウスクリーニング

修繕費用の目安

修繕費とひとことで言っても場所によって料金は変わってきます。また業者や修理に使う素材などによっても変わるので、あくまで参考程度にお考えください!

修繕費用の目安
壁紙の張り替え/㎡ 750~1,000円
ふすまの張り替え/1枚 3,000~5,000円
トイレの水垢・カビの清掃 5,000~8,000円
床材についた汚れ/1ヶ所 10,000円
サッシのカビの清掃/1ヶ所 10,000~20,000円
浴室の水垢・カビの清掃 10,000〜20,000円
キッチンの油汚れの清掃 10,000〜25,000円
床材の張り替え/1枚 8,000~10,000円
壁の下地ボードの取り替え 30,000~60,000円
壁紙の張り替え(全面/6畳) 30,000~40,000円
柱の修繕 10,000~40,000円
カーペットの張り替え 40,000~60,000円
フローリングの張り替え 80,000~120,000円

長く住めば退去費用は安くなる

入居者負担になる部分でも、長く住めば修繕費は安くなります。

例えば壁紙は、新品の場合はほぼ100%全額負担になりますが、3年住めば50%、6年でほぼ0%になります。

国土交通省のガイドラインでは、壁紙の耐用年数は6年とされているので、6年以上住めば壁紙の価値は1円として計算されます。

主な設備の耐用年数はこんな感じです。

耐用年数 設備
5年 流し台
6年 壁紙、カーペット、エアコン、インターホンなど
8年 書棚、たんす、戸棚などの金属製ではない家具
15年 便器、洗面台の給排水設備、金属製の家具など

入居者の負担は最小限に抑えられる

入居者の負担で原状回復する場合は、できるだけ最小単位での修繕が適用されます。

東京都は「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」で基準を設けています。都内にお住まいの方は参考にしてください!

入居者の負担範囲
フローリング ・原則㎡単位
・汚損箇所が複数箇所の場合は居室全体
・部分補修の場合は経過年数は考慮しない
・原則1枚単位
・汚損箇所が複数枚に渡る場合はその枚数分
・消耗品に近いので経過年数は考慮しない
カーペット
クッションフロア
・汚損箇所(単位は特になし)
・汚損箇所が複数箇所の場合は居室全体
壁紙 ・原則㎡単位
・張り替えが必要な場合は一面分までを入居者負担とする場合もある
・タバコなどのヤニや臭いはクリーニングまたは張り替え(部分補修が困難なため)
ふすま ・1枚単位
・消耗品であるため経過年数は考慮しない
・1本単位
・原則として経過年数は考慮しない
設備機器 ・補修にかかった費用
・交換にかかった費用
・補修にかかった費用
・紛失の場合はシリンダーの交換費用も含む
・紛失の場合は経過年数は考慮しない

参考:東京都「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン 第3版」

例えばフローリングですが、汚れが1ヶ所だったらその部分だけ負担すればいいんです。

万が一悪質な大家さんに全面張り替えを要求されたとしても、応じる必要はありません!

ただ、タバコのヤニ汚れや匂いなどは一部分だけでは修繕にならないため、全部張り替えることが多いです。

うーん……。賃貸でタバコを吸うならそれなりの退去費用を払う覚悟じゃないとダメですね。

ハウスクリーニングってなんのこと?

ハウスクリーニング
「ハウスクリーニング」とは、専門業者によるプロのお掃除のこと。

自分たちではできないようなところとかも掃除してくれるし、業務用の洗剤や機械を使ってくれるのでめっちゃキレイになります。

ハウスクリーニング業者が掃除してくれる主な内容はこんな感じ。

・フローリング
・カーペット
・壁紙の清掃と張り替え
・キッチン
・換気扇
・お風呂
・トイレ
・洗面台
・ベランダ
・窓
・エアコン

部屋をまるごと掃除してくれると言っても過言ではありませんね!

国土交通省のガイドラインでは、ハウスクリーニング費用は基本的には大家さんが負担することになっています。

ですが「クリーニング費用は入居者の負担とする」という「ハウスクリーニング特約」が賃貸契約に含まれていることがほとんどです。

特約に書いてなければ大家さんの負担になるので、確認してみてくださいね!

ハウスクリーニング代の相場

間取りごとのハウスクリーニング代の相場をまとめました!

専有面積や汚れのひどさ、業者によって値段はけっこう変わってくるのであくまで参考程度に見てくださいね!

ハウスクリーニング費用
ワンルーム・1K 15,000~25,000円
1DK・2KK 30,000~35,000円
1LDK・2DK 40,000~45,000円
2LDK・3DK 50,000~60,000円
3LDK・4DK 60,000~70,000円

ちなみに、ハウスクリーニング業者の指定は基本的にできません。大家さんや管理会社が決めることがほとんどです。

どうしても自分で業者を選びたい人は相談してみましょう。

国土交通省のガイドラインより契約書の内容が優先!

国土交通省のガイドラインよりも、賃貸契約書の内容に書かれているほうが優先されます。ガイドラインはあくまで基準であって法律ではないからなんですね。

「契約書にサインしてハンコを押している=契約書の内容に合意している」ので、退去時にクレームを入れてもほとんど無駄です。

ただし「原状回復にかかる費用はすべて入居者が負担」などの悪質で一方的な内容の場合は、無効にできる場合があります。

敷引特約に注意せよ!

敷引きとは、入居時に預けた敷金からあらかじめ差し引かれる金額が決められている特約のこと。

どんなに退去費用が安く済んだとしても、最初から決められた金額はもっていかれるので返してもらえません。

契約書にこんな感じの内容が書かれていたら「敷引き特約」です。「償却」は一定の金額を差し引くという意味です。

①退去時、敷金2ヶ月分のうち1ヶ月分を償却する
②ペットを飼育した場合、敷金2ヶ月分をすべて償却する

①をわかりやすく解説すると、あなたが入居時に家賃2ヶ月分の敷金を預けてたとします。

退去費用が家賃1ヶ月分以下だったとしても、家賃1ヶ月分は問答無用で差し引かれます。

本来、敷金は余った分は返してもらえるものなのに、敷引特約がついている場合は最大でも1ヶ月分しか返してもらえないのです。

ちょっと納得いかない気がしませんか?

もちろん、1ヶ月分の敷金だけで退去費用がまかなえない場合は返してもらえる金額が減りますし、最悪の場合は追加で請求されます。

②はペット可物件にありがちなんですが、ペットを飼ったら問答無用で敷金は一切返しませんという特約です。

ペットを飼わなければ、必要な金額だけ差し引かれて余った敷金は返してもらえます。

また「保証金」が必要な関西地方の場合は「解約引き」という似たような特約がついている場合もあるので注意が必要です。

退去の掃除で敷金まるっと作戦

ふきんとスプレー
余計な退去費用をとられないためにも、必要最低限の掃除はしておいたほうがいいです!

タバコを吸わないからということもありますが、ぼくは10回以上引越ししても敷金はほぼまるっと返ってきてます。

ちなみに、掃除は荷物を運び出してからやるほうが効率的です!家具や家電を置いてると掃除できない部分も多いですからね!

ぼくの経験に基づいて、最低限の掃除の仕方とコツを紹介します!

※紹介する方法を実践したのに費用がかかった!という苦情は受け付けられませんので、悪しからずお願いします。

ぼくはとくになにもしてません(笑)タバコを吸ったり、毎日部屋で焼き肉を焼いたりしてなければそんなに汚れないもんです。

タバコを吸う人は、中性洗剤を薄めて激落ちくん(メラミンスポンジ)で軽くこすりましょう。その後に雑巾で拭き取ればOK!

ただ、中途半端にやるとかえって汚れが目立ったり、広がったりします。

ぼくは掃除機で掃除するだけ。ホコリが落ちてなければだいたいOKです。

隅っこのほうはホコリが溜まってるので、そこだけ注意しましょう。

お風呂

普段どおりの掃除だけしました!カビキラーとかでスプレーして置いておくだけでもかなり落ちるのでやっておきましょう!

頑固な汚れの場合は、使わなくなった歯ブラシなどでこすると落ちやすくなります。

鏡が汚れてる場合は、激落ちくんでこするのがおすすめ。クエン酸があれば水でうすめて一緒に使うと効果的です。

トイレ

トイレも普段どおりの掃除だけです。

便器はカビキラーでぷしゅぷしゅしてささっと拭くだけ。あとはトイレクイックルとかで、トイレ本体を拭き取りするくらいです。

キッチン

僕は自炊をするので換気扇とかちょっと汚れてたと思うんですが、特になにもしてません(笑)

換気扇の油汚れがとんでもないことになってる人は、300円くらいでレンジクリーナーが売ってるのでスプレーして拭いておくくらいでOKです。

窓ガラス

窓ガラスもとくになにも……(笑)ほんとに特別なことはしてないですね。あまりにも汚れが目立つ場合は軽く拭いておく程度でOkだと思います。

ベランダ

ベランダは掃き掃除だけささっとしました。ゴミや枯れ葉などが落ちてなければだいたいOKかと思います。

見積もり書は必ず発行してもらおう

退去時は必ず立ち会いに行って、修繕する場所と金額を確認しましょう。その際、必ず見積書を発行してもらうのをお忘れなく。

しっかり書面で確認してあまりにも相場とかけ離れた金額の場合は、その場でサインせずに一旦待ってもらいましょう。サインしちゃうと後で金額の変更は難しくなります。

ぶっちゃけ見積もりを出してる業者は、足元見て高めに見積もった金額を出してることも多いです……。

金額に納得行かない場合は、大家さんや管理会社に電話して「ここの金額が相場よりも高いと思うんですけど……。」と言った感じで詳細を聞いてみましょう。

SNSなんかでも電話しただけで他いくらか費用が安くなったって話もよく聞きますしね!

あくまで冷静に!落ち着いて話しすることが大切です(笑)

退去費用を払わなかったらどうなるの?

管理会社や保証会社から連絡がきます。それを無視し続けると、連帯保証人や緊急連絡先に連絡がいきます。

連帯保証人は契約者と同じ責任を負う必要があるので、連帯保証人に迷惑がかかってしまいます。

最悪の場合、裁判沙汰になって退去費用を払うよりもお金がかかってしまうことも。

どうしてもお金がなくて払えない場合は、一旦不動産屋に相談してみましょうね!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑