引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスはデメリットだらけ?やめとけと言われる理由を徹底解説!


シェアハウス
シェアハウスに住みたいと思ってるけど「シェアハウスはやめとけ!」とか「デメリットだらけ!」って話を聞いて不安に思ってる人も結構いると思います。

赤の他人と共同生活するわけだから勧められないのはなんとなく想像できるけど、何がそんなにいけないのかってよくわかってない人も多いみたいです。

実際にシェアハウスに住んでる&住んでた人たちの体験談を織り交ぜながら、ホントのところはどんな感じなのか徹底解説していきますよ~!

実際にシェアハウスはデメリットだらけ!

シェアハウスはひとつ屋根の下で他人と生活しなきゃいけないから、トラブルやストレスはつきものです!

実際にシェアハウスを体験した人たちの感想を見てみましょう。


「とにかくやめとけ」っていう意見が多いですが、実際にはどんなトラブルやストレスがあったのか、詳しく解説していきます。


シェアハウスに住むと感じるデメリット

実際にシェアハウスに住んだ時のデメリットを紹介しますよ~!

感じ方は人それぞれですが、これはひどいな~って内容がほとんどですね…。

・家賃が安いぶん部屋は狭い
・プライバシーがほとんどない
・思ってる以上に汚い
・臭いもストレスの原因になる
・騒音トラブルが起きやすい
・共有スペースは順番待ちがある
・人間関係がうまくいかない
・盗難に遭うこともある
・ルールを守らない人が多い
・外国人との感覚の違いがしんどい
・変な人が多い
・セクハラを受けるなんてことも

家賃が安いぶん部屋は狭い

シェアハウスに住みたい人は家賃を抑えたいって理由の人が多いけど、そのぶん部屋が狭くなることも覚悟しないといけません。

もちろん立地や条件にもよりますが、都内で共益費込み5万円くらいの部屋は賃貸物件と比べるとメチャクチャ狭いです…。

3万円前後で住める部屋もあったりするけど、ドミトリーといって複数の他人と同じ部屋で生活するっていうタイプがほとんどですね。

ある程度の広さで安い個室に住みたい!って人は、都心から離れてたり駅から遠いところならあるかもしれないけど、便利な場所で家賃を抑えようとすると部屋は狭くなります。

プライバシーがほとんどない

リビングやキッチンなどの共有スペースは常に誰かしらいるし、どこに居ても人の気配はするしでプライバシーはほとんどありません。

さらに、複数の他人と部屋を共有するドミトリータイプだと、トイレやお風呂以外は1人になる時間が一切ありません。

プライバシーを大切にしたい人は、多少家賃が高くなっても個室にしたほうが良いですね。

思ってる以上に汚い

キレイでピカピカなリビングでみんなでワイワイする生活をイメージしてる人が多いと思うんですけど、実際には汚いことが多いようですね…。

みんなで使うキッチンやリビングは、マナーの悪い住人がいると汚したまま放置されてたりするみたいですよ。

食後すぐに食器を洗う人も居れば、寝る前にまとめてやろうって人もいますからね。この2タイプが一緒に生活すると、確実にどちらもストレスが溜まります。

「汚かったら自分で掃除すれば良いや~」くらいに思える人じゃないと、シェアハウスでの生活はきつそうです。

臭いもストレスの原因になる

臭いの問題もありますね。キッチンやリビングが汚いなら掃除したり片づければ済むけど、臭いはなかなか消えないので厄介です。

とくに外国人が多いシェアハウスでは、それぞれ違った文化を持ってるので国によっては週に数回しかお風呂に入らないってこともあるんです。

体臭がきつい人や不衛生な人がいたりすると、リビングで食事したり休んでるだけでストレスになりますよね。

臭いの感じ方も人それぞれなので、悪気なくつけてる香水が不快に感じたり、嫌いな食べ物の匂いが部屋に充満したりなんてこともあります。

騒音トラブルが起きやすい

シェアハウスの部屋は壁が薄いことが多いので、隣の音が気になるっていうトラブルが起きやすいんです。

もし個室に住んだとしても、電話の声が丸聞こえだったり夜中にイビキがすごくて起こされたりなんてこともあります。

夜中からリビングで飲んで騒ぎだす人が居たり、こっそり彼女を連れ込んで話声が聞こえ始めたりと無法地帯なところもあるみたいですね…。

まわりの音に敏感な人は、イヤホンで音楽を聴いたり耳栓をする習慣をつけたほうが良いですね。

共有スペースは順番待ちがある

お風呂・洗濯機・キッチン・トイレなど、みんなで使う共有スペースは順番待ちをすることがあります。

自分にとってベストなタイミングに他の人が使ってたら結構ストレスですよね…。お風呂や洗濯は待てばいいけど、急にトイレに行きたくなった時やお腹が空いた時はきついです。

こればっかりはどうしようもないので、お互いに譲り合いの精神で利用するかちゃんと話し合って決めるしかありませんね。

ルールを守らない人が多い

大体どこのシェアハウスにも、みんなが快適に生活できるようにルールが儲けられていますが、それが徹底的に守られてるってことはほとんどないようです。

「使った食器はすぐに洗って元の場所に戻す」というルールが守られないせいで、食べたいタイミングで食器がないなんてこともあるみたいです。

あまりにもルールを守らない人がいる場合は、運営会社のカスタマーに連絡すれば注意してもらえるみたいだけど、それで悪い癖が直るとは思えないですよね…。

人間関係がうまくいかない

赤の他人同士で共同生活するので、うまくいかないことのほうが多いと思います。とくに相性の悪い人が一緒に住んでると結構きついですよね…。

場合によっては、派閥が生まれてグループでギスギスするってこともあるみたいですよ。

男女や国籍など関係なく人それぞれの相性や考え方の問題なので、できるだけ住人には思いやりを持って生活したほうが良いですね。

盗難に遭うこともある

タチの悪い住人がいるシェアハウスだと、盗難事件が起きるなんてことも…。現金や金品だけでなく、食材や傘などを勝手に使われたりっていう小さい盗難もあるんです。

鍵がある個室ならまだ防ぎようがあるけど、他人と同じ部屋で過ごすドミトリータイプだと防犯対策をするのが難しいのでかなり危険です。

個室に冷蔵庫が付いている部屋を選んだり、貴重品を肌身離さず持つなどしたほうが良いですよ!

外国人との感覚の違いがしんどい

「僕たちに国境なんてないさ~みんな仲良しさ~」なんて言ってても、外国人との感覚の違いにイライラすることもあります。

やたらとしゃべり声が大きかったり、お風呂に入らなくて臭かったり、洗い物を一切やらなかったり…国や人によってさまざまですが、日本の常識が通じない人が多いですね。

やって良いこと悪いことをちゃんと伝えらるのがベストだけど、直接伝えるのが難しい時は運営会社のカスタマーに伝えるしかないですね。

変な人が多い

費用が安いうえに手軽に住めるので「質が悪い入居者」が多いっていうのも問題ですね。

もちろん、貯金のために生活費を節約してたり、異文化交流をしたかったり、目的がある人も中にはいます。

ただ、とりあえず住んでみたっていう人はあらゆる面でだらしないことが多いので、お金や物の貸し借りは絶対にしないほうが良いです。

セクハラを受けるなんてことも

男女共同のシェアハウスだと、セクハラ問題もあったりします。男性側にセクハラした気がなくても、女性側が不快に思うような出来事もありますからね…。

とくに洗濯機や脱衣スペースでは、下着を見られたり着替えてるところを見られたりなんて事故も起こりかねません。

少しでも不安がある人は、条件を女性専用シェアハウスに絞って探したほうが良いですよ!


それでもシェアハウスに住むメリットはある

ルームウェアの女性
ここまで散々デメリットを紹介してきましたが、それでも近年かなりの人気があるシェアハウスにはメリットもあるんです!

実際にシェアハウスに住んだことがある&住んでる人の感想を見てみましょう。


ツイッターで探してたら、メチャクチャ楽しそうなリア充ツイートがいっぱい出てきました!

あれだけデメリットがあるのに住む人が絶えない理由もわかる気がしますね~。

楽しいこと以外にもメリットはたくさんあるので、詳しく解説していきますよ~!

・初期費用が抑えられる
・入居まで手間や時間が掛からない
・家具や家電を買わずに済む
・空いてる物件だと優雅に過ごせる
・雑事をしなくて済む
・寂しくない&友達が増える
・留学気分を味わえる

初期費用が抑えられる

なんと言っても初期費用の安さが魅力ですよね。敷金・礼金・仲介手数料が掛からないことがほとんどなので、かなり安く入居できるんです!(詳しくはこちら)

その代わり、賃貸物件には無い「デポジット(保証金)」や「契約料」という名目で初期費用が少しだけ掛かりますが、それでも10万円くらいで入居できることがほとんどです。

条件によっては賃貸物件より20万円以上も安く済むので、なるべく費用を抑えて引越したい人におすすめですね。

入居まで手間や時間が掛からない

普通の賃貸物件を借りる時は契約から入居するまでに2~3週間かかるけど、シェアハウスだと基本的に1週間以内で入居できます!

早いところだと、翌日~2日後には入居できるってこともあるみたいですよ。

何らかの緊急事態ですぐに住める部屋が必要って人でも安心ですね!

家具や家電を買わずに済む

シェアハウスなら最初から家具や家電が揃ってるので、わざわざ買い揃えなくて済みますよ!

家具家電ってイチから買い揃えると時間もお金も掛かるので、忙しい人とか費用を抑えたい人には嬉しいですね。

荷物が少ない人なら、スーツケース1つですぐに引越しできちゃいますよ。

空いてる物件だと優雅に過ごせる

シェアハウスのキッチンやリビングは一人暮らし向けの物件よりも広々しているので、家賃が安いわりに使えるスペースは広いです。

しかも常に満室とは限らないので、空室がある時でも家賃は変わらず共有スペースを優雅に使えてお得な気分になれます。

雑事をしなくて済む

シェアハウスだと管理会社側で週に何回か掃除をしてくれるから、共有スペースの掃除や備品の補充は勝手にやってもらえるんです。

ゴミ捨てだけは当番制ってところもあるみたいですけど、一人暮らしだったら全部自分でやらなきゃいけないですからね~。

掃除が苦手な人には嬉しいですね!

寂しくない&友達が増える

ひとつ屋根の下で他人と生活するのって、デメリットでもあってメリットでもありますよね。

ひとりで寂しいって時でも誰かしらいるから気が紛れるし、一緒に過ごしているうちに仲良くなって親友になるってケースもありますよ。

男女混合のシェアハウスだと、恋愛に発展してカップルになるってこともよくあるみたいですよ!

留学気分を味わえる

シェアハウスには外国人が多いので、国際交流したい人やバックパッカーにも人気なんです。

語学留学に興味がある人が、留学する前に外国人との生活に慣れるためにシェアハウスに住むってこともあるみたいですよ。

物件によって入居してる外国人の割合は違うので、国際交流したい人はあらかじめ入居者の割合を聞いたほうが良いですね。

シェアハウスは人によって天国にも地獄にもなる

天国と地獄
さまざまなデメリットやメリットを紹介してきましたが、全体的な割合をみると一概に「シェアハウスはデメリットだらけ」とは言えないですね。

シェアハウスの特徴を良く捉えるか悪く捉えるか、それぞれの感想を見てみましょう。


そもそも他人と生活するって時点で神経質な人には向いてないので、ある程度は楽観的な感覚を持ってないとやっていけなさそうです。

人によって天国にもなるし地獄にもなるので、自分の性格を把握したうえで自分に向いてるかどうかを考えたほうが良いですね。

不安がある人は住み心地保証があるクロスハウスがおすすめ

シェアハウスには興味があるけど、実際に住んでみて住人と合わなかったらどうしようって思う人も多いと思います。

そんな人は「住み心地保証」があるクロスハウスで部屋を探すと良いですよ!

物件が気に入らなかったり苦手な住人がいたとしても、無料で物件を移動できるんです!

転職で勤務地が変わったり、拠点とする街が変わった時でも安心です。


オシャレな物件ならオークハウスがおすすめ

オシャレなシェアハウスに住みたい!って人は、シェアハウス業界最大手のオークハウスがおすすめですね。

管理物件数が日本一だから部屋のバリエーションが豊富なうえに「グランシリーズ」っていう高級志向の物件があるから、オシャレさに拘りたい人にピッタリです!

女性専用物件の数も日本一なので、男女混合は避けたいって人でも部屋探しがしやすいですよ~!


PAGE TOP ↑