引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

シェアハウスは貯金に最適!おすすめの理由と節約方法を徹底解説!


通帳・お金
シェアハウスは貯金に最適です!

毎月の家賃が安いので生活費を抑えられるし、家具や家電が備え付けられているので自分のお金で買わなくて済みます!

ここではシェアハウスが貯金したい人におすすめな理由や、実際にどれくらい貯金できるのかを解説していきますよ!

シェアハウスならではの貯金方法も紹介するので、貯金のためにシェアハウスに住もうと考えてる人は参考にしてください。

シェアハウスが貯金したい人におすすめの理由

「どうしてシェアハウスが貯金したい人におすすめなのか?」を理由と一緒に詳しく解説します!

・家賃が安い
・初期費用が安い
・毎月の水道光熱費が定額
・家具家電を買わなくていい
・情報交換できる
・更新料がかからない

家賃が安い

シェアハウスの家賃は一般的な賃貸よりもかなり安く設定されています。

東京都内のシェアハウスの家賃相場は、4~6万円前後です。一方、一般的な賃貸(ワンルーム・1K)の家賃相場は7.5~8万円前後くらいです。

家賃って毎月必ずかかるお金ですし、1回決めるとなかなか変えるの難しいので安いほうが助かりますよね!

以下の表は、シェアハウスとワンルームの家賃相場を23区ごとに比べたものです。どれくらい安くなるのか参考にしてください!

23区 シェアハウスの家賃相場 1Rの家賃相場
千代田区 5~5.5万円 10万円
中央区 6万円以上 10万円
港区 6万円以上 12万円
新宿区 5~5.5万円 7.6万円
文京区 5~5.5万円 7.8万円
台東区 4.5~5万円 8.6万円
墨田区 4.5~5万円 8.8万円
江東区 4.5~5万円 8.4万円
品川区 5.5~6万円 8.2万円
目黒区 6万円以上 8万円
大田区 4~4.5万円 6.9万円
世田谷区 4.5~5万円 7万円
渋谷区 5.5~6万円 9.2万円
中野区 4.5~5万円 6.2万円
杉並区 5~5.5万円 6.5万円
豊島区 4.5~5万円 6.9万円
北区 4~4.5万円 6.4万円
荒川区 4~4.5万円 7.1万円
板橋区 4.5~5万円 6.4万円
練馬区 4.5~5万円 5.5万円
足立区 4~4.5万円 6.3万円
葛飾区 4万円以下 5.7万円
江戸川区 4~4.5万円 5.8万円

初期費用が安い

引越しにかかる初期費用もシェアハウスはかなり安いです!

家賃5万円の部屋を借りたときの初期費用をシェアハウスと一般的な賃貸で比べてみました!

結果、シェアハウスの初期費用は約11万円、一般的な賃貸物件の初期費用は約31万円、その差なんと20万円!

部屋を借りるときのお金って戻ってこないものも多いので、初期費用は安いにこしたことはありません。

シェアハウス 一般的な賃貸物件
家賃 50,000円 50,000円
共益費(管理費) 10,000円 5,000円
敷金 なし 50,000円
礼金 なし 50,000円
仲介手数料 なし 50,000円
デポジット(保証金) 30,000円 なし
前家賃(管理費込み) なし 55,000円
保証会社利用料 なし 25,000円
火災保険料 なし 15,000円
鍵交換費用 なし 15,000円
契約料 20,000円 なし
合計 110,000円 315,000円

毎月の水道光熱費が定額

シェアハウスの水道光熱費は「共益費」に含まれています!

一般的な賃貸は使ったら使った分だけ料金が上がってしまいますが、シェアハウスの共益費は定額なことが多いです。

無理な節約をしなくても毎月の出費が抑えられるので、その分貯金にまわせますよ!

シェアハウスの共益費と一般的な賃貸でかかる毎月の費用を比べてみたので参考にしてください!

シェアハウス 通常の賃貸物件
水道代 共益費のみ 2,000円
電気代 5,000円
ガス代 3,000円
インターネット代 5,000円
日用品代 2,000円
合計 5,000~15,000円 17,000円

家具家電を買わなくていい

シェアハウスは家具家電が最初から備え付けられているので、自分でいちいち揃える必要がありません!

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなどを揃えると、安くても10万円くらいはかかってしまいます。ブランドや性能にこだわると10万円じゃ足りません…。

家具家電だけじゃなくて、掃除用品や調理器具・お皿などこまごましたものも揃っていますよ!

退去するときも家具や家電は置いていけるので、身軽に引越しできます!処分に悩まされることもありません。

気兼ねなく移動ができるって結構メリットですよ~!特に海外留学を考えている人とか、家具家電買うのもったいないって人にぴったりです。

情報交換できる

シェアハウスは共同生活なので、人と情報交換できます!シェアハウスは「貯金したい」「節約したい」という思考の人が多いもの。

特売をよくやっているお店を知っていたり、節約レシピを教えてくれたりと、いろいろ情報交換できるのもシェアハウスの魅力です。

一人暮らしだとつい怠けてしまいがちですが、節約仲間を作ればモチベーションも上がりますよ!

更新料がかからない

一般的な賃貸だと、2年ごとに更新料として家賃の1ヶ月分が請求されます。

シェアハウスは更新料は一切かからないので、その分まるっと貯金できますよ!

その他に部屋を更新するときにかかる、家賃保証会社の利用料や火災保険料などもかかりません。

シェアハウスで貯金している人の生活費例

家計簿
実際にシェアハウスで貯金している人の生活費例を紹介します!

自分の手取り額に近い人はどれくらい貯金できているのか参考にしてください!

手取り20万円のAさんの場合

<Aさんの基本スペック>
・手取り20万円
・池袋のシェアハウス
・20代男性
・営業職
・マイホームのために貯金中
家賃 50,000円
共益費 10,000円
食費 35,000円
水道光熱費 0円
スマホ代 2,000円
娯楽・交際費 15,000円
日用品代 2,000円
保険・医療費 5,000円
貯金 80,000円
合計 199,000円
年間貯金額 960,000円

Aさんは将来マイホームを建てるために、個室タイプのシェアハウスに入居しています。

食事は基本的に自炊・お弁当持参ですが、それ以外は特に節約を意識していません。趣味の映画鑑賞や美術館巡りも我慢しないで行けるそうです。

Aさんが住んでいるシェアハウスは、Wi-Fi完備なのでインターネット代はかかりません。通話もほとんどしないので、スマホを格安SIMにして毎月2千円に抑えています。

シェアハウスなら無理な節約をしなくても自然と出費が抑えられるので毎月8万円、年間で96万円も貯金できるんですね!

手取り15万円のMさんの場合

<Mさんの基本スペック>
・手取り15万円
・品川のシェアハウス
・20代女性
・フリーター
・留学のために貯金中
家賃 30,000円
共益費 10,000円
食費 30,000円
水道光熱費 0円
スマホ代 7,000円
娯楽・交際費 5,000円
日用品代 4,000円
保険・医療費 3,000円
貯金 60,000円
合計 149,000円
年間貯金額 720,000円

留学資金を貯めるためにシェアハウスに住んでいるMさん。とにかく家賃を抑えるために相部屋のドミトリータイプにしたそうです。

交流が盛んなシェアハウスで友達もできたので、暇なときはリビングで一緒にテレビを見たりゲームをしたりしているんだとか。おかげで交際費も毎月5,000円以下に抑えられています。

シェアハウスはトイレットペーパーや食器用洗剤も共益費に含まれているので、日用品代は自分が使う化粧品や衣類用洗剤のみで済むそうです。

努力の甲斐あって、手取り15万円でも年間72万円も貯金できています。

シェアハウスで貯金している人の体験談

実際にシェアハウスで貯金している人の体験談を集めました!生の声を聞いてシェアハウスに住むかどうかの参考にしてください!

シェアハウスで出来る節約方法

シェアハウスで出来る節約方法をいくつか紹介します!シェアハウスで貯金しようと思ってる人は参考にしてください!

シェアハウスの手伝いで家賃値引き

シェアハウスによっては「ゴミ捨て担当になったら毎月の家賃○円引き」「入居者を1人紹介すると○円キャッシュバック」のように、シェアハウス運営のお手伝いをすることで家賃を値引きしてくれるところがあります。

自炊を徹底する

コンビニや外食だと、1回の食事で1000円前後はあっという間に使ってしまいます。

自炊なら300円前後に抑えられるので、貯金したいなら自炊を徹底しましょう!

一人暮らしのキッチンだと狭くてまな板も置けない!なんてこともありますが、共有キッチンは広々とした作りのところも多いので自炊しやすいです。

すでに調理器具や家電が揃っているので、材料さえ買ってくればすぐに自炊できます!

料理が得意なシェアメイトがいたらレシピを教えてくれるなんてこともありますよ!

つい作りすぎてしまってもシェアメイトにおすそ分けできるし、逆におすそ分けしてもらって食費が浮いた!なんて話も!

モノをシェアメイトと共有する

読まなくなった本や漫画、着なくなった洋服、普段使わないバッグやアクセサリーなどをシェアメイト同士で交換や共有するのもアリです!

わざわざ買うほどじゃないけど、必要なものってありますよね。そういった物を貸し借りすることで、無駄な出費を抑えるという節約方法です。

シェアハウスは個人のスペースが普通の賃貸よりも狭いですが、シェアメイトと共有すれば物を増やす必要がないので収納スペースの節約にもなりますよ!

ただ、物の貸し借りはトラブルの原因にもなります。ある程度仲良くて信頼できるシェアメイト同士でやりましょう!

シェアハウスにはデメリットがある

安くて貯金するのにぴったりなシェアハウスですが、いくつかデメリットがあります。

デメリットをしっかり理解した上で、シェアハウスに住むかどうかを決めましょう!

・生活音が気になる
・プライバシーはあってないようなもの
・セキュリティ面が微妙
・共有設備の利用制限がある
・設備が汚いことがある

神経質な人、キレイ好きな人は基本的にシェアハウスには向いていません。

基本的にシェアハウスの壁は薄く、隣の部屋の生活音が気になりやすいです。共有する設備も汚いと感じることも少なくありません。

また、キッチンは好きなタイミングで使えないこともあります。せっかく自炊して節約しようと思ってもそれでは意味がないですよね。

キッチンは複数人同時に使える広さか、コンロの数や調理家電の数は十分かどうかを確認しておきましょう!

家賃が安すぎるシェアハウスは注意しよう!

「家賃1万円!」のようにあまりにも安すぎるシェアハウスは要注意です。

建築基準法が守られていないいわゆる「脱法ハウス」だったり、プライバシーが全然守られない激狭い物件だったりとろくなことがありません。

管理がずさんなシェアハウスに住むと、自分の健康や精神に異常をきたしてしまいます…。そんな生活では貯金どころではないですよね。

シェアハウスの家賃相場は3~5万円なので、それくらいの家賃帯を選ぶのがおすすめです。

また、どんな人が住んでいるのか・管理はしっかりされているかどうかを確認するためにも、できるだけ内見に行きましょう!

ちなみに僕のおすすめはクロスハウスです。

中古物件をリノベーションすることで家賃を相場の1~2割程度安く設定しています!物件もキレイで住みやすいので、家賃の安さと物件のキレイさを重視する人は必見です!

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択!

初期費用を抑えたいなら「クロスハウス」一択ですね!初期費用が「たったの3万円から」で、とってもリーズナブル!業界最安値だと思っていいです!

まとまったお金が用意できなくても、簡単にシェアハウス生活が始められますよ~。

業界初の「物件間の移動無料サービス」があるので、万が一シェアハウスに馴染めなくても気軽に引越しできるのも魅力です!

PAGE TOP ↑