引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

敷金・礼金とは?敷金礼金なし物件のデメリットはかなりヤバい!


敷金礼金なしのデメリット
引越しのときの費用はなるべく安くすませたいものですよね。

家賃も安くは当たり前ですが、できれば敷金や礼金がタダの物件がいいな、とお考えのあなた!

初期費用がタダの物件というのはそれなりの理由があるのです。

結論から言うと

短期で住む人には便利なのが敷金礼金ゼロ物件

という感じです。

ただし、ちゃんと選ばないと敷金や礼金がタダ、しかも連帯保証人ナシ!という物件に住んでさんざんな目にあった挙句、警察沙汰になったりもするほどヤバい物件だったりすることも…。

初期費用がタダの物件は普通の物件以上に注意して選ばなければなりません。

普通の物件の敷金や礼金をゼロにする方法も載せますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

敷金と礼金とはなにか、簡単におさらいしましょう

お部屋を借りるときには「初期費用」がかかります。敷金・礼金も初期費用の一部なんですね。

敷金と礼金は、特に家賃交渉によく使われる項目です。

敷金(しききん)とは

部屋を退去するときの原状回復費用(部屋を住む前と同じ様にキレイにする費用)として、入居前に払うお金のことです。

感覚的には、

入居時に敷金としてお金を預ける→退去するときに預けたお金の中からクリーニング代などが引かれる→残った分を返してもらえる。

という感じになります。

大抵の場合、敷金は家賃の1ヶ月分(管理費は含まない)くらいが目安です。

礼金(れいきん)とは

「大家さん、部屋を貸してくれてありがとう!」という意味で支払うお金のことです。

礼金の相場は、家賃の1ヶ月分(管理費は含まない)くらいで、礼金は払ったら戻ってきません

「なんでそんなん払わないといけないの…?」と思うかも知れません。ぼくもそう思います(笑)

昔ながらのしきたり的なもので、それがいまも続いている感じ…。

人気の物件等は借りたい人が殺到するので、礼金が高めに設定されている場合もあります。

地域による敷金・礼金の違い

地域によっては、上記で紹介した敷金・礼金という考え方ではないところもあるんです!

関西や中国、九州地方などの一部の地域では、敷金・礼金という考え方よりも「保証金」「敷引き」という考え方が一般的なんだとか。

「保証金」は敷金とほぼ同じ意味で使われています。

「敷引き」は敷金・礼金の代わりに「保証金」を支払い、そこから一定の金額を「敷引き」として差し引きます。

敷金・礼金はいつ誰に払うの?

部屋を借りるときの初期費用の一部なので、契約したときに不動産屋に支払えば大丈夫です。

わざわざ大家さんに直接会いに行って「部屋を貸してくれてありがとうございます。」と手渡しするわけではないのでご安心を(笑)

敷金・礼金って交渉したら安くしてくれる?

敷金の値下げは難しい

敷金は交渉しても、安くなることはほとんどありません。

大家さん(部屋を貸すほう)にしてみれば、あなたが部屋をどれだけキレイに使ってくれるかわからないため、敷金が一種の保険みたいな意味合いになっています。

どのみち部屋をキレイに使っていれば、敷金はかなりの額が返ってくるので、交渉しなくても大丈夫です。

敷金がより多く返ってくる部屋の使い方

退去時により多くの敷金を返してもらうためには、部屋をできるだけキレイに使うことが重要です。

例えば…

  • 部屋でタバコを吸わない。
  • 部屋で質の悪いアロマキャンドルを使いすぎない(質が悪いものは天井が黒くなります)
  • 料理で壁を焦がさない。
  • 備え付けのエアコンや給湯器などを壊したままにしない。
  • ペット禁止のところでペットを飼わない(臭いでバレます)
  • イライラすることがあっても壁を殴って穴を空けない。

という感じ。

こういったことに気をつけていれば、あとは特に気にせず普通に生活していて大丈夫です。

※保証金の場合、契約事項によっては戻ってきません!必ず契約の際に戻ってくるのか確認しましょう。

参考記事:引越しの敷金は戻ってくる?あなたの知らない敷金のこと教えます!

礼金は値下げしてくれる可能性が高い

礼金は敷金よりも交渉できる余地があります。

とくに大家さんが、今すぐ入居者が欲しくて焦っているときなら安くなる可能性は高めです。

物件探しに人気のない季節(5月とか6月とか人が動かない時期)に、売れ残っている物件だったら、礼金を安くしてくれる可能性は大いにあります。

もし迷っているときは、不動産屋さんに相談してみましょう。

敷金・礼金を払うお金がない場合は?

予算がギリギリすぎて、敷金や礼金を払うお金がないとき…。

そんなときは、クレジットカード払いができないか確認してみましょう。

不動産屋さんによっては、クレカ対応しているところもあります。

ちなみに家賃の支払いもクレカ対応しているところがあるので、積極的に使っていくことをオススメします。

家賃をクレカ払いにすると、ポイントが結構溜まっていくのでウハウハです。

初期費用がナシ!という物件のカラクリ


普通の物件の場合、最初に払うお金はおおよそ家賃の4ヶ月分から5ヶ月分です。

内訳は、敷金1ヶ月分+礼金1ヶ月分+仲介手数料1ヶ月分+家賃(2ヶ月分先払い)という感じ。

家賃が8万円だとすると、なんと初期費用で40万円もかかってしまうわけです!

ちなみにもっと細かいことを言うと、鍵の交換費用やら火災保険料やらマンションの場合は管理費もくっついてきますので、40万円+2.3万円ほどになります。

家賃8万円でなんと45万近くかかる計算になります。

それなのに、敷金ナシ、礼金ナシ、しかも連帯保証人もいらないです!なんていう物件があるということは、なんか裏がありそうな感じですよね。

だって、貸すほうにしてみたら普通に部屋を貸せば初期費用で何十万と儲かるハズなのに、敷金も礼金もナシで良いっていうんですから…これはアヤシイとなるわけです。

なぜ礼金や敷金がタダで連帯保証人もいらない物件があるのか?

これはものすごく単純な話なんですが、人気のない物件だからです。

やたらと駅から遠かったり、隣人に問題があることで有名な人が住んでいたり、設備が悪かったりすれば、なかなか借り手は見つかりません。

そこで、大家さんは最初に礼金などで儲けることは諦めてとりあえず空室に誰か住まわせて家賃をもらおう、と考えるわけです。

とはいえ全部が全部悪い物件かというとそうでもありません。

例えば日当たりが悪いせいで、なかなか借りてが見つからず、安い物件があったとしますよね?

でも、借り手の中には、ずっとカーテンを閉めきってる生活スタイルだから日当たりは気にしないという方もいるんです。

そういう方にとっては物件のデメリットは気にならないので、おトクな物件といえます。

同じように、他人にとっては気になるけど、自分は気にならないポイントを抑えておくと、おトクな物件と巡り会えるチャンスが生まれるのです。

入居時になんだかんだと費用を取られる場合もある。

敷金と礼金はないけど、部屋のクリーニング代をもらいますよ!というパターン。

なんだそれ、って感じですよね。ほかにも、室内消毒代という費用がかかる場合もあります。

消毒って言ってもそんなにカッチリした消毒をしてくれない場合もあるようです(バルサンのようなものを炊いて終わりとか)

<こういう費用項目があったら注意!>
・メンテナンス料
・消毒代
・退去負担金

しかも物件情報の紙のすみっこにちいさーくこういったことが書かれていて、物件の契約の時になってはじめて「こういった形でお金がかかるんですよー」なんて言い出すような不動産屋さんは信用してはなりません。

室内消毒代は「しなくてよいです!」と言えばしなくて済むこともあります。

ほかにも鍵の交換費用がやたらと高い場合もあります。

通常は15,000円くらいで、いい鍵だと30,000円くらいだったりします。

もちろん、いい鍵を使っていて、鍵交換代がある程度高い場合は仕方ありません。

※いい鍵というのはセキュリティ的にスバラシイ鍵のこと。詳しくはこちらをご覧ください。

敷金礼金ゼロ物件でいい物件を探すのは難しい


何十件か、敷金礼金ゼロ物件を見てみましたが、いわゆるアタリ物件、いい物件を見つけ出すのは至難の業です。

パッと見はどれもいいように見えるかもしれませんが、よくよく見てみると「あぁ、こういう理由で安いのか…」と気づいてくると思います。

個性がかなり強めの物件ばかりなので、自分で探してもいいものはそうそう見つかりません。

こういうときこそイエプラのような、あなたが欲しい物件を探してくれるサービスを使うことをオススメします。

イエプラでラクにお部屋を探そう!無料!
アップストアインストールボタングーグルプレイインストールボタン

敷金礼金ゼロの物件が増える時期とは?

そもそも敷金礼金ゼロの物件は非常に少ないです。

おおよそ、10件の物件情報があったらそのうちの1件くらいが敷金礼金ゼロ物件になります。

いちおう、12月に少し増える傾向はあるようです。

おそらく借り手が少なくなるために、大家さんが「敷金礼金ゼロでもいいから入居者を入れたい!」と考えるのかも。

物件探しのオフシーズンは5月から8月くらいなので、もし家賃をできるだけ安く済ませたいのでしたら、こっちの時期に探して交渉するほうが有利ではあります。

初期費用がナシの物件の良くあるデメリット


デメリットというか問題点なのですが、割とよくある項目を上げていきたいと思います。

住んでる人達がアヤシイことがある。

連帯保証人もいらないくらいの物件なので、その物件に住んでる人達はなにをやって暮らしているのかまったく分からないような人達がいることも。

自分の隣の部屋で違法な植物とか育てられてたらイヤですよね・・・笑

あと外国人も多いので、文化の違いによるトラブルが多くあるという話しも聞きます。

築年数がものすごく古い

築年数が古いと、たとえ分譲タイプのがっしりしたマンションだったとしても、かなりガタが来ています。

実際ぼくも築34年の物件(分譲タイプの鉄筋コンクリートマンション)に住んだことがありますが、窓枠の微妙な歪みから外の音がよく聞こえてきました(涙)

築年数が古いと、地震が来た時に大丈夫なのかという不安もあります。

家賃が高めに設定されている場合もある。

割とまともなタイプの物件に多いのがこのパターンです。

物件自体は悪くないけど、引越しシーズン前に部屋が空いてしまったりすると、その期間だけ敷金や礼金が無くなるパターンです。

いい物件なのに最初の費用が少なくてすむので一見良さそうですが、月々の家賃を計算していくと、割高になる場合もあります。

これに引っかからないためには、他の敷金礼金がかかる近くの同じような間取りの物件とくらべてみましょう。

なんかやたら高いぞ!?って思ったらやめておいたほうが無難です。

1.2年で引っ越す予定だったりすると、意外とこういった物件は安く済むこともあります。

退去時に高いクリーニング代を支払わされることもある場合が。

そもそも敷金というのは、キレイに部屋を使っていれば、退去時にほとんどそのまま返ってきます。

しかし、最初に敷金いらないですよ、という物件は退去時にお金を払わなくていいですよ、というわけではありません。

敷金を納めてないだけで、修復費用(修繕費)が発生する場合はキチンとその分が請求されます。

普通の賃貸でも敷金はトラブルになりやすいと言われる項目ですので、注意してください。(ぼくはトラブルになったことがないので、本当に不動産屋さんによりけりだと思います)

※入居時にやたらとよくわからない項目で費用がかかる物件は要注意です。

ちなみにクリーニング代が発生する相場はこんな感じ
部屋の広さ 掛かる一般的な料金
1K~1DK 10,000円~50,000円
1LDK~2DK 15,000円~60,000円
2LDK~3DK 30,000円~80,000円

一応クリーニング代が発生する場合はこれくらいが目安となっています。

…が、ぼくはそもそもクリーニング代をそんなに払ったことってあったっけな?という感じ。

普通に生活していて、3.4年住んでいれば多少の汚れは多めに見てもらったことが多いような気がします。

ぼくがいい不動産屋さんに出会っていたからなのか、とにかく敷金の返還でトラブルになったことはありません。

それだけに、もし普通に使っていたのにやたらとクリーニング代を請求されたら、行政に相談しましょう。

相談先は下記の記事に書いてあります。

参考:退去時に敷金を返してもらうための掃除のポイント

修繕費として、壁紙(クロス)の張替えが発生すると、かなり高額になってきます。

とは言っても、部屋を借りている期間が長ければ長いほど、入居者の負担は激減します。

6年くらい住むとクロスの張替えはほぼ負担なしになるはず。

なんにせよ、あれ、これ高いんじゃない?と思ったら行政に相談です。

もちろんちゃんと理由があって高い場合はしっかり払いましょう。

ちなみにタバコを部屋で吸っている人はクリーニング代や修繕費が高くなるのは覚悟しておいてください…。

タバコのヤニ汚れは、入居者負担でクロスのクリーニング、もしくは張替えになってしまいます。

そもそも物件のあるエリアが駅からものすごく遠い

最寄りの駅からバスで20分くらい行かないと物件につかない、しかもバスは1時間に数本…。

自動車を持っている方ならいいですが、自転車しかない方だと結構ツラいですよね。

いくら物件自体が良くても、本当にそこに毎日住んで大丈夫かはしっかりと考えるようにしましょう。

敷金礼金なしの物件は、都内で10件中1件程度

不動産屋さんに行ったりチラシをみると、敷金礼金なし!という物件を見ることがあると思います。

「敷金礼金なしっていいじゃん!その条件で探そ~!」となりたいところですが、なかなかムズカシイかもしれません。

そもそも、敷金礼金なしの物件というのは、都内で言うと、平均10件中1件程度しかないのです。

今回、部屋探しのプロであるイエプラさんのデータを使って調べてみました。

こちらの物件数は少ないですが、釣り物件がないのでかなり信頼できる数字だと思います。

一番多い足立区の調査結果

2016年8月実施。

足立区の物件数内訳 件数
不動産賃貸に登録されている物件数 5648件
敷金・礼金どっちもなし 1139件
敷金だけなし 1677件
礼金だけなし 3123件

敷金なしは少ないが、礼金なしは意外と多い!

都内で一番敷金礼金ゼロが多いと言われている足立区でさえ、ざっくり5件中1件は敷金礼金無し物件になります。

なんだ多いじゃん!と思うかもしれませんが、これはすべての間取りを含めていますので、あなたがお探しの間取りであるかは難しいかもしれません。

とはいうものの、敷金なしは件数が少ないですが礼金だけなしで探せば半分以上が礼金なしでOKという驚くべき結果に!

これは8月という引越しが比較的少ない時期だからかもしれません。

一番少ない目黒区の調査結果

2016年8月実施。

目黒区の物件数内訳 件数
不動産賃貸に登録されている物件数 4158件
敷金礼金どっちもなし 112件
敷金だけなし 250件
礼金だけなし 845件

地域によって敷金礼金なし物件の多さは違う

先ほどの足立区とくらべて、目黒区はめちゃくちゃ敷金礼金無し物件がないことがお分かりいただけると思います。

いやー地域差がここまででるとは驚きですね。

所得格差でいうと、足立区が334万円、目黒区は586万円なので、地域の所得が低いほうが敷金礼金無し物件が多い傾向があると言えます。

足立区は23区内では一番所得が低く、ついで葛飾区、荒川区、北区、墨田区となっています。

敷金礼金無し物件を探す時はここらへんのエリアを探すと物件数は多いはず。

ちなみに一番所得が多い地域は、港区でなんと1023万円です。

年収が1000万円以上がぽこぽこいる港区…恐ろしい街ですね。

平均でこれですから、おそらく1000万円以上どころか数億円単位の人も多いんだと思います。

人口減少による空き家の増加で敷金礼金ゼロが増えている説

人口減少は日本全体で言うとかなり深刻です。(東京は増加傾向ですが…)人口減少にともなって、空き家も増え続けているのです。

大家さんの多くは、家賃収入でローンの返済計画を立てています。

空き家の状態が続いていて、家賃収入がないと支払いが滞ってしまいます。なので、敷金・礼金をゼロにして早く入居者を見つけようと考える大家さんが多いのです。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑