引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

一人暮らしの準備ってなにするの?引越しまでの準備期間と必需品リストを公開!


一人暮らしの引越し準備

初めての一人暮らしに向けて、さぁ引越しだ!と思っても、実際なにからやればいいのかわかりませんよね…。

引越し業者って費用がどれくらいなのかわからないし、各種手続きってめんどくさそう…。考えたら割と難しいことがたくさんあります!

でも今読んでいる記事を読んでおけば、まるっと大丈夫です!

※引越しだけじゃなくて、物件選びのコツから知りたい人はまずは物件選びのコツから読んでみてください。

今回は引越しに関するアレやコレをわかりやすく簡単に説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!(`・ω・´)ゞ

一人暮らしの引越し準備やることリスト

まずは、僕が引越しのときに活用している準備リストを公開しちゃいます!

6つのステップにわけたリストを紹介してから、それぞれの詳細を解説しますね(`・ω・´)ゞ

1.引越しの1~2ヶ月前に準備すること
・一人暮らしするエリアを決めて新居を探す(参考:物件選びのコツ

2.引越しの1ヶ月前に準備すること
・引越し業者を決める
・不用品を売ったり捨てる
・新居に置く家具を決める

3.引越しの1~2週間前に準備すること
・ライフラインの各種手続き
・各種引越し前の手続きをする(参考:転出届について
・梱包材を用意する

4.引越しの1週間前~前日までに準備すること
・引越しの荷造り
・粗大ごみの処分をする

5.引越しの当日にやること
・引越しの立ち会い
・ライフラインの開栓
・すぐ使うものの荷解き

6.引越し後なるべく早めにやること
・役所で引越し後の手続きをする(参考:転入届について
・新生活で足りないものを買い揃える

引越しの1~2ヶ月前に準備すること

一人暮らしは部屋が決まらないと始まらないです(´・ω・`)

どこに住みたいの?家賃は?間取りは?決めることはたくさんありますよ~!

早めに部屋だけ決めちゃえばいいじゃん!って思いますよね~?早すぎるのは良くないんです…。

賃貸は部屋の仮押さえとか、キープみたいなことができないからです。だから、1~2ヶ月前から準備するのが丁度良いんです~!

一人暮らしするエリアを決めて新居を探す

まずは一人暮らしをする新居を探しましょう!

賃貸って申し込みから契約まで時間がかかるんですよね…。段階があるので、初めての人は下記の流れを参考にしてください!

・新居探し:住みたい場所を決めて、オートロックがいいとかトイレと風呂は別がいいとか、条件を決めながら物件を探します。

・内見:気になる部屋を絞ったら、不動産屋さんに同行してもらって内見に行きます。内見するのは平均2~4部屋ですかね。

・入居申込~審査:部屋が気に入ったら、入居申込をします。この部屋に住みたい!って意思表示ですね!それから審査が始まります!

勤務先や学校から通いやすいエリアを探して、ネットで探すか直接不動産屋さんに行って探すのが一般的です。

ただ、地方からの上京や、忙しくてなかなか不動産屋に行く時間がないって人も多いですよね?

そんなときにおすすめなのが「チャット不動産屋イエプラ」です。

チャットでいつでもどこでも相談できるから、上京を考えてる人にぴったりです!深夜0時まで営業してるので、忙しい人でも部屋探しがはかどりますよ!

もちろん無料で使えるので、気軽に試してみてください!

イエプラでラクにお部屋を探そう!無料!
アップストアインストールボタングーグルプレイインストールボタン

 

引越しの1ヶ月前に準備すること

さあ!実際に一人暮らしをする部屋が決まったら、いよいよ引越しの準備ですよ~!

※もうすでに一人暮らしをしている方の場合は、引越しが決まったらなるべく早めに今住んでいるとこの大家さん(もしくは不動産屋さん)に連絡しましょう

あまりにも連絡が遅すぎると、古い住居と新しい住居の2つの家賃をダブルで支払う期間が発生してしまうこともあるので注意が必要です。

引越し業者を決める

できるだけ早めに引越し業者を決めてしまったほうがお得なんですよ~!

なぜなら、引越しが多い時期(2.3.4.9.10月)は特に引越し業者も忙しく、あまり値引きをしなくてもお客さんはたくさんいるからです。

しかし、早め早めに予約をしておけば、業者によっては早割など非常にお得なプランを選ぶことができるのです!

※しかも、早めに予約すれば、引越し日時や時間帯などの指定が結構細かくできるメリットもあります

どこの引越し業者を選べばいいの?

実は、同じ引越し業者にAさんとBさんが同じくらいの距離と荷物で頼んだとしても、頼み方によっては費用は大きく変わります。

1万円や2万円も費用が違う、なんてこともザラにありますので、安い引越し業者を探すのは非常に大切です。

でも、探すのってめんどくさそうだしなぁ…と思ったかもしれませんが、大丈夫です!

ネットで無料の一括見積りサイトというのがありますので、それを利用するようにしてください。

参考:ぼくが実際に引越しの無料見積りサイトで3万円近く得したレポート

これ1回の登録で、何社もの引越し業者から同時に見積もり金額が届くようになります。

あなたはそこで一番値段が安そうで、さらにサービスも良さそうなところを選ぶだけ!

時代はネットで便利になったものですね~。

不用品を売ったり捨てる

着なくなった洋服、使わなくなった家電の処分は、引越しのタイミングがベストです!

僕はリサイクルショップに行って洋服や家電、本なんかも売っちゃいます(`・ω・´)ゞ

一人暮らしってなにかと出費がかさみますからね…。ちょっとでも現金にしておきましょう!

イマドキはわざわざ店舗に持っていかなくても自宅まで出張買い取りしてくれるリサイクルショップもありますよ~!

あとは「メルカリ」を使ってみるのもアリです!売却金額は自分で設定できるので良いです…発送手配が面倒だけど(笑)

新居に置く家具を決める

新しい部屋の家具配置を考えているとわくわくしますよね~!せっかくならオシャレな部屋がいいですよね~!

北欧スタイル、アジアンスタイル、モダン、ミッドセンチュリー、アンティーク…テーマを決めてそれに合った家具を買えば失敗しません。

それぞれのスタイルごとに安い家具屋さんがあるので「◯◯スタイル 家具屋 安い」で検索してみてください。

また、部屋を内見するときにベッドや冷蔵庫、洗濯機など大きなものは長さを測っておいたほうが良いです!

いざ当日部屋に入れてみようとしたらまったく入らなかった、なんてことも…。

新居のドアの大きさも測っておきましょう!ベッドが部屋に入らないときもたまにあります。

引越しの1~2週間前に準備すること

いよいよ引越し日が近づいてきましたね~!

荷造りを始める前に時間を作って、引越し準備をするための準備をしちゃいましょう!

ライフラインや各種手続きをチャチャッと済ませちゃう

手続きと言っても実際やってみればすぐに終わってしまいますので、チャチャッとやってしまいましょう!

・ネット関係(プロバイダ等)の住所変更もしくは新規契約。

・郵便物の転居転送サービスに申し込んでおく。(郵便局に引越します!って言いに行くと、前の住所に届いたものでも1年間は新しい住所に送り届けてくれる神がかったサービスです)

・銀行、クレカ、携帯(スマホ)の住所変更をしておく。

・電気・ガス・水道の契約手続き。(ここらへんは不動産屋さんが親切に教えてくれるはずです)

・転出届けを役所からもらう。(はんこと身分証を持っていけばすぐにもらうことができます)

以上、これだけです!

やるまでは面倒くさいんですけど、やれば意外と簡単なので、サクッと終わらせちゃいましょう。

梱包材を用意する

お皿やコップなどの割れ物や、大切なフィギュアを包むための梱包材を用意しましょう!

ダンボールやガムテープは引越し屋さんからもらいましょう!ダンボールを無料でもらう方法って記事もありますのでぜひ読んでみてください。

近くのホームセンターや100均でプチプチ(エアキャップ)を購入してください。貴重品は厳重に梱包しましょう(`・ω・´)ゞ

食器なんかは新聞紙で十分です!僕は新聞紙がないときは雑誌をちぎって一回くしゃくしゃにしてから梱包してます!

あとは、ダンボールになにが入っているか書くための油性マジックも用意しましょう!

引越しの1週間前~当日までに準備すること

引越しの1週間くらい前になると徐々に忙しくなってきますよ~!

引越しの荷造り

これがまた大変なんですよね…。でもやらないと終わらないので、頑張りましょう!

当日に必要だな!と思う日用品以外は、もう思い切ってガンガンダンボールに詰め込んじゃってください。

おっきなダンボールに本など重いものを詰め込みすぎると底が抜けてしまうの、持ち運べる重さにしましょう!

荷造りのポイント

僕がいつも意識している荷造りのポイントを紹介しますね!

まず、すぐに使うものは目立つようにしておくこと!食品や携帯の充電器、翌日着る服などはすぐに荷解きできるようにしましょう!

あと、テレビやDVDプレーヤーの配線を外す前に写メで撮っておきましょう!…結構ぐちゃぐちゃになっちゃうんです。

もし、貴重品がある場合は、ダンボールに詰めずに必ず自分で持っていくようにしたほうが後々トラブルになりません。

※女性の場合、下着はしっかり梱包しておいてくださいね!

粗大ごみの処分をする

一人暮らしをする新居に持っていかない家具(ベッド・タンス・机など)を粗大ごみに出す準備をしましょう!

コンビニで粗大ごみ処理券を購入したり、指定の処理施設に持っていったりと自治体によって処分方法がことなります。

今実家の人は置いておいてもいいですが、アパートに住んでいる人は外に出さないといけないので、早めに確認しましょう!

引越し業者によっては、有料で粗大ごみを回収してくれますよ~!

引越しの当日にやること

いよいよ引越し当日ですね!住んでた家に忘れ物した~。なんてことにならないように準備しておきましょう!

引越しの立ち会い

引越し業者が来たら、荷物の搬出がスムーズに進むように見守っててください。

業者の方に人数分のペットボトルとか渡すと、ちょっと丁寧にやってくれる…かも(笑)

(チップを渡す場合は1,000円×人数分を目安にひとりずつ渡してあげましょう)

作業の前に渡したほうが相手も引越しを張り切ってやってもらえます!

荷物を全部トラックに積み終えたら、部屋の簡単な掃除をしてから新居に向かいましょう。

※引越し業者のトラックに同乗することは法律で禁止されています

ライフラインの開栓

電気・ガス・水道のライフラインが開栓されているか確認しましょう!

事前に開始日を伝えておけば、電気と水道は当日から利用できます。

ただ、ガスだけは立ち会いが必要なので、新居にいる時間で業者を予約してください。ネット回線の作業も同じ時間にしちゃいましょう!

僕はいつも、午前中に荷物を搬出して、午後に搬入、夕方の荷解きしてるくらいの時間に予約してます!

すぐ使うものの荷解きして街を探検!

引越しって結構疲れちゃうんですよね…。当日はすぐ使うものとか、翌日の着る服だけの荷解きにしましょう!

すぐ使うものの荷解きが済んだら、新しい街を探検しましょう~(`・ω・´)ゞ

スーパー、コンビニ、薬局、飲食店など、普段使いそうなお店がどこにあるかは最低限調べておくといいです!

引越し後なるべく早めにやること

引越しお疲れ様でした!ほどよい疲労感と開放感に包まれていることでしょう!

近くに蕎麦屋さんがあったら、引越し蕎麦を食べるなんていうのもいいかも~。

友達に手伝ってもらった場合は焼き肉が定番です。引越し記念日を盛大に楽しみましょう!

役所で引越し後の手続きをする

引越し前に役所でもらった転出届と印鑑、身分証明書を持って新しい住居の役所に行きましょう!

一応、引越してから14日以内に届け出を出すのがルールなので、なるべく早めに行ってください(´・ω・`)

ついでに、新しい住所の住民票をもらって、最寄りの警察署で運転免許証の住所変更もしちゃいましょう!

新生活で足りないものを買い揃える

新生活を始めたときって、なんだかんだ足りないものが多いんですよ…。

調味料、部屋の芳香剤、洗剤などなど、徐々に生活必需品を買い足しましょう!

このあと、一人暮らしに必要な家具や家電、日用品を紹介しますね(`・ω・´)ゞ

一人暮らしで準備する家具・家電・日用品は?

一人暮らしの引越し準備はわかりましたか~?引越しってやることが多いですね~(´・ω・`)

ここからは、生活に必要な家具・家電・日用品を紹介します!必要性の高いものから買い揃えましょう。

一人暮らしで準備する家具

・ベッド(布団)
・テレビ台
・カーテン
・テーブル
・収納ボックス
・カーペット(ラグ)
・ソファ(座椅子)
・鏡(全身見れるやつ)

カーテンがないと外から部屋が丸見えだし、ベッド(布団)がないと寝れないので必要性は高いでしょう!

逆に、ソファ(座椅子)やカーペット(ラグ)がなくても生活できるので必要性は低いです!

一人暮らしで準備する家電

・冷蔵庫
・洗濯機
・電子レンジ
・炊飯器
・掃除機
・ドライヤー
・テレビ
・扇風機や電気ヒーター
・アイロン
・空気清浄機

家電の必要性は人によると思います。自炊する人なら冷蔵庫や炊飯器は必要でしょうけど、コンビニ派の人はレンジがあれば十分ですよね!

仕事がスーツの人ならワイシャツを着るので、アイロンは必須でしょう!

一人暮らしで準備する日用品

・ティッシュペーパー
・トイレットペーパー
・洗剤(洗濯、食器洗い、トイレ、風呂など)
・食器
・調理器具(フライパン、鍋、包丁、まな板など)
・洗面用品(歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔料など)
・風呂用品(シャンプー、バスマット、タオルなど)
・掃除用具(クイックルワイパー、スポンジなど)
・ハンガー

日用品は基本的に必要性が高いですね!薬局でまとめて購入しましょうね~!

洗剤や洗面用品は、余裕があれば予備として2つ買っておくといいですね!

引越し準備のまとめ

さあ!今回は一人暮らしの引越し準備について紹介しましたが、どうですか?…忙しい(笑)

ポイントをまとめると、一人暮らしの準備は引越し日から逆算してやることを決めておくこと!

あとは、引越し業者は一括サイトを使って安いところを探した方がいいです!

生活に必要な家具・家電・日用品は僕のリストを活用して、必要性の高いものから用意してください(`・ω・´)ゞ

一人暮らしの準備でかかるお金

部屋の初期費用、引越し業者、家具家電…一人暮らしの準備ってお金がかかりますね(´・ω・`)

部屋の初期費用は、家賃の5ヶ月分が相場と言われています。家賃6万円の部屋なら約30万、7万なら約35万円(´・ω・`)

必要な家具家電や日用品は人によりますが、15~20万円はかかります。

一人暮らしの準備でかかるお金の合計は約45~55万円くらいと考えておきましょう!

最初は何かとお金がかかるので、必要なものだけにして徐々に欲しい物を買い揃えましょう!

それでは、よい一人暮らし生活を送ってください(`・ω・´)ゞ

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑