引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

「LDK」と「DK」の違いは?広さや間取りの違いを徹底解説!


物件の間取りで、LDKと書かれているのとDKと書かれているのって一体どんな違いがあるの?って思っちゃいますよね。

僕は、LDKとDKの違いは不動産屋さんの気分次第!?って思っていて、明確な違いを理解していなかったので、調査してみました!

実際は、しっかりとした決まりがあって、そのルールに基づいて表示されてるんですって~!

今回は、LDKとDKの違いや、それぞれのメリットなど、わかりやすく説明していきます。

LDKとDKの違いは「広さ」

LDKとDKの違いはズバリ「広さ」です!設備の充実度はまったく関係ありません(´・ω・`)

そもそも、LDKはリビング(居間)ダイニング(食堂)キッチン(台所)の略で、DKはダイニング+キッチンという意味です。

不動産の広告表示に関するあれやこれやは、首都圏不動産公正取引協会というところが決めているそうです。

居室(寝室)の部屋数と、テレビを見たり、ご飯を作ったり食べたりする部屋の広さが基準です。

下の表は、LDKやDKの広さの基準です。

居室(寝室)数 DK LDK
1部屋 4.5畳以上 8畳以上
2部屋以上 6畳以上 10畳以上

例えば、居室(寝室)が2部屋あって、DK(ダイニング+キッチン)部分が6畳以上~10畳未満の物件は「2DK」と表示できます。

仮に、居室(寝室)が1部屋で、LDK(リビング+ダイニング+キッチン)だと案内された部分が8畳未満なら「1DK」ということになります。

どうですか?へぇ~。ってなりましたよね(笑)

LDKのメリット

LDKはご飯を食べてゆっくりくつろげるスペースが8畳以上ありますから、それなりに広くて使い勝手のいい空間です。

僕は一人暮らしで1LDKタイプの家に住んでるんですが、LDK部分にパソコンやテレビ、ベッドを置いて、もう一室は本棚だらけの書庫として活用してますよ!

このようにLDKをワンルームっぽく使うこともできるのです。部屋が広いと結構便利ですよ~!

安心して家事ができる

とくにファミリーでお子さんがいる場合は、目の届く場所に子供がいるというのはメリット大きめですよね~!

LDKの一室の中で、居間部分で子供が遊んでいても、台所にいるお母さんが見守ることができるというわけ(`・ω・´)ゞ

人を家に招きやすい

1LDKでも大人が4人集まれるくらいの余裕があるんですよ!

リビングで食事する以外にもゆったりくつろいでもらえるし、寝室のドアを閉めておけばプライベートな部分を見られなくてすみます。

キレイな部屋に住める

LDKタイプって、築浅でキレイな部屋が多いんですよ!

女の子を家に呼んだときは、キレイな部屋の方が評価が高いんです(`・ω・´)ゞ

あと、DKタイプよりも物件数が多いので、希望通りの部屋が見つかりやすいです。

DKのメリット

「DKの部屋はちょっと嫌だな~」ってマイナスイメージを持ってる人ってけっこう多いんです。

でも、僕はDKにもメリットはある!って思っているので、是非参考にしてみてください。

割と家賃お安め

LDKに比べて築年数が古い建物が多く、広さも狭い部屋が多いんです!なので、お家賃は安めに設定されてるみたいです。

昔は部屋の数重視で、今は部屋の広さ重視で作られることが多いので、DKタイプは大抵古い建物だと思って間違いはないかも…。

ご飯を食べるスペースと、寝室をわけたい!でも、家賃は安くしたい!って人はDKで探してみるのもありです!

プライバシーを尊重できる

単純に部屋数が少なくて広いよりも、部屋数が多くて狭い方が、複数人で住んだ時のプライバシーを尊重しやすいです。

ここらへんは好みの問題ですけどね…。

例えば2DKで同棲した場合、ダイニングとは別に2部屋あるので、寝室と趣味の部屋を作ることもできるし、それぞれ個人の部屋を持つこともできます。

広い部屋で同居人とワイワイしたい場合は1LDKタイプ、個別で部屋にこもりたい場合は2DKタイプ、みたいな感じです。

LDKとDKの家賃相場を調べてみた

ここまで、LDKとDKの違いやメリットを紹介しましたけど…どっちが自分に向いているか決まりましたか?

なになに?部屋の違いはわかったけど、家賃にどれくらい差があるか知りたいって?仕方ないな~。家賃相場も紹介しちゃいます!(笑)

東京23区内でLDKとDKの家賃相場を紹介します!エリアは僕の独断と偏見です。金額はホームズやスーモを調査しました。

新宿区 豊島区 足立区 大田区
1DK 約13万円 約11万円 約8万円 約10万円
2DK 約15万円 約12万円 約10万円 約12万円
1LDK 約22万円 約16万円 約11万円 約14万円
2LDK 約30万円 約21万円 約12万円 約17万円

豊島区の1DKと1LDKを比べると、約3万円も差があります。新宿区では約15万円も2DKより2LDKの方が高い。

それにしても、東京って家賃高いですよね…。

8畳と言っても、そこにはワナがあるのです

実は、物件によって同じ8畳の広告表示でも広さが違う場合があるのです!

それはなぜかというと、畳(たたみ)の大きさは複数の種類があるからです。

畳は、京間(本間)・六一間・中京間(三六間)・江戸間(五八間)・団地間(五六間)の5種類もあります。

畳数の違いはあるけど、専有面積は全国統一なので〇〇㎡(平米)って数字で、部屋の広さを確認しましょう!

畳で一番広いのは、京間

1畳あたりの面積が一番広いのは京間で、8畳の場合は約14.5㎡になります。

京間は、京都や関西で広く使われているので、関西から都心に引っ越してきた人は要注意です。

関東は中京間で8畳が約13.26㎡なので、あれ、8畳って書いてあったのになんか狭い…!!なんてことになっちゃいます。

畳で一番狭いのは、団地間

1畳あたりの面積が一番狭い団地間だと、10畳で約14.5㎡になります。

京間の8畳と団地間の10畳はなんとほぼおなじ面積ということ…!!

ちなみにアパートやマンションなどの集合住宅の場合、団地間であることがほとんどです。

まとめ

今回紹介した内容をまとめますね!

LDKとDKの違いは「広さ」で、寝室以外の部屋の畳数によって基準が定められていること!

広いリビング・ダイニンを有効活用したい人はLDK、家賃を抑えて、部屋を区切りたい人はDKが良いと思いますよ~!

あと、部屋を見るときは畳数ではなく〇〇㎡(平米)って数字で、広さを確認するのがポイントです!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行く時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑