引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

分譲賃貸とはメリットとデメリット【引越し豆知識】


分譲賃貸のイメージ

引越しをするときに物件を探していたら、分譲マンションなのに賃貸という物件を発見。

これって実際のところ、いい賃貸物件なの…?という疑問にまるっとお答えします。

分譲マンションってなに?という方はこちらを御覧ください。

分譲賃貸の結論をまとめると、

  • 建物がしっかりした作りなので、防音もしっかりしてることが多い。
  • 管理人が建物についている場合が多い。(そのため共用部分がきれい)
  • 分譲で買っている人ばかりなので、ファミリー層が比較的多い。
  • 建物の設備はいいものが付いていることが多い。
  • マンション規約ではペットOKでも、借りてる部屋のオーナー的にNGな場合もある。
  • 家賃が高めなところが多い。
  • 最大2年という感じで期間が決まっているものもある。

いい面もあれば、ちょっと気になる面もある分譲賃貸マンション。

さらにもっと詳しく見て、より良い分譲賃貸を探し出しましょう!

分譲賃貸マンションってなに?

分譲賃貸マンションというのは、分譲マンションの部屋を買った大家さんが、それを他の方に貸し出した物件のことです。

つまり借りる側としては、分譲マンションに賃貸で住めるということになります。

分譲マンションは一般的に賃貸マンションと比べて、建物の質がよく、ずっと住み続けたいと思えるようなグレードになっています。

それが顕著なのがタワーマンションです。

共用部分にもエアコン、部屋には床暖房、24時間のコンシェルジュ、生ゴミをラクラク捨てれるディスポーザー…賃貸物件にはまずないような設備が目白押しです。

分譲賃貸マンションの大家さんはどんなタイプ?

分譲マンションを購入したけど、転勤などで住めなくなった場合

せっかく分譲マンションを購入して、ずっと住む予定だったのに会社の転勤で住めなくなってしまった…。

という場合、購入した部屋を誰も住まない状態にさせておくのは非常にもったいないですよね。

そのため、賃貸物件として貸し出しているパターンです。

オーナーは普通のサラリーマンであることが多いです。

この場合のデメリットは、「オーナーも素人である場合が多い」ということ。

例えば部屋のエアコンが壊れたときなどに、オーナー側で無料で修理してくれるかどうかなどトラブルになる可能性もあります。

分譲マンションを投資目的で買っている場合

もともと住む目的ではなく、人に貸す目的で購入している場合もあります。

こういった方の場合は、いろんな物件を持っていて賃貸業として安定している方が多いので、借りる方も安心です。

お金持ちな方はどんな不況でも一定数いるものですね…。

分譲マンションの中に、元から賃貸で貸す部屋がある場合

分譲マンションと言っても、すべての部屋が分譲タイプとは限りません。

もともと分譲マンションとして作られていても、部屋数がすくないタイプは賃貸という場合もあります。

分譲マンションとして建設されたが、人気がなかったために仕方なく賃貸にした場合

分譲マンションとして建設したのに、不況すぎてなかなか部屋が埋まらない…という場合は、マンションそのものが賃貸タイプになることもあります。

知ってるとお得な、分譲賃貸のメリットとデメリット

分譲賃貸マンションのメリット

賃貸マンションよりも建物のグレードが高い場合が多い

例えば、マンションのエントランスが豪華だったり、エレベーターが高級だったりします。

管理人もしっかりと常駐していることが多いので、共用部分(廊下など)が汚いということもありません。

建物の構造がしっかりしている場合が多い

建物の作りがしっかりしているので、防音効果が賃貸よりも高いことが多くあります。

これは、防音材がしっかり入っていたり、スラブ厚が厚かったりするためです。

耐震構造もハイグレードだったりするので、地震が不安な方も安心ですね。

住んでる住人の質が高い場合が多い

賃貸マンションと違って、分譲マンションの場合は部屋を購入して住んでいる人がほとんどです。

そのため、長くそこに住むこととなるため、周りの人との協調性を重んじる人が割りと多いのです。

ただし、分譲マンションがそっくり全部賃貸マンションとして貸し出されていることもある場合は、この限りではありません。

管理人常駐物件が多い

すべてではないですが、管理人が常駐している物件は賃貸物件に比べて多くなっています。

管理人さんがいることで、共用部分はきれいに保たれているのがメリットですね。

防犯面に関しては、管理会社に雇われたおじいちゃん管理人が多いので、あまり期待はできません。

たぶん、住人の顔を全員覚えてたりはしてないっぽいので、不審者が入っても気が付かないような…。

さらにグレードが高いマンションだと、24時間対応のコンシェルジュがいたりもします。

コンシェルジュになにを頼むことができるかというと、「共用施設の予約(パーティルームなど)」「荷物の一時預かり」「クリーニングの取次」「宅配便の発送受付」「タクシーの手配」など。

…うーん、一般市民にはあんまりいらない…かもw

分譲賃貸マンションのデメリット

家賃が普通の賃貸よりも高い

メリットも多い分譲賃貸ですが、もちろんその分家賃も高めに設定されていることがほとんどです。

特に、「新築」「駅直結」「高層マンション」はより高めな傾向になるので覚悟して探しましょうw

分譲賃貸マンションのまとめ

分譲賃貸マンションの中には、非常にグレードの高いマンションを割安で借りることができる場合があります。

分譲グレードに一回住んじゃうと、その快適さはクセになるかも。

気をつけることは、分譲賃貸の中でもグレードが低いものもあることです。

自分でしっかりと内見して確認してみてOKだった場合、家賃が払えそうなら、おすすめな物件です!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

PAGE TOP ↑