引越しまとめドットコム

引越しの悩みを解消!引っ越す地域の住みやすさ情報も満載です

上京の費用はいくら?相場と東京でおすすめの街を徹底解説!


東京
1度は住んでみたい憧れの街「東京」!

でも初期費用とか家賃とか生活費とか、上京の費用がいくらかかるか心配ですよね。

そんな迷える子羊のために、上京にかかる費用をまとめました!

初めての上京でおすすめの街も合わせて紹介しているので、参考にしてくださいね。

上京にかかる費用の相場は?

上京にかかる費用は、だいたい50~60万円ほどと言われています。多いと思った人、あれ?意外と少ないなと思った人それぞれだと思います。

ちなみに、上京費用は大まかに以下の3つに分かれます(`・ω・´)ゞ

<部屋の契約費用>・・・家賃の4.5~5ヶ月分

<家電・日用品の購入費>・・・約10~15万円

<引っ越し費用>・・・約4~10万円

移動距離や、時期などによって変わりますがだいたいこんなもんです。

家具・家電は新しく買わずに実家から持ってきたり、友人にもらったりすればもっと安く抑えられます。

上京費用早見表

上京するのにかかる費用をざっくり計算してみました。

新しく住む部屋の家賃とか、東京までの距離などで変わるのであくまで参考程度にしてください。

借りる部屋の家賃 初期費用目安
5万円 約57万円~58万円
6万円 約61万円~62万円
7万円 約66万円~67万円
8万円 約70万円~71万円
9万円 約75万円~76万円
10万円 約79万円~80万円
12万円 約88万円~89万円
15万円 約102万円~103万円

部屋の契約費用一覧と相場

部屋の契約にかかる費用の項目一覧と相場を紹介します。部屋の契約費用の相場は家賃の4.5~5ヶ月分くらいです。

敷金

家賃1ヶ月分が相場と言われています。

退去時の部屋のキズや汚れを直したり、万が一の家賃滞納などに備えとして大家さんに預けておくお金のこと。

部屋をキレイに使って、家賃を滞納しなければ退去時に返ってくるお金です。

礼金

礼金も家賃1ヶ月分が相場ですね。

大家さんに「この部屋に入居させてくれてありがとうございます!」という意味を込めて支払うお金のことです。

敷金と違って返ってきません。最近は礼金がない物件も増えてたりします。

仲介手数料

家賃1ヶ月+消費税が相場です。

部屋を紹介してくれた仲介業者に成果報酬として支払うお金のことです。仲介業者の儲けのほとんどは、この仲介手数料で成り立っています。

ここを値切ろうとすると、仲介業者はシブい顔をしてきます(笑)

前家賃

前家賃とは、入居開始月の翌月の家賃を先払いすることです。なので、家賃1ヶ月分が相場です。

翌月分の家賃を先に払うだけなので損はしてないんですが、初期費用としてまとめて払うのはわりとしんどい…w

日割り家賃

家賃を入居日数で割った金額で支払う家賃のことです。なので、入居日によって日割り家賃の金額は変わってきます。

日割り家賃を抑えたいなら、月末か月初に入居するのがおすすめ。大家さんによっては日割り家賃をサービスしてくれたりします。

鍵交換費用

前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。

だいたい15,000円くらいが相場ですが、ディンプルキーなどのセキュリティの高い鍵だと費用も高くなったりします。

保証会社利用料

保証人の代わりになる会社を利用する費用のこと。保証会社によりますが、だいたい家賃の50%~100%くらいのところが多いです。

最近は、保証人がいても保証会社の利用が必須の物件も増えてます。

火災保険料

火事やカミナリで燃えてしまった建物や家具の補償をしてくれる保険の利用料。

利用する保険会社や、オプションの有無で金額は違いますがだいたい20,000円くらいのところが多いです。

東京までの距離と引っ越し時期で費用は変わる

当たり前ですが、東京から遠ければ遠いほど引っ越し費用は高くなります。

繁忙期は引越し業者としても稼ぎ時ですし、死ぬほど忙しいので料金も高くなります。希望日時に引っ越しできないなんてこともしばしば…。

可能であれば、繁忙期ではなく閑散期に引っ越しするのがおすすめ!料金も安いし、余裕を持って引っ越しできます。

あと、荷物によって料金が変わるので引っ越し代を節約したいなら、思い切って荷物を処分するのも手ですよ。

1~4月の繁忙期に引っ越しする場合(単身)

移動距離 費用(荷物少なめ) 費用(荷物多め)
~500km 約60,000円 約85,000円
500km~ 約80,000円 約100,000円

5~12月の閑散期に引っ越しする場合(単身)

移動距離 費用(荷物少なめ) 費用(荷物多め)
~500km 約45,000円 約60,000円
500km~ 約50,000円 約75,000円

東京までの距離の目安まとめてみた

東京までの距離目安

区間 移動距離
青森~東京 約700km
仙台~東京 約350km
名古屋~東京 約350km
大阪~東京 約510km
広島~東京 約800km
福岡~東京 約1,000km

上京までの流れ

上京するまでの大まかな流れを紹介します!何から始めたらいいのかわからない人は必見です!

①お金を貯める
②部屋探し
③就職活動
④引っ越し日の決定
⑤引っ越し準備
⑥念願の上京!
⑦荷ほどき・買い物
⑧転入手続き

①お金を貯める

何はなくともお金です。お金がなければ上京できません。

上京にかかる費用である50~60万円+上京後の生活費1~2ヶ月分の生活費を貯めておきましょう。

②部屋探し

まずは物件検索サイトで情報収集から!どんなエリアに住む?家賃はどれくらい?希望の設備は?など、ポチポチ探してみましょう!

でも、東京ってひとことで言っても広いし、部屋探しなんて初めてで右も左もわかんない!って人も多いですよね。

そんな人におすすめなのが「チャット不動産」!実際に不動産屋に行ったときみたいに、プロのスタッフにあれこれ相談できるサービスがあるんです。

チャットだから対面で聞きにくいことも気軽に相談できますよ。上京する人におすすめです!

チャット不動産はこちらから

③就職活動

仕送りがある大学生やお金持ちの人は別ですが、無職では生活していけません。

無職だと入居審査が通りにくかったりとなにかと不利になるので、なるべく東京で仕事を決めてから引っ越しするのをおすすめします。

部屋探しと並行して仕事探しをすれば、移動費の節約ができます。面接の日程に合わせてお部屋を探しに行くのがおすすめ。

1周間くらいマンスリーマンションを借りて、部屋探しと面接を同時進行する人もいるみたい。

④引っ越し日の決定

お部屋や仕事が決まったら、日程を決めて引っ越し業者の手配をしましょう。

入社日なども考慮して、余裕をもったスケジュールにするのがおすすめ。

⑤引っ越し準備

荷造り、粗大ゴミ回収依頼、転出届けの提出、ガス利用開始の申し込みなどなど引っ越しに向けて必要な手続きをおこないます。

引越し先でのガスの利用には、立ち会いのもとガスの開栓が必要なので早めに予約しておくのがおすすめです!

ガスが使えないとお湯が沸かないので、シャワーも浴びれませんからね…!

⑥念願の上京!

急遽で荷物の搬出の立ち会いが終わったら、いよいよ新居に移動!憧れの東京での生活がスタートします!

ちなみに、引っ越し業者のトラックに乗ることはできないので、公共機関やマイカーなどで各々移動することになります。

⑦荷ほどき・買い物

新居に荷物を搬入してもらったら、荷ほどきです!最初は大量のダンボールを前に絶望するかもしれませんが、輝かしい東京ライフのためにも頑張ってください。

同時進行で、生活に必要な家具や家電、日用品を買い揃えましょう。

⑧転入手続き

引っ越しが落ち着いたら、新しい住所への転入手続きをしましょう。2周間以内に手続きが必要なので、忘れずに役所に行ってくださいね!

上京で必要な家具・家電・日用品は?

キッチン
上京後の生活で必要になる家具家電や日用品の一覧と、費用の目安をまとめました。

気合入れすぎてあれこれ買っても結局使わなかった…!なんてことも多いので最低限のものだけ買っておいて、少しずつ揃えていくのがおすすめ。

家具

ベッド・・・約20,000円

カーテン・・・約20,000円

本棚・・・約10,000円

テーブル・・・約10,000円

ソファ・・・約20,000円

チェスト・・・約10,000円

合計・・・約90,000円

家電

テレビ・・・約20,000円

冷蔵庫・・・約25,000円

洗濯機・・・約30,000円

掃除機・・・約10,000円

炊飯器・・・約5,000円

電子レンジ・・・約10,000円

電気ケトル・・・約5,000円

照明・・・約20,000円

合計・・・約125,000円

日用品

食器用洗剤とスポンジ・・・約500円

シャンプーとリンス・・・約1,000円

ボディーソープ・・・約1,000円

歯ブラシと歯磨き粉・・・約1,000円

タオル・・・約2,000円

トイレットペーパー・・・約500円

ティッシュ・・・約500円

洗濯用洗剤・柔軟剤・・・約1,000円

合計・・・約7,500円

調理器具

・・・約1,000円

フライパン・・・約2,000円

食器・・・約2,000円

包丁とまな板・・・約2,000円

しゃもじとお玉・・・約1,000円

合計・・・約8,000円

初めての上京におすすめの街

荻窪

荻窪
杉並区荻窪の住みやすさは一言でいうと「落ち着いた雰囲気と利便性を兼ね備えた街」です。

荻窪といえばラーメンが有名ですが、住んでよかった街としても有名です。

駅の近くには、LUMINE、西友、ドン・キホーテ等があり、さらに総合病院の東京衛生病院もあるので万が一の時にも安心です。

▶荻窪の住みやすさはこちら

練馬

練馬
練馬区は緑も多く、それなりに住みやすいところです。小さい公園も多いので、ファミリー層にも人気です。

ただし、都内で一番暑いエリアと言われています。そのためなのか、光化学スモッグ警報が5月から9月の間によく聞かれます。

車の練馬ナンバーは、足立区ナンバーと同じくらい人気がないといううわさも…。

▶練馬の住みやすさはこちら

武蔵小山

武蔵小山
品川区武蔵小山の住みやすさは一言でいうと「地味だけど住みやすさはそこそこ良い街」です。

商店街やかなり大きめの公園があり、派手さはないものの住みやすい街なので、武蔵小山は選択肢の一つとしてオススメです。

ただ、坂が多めのエリアなので体力がない人にはツラいかも。

▶武蔵小山の住みやすさはこちら

赤羽

赤羽
赤羽の住みやすさは一言でいうと「再開発されたものの結局はおっさんに最適化された町」です。

東口側の細い路地には居酒屋がひしめき合い、これぞ赤羽!という感じ。

西側は再開発によってオシャレな町に変貌しています。

▶赤羽の住みやすさはこちら

大山

大山
駅を挟んで北口には「遊座大山商店街」、南口には「ハッピーロード大山商店街」と2つの商店街があります。

両方の商店街で安さや意外性を競い合っているため、物価はかなり安くなっています。

▶大山の住みやすさはこちら

部屋の内見時の確認ポイント

内見時に絶対見ておいてほしいポイントを紹介します!ここをおさえておけば、部屋探しの失敗を少なくできるはず…!

部屋の広さ

「どこにベッドを置こうかな~」「ソファは置けるかな~」など、この部屋でどんな生活ができるのかイメージしましょう。

広さを図るためにも、メジャーとメモを持っていくのがおすすめ。

壁・床の汚れ

これ実はめちゃくちゃ重要だったりします!

というのも、前の入居者がつけたキズを自分のせいにされて、退去時に修繕費用を請求されるというトラブルも多いんです!

キズや汚れを発見したら写真に残しておいて、自分と管理会社側で共有しておくと安心です。

カビ

湿気が溜まりやすい部屋は、水回りや壁にカビが生えやすくなります。窓の結露はカビの原因になるので、要注意ですよ!

日当たり

窓の大きさや日の入り方をチェックしておきましょう。窓があるところに、光を遮る障害物がないかも見ておきたいですね。

時間帯によっても変わってくるので、日当たりがチェックできるアプリを使うのもおすすめ。

玄関・ドア

大きさを測っておいて、家具の搬入が出来るかどうかのチェックも忘れずに!

あと、ソファやベッドなど大きな家具を買う予定なら、エレベーターや階段の踊り場なども測っておいたほうがいいです!

大きな家具は搬入経路でつっかえて部屋まで運べない!なんてトラブルもけっこうあるのです。

クローゼット・収納スペース

荷物が多い人はとくに確認しておきたいポイント!自分の荷物と照らし合わせてちゃんと収納できるか見ておきましょう。

防音性

隣人の生活音の聞こえやすさはしっかりチェックしておきましょう。壁を叩いてみたり、部屋の真ん中で手を叩いて響きやすさを確認したり。とにかく念入りに!

あと、道路からの騒音なども確認しておくといいですね。近くに工場や学校などがあると、日中に騒音に悩まされるなんてことにも…。

水まわり

キッチンの使い勝手とか、トイレの使いやすさとか、お風呂の広さやシャワーの水圧とか、生活する上で水回りの使いやすさを重視する人は多いですよね。

シミュレーションしてみて、不便がないかどうかしっかり確認しておきましょう!

コンセントの位置

コンセントの位置で家具の配置はほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。

コンセント以外だと、テレビコンセントとかインターネットのケーブルを挿すところも抑えておきましょう!

ニオイ

排水溝やトイレから異臭がしないかもしっかりチェック!イヤ~なニオイがしてきたら、その物件は避けたほうがいいかも。

それと、窓を開けてニオイをチェックするのも忘れずに。近くに飲食店などがあると、ニオイがすごくて外に洗濯物を干せない!なんてことも…。

エアコンなどの備え付け設備

エアコンや換気扇など、備え付けの設備はちゃんと使えるかどうかも確認しておきましょう!

もし壊れてしまっていたら、入居までに修理・交換してもらえるように大家さんに相談してみるのも手です。

ポスト・宅配ボックス

ポストは鍵がかけられるタイプかどうか、A4サイズは入るかなどポストの使い勝手も重要です。

また、DMやチラシが散乱していると管理がされていなかったり、住人の民度が低かったりなどの問題も…。

ゴミ置き場

ゴミ置き場の場所や、キレイに掃除されているかなどしっかりチェックしましょう。

ゴミ出しのルールを守らない住人がいると、荒れ果てていて虫やカラスが寄ってきたりなど衛生的にも心配になります。

駐車場・駐輪場

車や自転車を持っている人は、駐車スペースもしっかりチェックしておきましょう。

とくに車の場合は、月極でお金がかかるところも多いので料金がいくらになるのかも見ておくといいですね。

セキュリティ

防犯カメラやオートロックなどのセキュリティ面もチェックしておきましょう。

ベランダによじのぼりにくい構造になってるかとか、泥棒が隠れやすい作りになっていないかなど外観もしっかりチェック!

最寄り駅から部屋までの道のり

駅徒歩10分!って紹介された物件でも、実際に歩いてみると信号が多かったり、坂道がきつかったりして10分以上かかるなんてこともザラだったりします。

1度自分の足で歩いて時間を測ってみるのがおすすめ。とくに女性は、街灯や人通りの多さなどの安全性も確認しておきましょうね。

職場や学校までの道のり

最寄り駅から職場や学校までのルートも確認しておきましょう!

乗り換えやバスでの移動など、毎日のことですから少しでも便利なほうがいいですよ。

周辺施設

スーパーやコンビニ、病院など周辺施設はなにがあるのかをチェックしておきましょう。

上京後にかかる生活費はいくら?

上京しただけて満足してはいけません。東京で安定した生活を続けられるようになって初めて「上京した」と言えるのです!

引っ越しだけでお金がすっからかんになってしまった!なんてことにならないように、1~2ヶ月分の生活費は貯めておきたいものです。

東京は地方に比べて家賃や物価が高いし、家賃を払ったら遊ぶお金がないよ~なんてことになったらせっかくの東京ライフも楽しめないですよね。

一般的に、家賃は手取りの3分の1に抑えるのが理想と言われています。

以下で、一人暮らし向けの間取りである1Kに、23区内と23区外の郊外に住んだ場合の生活費を比較してみたので参考にしてみてください!

項目 23区内 23区外
家賃 80,000円 50,000円
食費 約35,000円 約40,000円
水道光熱費 約12,000円 約12,000円
娯楽費 約30,000円 約30,000円
通信費 約10,000円 約10,000円
日用品代 約10,000円 約8,000円
合計 約177,000円 約150,000円

23区と郊外だと、同じような物件でも家賃が3万円以上変わってくるなんてことはザラです!

やっぱり東京の家賃は高いですね…。

23区内に住んだ場合、家賃は高いですが通勤時間が短いため自炊する時間も取りやすい傾向にあります。そのぶん食費も抑えやすいというメリットも。

一方、郊外の場合は通勤に時間がかかるので外食やお弁当が多くなりがち…。

水道光熱費や日用品代はそこまで差はないですが、都心のほうが物価は高めです。

家賃は1度決めるとなかなか変更ができません。自分のライフスタイルを考慮して、慎重に決めましょう!

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。

外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

イエプラはこちらから
PAGE TOP ↑